Sulphuricum Acidum(ソーフリックアシッド/硫酸)

ジェームズ・タイラー・ケント博士による
「ホメオパシーのマテリア・メディカに関する講義」(1911年)より和訳します。

ホメオパシーは、宇宙指数になる程、希釈し振盪した物質が、
どのような症状を作り出すかを証明し
それを、その症状を持つ人に与えることで、体自身が情報を得て、
自ずと治癒に向わせる、というメソッドの代替医療です。

マテリア・メディカでは、その症状の記録が書いてあります。

内容は、こちらに移動しました。

https://ameblo.jp/ehkomerlo/entry-12854766308.html

Alumen(硫酸アルミニウムカリウム)

 この薬はAluminaのように、体のあらゆる部位の筋肉の麻痺性衰弱のような特殊なもの、一種の基調の欠如を作り出す。四肢が弱っている。この弱さは直腸と膀胱において特に感じられる。その内容物を排出するという直腸と大腸の能力欠乏から、便が詰め込まれる。膀胱もまたその作用が低下し、排尿が非常に難しい。排尿後、膀胱に半分残っている事がよくある。排尿はゆっくり始まり、患者が立ち上がって排尿すると、Hepar.のように尿が垂直に落ちる。この事から不活発な作用である事がわかる。この麻痺状態はまた、静脈にも広がり、血管運動麻痺を作り出す。

 このレメディーを貫く別の特異な状態は、炎症を起こした表面がある所はどこでも硬化する傾向がある事である。癌では、最も自然な特徴として硬直する傾向があるため、その特徴にこの事を有するすべてのレメディーは、多かれ少なかれ癌疾患と関連している。潰瘍はAlumenに共通しており、この硬化は潰瘍下にあり、潰瘍は硬化した基盤と共にある。あるいは、小さいうろこが循環が弱い皮膚に現れることがあり、例えば軟骨部より大きく厚く硬化した塊ができる。この角質化した皮膚下で湿潤が起き、硬い皮膚が落ち続き、血管運動麻痺からの組織の衰弱のため、治癒が進まない事がそれに続く。上皮腫はそれ以上のものではなく、このレメディーでは、上皮腫や他の癌性疾患などの特徴がある。硬化の特別な形態以外に、硬がんとは何か。有機組織が生命の低いタイプ、組織の低い形成、組織の炎症、わずかな誘発が硬化する場合、これは、深く根付いた疾患まで、肺結核、ブライト病、糖尿病、癌などまでかかりやすい一種の体質である事がわかる。我々は境界線ギリギリにいて、何かが起こるだろう。このレメディーは、有機組織をこのような疾患状態に導き、低いタイプの組織形成が見つかり、これらの硬化の多くは結果的に癌ななるだろう。これは長く作用する抗乾癬のレメディーである。

 この薬にはまた、子宮の頸部と乳腺の硬化の傾向もある。腺はゆっくりと炎症を起こし、普通の鬱血と硬さで止まらず、弾丸ほど硬くなる。この硬化は身体の様々な腺に及ぶが、特に扁桃腺で顕著である。風邪をひいて咽喉に落ち着く傾向があり、特に扁桃腺を選び、それが硬くなる人や、風邪をずっとひいていて、扁桃腺がずっと肥大していく人に、その硬化と浸潤という全行程に合うAlumenという薬があり、症状が合っている場合、同種の法則に従ってこれらの症例を治す。風邪をひく度に扁桃腺に来て、巨大に肥大し、非常に硬くなった扁桃腺で、成長する小さい子どもたちを治す。Alumenは同じ傾向があるBaryta carbの一つである。ある患者ではある種の体質があり、徹底的に調べるとBaryta carb.のようである。別の患者は別の体質かもしれず、注意深く調べるとAlumenにようである。別のはSulphuに見えるだろう。別のは注意深く見るとCalcarea carb.が見つかり、別のはCalcarea iodであるなど、それらのレメディーは、描かれた条件をもたらすことができる。体質の状態を描く症状を見つけることができれば、問題はない。症状がよく集まったら、その症例は治癒したも同様であり、その時レメディーを見つけるのは簡単である。
 部分的にしか証明されていないという事実から、このレメディーは不完全である。 私は、部分的にしか証明されていないレメディーには関心がないが、それらが日常生活に適した数多くの顕著な特徴を有する場合、それらの事を知ることは大切である。このレメディーの精神的症状はごくわずかだ。精神状態が引き出されるためには、レメディーは敏感な人に、より高いポテンシーを与えて証明されるべきである。

 頭の症状のいくつかは非常に印象的で貴重である。頭頂の燃焼を伴う痛み。痛みはまるで重力が頭蓋骨に押し込んでいるような感覚。諸君は、頭の上を手で押さえて、ベッドに寝ている女性を見るだろう、そして彼女はこう言うだろう「先生、火のようにちょうどここが燃えて、頭蓋骨が押しつぶされるよう押され、氷のように冷たい手ぬぐいでそこを強く押す時だけ、楽になるんです」と。患者は数分毎に手ぬぐいを替えて、冷たくして欲しがる。圧倒的な痛みが、その部分を押すことによって改善するのは、奇妙な事だ。この事はCactusにようで、頭頂の圧迫する痛みは, 圧迫で楽になる。その症状があるレメディーのリューブリックは小さく、そのためこのレメディーはそこに入る。いくつかの奇妙で稀で特異な症状があり、レメディーが不十分であり、患者の体質の状態を得るため、他のルートや脇道に沿って作業しなければならない。Alumen は、非常に厄介な慢性の被刺激性の膀胱と交互に起きる頭頂の、圧迫する痛みを治した。

 「目眩:仰向けに寝て、胃のくぼみに弱さがあり、目を開けると改善し、右に回すと改善」。しかしこのレメディー別の特徴は、右に横たわると動悸が起こる事だ。動悸は一般的に左に横たわると悪化するので、非常に変わった物として、誰かに合うだろう。不規則に動いたり、拡大したり、無秩序な心臓は、空間が小さくなるので、一般的に左に横たわっている間悪化するが、右に横になった時に、これらの症状が悪化するのは、変で稀で奇妙である。この状態が患者に起きる場合、まさにその症状があるレメディーを見つける必要があり、その症例の残りの症状が、この独特の状態を作り出すレメディーに合っているのが見られる事が非常によくあるであろう。

 これらの事に付け加えなければならないもう一つの特徴がある:それは、体中の筋肉が遅くて不活発である事で、筋肉が全て減速し、腕と脚が弱い感覚がする。

 便秘では、排便に急ぐが何も出ない時があったり、排便したくない日が数日続くかもしれない。排便力がない。患者は長い間気張るが何も出ず、ついに何日もたってから便が出て、それは硬いボールのような塊や、大理石のような小さな球がすべて一緒に固まって合わさった大きな塊である。この事はAlumen体質の大変強い特徴である。「便は、あまり頻繁ではなく、より乾燥しより硬く、大きく黒く、羊の糞のようなに小さくバラバラで、排便後に楽にならない」。排便後もまだ直腸が一杯なような感じがする。この独特な特徴は、直腸の弱さや麻痺を伴う。すなわち、直腸はその内容物全てを排出するのに十分強くなく、したがって未処置の便の感覚がある。直腸に潰瘍があり、潰瘍から出血する。 痔核は潰瘍化しており、非常に痛みを伴うので、排便する度、排便後に長い間苦しみ、直腸に鈍い痛みがある。

 カタルの状態がレメディーを通して優先している。眼からの慢性の黄色いかすかな分泌が出やすい老齢の瘰癧にかかった乾癬患者では、肥大した静脈を伴い、膣や男性では尿道から黄色い分泌液が慢性的に出て、慢性の痛みのない淋病がある。カタルの分泌に加えて、潰瘍化の傾向があり、そのため膣内には小さい潰瘍性の班があり、膣内や子宮頸部に小さいアフタ性の班がある。患者が慢性淋病を罹っている場合、膿のように分泌物が白くなる代わりに黄色いままで、尿道に沿って小さい硬化が起き、患者は医師の注意を「塊」に促す。尿道に沿って「小さな束」を伴った分泌液。これらは小さな潰瘍で、潰瘍の下には硬化が起きている。この状態があるならば、Alumenの淋病がある。これらの小さな潰瘍はそれぞれ狭窄の結果になるため、このレメディーが与えられない限り、患者に2〜3回狭窄が起きるだろう。カタルの状態および潰瘍における別の奇妙な特徴は、血管に影響を及ぼす傾向である。静脈は静脈瘤になり出血することがあり、そのため炎症やカタルが起きた部位から出血したり、潰瘍から出血したりすることがある。

 頭については、何とも言いようなない、多くの神経痛があります。これらの頭の痛みは朝目を覚ますと起きる。目の症状は炎症性または鬱血性の特徴があり、潰瘍の傾向がある。膿疱性眼炎; 慢性的な痛みがある目。「ロウソクの光で物が二重に見える」「左側の鼻ポリープ。紅斑性狼瘡または鼻の癌。死体のように顔が青白く、唇が青い。舌癌」。わずかな成長、小さな硬化や浸潤を作り出す傾向があるかを見なさい。歯からの出血や、虫歯と歯茎が歯から離れ、歯が緩み、歯茎の壊血病の外観がある。「口は燃焼し、潰瘍化し、灰色で汚く、歯の周りはスポンジ状の皮膚で、壮大な肉に囲まれており、唾液は不快臭がある」。口には潰瘍と同じ一般的な特徴があり、口の乾燥、乾燥した舌と喉を伴い、氷のような冷水を大量に欲しがる。「口蓋垂は炎症を起こし大きくなる。 扁桃炎にかかりやすい」「食べたものはなんでも吐く」。それは特に潰瘍形成が鬱血しやすい状態を指しているため、後で「潰瘍」という言葉をつけることができる。

 腹部の項で鼓腸が見つけかる。腸が働かず、痙攣作用が起き、その結果患者は痙攣や疝痛の痛みを患う。繰り抜くような、引きちぎるような、引き裂けるような痛み。腹部の収縮と臍の引き込み。あなたが白鉛で働く人々にその有毒な効果の鉛を比較すると、このレメディーの素晴らしい対応を見るだろうし、あなたはPlumbumとこのレメディーが互いに解毒することを観察しても驚かないだろう。それらはとても似ているので、そうなるのであり、同居できない。Alumenは鉛で働く人々の鉛疝痛を克服するための素晴らしいレメディーであり、感受性を取り除く。この感受性のためにその職業をあきらめなければならない多くの画家がいる。 Alumenはこの傾向を克服する事がよくあり、その仕事に戻してあげられる。

 女性に関しては「子宮の重みが頸部を下へ押す。膣の顆粒。帯下が多量。衰弱。顔色が黄色い。子宮の硬化。硬性癌にさえなる。子宮の潰瘍」に注目する。女性がとても痛いのでセックスできないと言う事から、膣のこの状態の証言が得られる事がある。かなりの問題がある場合、自然の行為ができない事は、不思議ではない。

 「声が完全に無くなる」。有機組織の低い状態からや、いつも風邪をひいて、声が慢性的に出なくなる。痰は、かなり黄色い粘液で、黄色い粘液の小さな蓄積を取り除こうと、始終喉をこする。「晩、横になった後で乾燥した咳が出る」「慢性化した朝の咳」。このレメディーで席はさほど重要ではない。見られるべき有機組織の一般的な状態である。この小さな潰瘍があると、そのためにある種の咳が出るので、医者にとって咳は病気の特徴を妨害しない。この患者は肺結核になるか、または病気の根本的な何かに影響を受けているかもしれない。

 朝痰を吐く、胸部にカタルがあり、多量の粘着性の喀血で苦しみ、胸が非常に弱っているため、粘液をなかなか吐けない老齢者の治療に、Alumenは非常に役立ってきた。 これに関してはAntimonium tartaricumに似ている。

 Aluminaとの関係のため、脊髄の症状がたくさんあるという事実が、さらなるプルービングで疑いなく増えるだろう。背骨が弱い事はよく知られており、背骨が冷たく、まるで背中に冷水をかけられたかのように感じられる。肩甲骨の劣角に沿ったライン上の背骨の痛み、この部位と肩の弱さ。Aluminaのように、手足の周りに紐やバンドでしめたような狭窄感がある。あたかもコードが上腕の周りにしっかりと締められているかのように感じる。物を落すのが見られるような指の不器用さ、夜間の下肢の痛み、倦怠感やしびれは、脊髄の症状の別の現れである。膝下の脚の周りに紐が巻きついたような感覚があり、歩行の圧力に足の裏が敏感で、暖かくしているのに、足がしびれて冷たい。膝まで脚が冷たい。これらはすべて、脊髄におけるレメディーの作用のさらなる証拠である。四肢が全て傷ついたように痛い。手足が全て麻痺し、這うようだったり、チクチクしたりする。

 患者は夜、まるで血液が体を駆け巡るような感覚で、ずっと目を覚ましている。多くの病訴が睡眠中に起きる。悪夢。 患者は天候の変化に敏感で、寒さに大変過敏である。.

Syphilinum(スフィライナム / 梅毒)

ジェームズ・タイラー・ケント博士による
「ホメオパシーのマテリア・メディカに関する講義」(1911年)より和訳します。

ホメオパシーは、宇宙指数になる程、希釈し振盪した物質が、
どのような症状を作り出すかを証明し
それを、その症状を持つ人に与えることで、体自身が情報を得て、
自ずと治癒に向わせる、というメソッドの代替医療です。

マテリア・メディカでは、その症状の記録が書いてあります。

内容はこちらに移動しました。

https://ameblo.jp/ehkomerlo/entry-12854380092.html

Theridion(テリディオン/ニコヤカヒメグモ)

ジェームズ・タイラー・ケント博士による
「ホメオパシーのマテリア・メディカに関する講義」(1911年)より和訳します。

ホメオパシーは、宇宙指数になる程、希釈し振盪した物質が、
どのような症状を作り出すかを証明し
それを、その症状を持つ人に与えることで、体自身が情報を得て、
自ずと治癒に向わせる、というメソッドの代替医療です。

マテリア・メディカでは、その症状の記録が書いてあります。

内容はこちらに移動しました。

https://ameblo.jp/ehkomerlo/entry-12852815095.html

ケント博士によるホメオパシーのマテリア•メディカについて

マテリア・メディカとは、それぞれのレメディの特徴を記してあるものです。
レメディの特徴は、
プルーバーと呼ばれる老若男女、様々な職種の健康な人々にその物質を投入することで、
現れた心身の症状を書き留め、収集して、記録されたものです。

ここにあげるマテリア・メディカは、ケントが
「マテリア・メディカに関する講義」において
ハネマンやボーニングハウセンなどのマテリアメディカについて述べた記録で
学生たちにそれについて説明すると同時に
ケント自身の臨床の現場の経験から得た解釈も加えて述べています。

ケントは、その中で
「ホメオパシーのマテリア・メディカは、人間の心理の研究に非常に役立つ」
と述べています。
ホメオパシーに興味がある方々はもちろん、
心理カウンセラーの方々にも読んでいただきたい記録です。

Tuberculinum Bovinum(ツベルクリナム/結核菌)

ジェームズ・タイラー・ケント博士による
「ホメオパシーのマテリア・メディカに関する講義」(1911年)より和訳します。

ホメオパシーは、

宇宙指数になる程、希釈し振盪した物質が、どのような症状を作り出すかを証明し

それを、その症状を持つ人に与えることで、体自身が情報を得て、

自ずと治癒に向わせる、というメソッドの代替医療です。

マテリア・メディカでは、その症状の記録が書いてあります。

内容は、こちらに移動しました。

https://ameblo.jp/ehkomerlo/entry-12847107978.html

Tarentula Hispanica(タランチュラ/コモリグモ)

ジェームズ・タイラー・ケント博士による
「ホメオパシーのマテリア・メディカに関する講義」(1911年)より和訳します。

ホメオパシーは、宇宙指数になる程、希釈し振盪した物質が、
どのような症状を作り出すかを証明し
それを、その症状を持つ人に与えることで、体自身が情報を得て、
自ずと治癒に向わせる、というメソッドの代替医療です。

マテリア・メディカでは、その症状の記録が書いてあります。

内容はこちらに移動しました。

https://ameblo.jp/ehkomerlo/entry-12852984779.html

Valeriana(ヴァレリアナ/セイヨウカノコソウ)

ジェームズ・タイラー・ケント博士による「ホメオパシーのマテリア・メディカに関する講義」(1911年)より和訳します。ホメオパシーは、宇宙指数になる程、希釈し振盪した物質が、どのような症状を作り出すかを証明し、それを、その症状を持つ人に与えることで、体自身が情報を得て、自ずと治癒に向わせる、というメソッドの代替医療です。マテリア・メディカでは、その症状の記録が書いてあります。

内容はこちらに移動しました。

https://ameblo.jp/ehkomerlo/entry-12846599913.html

Calcarea Fluorica(カルクフロア/フッ化カルシウム)

石灰とフッ酸の化学的結合は、新しい性質と特性を持つレメディを生み出す。これらの元素のどちらか、あるいは両方に精通していても、結合したこのレメディが持つ治癒力を予測することはできないだろう。

腺や細胞組織や骨の形成物の硬化した浸潤を治す力がある。

腱や骨膜外反の結節、石のようなヒゲ腺、骨膜の骨浸潤、軟骨の米粒などが、症状が少ない時に、このレメディーによって治癒したことは、驚くべきことであった。

もちろん症状が一致すれば治るが、個別化が頻繁にできるように、プルービングすることが必要である。

膝の穴に再発した筋腫を、一度切開で取り除いたが、再発し、拳の大きさにまで大きくなった。脚を45度まで引き上げると、膝が動かなくなった。

この素晴らしいレメディーが、症例の症状と腫瘍の硬さを考慮して処方された。腫瘍は次第に小さくなり、四肢は正常になり、相変わらず良好である。この患者はその後、健康な子供を産み、現在も完全に病気とは無縁である。現在、治癒して10年になる。

寒さ、微風、天候の変化、湿った気候に敏感である。症状は温熱と温熱塗布によって改善される。症状は安静時に悪化する。

多量の青白い尿と下痢を伴う痛風に有効な治療法である.

患者は悲しく惨めである。セファラエマトーマと呼ばれる幼児の頭蓋上の変動性腫瘍を治癒している。

視覚を働かせた後、目の前がぼやける。白内障、角膜の縁が硬い場合の潰瘍、硬くて小さい斑点や結膜炎も治す。アデノイドや鼻から出る濃い黄緑色の分泌物も治している。

喉の痛み,潰瘍,肉芽,寒さで悪化し,暖かい飲み物でよくなる.痛みは夜間に悪化する。扁桃腺の炎症が大きい場合、Baryta carb.が効かない場合に治す。

夜間、肝臓が痛み、痛む側に寝ると悪化し、動くとよくなる。肝臓の切れるように痛く、歩くと良くなる。

痛風患者における下痢。肛門および痔のかゆみ、痛み、硬い出血。肛門の裂け目。便秘。

多量の水様尿。強い臭いの尿。排尿時に痛みを伴う。

精巣の硬結。結節性精巣。

外陰部静脈瘤。子宮筋腫。乳房の硬い結節。

喉頭の乾燥やくすぐり。声帯をきれいにしたがる。音読の後の嗄声。食後および寒冷時に、喉頭のくすぐったさから声が枯れた咳をする。痙攣性咳嗽。

第8肋骨角の外骨腫を治している。

腰痛は安静時に悪化し,熱を加えると良くなるが,Rhusが効かなかった後に治している。背中の痛み,仙骨に及ぶ.頸部腺の硬化。

鮮やかな夢、すっきりしない眠り。夢を見ている最中に、ベッドから飛び降りる。

化膿においては、Silicaに似ている。

Calcarea silicata (カルカレア・シリカタ / ケイ酸カルシウム)

石灰のケイ酸塩は、非常に深く作用するレメディーである。症状は、朝、昼、午後、夕方、夜、夜中など、昼夜の区別なく現れる。

皮膚、粘膜、骨、腺に深く作用する。膿瘍、カタル性分泌物、潰瘍は、厚く、緑がかった黄色の膿が顕著。厚い、緑黄色の痰が出る。外気に対する嫌悪。風に過敏である。

ワインやアルコール性刺激物に非常に敏感である。貧血のような顕著な青白さ、Calcareaのような衰弱と階段の上り下りの息切れ。入浴を嫌がり、入浴で悪化する;特に水浴が好きだったプルーバーが水浴で悪化している。

朝食後に悪化。上皮腫と狼瘡を治している。

CalcareとSilica共に知られているように、症状が一致する場合、虫歯のレメディーとなるだろう。

天候の変化、温暖から寒冷まで、すべての症状が悪化する。多くの症状は、性交後に悪化する。

一般に寒さ、冷たい空気、寒くなること、寒くなった後に悪化する;寒くて湿った天候で悪化する。寒い天候で寒さを感じる;常に寒さを感じているようだ;多くの内部鬱血。

開口部の収縮、痙攣性傾向。てんかん患者の体質を大きく緩和し、発作を軽くし、てんかんを起こりにくくする。

静脈は大きく膨張し,多くの部位で膨満感を覚える。症状は食事中と食後に悪化する。

衰弱が著しく、特に肺結核の遺伝がある子供には顕著である。衰弱、寝汗、射精。わずかな労作でも衰弱し、多くの症状がひどくなる。

失神が忍び寄る。

筋肉が弛緩する。少食や絶食すると快適に感じる;冷たい食物、冷たい牛乳および冷たい飲料は多くの病訴を悪化させる。

粘膜から出血しやすい。咽頭、鼻、喉頭および胸部から出血する。

常に冷え性;生命熱が著しく欠如している。ある冷え性のプルーバーは、プルービングと治療後、暖かくなった。熱くなりすぎるとと非常に悪化する。

体が重く感じられ、臓器が引きずり落ちるよう。

外部および内部の炎症;骨および腺。どの内部部位も、きしみに非常に敏感である。

昼夜問わず倦怠感があるが、夕方から夜にかけて悪化する;常に横になっていなければならない。

筋肉、腱、関節が弱く、緊張しやすい。この弱さは、ArsenicumやChinaによく似ており、体液の喪失によるもののようである。

ベッドに仰向けに寝ている時が最も快適で、横になると、ほとんどの症状は改善される。月経前、月経中、月経後に多くの症状が現れる。

すべての症状は動くと悪化する。粘液分泌物が増加し、緑黄色を呈する。

単一部位や、横たわった部位、疼痛部位の麻痺。自慰の後の病訴に、衰弱はそれを示す。血液が体から頭へと流れ、熱を帯びているように見える。

痛みは、くり抜くような、燃えるような、切るような、引っ張られるような、押されるような、打撲のような、縫われるような、引き裂かれるような感覚。内部が燃えるよう。

臓器や腺の機能が大きく損なわれ、遅くなる。消化が遅く、腸や肝臓の働きが鈍い。

多くの症状において周期性が目立つ。

汗をかくと、微風や冷気によって汗が抑えられ、足が不自由になり、症状全般が悪化する。

体内、体外とも、全体に脈動がある。

どこもかしこも敏感、痛みに敏感;内部が痛む。骨に触ると痛い。その症状は、過度の性交から起きるものと似ている。

脱力感や他の多くの症状は、立っていると悪化する。風邪をひいた時や、労作後、発汗後に、身体や背中、手足がこわばる。

水腫や炎症による腫脹;患部や腺が硬く腫れる。触ると多くの部分が悪化し、触られるのを恐れる。

全身および手足に震えがあり、筋肉の痙攣が激しい。

乳腺の悪性潰瘍の抑制に最も有用である。

布団をはぐと症状が悪化する。早歩きや、冷たい外気の中の歩行で悪化する。特に朝の起床時や、ちょっとした労作、頭を使いすぎたり、戸外を歩くと、非常に弱る。

非常に神経質な衰弱。いつも疲れている。湿気た天候で苦しむ。冬はほとんど乗り切れず、症状がひどくなり、反対に夏に改善される。

ぼんやりしていて興奮しやすく、怒りやすいので、怒った後に症状が悪化する。症状は一人の時に悪化する。夕方から夜にかけて、また夜中に寝床で、健康についての不安を感じ、月経中や朝の目覚めにも悪化する。

多くのものを欲しがるが、すぐに飽きる;手に入らないものを欲しがる;気に入ったものがなく、非常に批判的である。読んでいるもの、聴いているものに、集中することができない。

自分自身に対するすべての自信を失っている。

朝起きた時、夕方、食後、精神的興奮の後、座っている時などに、頭が混乱する。慰められると苛立つ;反抗的で内気、臆病でさえある。

一カ所に長く座って宙を見、話しかけられても答えない。

受動的な錯乱;正気でない人のように話し、行動する;死んで久しい想像の人々に話しかける。無意味で愚かなことを話す;首尾一貫して話すが、不可能なことを話す。

質問に正しく答えて、呟きに入る。

窓から飛び出したがる。

死んだ夫が隣の部屋にいると思うが、彼のところに行かせてもらえないので悲しむ; 生きている息子を、とっくに死んだ人の名で呼ぶ。馬鹿げた事をつぶやき、死んだ人が見える。

彼女は一晩中自分の部屋で眠らずに彷徨っている。死んだ友人、死んだ息子、死んだ夫が見え、会話しているように見える。死んだ夫のために夕食を持ってこようとする。夫が見つからなければ、夫が餓死してしまうと想像する。

死人に関する多くの妄想;死人や死体を見る;犬や何かのイメージを夜見る。恐ろしい幻影;半分目が覚めている時に嫌な人物を見る。空想の幻影;声を聞き、死者の声に答える。

不満と絶望;自分の病気に落胆し、不治の病を証明していると思う。

頭が鈍い;精神的にヘトヘトになった後、想像上の恐怖と苛立たしさがある。感情的で笑ったり泣いたりしやすく、空想が高揚する。

頭を使いすぎると、精神面のすべて、多くの身体的症状が悪化する。

夜、大きな恐怖に襲われる; 朝の頭痛で脳が損傷したのではないという恐怖;家族の事やや金銭的問題に対する恐怖;仕事やあらゆる労作に対する恐怖。恐怖から来る不満。

物忘れがひどく、今話した文章を思い出すことができない。

怖がりやすく、いつも急いでいる。ヒステリックな症状が多く、夜は考えがどんどん湧き出るが、昼間は考えが減る。

多くの精神面の症状や外見も、愚かになって来ている。

何事にも、誰にでも、非常にせっかちである。

「全く野心がない」

肉体労働も、頭脳労働もしたがらず、運動を嫌がる。無気力。朝晩、性交後、慰められてから、頭痛の間、些細なことで苛つく。嘆き、泣き叫ぶ。好色。

生きることへの嫌悪。

記憶力が非常に弱い。話すときに間違える;言葉を置き違える。気分が変わりやすく、不機嫌で、一般に忙しくしていると改善;プルービングの間は温和で従順であった。

極度の頭脳の衰弱;夜間の落ち着きのなさや不安;朝や日中に悲しむ;暑いと悲しむ。

理由のなく鬱になる。感覚が鈍い;騒音や友人の軽い叱責には過敏。精神症状は過度の性交から悪化する。

睡眠中に悲鳴をあげる。びっくりしやすい。睡眠中にびっくりする。

茫然自失や自殺傾向がある;話したり話しかけられたりするのを嫌がり、黙って座りがちである。

臆病で恥ずかしがり屋。意識がなく、自動的に動く;人生に疲れ果てている。

夜間、睡眠中に泣く;想像上の恐怖や心配から、突然すすり泣く;1時間ごとに座って泣く;意志はほとんど失われている;頭脳労働を非常に嫌う。

めまい,朝の起床時,起床後,夕方,頭痛時に、後方に倒れる傾向がある。めまいは、上方を見たり、横になる時、頭脳労働から起き、吐き気を伴う。前かがみから立ち上がる時、座っている時、前かがみの時、野外を歩いている時に、めまいが起きる。

頭、特に後頭部や頭頂部が冷たい;夜間や咳をする時に、頭部がうっ血する;額の圧迫感;頭皮の発疹;外皮、湿疹、膿疱;頭部が前方に傾く;頭部の著しい膨満感。髪が硬く,髪の毛が抜ける。

頭全体が熱くなり、夕方、額が悪化する。朝、頭が重くなる;額が重い。

水頭症。頭皮のかゆみ;後頭部のかゆみ。脳が動いているかのような感覚。

頭痛はひどく、頭全体にある。

朝に悪化するが、午後と夕方にも感じられ、一晩中続く;冷たい空気や通気によって悪化する;階段を上ると悪化;女性の場合、髪を束ねると悪化;性交後に悪化;寒くなって、風邪をひいて悪化;寒くて湿った天候から悪化;鼻風邪を伴う;食後に悪化;過熱することによっても悪化し、暑さの間はハンマーで叩いたような痛みを伴う;きしみから悪化;光から悪化;横にならなければならない;月経前や月経中の悪化;精神的疲労から;部屋の中を動くことによって、頭を動かすことによって悪化;騒音から悪化。

痛みは発作的にやってくる。毎日あるいは週1回起こる周期的な頭痛、脈打つ頭痛を治している。痛みは、睡眠後,刺激物をとってから,前かがみや激しく足踏みをしてから,風邪から悪化する。

眼精疲労による頭痛。触ったり、歩いたり、ワインを飲んだり、字を書いたりすると、頭が痛くなる。痛みは後頭部やうなじに及ぶ。脳の奥が痛み,動くと脈打つ。

朝、額に硬い痛み;安定した鈍い重い痛み、食事や何かに従事した後で改善する;頭を使いすぎたり、運動、歩行や筆記によって悪化する;完全に安静すると良くなる。

朝の起床時の頭痛;横になっていると悪化し、ベッドから起き上がると悪化する、何かすると改善し、立ったり歩いたりすると良くなる。

額の激しい頭痛;目の上の痛み、脈動がある;歩くと悪化し、動きで悪化、横になり暖かさや圧力で改善する。後頭部と側頭部にひどい頭痛があり、右側が悪化する。

こめかみと頭頂に激しい痛み;頭の中に燃えるような痛み;頭の破裂するような痛みは、主に頭頂にある;頭の中に切れるような痛み;額と後頭部の引っ張られるような痛み;朝,頭全体に鈍い痛み。ぐいっと引っ張られるような痛みを伴う痙攣。

額や後頭部,後頭部側面こめかみ、頭頂に、押されるような痛みがある。額に押し出されるような痛み。頭全体に、撃たれたような痛み。後頭部に撃たれたような痛み。

頭皮は触ると痛み、脳全体は打撲したように動きや衝撃に敏感である。額,後頭部,側頭部,こめかみに縫われるような痛みがある。

痛みは非常に激しいため,気を失いそうになる;前額部,前頭隆起部,後頭部,こめかみに、引き裂かれるような痛みがある。頭皮全体の発汗; 前頭部の発汗。額および頭部全体の脈動。脳が震えるか、うごめく感覚。頭部の筋肉がひきつる。

瞼に膿が膠着している。白内障を治している。目から濃い緑黄色粘液と膿が出る。瞼が重い。ベトついた分泌液を伴う、結膜の炎症や、瞼の炎症。

注入された、暗い色の静脈。目のかゆみ。外気で涙目、鼻風邪を伴う右目の涙。角膜の混濁を治している。目の非常に激しい痛み、嵐の前や間に、充血を伴い、光によって悪化。

痛みは、燃えるよう、切れるよう、圧迫、目に砂が入ったような感じ;痛み、打撲、縫われるような、引き裂かれるような痛み。視神経の麻痺;光恐怖症;目の脈動と瞳孔の収縮;目、特に内眼角が赤く、瞼の静脈が著しい;角膜上の斑点;瞼の腫れ;瞼の痙攣など。角膜の潰瘍を治している。目が弱く見える。

目の前に色、斑点、浮き出る斑点、暗い色が見える。まぶしい。通常の眼鏡では読めないほど見えない。失明したかと思った。遠視。目を使うと、頭痛や多くの神経の症状が出る;目の前に、ちらつきや霧のようなビジョンが見える; 視界が暗くなる; 目の前に火花が散る。

耳から不快な、化膿した、ベトついた、黄色や緑黄色の分泌物が出る;水っぽい不快臭のある分泌物;血や水のような分泌物。

耳の中でパタパタ音がする。

耳が熱い。耳の奥が痒い。耳に雑音が聞こえ、噛むと耳の中にカチカチと音がする。

耳の中にパタパタと音がする。耳の中で、ブンブン、リンリン、唸り、ビュービューという音がする;耳に激しく引っぱられるような、ぐいっと引く,縫破れるような,引き裂かれるような痛みがある。

痛みの有無にかかわらず脈動がある; 内側の腫脹と停止感;耳垢の増加;耳の中がぐいっと引くよう。聴力ははじめは鋭く,後で低下する。

結核体質において、鼻や鼻の後頭部の悪性のカタルがあり、副鼻腔に及び、咳を伴う慢性の鼻風邪がある;この鼻風邪は。外気中で鼻水が出るが、患者自身は改善しているように感じる。多くの花粉症の症例が治癒している。

朝、起き上がると、多量の分泌物が出る;昼間はアルブミン質で光沢がある。鼻から鼻糞吹き出る。硬い塊で、表皮を剥ぎ、緑色、不快臭、膿性、ベトついた、黄色または黄色がかった緑色;多量、血の混じった、サラッとした水性の分泌物。

鼻の内部は極度の乾燥。鼻血、かむと真っ赤な血が出る; 鼻の中がかゆい;夜や朝起きがけに鼻が詰まる。

臭鼻症に最も有用なレメディ。鼻の奥や鼻根の痛み;鼻の中の痛み;鼻の中が縫われるように痛い;鼻の中のポリープはこのレメディーで治っている。嗅覚は初めのうちは鋭く,後に減退し,最後には失われる。くしゃみ,鼻の潰瘍,鼻の腫れ。

顔は非常に青白く、土色;唇は青くひび割れている;頭痛の間、顔が赤くなる;頬の周りが赤い;唇が乾燥する。

顔や、頬、顎、額、唇、鼻の上、口の周りの発疹。痤瘡、おでき、面皰、湿疹、ヘルペス、ニキビ;顔面のフケのような発疹;顔面が熱く,赤い。

耳下腺の炎症および化膿。

寒さで顔が痛くなり、暖まるとよくなる。顔の痛みは、穴が開くよう、引っぱられるような、縫われるような、引き裂けるような痛みである。顔や頭皮の発汗。腺の腫れ;耳下腺や下顎腺の腫れ。

口の中の粘膜はアフタだらけで,歯茎が出血する;舌が白い苔で覆われている;口は非常に乾燥するが,多量の粘液が出ることがある;口からは不快臭があり,腐敗臭さえする。舌が非常に痛く,唾液が大量に出て、話しづらい。

歯茎と舌の腫れ;ひどい味がし、アルカリ性、朝は苦い、金属臭、腐敗臭、酸味がある。味覚がなくなることがある。

左側の下唇の粘膜の潰瘍;刺すような、ヒリヒリした痛み、破片のような痛みは、広がり、圧迫すると痛く、ラード状、縁が炎症を起こす;右側には小さな潰瘍が現れる。

歯が緩み、長すぎるように感じる;虫歯。夜中に歯が痛む。咀嚼すると歯が非常に痛む;冷たい空気や冷たいものを口に含むと、痛みが悪化する;食事中、睡眠後、外部の暖かさや、口内に暖かいものを入れると良くなる。

痛みは、穴が開くよう、掘っているような、引っぱられるような、ぐいっと引っぱられるような、突き刺す、押されるような、縫われるような、引き裂かれるような痛みがある。

乾燥および赤みを伴う喉、咽頭および扁桃の炎症;常に喉をきれいにしようとし、朝方に悪化する。咽喉に粘着性の粘液がある;咽喉に塊がある。

風邪をひいた時、咳をした時、飲み込んだ時、喉がひどく痛む。うずく痛みや燃えるような痛み;飲み込むと破片のような痛みがある。嚥下時に刺すような痛み;嚥下が困難。扁桃腺および口蓋垂が腫脹する;咽喉に潰瘍ができる。

頸腺の痛みと腫れ。首の腺の硬化。甲状腺腫を治している。

胃に不安感がある。初めのうちは食欲が増し、次に貪欲になり、最後に食欲は無くなり、食物、特に肉やミルクを嫌う。プルーバーの中には、酸っぱいものや牛乳を欲しがる者もいる。

胃の中が冷たい感じがする;食べても解消しない空虚感;みぞおちが沈んでいる感覚;朝、食後にゲップが出る;苦い、空腹感、食べたような味がする;酸味、酸性の胃液、胸焼け。しゃっくり。

食後の胃の満腹感;食物を嫌悪する。朝、昼、夕方、夜の吐き気;食事中、食後、空咳の後、頭痛の間、歩くと改善する。

胃痛は、夕方や夜;冷たい飲み物の後、咳をした時、食後、外を歩いている時。痛みは、燃えるような、痙攣性の、切られるような、圧迫した、打たれるような、縫われるような痛み;夕食後、重りのような圧迫痛がある。

胃の脈動;胃に石があるような感覚;著しい緊張感。

午後と夜間の喉の渇き;燃えるような渇き;激しい渇き。

朝晩の嘔吐;咳の際、飲酒後、食後、頭痛の間、牛乳を飲んだ後;胆汁や、苦い物、黒い血液、食物、粘液、水っぽい物を吐く。

食後の腹部の膨満感;下腹部の水腫、肝臓肥大。ゴロゴロ音がする、いっぱいに膨れた鼓腸。下腹部が非常に硬い、肝臓が硬い。腹膜に炎症がある。腸内ガスから腹の中が動いている感覚がある。

朝晩の痛み;月経前に痛い;右の季肋が痛い;肝臓や鼠径部が痛い。痛みは、下腹部の横や肝臓にあり、燃えるような、痙攣した、切れるような、圧迫した、縫われるような、引き裂かれるような、ねじれるような痛みがある。

下腹部の著しい緊張;太鼓のような腹。

直腸の不活性化を伴う、極度の便秘;便を押し出しにくい;直腸の麻痺感;肛門の収縮;便秘、乾燥便、硬い、節目のある、大きく柔らかい、淡色の、かなり気張る。

下痢は、痛みを伴わず、多量の便、不消化の下痢、不快臭、腐敗した、酸性、糊状、薄く、水っぽい。赤痢;血便、乏しい便。

多量で不快臭のある腸内ガス。

肛門の瘻孔を治癒している。肛門のかゆみと這うような痛み。排便中に痔瘻が突出し、触ると痛く、歩くと悪化する。排便と同時に、直腸や肛門から出血し、排便後にかゆみがある。

肛門の湿潤、排便中。排便後の疼痛、排便中。排便後の焼けるような痛み。痛みは、圧迫する、縫破れるような、引き裂かれるような痛み;肛門の著しい痛み。直腸の麻痺感。鉛筆より大きい便を通さない直腸の狭窄が治っている。

テネスムス。便意を激しく催したり、排便中に催す;便意があっても排出しない。

膀胱のテネスムスおよび尿閉,膀胱の圧迫痛,尿内に粘液を伴う膀胱の炎症,夜間の尿意,動くと悪化し,横になると改善する。

突然の尿意、便意があっても排出しない。夜間の頻尿;夜間の睡眠中の不随意の遺尿;不満足な排尿。尿が少量。

前立腺が肥大し、柔らかい;便を出そうと力を入れると前立腺液が出る。

尿道からの分泌物は膿性,緑色,黄色;排尿は切れるような痛みや燃えるような痛みを伴う。尿道狭窄を治している。尿は多量,後に少量になる、赤色,白濁色,燃えるよう,粘液を含み,沈殿物は紫色,砂状である.糖尿病を治している。

夜間,考えや夢も見ていないのに勃起する;男性の性器や包皮の発疹。精巣の水腫や硬化を治している。陰茎亀頭の著しい赤味;陰茎亀頭や陰嚢の痒み;陰茎の刺すような痛み.。男性性器に汚い汗をかく。陰嚢に汗をかく。射精。性欲が増大し、勃起せずに性欲が強くなる。精巣の腫れ。

女性に関しては、性欲が増大する;外陰部に発疹が生じ、非常に痒い。子宮が重く、子宮脱しやすい。

帯下は、月経の前後に発生し、皮膚を剥ぐような刺激性、血が混じり、多量で、乳白色、白色または膿性、黄色または黄緑色。

月経は、刺激性、鮮やかな赤色で、多量、早すぎる、長引く、あるいは乏しい;月経がない、あるいは抑制され、痛く、不規則である。月経と月経の間に出血;子宮の痛み、痛い、燃えるよう、出産のよう、裂けるような痛み;生殖器の痛み;陰唇や膣、子宮口の潰瘍。

気道,喉頭、気管の慢性的炎症;多量の黄緑色の粘液を伴う、喉頭や気管のカタル;喉頭や気管の表皮剥離した痛み;喉頭の結核。喉頭をいつも擦る。喉頭や気管がチクチクする。

呼吸は速く、喘息のようで、深い;咳をしている間や横になっている時は、大変で、ガラガラ音をたて、短く、ため息をつき、呼吸が困難。

喘息患者への最も優れた咳止めの一つである。

咳は夜に出るが,朝起き上がった後や,晩寝床に入っている時にも出る。冷たい空気や、冷たく湿った空気で咳が出て、喘息のようで、冷たい飲み物からも出る。

夜間は乾いた咳をし、朝には多くの痰が出る;発熱時の咳;空咳やかすれた咳;喉頭や気管の炎症による咳;特に朝に、嗄れた咳が出る;晩に、発作的で痙攣性の咳が出て、全身揺れる。咳は横になったり、話すと悪化する;朝、起床後に激しい咳が出る。

朝に痰が出る。それは血が混じり、黄緑色、多量、不快臭があり、膿が混じった、ベトついた、粘着性;白色の時がある。

肺や腋窩の膿瘍を治している。乳房の癌性潰瘍を抑制している。気管支のカタル,胸の圧迫感,胸の発疹,乳頭の発疹など、絶望的な症例を治している。

肺の出血。気管支と肺の慢性炎症。胸部圧迫。母乳が抑圧されている、あるいは無い。

両側の肺の痛み。咳をしている間や、呼気、深呼吸の間の胸の痛み。胸脇の痛み。

胸部の痛みは、燃えるよう、圧迫された、うずく、縫われるよう、胸の内部の表皮がないよう。吸気時に、胸脇や乳腺に刺すような痛みがある。

夜間、食後、運動後、わずかな動作でも心臓の動悸がする。胸部全体の発汗。物理的条件。 胸部の極端な脱力感。

背中が冷たく感じられ、首の後ろや仙骨に冷たい感じがある。頸部に発疹、膿疱。背中がかゆい。特に夜間、背中が非常に痛い。背中の痛みは、月経中、動いた時、座席から立ち上がる時、座っている間。

頸部、肩甲骨、肩甲骨の間の脊椎の痛み;座席から立ち上がる時の腰部の痛み;尾骨の痛み。座席から立ち上がる時に、背部、腰部、仙骨に硬い痛みがある。腰部の引きつるような痛み、腰部の押すような痛み。背骨のあちこちは触ると痛い。頚部、肩甲骨、腰部、仙骨に刺すような痛み。頸部に引き裂かれるような痛み。

背中に汗をかき、首の後ろが悪化する。背部、特に頸部のこわばり; 首こり。頸部の緊張。背部の弱さ 腰部の脱力感。

指の痛風結節、四肢のぎこちなさ、骨のカリエス,手のひび割れのためのレメディ;筋肉の慢性的なピクつき;四肢,手,掌,下肢,脚,足,夕方から夜にかけての冷え性。手と手指の腱の収縮。

多くの豆、痛み、刺すような痛み。手と手指のひび割れ。

手、下肢、踵、足、足の裏、つま先のけいれん。

上肢の発疹、膿疱、腫脹、上肢および手指の膿疱;下肢の発疹,そう痒,吹出物。大腿部のおでき;指のひょう疽。

手や、手のひら、足が熱い。四肢の重い、特に脚と足の重い。

股関節の病気に大きな効果がある;あらゆる関節の炎症。四肢、大腿、脚の激しいかゆみ。

2年前から爪が伸びなくなった;爪が硬くてもろい。

四肢のしびれ;上肢は寝るとしびれる;手と手指のしびれ;下肢、足、座ると足がしびれる。

手足、関節、骨のリューマチ性および痛風性疼痛、夕方から夜にかけて。夜、上肢の痛み、寒さ、動き、物を持つと悪化する;肩、上腕、肘、前腕、指、指関節の痛み;下肢の痛み;坐骨神経の痛み;股関節の激しい痛み;股関節に膿瘍ができたような痛み;大腿、膝、脹脛、足および足指の痛み。四肢の痛み,寒冷湿潤時の硬直;肩の痛み,運動により悪化する。

足と足の裏が焼けるように痛い。上腕、前腕、手首および手に引くような痛み;膝および脚に引くような痛み。上肢および大腿の痛み、打撲の痛み。手首および足首に捻挫したような感覚を覚える。

関節の刺すような痛み。肩,上腕,肘,手首および指の刺すような痛み。腰、膝、ふくらはぎ、足首、足底、かかと、足指、特に親指の縫われるような痛み。

肩、上腕、肘、前腕、手首、手、指関節の裂けるような痛み;大腿、膝、脚、ふくらはぎ、足、足底、足指、特に足の親指の裂けるような痛み。

上肢と手に麻痺感;下肢の麻痺。

四肢全体に冷汗;手のひらの冷汗;足の冷汗;足の不快臭のある冷汗。

四肢、関節、手、および指のこわばり;下肢、膝のこわばり。

手、膝、脚、足首、足の腫れ。指のしびれ;上肢、手、下肢の震え;上肢、大腿および脚のひきつり。下肢の潰瘍,脚の潰瘍.下肢静脈瘤。

手のイボ;手の親指の甲に;拇指球に;大きくて芯が硬いイボ。四肢の弱さ、特に関節の弱さ。大腿部、膝、脚、ふくらはぎ、足の衰弱。

夢に関しては、怒り、不安、仕事、混乱、情欲、死者、病気、幻想的、火事、怖い、恐ろしい、殺人、悪夢、鮮やか、焦ったい、幻視的;病人や病人の世話をする夢;恐ろしい老女の顔が夢の中に現れる。

睡眠は落ち着かない;朝、前日、夕方、夕食後、食後の眠気;真夜中前の不眠;眠気を伴う不眠;多くの思考から不眠;一旦目覚めると再び眠れない;爽快でない睡眠。早く目が覚め、頻繁に目が覚める。あくびをする。

寒気は、朝、午前、晩、屋外、寒い空気の中、寝床でさえも、食後、外部も内部も、寒くてブルブル震える;震えを伴う寒気、布団をはいで、暖かい部屋でも緩和しない、暖かくしたいが緩和しない;排便時に寒気を感じる。

発熱は午前と午後。しかし、顕著な熱は、夕方から夜にかけて;寒気を伴って熱が出る;夜、寝床で乾燥した熱が出る;寒気を伴った外側の熱;熱で火照る。

消耗性の熱に有効である。軽度の発熱は、夕方から夜にかけて出る。熱感があり,皮膚が湿っている。朝と夜遅くに発汗する;大きな不安を伴う発汗。主に四肢に冷汗をかく;咳、食中、食後、労作、頭脳労働による発汗;運動、歩行による発汗。

大量の熱い汗。単一部位の汗;睡眠中および睡眠後の汗;不快臭で酸っぱい汗;発汗中に布団をはぐと、多くの症状が現れる。布団をはいだり、微風で、発汗が抑えられると、その人は大変苦しむ。

皮膚は、掻くと燃えるように痛くなる; 触ると冷たい;手や指の皮膚がひび割れる; 皮膚が変色する; 青っぽい、肝斑、青白い、紅斑、白斑、黄色。

皮膚の乾燥、灼熱感、汗がかけない。

発疹は、咬まれたような、燃えるような痛み、痒い、痛い、浸食性、刺すように痛い。おでき、あかぎれ、落屑。発疹やヘルペス。乾燥した、痒い、外皮が硬くなる、刺すように痛いヘルペス、発疹は、白い膿のような分泌物がある。

吹出物や膿疱、赤色の発疹がある;発疹は掻いた後に、かさぶたや鱗状になる。膿疱性発疹、掻いた後の結節性じんま疹。多くの場所に小水疱ができる。丹毒は腫れ、掻くと悪化する。皮膚にできる小斑点;蟻走感や鳥肌になる。

硬化。間擦疹。かゆみは、発疹を伴ったり、伴わなかったり、かゆみ、噛まれたように痛い、燃えるように痛い、這う、刺されるよう、掻いた後に悪化する。

痒みは、熱が放射することで改善される。狼瘡を治したことがある。

掻くことで、皮膚が湿る。皮膚は非常に敏感で、うずく感じ、皮膚上に表皮が剥離した所がある;掻いた後、突くような、刺すような痛みがある。

皮膚の潰瘍と潰瘍の青味、燃えるよう、癌性、表皮が硬くなり、深く、腐食性、黄色い膿を伴う不快臭、瘻孔、不快臭、無痛、硬化、刺すような、不健康な。

イボは痛く、硬く、炎症を起こし、刺すように痛み、化膿し、シワになる。イボやその他の嚢胞性増殖物を治している。

PAGE TOP