セラピー&瞑想

 「病は気から」。身体的な疾患だけでなく、心の問題が身体に影響することは昔から言われています。お医者さんの中には心に響く言葉がけをしてくださる方がいて、身体の症状が良くなった例があります。目が見えにくくなっていた女性(20代)が、眼科に行って検査後、お医者さんに最近悩みがあったかと聞かれ、はっと彼との問題を思い出し、それを話すと症状が改善した。背骨が痛く、どの治療を受けても変化しなかった女性(60代)に、お医者さんが「お子さんにだけ人生をかけてこられたようだが、これからは自分の人生を生きるようにしてはどうか」と言われ、痛みが和らいだ。そういうお医者さんに出会えたら幸運ですよね。また治療しようがないケースには精神面の問題があるとみなすお医者さんも増えているように思えます。

 最近では鬱、引きこもりなど、心の問題が現代社会の大きなテーマとなっています。まず保険が効くのであれば、と精神科を考えますよね。ただ精神科ではカウンセリングはなく、症状に応じたお薬を出してくれるそうです。また、お医者さんが一人の患者さんに割ける時間は限られていて、心行くまで話を聞いてもらえないかもしれませんね。

 臨床心理士や心理療法士によるカウンセリングが、徐々に注目され始めていますが、保険は適用されないようです。これについてはスイスでは、健康保険で適用されることが多いと思います。子供の心理相談、言語発達の相談などは、学校を通じ、無料で行われています。また、チューリッヒでユング派心理療法分析家の資格を習得され、スイスにお住まいの日本人カウンセラーも多々いらっしゃり、これについては、スイスの追加保険(健康保険以外の追加の保険)が適用されます。

 日本の象徴、英国の象徴として、今の世界の現状をまるで象徴しているかのように、雅子皇后陛下も、ウィリアム王子やヘンリー王子も、大きなショック、ストレス、落ち込みから、ご自分を解放するためカウンセリングやセラピーを受けてこられ、自分自身を生きることに光を見つけてこられたことは、心の問題で苦しんでいる多くの人々を、陰ながらも励ます存在になっていらっしゃるのではないでしょうか。

 自己負担にはなるのですが、心身の健康と人生そのものを考えれば、カウンセリングやセラピーを受けられることは、切にお勧めします。それは悩みを抱えているご本人だけでなく、その周囲のご家族、ご友人も、少しでも気が楽になり、幸せになる機会を与えてくれます。カウンセラーやセラピストは、時間を十分とって聞いてくれます。頑張ってきた自分へのご褒美として、セラピーやカウンセリングを受けてみるのはいかがでしょうか。それによってお金が減るのではなく、心身の健康という財産が蓄えられ、愛という利子が付いてきます。本当の意味での豊かさにつながることでしょう。

 瞑想も大変心の問題に役立ちます。心が鎮まり、気が満ち、愛が溢れてきます。ただ、体に不調があると瞑想しにくいように、心に悩みがあると瞑想に入りにくいと思いませんか。悩みがある時ほど、マインドがどんどん話を続け、心が静かになりにくくネガティブな方向に行ってしまう経験をしたことがありませんか。身体に不調があると医者に行くように、心に不調があるとその専門家に行って調整してもらうのは、本当にお勧めです。心の調整は、自分でするより、誰かと一緒に取り組む方が、鏡のような効果が出てきます。そうしながら瞑想を続けると効果が見えてくることでしょう。

 さて、カウンセリングとセラピーがどう違うのでしょうか。カウンセリングは受動的にクライアントさんの話を聞いていきます。誰にも言えなかったことを聞いてもらえて、本当に気が楽になることでしょう。本人に気づきが起きると、問題が解決されます。また、カウンセラーさんから、いいアドバイスがもらえることもあるでしょう。

 ただ、脳にその感情や思考パターンが残っていたり、インナーチャイルドがしっかりしがみついていると、繰り返し今までと同じ行動パターン、思考パターンに入り込んでしまうことが多いと思います。セラピーの場合、何らかのテクニックで、そのパターンから脳を解放するお手伝いをしてくれます。そのテクニックはアロマだったり、キネシオロジーだったり、音叉だったり、リンパポイントのマッサージや経絡、神経血管ポイントの調整、またホメオパシーだったりするかもしれません。

 癌もしかりです。薬の他に、または投薬の前に、カウンセリングやセラピーなどで、感情やストレスの解放をすることは、食べ物に気をつけるのと同じくらい大切なことで、それによって大きく癌の症状が変わることは、「ニュー•ジャーマン•メディシン」という手法を作り出したドイツ人医師ハマー博士も述べています。博士は多くの疾患が、ショックな経験から起きることを、臨床の場で発見していきました。そして、博士は、患者さんのショックを解放することで、健康が回復されることを目撃してきました。そこから生まれたのが「ニュー•ジャーマン•メディシン」というメソッドです。

セラピー&瞑想。ぜひ、お勧めします。


私のセラピー体験 

 80年代〜90年代にバンコク、バリ島、台北に在住し、現在スイス人の夫、2人の子供とスイス東部のチューリッヒ近郊の街Winterthurに住んでおります、Ehkoと申します。セラピー、ヒーリング、スピリチュアリティには20代の頃から縁があり、また多くのお母さま方と同じように特に子供を持ってから、セラピーに大変興味を持つようになりました。

 当時世界でもまだホリスティックという言葉が使われていなかった時の80年代のバンコクで、友人の知人で、現在ホリスティック医学研究所所長であられる大塚 晃志郎さんにお会いし、その時ご同伴だった男性が、癌の末期に大塚さんにホリスティックな方法で治していただいたということをお聞きし、何と素晴らしい治療法だろうと感動しました。その話は今でも印象深く覚えています。その後バリ島やサムイ島(タイ)、インドで多くのヒーラー、チャネラー、セラピスト達に出会うことになりました。

ホメオパシーとの出会い

 ホメオパシーとの出会いは90年代のバリ島で、ウブドに在住していたドイツ人ホメオパスに主人が診てもらった時のことです。まさに「ホリスティック」なセラピーに感動しました。ヒットはしなかったのですが、信じることができました。日本へ戻った時、由井寅子さんのホメオパシーの学校(第2期生)に行っている方に偶然知り合い、早速レメディー 36基本キットを購入しました。それから数年後ホメオパシーの大きなヒットが起きました。当時2歳の息子の耳たぶが生まれつき切れていたのですが、だんだん痛くなり始めたのです。キネシオロジーの一つオーリングテストをしてレメディーを選びました。体が選んでくれたレメディーはカルボベジという木炭のレメディーで、すぐ切れた部分が閉じました。数ヶ月後また切れてきたので、ポテンシーを上げて投与すると、また閉じ、それ以来全く開くことはありません。

ホメオパシーのレメディー

 とにかくこれを習いたい、という気持ちだったのですが、まだ子供が小さかったので、自宅でできるEラーニングを探しました。当時はまだあまりホメオパシーのEラーニングがなく、良心的できちんとした印象のあった英国のSchool of Homeopathyで学ぶことにしました。ドイツ語より英語の方がまだまし、と思っていたのですが、専門用語や難しい言い回しが多く、和訳されている本も本当に少なく、自分で翻訳しながら勉強を進め、スーパーヴィジョンも含め、7年かかってやっと終了できました。ミッシャ先生の文学的で、しかも明晰な教え方と、スーパーヴァイザーのカレン先生に、非常に多くのことを教えていただき、このコースを受けて本当によかったと思っています。

 ホメオパシーは200年の歴史があり、長年にわたる数多くホメオパスたちの研究が試行錯誤行われ、多くの書籍が世界中で発行されています。和訳されている書籍は本当に少なく、特にクラシックホメオパシーを学ぶ時に基本になるケントの書籍は、ほとんど和訳されていず、英語(またはドイツ語やフランス語など)から独自一部翻訳されたテキストを使っていらっしゃる学校や、自分で翻訳しながら個人で学んでいらっしゃる方々が多いと思います。私が英国のホメオパシーコースを受講中に和訳したケントのマテリア•メディカとレパートリーを、まだまだ微量ですが、このホームページに掲載しております。多くの人々の努力と協力で、いつか将来全文の和訳完全版の発行も可能になると思います。ほんの少しの力でしかありませんが、何かのお役に立てれば光栄です。

キネシオロジーとの出会い

 さて、キネシオロジーですが、ホメオパシーのセッションを進めるうち、感情の解放をしてから、レメディーをとった方が、好転反応も少なく、しかも最も根底にあるインナーチャイルドを解放できるのでは、と思い始めたのです。というのは、ホメオパシーのレメディーは本来の自分に戻そうとしてくれ、特に身体面の改善にはとても役立ち、感情も穏やかにはなるのですが、傷ついた心や感情の解放にはまだ遠いことに自分自身感じていました。

 実際、気づきの度合いはキネシオロジーの方がずっと大きく、いつのまにか解放されていることが多いのです。家族や近所の子供達のキネシオロジーセッションの成果を見て、キネシオロジーの効果がとても優しく深く大きいことを目の当たりにしました。

 例えば、娘がよく寝られなかった時に、主人がキネシオロジーのセッションを受けたのですが、主人自身の悩みを解消したところ、娘が寝られるようになりました。偏食の近所の子はキネシオロジーの数回のセッションで、いろいろ食べられるようになり、また思春期でイライラしていた友人の娘さんも、セッション中に気づくことで穏やかになりました。

陰陽五行

 キネシオロジーを習いたいという想いはつのり、また今回は英語でなく日本語で習いおう、一時帰国に合わせて是非習いたいと思っていた私の前に現れたのが、タッチフォーヘルスでした。

 大阪の鍼灸師でもあり、タッチフォーヘルスのインストラクターでもある森千鶴さんに集中講座でレベル1〜4、メタファをご教授していただき、その後多々のコースに参加していきました。

 思い切って現地の人に混じり、スイスやドイツの、タッチフォーヘルス各講座に参加したり、ジョン•シー博士の息子さんのマシュー•シーさんがチューリッヒで行ったワークショップ、中国のエイミー・チョイさんのダブル・ドウードル・コースなどにも参加しました。

無限大の8の字は、ブレインジムでよく使われます

 またタッチフォーヘルスを知ることで、そこから発展したブレインジムの本を読み、これは子供の学習や老化現象のサポートに使えそうだと思い、まず私の街のキネシオロジストに息子のためにブレインジムのセッションを頼んで成果を見て見ました。こんな簡単な動きで!?セッション後、息子の不得意だった幾何の成績が伸びたのです。

 チューリッヒでもブレインジム101(ドイツ、スイスでは公式のBG101を2つ分けブレインジム1と2となっています)に参加し、それから日本への一時帰国を利用し、米国教育キネシオロジー財団公認ファカルティでもある横浜のピースリンクの白木原雪乃さんとBGインストラクター網中陽子さんには、教育キネシオロジーのブレインジム101、O.B.O、ビジョンサークル、インデプスを集中的にご教授いただきました。

 実は、ブレインジムって教育の場で使えるだけでなく、人そのものを癒してくれる素晴らしいメソッドだということが改めてよく実感できました。私自身、講習中に何度もインナーチャイルドの解放が起きました。また忘れっぽくなっていた記憶力も活性化されて、老化防止にも役立っています。

 スイスでは小学校の先生方がよくブレインジムのテクニックを使っています。クラスでブレインジムの動きを取り入れることで、個人だけでなくクラス全体の成績が上がっているのを見た他のクラスの先生も、ブレインジムの講座を受ける、という現象が起きているようです。

 私も自分が教えている日本語クラスで、ブレインジムを活用しています。学習能力の向上もしかり、実は感情やマインドが絡んでいることもあるので、日本語の個人レッスンがセッションに変わったりすることもあります。

 横浜のピースリンクには、いろいろなコースが準備されていて、これも、あれも受けたくなります。日本のキネシオロジーをリードする一人である白木原雪乃さんがされているので、お弟子さんたちも含め、質はとても高いものです。

BUカラー音叉

 また、ブレインアップデートの田仲真治さんは、ユーチューブに1000以上動画をアップされている日本のキネシオロジーをリードする一人です。真治さんの新しい試みであるBUオンライン•コーチング2期生として5ヶ月間講座を受け、オンラインで、どれだけキネシオロジーが活かせるのかも学びました。そして疑いなくオンラインでセッションでき、レアルと同様の効果が得られることがわかりました。

 また、ブレインアップデートのオリジナルの、カラー音叉も、田仲真治さんにオンラインで教えていただきました。このカラー音叉は、中医の陰陽五行の周波数に沿ったものです。木火土金水の五行に対応する感情やマインドを、セッションで解放し、セッションの最後に音叉の美しい音と周波数で、私たちのマインドに、調和をもたらしてくれます。

Little Treeのアロマ

 また、ロスアンゼルス在住のDr.本間が開発されたHSKキネシオロジーの中のカフェキネシという、世界でも珍しい、アロマを使ったキネシオロジーも受講しました。これは筋反射をとり対応するアロマで調整するという素敵なメソッドです。

 HSKキネシオロジーの星ユカリさんが作られている、アロマを使ったカフェキネシ各種のインストラクターコースを受け、2019年は星ユカリさんの長野県茅野市のお宅を訪ねて、ご教授していただきました。都心の喧騒を離れ、のんびりした自然豊かな長野は、まさにLittle Treeのアロマにぴったりで、素敵なユカリさんに、直接教えていただけ、本当に充実したものでした。

ご教授いただいた先生方(敬称略、50音順、アルファベット順)
網中陽子、金城利佳、白木原雪乃、田仲真治、田中祐子、服部きりこ、星ユカリ、美紗葵ちかこ、森千鶴
Amy Choi, Brigitte Wiesendanger, Eva Derrer, Dr.Frank Kinslow, Dr.John Beaulieu, Kurt Studer, Matthew Thie, Patricia Wüest, Regina Biere, Wayne Toppin
この場をお借りして感謝の辞を申し上げます。


スイスのセラピストの街ヴィンタートゥール

 スイスに住んで、はや19年。チューリッヒ近郊のWinterthur(ヴィンタートゥール)という街に住んでいます。日本で例えると、東京の衛星都市の横浜みたいですね。スイスで5番目に大きい街なんですが、私の故郷の岡山に似ているなあ、とつくづく思います。自転車で回れ、都市機能はあり、自然も豊か。

 そして、なんといってもWinterthur(ヴィンタートゥール)は、スイスでセラピストが最も多い街なんです!ユング派心理療法、キネシオロジー、ホメオパシー、オステオパシー、クレニオセラピー、指圧、各種マッサージなどなど、より取り見取り。

 そして、住んでいる人々もセラピーにオープンで、気軽にセラピーに行きます。小さいお子さんを持つお母さん達は、特にセラピーを利用します。代替医療をカバーする追加の保険(追加料金を払います)に入っている人も多く、セラピーを気軽に利用しています。

 その保険がすべての資格を持つセラピストやセラピーに適要されるわけではないのですが、スイス人達は、そのセラピーやセラピストがよければ、保険が効かなくても、そこに通います。質や価値を大切にするスイス人らしいところです。

 私もこの2年ほど、代替医療をカバーする追加保険に入っています。追加料金を払って入ります。セラピー料金を全額自己負担で払った後に、保険会社にレシートや指定フォームを送ると、セラピー料金の半額くらい払い戻しが返って来ます。追加保険に入った頃は「どんなセラピーを受けようかなあ」とウキウキしてセラピーを調べていたものです。スイスはヨーロッパの他の国々に比べると、保険適応のセラピー枠が広いようです。本当にラッキーだと思います。

 でも全てのセラピーやセラピストに対して保険会社が払ってくれるわけでなく、セラピーによっては、支給0だったり、わずがしか出してくれない時もあり、私みたいに毎月セラピーを受けない人だと、1年の総額で計算すると、追加保険に入らず、直接全額払っても、あまり変わらないか、安くつくかもしれません。

 そして何より、自分の頭が計算づくになって嫌な気分になるので、やっぱりハートが繋がるご縁のあるセラピストさんに診てもらうのが一番かな、と最近は思ってます。