Argentum Metallicum(アージメット/銀)

金属の銀についての研究を取り上げよう。

このレメディが非常に深い作用を持つレメディであることは、不思議ではない。なぜなら、それは、歴史を通して、象徴的に、そして医学的に使われてきたからである。

それは、全史上、貴重な物質である。抗精神病薬であり、その症状から 抗淋病であると私は考えている。それは生命の中に入り込む。特に神経、神経鞘に作用する。神経に沿った病訴がある。

全身の軟骨が影響を受ける。銀は、軟骨の肥大化、関節の軟骨部分の肥大化、耳の軟骨、鼻の軟骨の肥大化を作り出す。

軟骨の成長や腫瘍、浸潤を作り出す。神経物質に作用し、深い有機的なレメディーである。

それは普通の治療薬以上のもので、人間のすべてに影響を与える。特に、メッセージを伝える神経繊維に。非常に深い方法で脳に影響を与え、変化をもたらし、徐々に柔らかくしていく。

人間への一般的な作用における、奇妙な特徴は、主に知的能力を奪っていることだ。

それは、その人の愛情をほとんど邪魔せず、自発的なシステムに、わずかで漠然とした変化を与えるだけだ。

しかし、人の記憶、知的な部分は、ますます障害を受け、無能になる。大きな苦しみの中で、そして、それは苦しみに満ちており、それは理性力に影響を与える。

ほとんどの頭痛や背中の痛み、そして全身に生じる、引き裂かれるような痛みの中で、記憶力や理性力を妨害する。

思考能力を妨害する。そして、知脳労働をする習慣のある人に起きる。

ビジネスマン、学生、読書家、そして思想家。推論家は、もはや推論ができなくなり、少しでも頭を使おうとすると、目眩が起こるという段階に来ている。

倦怠感がある。すべての症状は、睡眠後に悪化する。一日の疲れが取れるどころか、朝起きると、思考疲労と衰弱に襲われるため、ほとんど動くことができず、翌日、頭を使ったり、体を使うおうと、自分を奮い立たせるのに大変苦労する。

それ以上、頭を使う仕事をすると、頭痛が起きる。頭痛は主に前頭部に起こるが、後頭部にも起こる。

もう一つの不思議な特徴は、下肢を中心とした神経に沿って、引き裂かれるような痛みに満ちていることだ。

神経がズタズタに引き裂かれるような痛み(休息時)

寒くて湿った天気や嵐のような天気で、リウマチが起きる。腫れはあまりないが、明らかに軟骨に痛みがあり、神経に沿って痛みが起きる。

寒くて湿った天気や嵐のような天気は、リウマチを引き起こす。腫れはあまりないが、明らかに軟骨に痛みがあり、神経に沿って痛みが起きる。

そしてこれらの痛みは、じっとしていられないほど激しい。したがって、寒さや湿気、冷えから来るリウマチの状態は、関節や神経に起きるため、歩き続ける。

多くの症状は、特に歩くことから良くなる。疲れきっているのに、痛みがひどくて歩くのも億劫になってしまう。このような痛みは、何度もコーヒーを大量に飲むことで緩和されるが、これは病気を抑制し、あらゆる種類の困難を患者に残し、そのため、患者は衰弱してしまう恐れがあり、やがてほとんど無駄になる。

「精神面の弱さ。身体的な衰弱。」

引き裂くような、ズタズタに裂けるような痛み。関節や関節の軟骨に影響がある。骨に沿って引き裂かれるような痛みがあり、まだ若いのに、年老いて衰弱した体質になる。

「40歳の人が、80歳のように見える。」

これらの痛みは全て、動きで改善する。

ここでもまた、浸潤だらけである。炎症を起こした軟骨が浸潤し、硬い節になる。軟骨組織が大量にあるので、関節の周りの軟骨が厚くなっている。

耳と鼻では軟骨が厚くなる。上皮腫に属する浸潤である。白血病や上皮腫には、素晴らしい緩和剤となる。上皮腫が治った事がある。

子宮頸部の上皮腫を治したという記録がある。

至る所に潰瘍ができる。だが、軟骨組織に始まり、細胞組織を突き破ってできた潰瘍は、大量に分泌液が排出される。潰瘍はその根元から浸潤し、硬くなる。

もう一つの特徴は、精巣両方に影響を与えるが、右側の精巣に優勢な作用があることである。左の卵巣と右の精巣だ。

一方の性別では体の片側に症状が出て、他の性別では反対側に症状が出る、というように特異な事が起きる。

あらゆる種類の腫瘍、卵巣の肥大、組織への浸潤を治している。寒がりのレメディ。暖かくしていたがり、痛みは熱で改善される。

その頭痛は、熱によって改善され、圧迫や包帯によっても改善される。熱で改善している。頭痛の時に頭を包むと、この症状が治ったことが何度もある。

さて、この薬においては、体熱が不足している人として、患者を分類する。暖かくしていたがるだ。痩せやすく、どんどん痩せていき、ますます神経質になり、ますます敏感になっていくようだ。

ありとあらゆる気まぐれ。銀を必要とする女性は、神経質な状態(Argentum nitricumと比較)で、奇妙で説明のつかないことをすることが非常に多く、友人の同情をすべて排除してしまい、患者はヒステリーと呼ばれる。

神経の深く根付いた問題。周囲の環境に、ますます敏感になっていく。

さて、Argentum met.の精神状態は、ちょうど混乱によって、喚起されるようなものであり、ちょうど感情によって喚起されるようなものであり、ちょうど恐怖、怒り、怯え、心の乱れによってバランスを失うようなものである。

なぜなら、この患者は周囲の環境に敏感で、苛立ちで心を乱してしまうからだ。痛みがあると、患者は錯乱状態になるが、それは微熱の時に見られるような不随意の錯乱ではなく、荒々しく、怒りに満ちた状態になる。

精神面で興奮が始まり、怒り、無意味なことを早口で話す状態になる。時には、会話中に、異常に興奮した段階があり、思考の特徴については、すべてが混ざり合っている。

終始、酔っているかのような表情で、一つの話題から別の話題へと飛び、ペチャクチャしゃべっている。一瞬、頭の働きが、非常に激しく、大変活発に見えるが、話していたことをすべて忘れてしまっている。

社会では話をするのが苦手。

なぜなら、この人は無能だからだ。彼は精神的に疲れていて、自分が話していることを忘れてしまう。議論の糸が切れる;そして、話していると文句を言われるので、話すのが嫌になる。 無理に答えさせられると、目眩がしたり、体中が変になったり、神経が震えたりする。

そして、疲れた時には電気ショックのような衝撃に襲われる。それは突然やって来るが、その最も好ましいタイミングは、彼が眠りにつきたいと思っている時だ。彼は、これで一日の悩みから解放されて休めると思うが、眠りについた途端、頭から足まで衝撃を受けて目が覚め、次の衝撃を受け、また更に次の衝撃を受け、時には一晩中、頭から足までがピクピク痙攣する。

手足が痙攣し、下肢がピクピクと動き、ベッドから出て歩くか、歩こうとする。この事は、Argentum nitricumのプルービングに現れているが、Argentum met.にも属しており、Argentum met.は、長い間治してきている。ハーネマンのレメディの研究では、眠りに落ちる時のショックの重要性を説いている。手足のショック。しかし、それは全身がピクピク痙攣するような、電気ショックである。

健康について不安がある。患者は、自分が弱くなっているため、確実に悪化していっていると思う。ますます落ち着かなくなっていて、歩けない。精神面でも身体面でも練習すると、必ず苦しくなる。沈思したり、暖かい部屋に入るとすぐに、目眩がするが、それは頭や感覚器うちのいくつかに属する例外である;彼は通常、寒さに敏感である。家の中で、部屋が閉まっていると目眩が起きる。

このレメディーの驚くべき特徴は、かなり多くの問題がない時間帯に、痛みや寒気が起きることである。正午に卵巣に痛みが生じる。酔っぱらったような目眩や立ちくらみ。

頭痛は前頭部と後頭部に起きる。片側の脳の疾患。片側の頭痛。脳の奥深くにあるような、脳の半分が侵されているような、脳の奥深くにあるような、脳の半分が侵されているような、激しい神経痛が片側ずつ頭に起こる。ほとんどの場合、右側の片側だけの頭痛が起きている。

太陽光を浴びることで、体力を消耗してしまって、衰弱した患者たち。頭皮、耳、体のあちこちに、かゆみを感じる場所がある。

霜焼けのような痒みと灼熱感。足の指、耳の中に、Agaricusのような痒みと灼熱感があり、その部分を掻いてしまい、皮膚が剥がれるまで、滲み出るまで掻いても緩和されない。

耳の中の表皮が剥離し、常に耳の中をボリボリと掻き続ける。ピリピリとした痛み、かゆみ、燃えるような痛みのために、掻きむしる。

別の変わった特徴は、目に関することだ。銀は眼球よりまぶたに影響を与える。視力に影響を与え、視界が暗くなったり、視力を失ったりする;だが、まぶたに侵入し、軟骨のように硬くなるまでまぶたが厚くする。

粘膜が侵入し硬くなり、目蓋が開けられなくなる。発作的に閉じてしまい、無理に引き離すしかない。肥厚し浸潤した眼瞼炎。

大量の分泌物。さて、これをカタル性の部位とすると、レメディ全体を通して、受動的なカタル性の分泌物が見つかるだろう。場合によっては、厚くて黄色いが、同時に粘膜の受動的な状態がある。しかし、Argentum met.の特徴である主要な分泌物は、灰色で、べとつき、粘り気のある粘液です。

肺や気道、気管や喉頭から、灰色の粘液を吐き出す。膣からは灰色の粘液、尿道からは灰色の粘液、目からは灰色の粘液が出る。わずかな例として、黄色の分泌物が出ることもある。喉頭やまぶたのように潰瘍ができると、その潰瘍から濃厚な黄色の分泌物が出る;だが、潰瘍のできた粘膜表面からは、尿道を除いて一般に灰色の分泌物が出る。

慢性淋病の老齢者の症例を治している。レメディの一般的な特徴がわかれば、それぞれの部位に移ったても、何が起こるかがわかる。もし、レメディの一般的な特徴がわからなければ、何が期待できるのかわからない。もし、そのレメディと全く反対のものがある部位に行ったら、それは特殊なものであり、一般的なものとは一致しないことがわかる。

しかし、まず始めに、一般的なこと、予想されること、レメディーの性質に属することを特定しなければならない。そうすることで、その反対を見たときに、反対として、特殊なものとして、そして例外として認識することができる。ここにArgentumの痒みの特徴の一つがある。

「耳から血が出るまで掻く」

さて、この痒みは外耳全体を含み、耳の中にまで及んでいるので、耳が赤くなり、腫れて血が出るまで掻く。

その耳の軟骨は、ゴツゴツとした結節状で、浸透している。鼻の軟骨も浸透している。Argentum met.は、手術で鼻の内側の一部を取り除いて、患者が呼吸しやすくなるようにする、そのような症例の多くを治している。

「鼻の骨の肥大化、鼻腔内の粘膜や細胞組織を大きくしたり、作り出したりする」

Argentum met.は、そのような症例によく示される。このレメディは、非常にはっきりした作用がある。浸潤した部分が肥厚して硬くなり、関節に血清ができる。体内のあちこちで、軟骨が壊死している場合に、知っておくべき最も重要なレメディの1つである。

しかし、私が先に説明したような、このレメディが持っている、神経や精神面の症状も、共に出てこなければならない。患者は病弱で、青ざめていて、疲れているように見える。衰弱した患者である。Argentum met.の患者は、何年も前にホメオパシーの医師に診てもらうべきだった病人だが、手を加えることができるし、手を加えすぎなければ今でも治る。

「喉に痛みを伴う緊張と引き込みがある。喉の表皮がなく感じられ、息を吐く時に痛みを感じる。これが喉頭にまで及ぶ。呼吸による痛み。咳をすると喉頭が表皮がないように感じられる。大量の灰色の粘液が、簡単に吐き出される。右側の口峡に張りがある」

Argentum met.には下腹部の問題がある。腹部に打撲感や痛みがある。これらが、粘膜のカタル性炎症から、腹部の全組織のうっ血に進行すると、下痢になったり、最も根強い便秘になったり、腸間膜腺の結核になったり、やせ細ったり、弱ったり、震えたりする。

体のあちこちに麻痺したような感覚。泌尿器系の問題に関連して、腹部全体に痛みを伴ううずきがある。先に述べたような結核、癌疾患、浸潤など、組織を作る力が弱い。

砂のように乾いた便。消化されていない便;ひどい不快臭。尿路の粘膜や尿路全体のカタル性炎症。アルブミン尿を治す;尿中に糖分を含む糖尿病を治す;また、腎臓の衰弱した多くの状態を治す。弱く、衰弱した体質。乳清のような尿が大量に出る。多量の尿が出る。子供が寝ている間に放尿する。衰弱した神経質な体質の人が、寝ている間に放尿する。

男性と女性の生殖器に、非常に大きな影響を与える。男性の場合は、特に精巣と粘膜に影響を与える。睾丸に浸潤して硬くなる。テキストを読もう;

「右の睾丸が潰れたような痛み」

「服で、歩行時の痛みが増す」

浸潤を伴う炎症。慢性睾丸炎。淋病の後、副睾丸から始まった癌疾患だと思われる、非常に疑わしい睾丸を治している。炎症、ひどい硬さ、痛み、腫れ、灼熱、刺すような痛み。

ここでもう一つの症状が、重要な意味を持つ;

「黄緑がかった淋病で、最初から無症状で、8ヶ月経過している」

その臨床症状は確認されている。

淋病の自然な特徴として、初期の帯下は黄色または黄緑で、濃く、その後だんだん薄くなり、白っぽい濃さ、または薄くなり、白っぽく輝くようになるまで薄くなっていく。黄色い帯下が続く場合は、Argentum met.がそのレメディである。

一般的に痛みがなくなると、帯下はすぐに軽くなるが、Argentum met.の場合、痛みがなくなると、帯下は受動的になり、尿道は痛みに対する感受性を失い、粘膜はかなりの範囲でその感覚を失う。しかし、緑がかった、あるいは黄色がかった濃い分泌物が残る。さて、このような受動的な濃い分泌物で、老齢者の長年の症例の場合、そのレメディを見つけるのに非常に苦労する。

これらの古い頑固な症例は、まだ黄色く、厚く残る。普通のレメディでは効かず、特殊なクラスのレメディが必要だ。Argentum met., Alumina, Alumen, Sulphurである。 初期にはあまり考えられないレメディだが、患者の一般的な体質が、症状の特徴を形づくる。

女性では、卵巣の問題、浸潤、硬さ、嚢胞性の問題、嚢胞性卵巣があるが、それらは、このレメディで治る。卵巣腫瘍、非常に大きく硬い硬化した卵巣、特に左の卵巣。右の睾丸、左の卵巣。左卵巣と背中の痛み。左卵巣の痛みを伴う前垂れ。座っている時に、腰のくびれが痛む。治ったのは主に左卵巣だったが、両側の病訴を治す。

このレメディに見られるもう1つの大きな特徴は、脱力感、全身の筋肉の弛緩である;震える;さて、その考えを応用して、このレメディの特徴を骨盤内臓器で観察すると、子宮を支えている筋肉、広靭帯などが弛緩状態にあり、子宮が垂れ下がっていることがわかる。つまり、脱出症があるのだ。

脱出症;ホメオパシーのレメディには、強壮作用を作り出す事ができるという素晴らしい力があり、それによって脱出した子宮を正常な位置に戻し、女性が一般的に言う引きずり込まれるような感覚、つまり内側の部分が押し出されるような感覚を取り除くということを知って驚くことだろう。

これらはすべて、脱出症に伴う感覚である。Argentumはその薬の一つだ。実際には、骨盤系全体が膨張して、体重が増加する;組織が浸潤して硬くなる。子宮頸部はうっ血し、硬くなる。潰瘍ができる。

かなり大きく肥大し、うっ血する。燃えるような痛みや、刺すような痛みがあり、大量の腐敗した黄緑色で、血の混じった分泌物がある、子宮頸部の上皮腫では、緩和薬となって来た。月経痛の傾向があり、大量の月経の出血があるものを治している。症状が一致している場合や、一般的な状態である場合、出血の際にあるであろう緩みはすぐに克服されるだろう。子宮潰瘍;化膿した膿の分泌物。

「耐え難い悪臭を放つ、血の混じった水が出ることがある」

体重が増加する薬;浸潤した組織が硬くなりやすい。子宮頸部

「子宮頸部は非常に腫れ、スポンジ状の塊を呈し、深く腐食しており、様々な方向に潰瘍ができる」

子宮けいれんの場合に与えられた所にはこう書かれている。

「3日もしないうちに悪臭が完全になくなった」

レメディがそのように作用すると、実際に成長が止まる。実際、14〜16ヶ月で亡くなるかもしれない癌の状態が、2〜3年長く生きられ、患者は快適に過ごすことができる。

示されたレメディは、潰瘍を止め、破壊を抑え、患者を何年も快適に、友人と一緒に過ごさせてくれる。癌疾患では、生命の状態は非常に低い。秩序の状態は、一般的に修復不可能である。

では、喉頭の状態に来た。これは、素晴らしい喉頭の薬である。歌手や話し手に見られるような、声の使い過ぎによる炎症を伴う声の損失。喉頭を酷使せざるを得ない人。声帯が麻痺したように弱くなる。このレメディ全体を、少しでも長めに頑張ると悪化ー労作より悪化する麻痺傾向という特徴が貫く。

肺でもそうで、体のあらゆる部分でそうなる。そして、声が出なくなる。さて、その浸潤力について、私たちが知っているすべてのことを当てはめてみよう。

喉頭の結核がある。歌手やスピーチをする人たちは、体調を崩したり、神経質になったり、消化不良になったり、悪い遺伝で、喉頭の結核にかかると、声が出なくなる。潰瘍がそれに後続する。そして、この問題は最終的に肺にまで及ぶ。やせ細り、寝汗をかく。

「声の喪失」。一般的に痛みを伴う特徴がある

繰り返しになるが、風邪は喉頭に定着する。

「大声で話すことができない;喉頭が常にくすぐったく、咳が出る」

喉頭の上部に表皮剥離した痛みがある。笑うと咳が悪化する。笑うと喉頭がくすぐったくなり、大量の灰色の粘液をかき出すだろう。

気管である肺に炎症が起きている場合、笑うと咳が出て、灰色の粘液をかき出すだろう。

「気管の分岐部の上に、表皮剥離した部分がある;声を使う時、話す時、笑う時、歌う時」

胸の真ん中に、表皮剥離した感じがする。

「声の荒れと嗄れ。喉頭の肺結核」

枯れた若者;25歳にも満たない若者が50歳に見える。多くの心配事を抱えていたかのように、多くのしわがある。

乾いた咳をして、少し灰色の粘液を出す。しかし、体力は幾分あり、かなり元気である。結核遺伝。咳は深い咳で、笑ったり、話したり、暖かい部屋にいると悪化する。笑うと咳が出て、喉頭に粘液が溜まる。

このレメディは、恐ろしい結核や、乾いたじれったい咳を脇に追いやるだろう。ちょっとした乾いたコンコンと言う咳は、特にこのレメディに当てはまる。Bry.に見られるような激しい痙攣性の震えるような咳は出ないようだ。

咳をすると喉頭に痛みを感じる。

「咳は、痰の出やすさを伴う」

通常、粘液を出すために咳をするのではなく、ちょっとした刺激を和らげるために咳をするが、粘液があれば大抵は簡単に出る。多くのレメディに見られるように、粘液を吐き出すのはそれほど難しくない。

「喉頭の粘液を吐き出しやすい」

喉頭の力で掻き出すだけである。昼間と夕方に咳と喉頭を掻きむしり、暖かい部屋では悪化し、外気や動きで良くなる。

胸の弱さを感じさせる。この胸の弱さを持つレメディーは2つあり、簡単に見分けることはできない。

声が弱い、胸が弱い、息をするのが苦しい、話すのが苦しい、咳をするのが苦しいと感じるのは、胸の筋肉が弱っているからだと思う。

この2つのレメディとは、Argentum met.とStannum.である。

胸の筋肉がかなり弱い。患者はそのことをかなり気にしているが、それは結核では説明できないほどの弱さであり、胸の筋肉の弱さが感じられる。

麻痺性の胸の弱さ。もちろん、Antimonium tart.とは全く異なり、胸がひどく弱くなるが、このレメディでは、急性の症状であることを覚えておいてほしい。

長引く病訴や、長期にわたる病気に適しており、「胸のかなりの弱さ」とは、私が説明しようとしてきたことであり、また、どの患者が説明しようとしても失敗することが多いことを意味している。

「先生、胸がとても弱い感じがするんです」

さて、このレメディは心臓の乱れが多い。仰向けに寝ると動悸がする。

「胸が震えるような感覚」

震えるような、パタパタするような、あるいは震えるような感覚、患者によって表現は異なるが、胸が震えるような感覚である。

全身、手足の震えるような弱さ。全身の震えを伴う動悸は、このレメディでは強い。

「動悸が頻繁に起こる。妊娠中、動悸がする。夜に起きる動悸。頭痛に伴う動悸」

全身の衰弱を伴う。徐々に衰弱していく。全身の衰えから、歩く時に膝がぶつかる。動悸と全身の脱力感を伴う膝の震え。手足が硬くなる。

「眠っているかのような、手足のしびれ」

力の低下。多くの病訴は休息中に増加する。座っていると、背中や手足が痛むが、歩いていると良くなる。レメディで可能な神経的興奮すべてが、このレメディに現れる。

Antimonium Crudum(アンチモニュームクルダム/硫化アンチモン)

この物質のプルービング全体を調べると、症状全てが、胃に集まっているのに気がつき、驚くだろう;胃の中に、どんな病訴があっても、それを解消してくれる。

痛みで胃の調子を悪くなり、吐き気をもよおす。頭痛とともに、胃の調子が悪くなる;全ての病訴で胃が不調になり、逆に胃が不調になると全身が不調になる。胃を通じて現れる病訴は、この薬が必要な事が頻繁にある。

まず重要なのは、このレメディーを必要とするような体質を示す精神面の症状である.それは、生きたいという気持ちがないという、非常に深刻な心の状態を生み出す。患者に生きる意欲がないとか、生きているのが重荷だと思っている場合、それは深刻な症例であることは、医師にはよく知られている。患者が「先生、もう死ぬしかない」と言っているのを聞く。

このような症例は、私は好きでない;有機組織には、なかなか取り除けない根深い問題がある。何かに脅かされているようで、その時、患者が実際に死んでしまうのを見るのはよくあることである。

「生きる事を嫌悪する」

特に、腸チフスのような微熱、長引く熱、継続する熱に見られる。このレメディは、腸チフスの衰弱全てがあり、間欠性の熱や弛張性の熱だけでなく、継続的なタイプの熱もある。衰弱はArsenicumに似ているが、Ars.は圧倒的な死の恐怖があるのに対し、この薬は生きる事への嫌悪感があり、両者は袂を分かつ。Ars.は圧倒的な落ち着きのなさがあるが、この薬は滅多に落ち着きがないことはない。Ars.は強烈な喉の渇きがあるが、この薬は喉の渇きがない。

つまり、この2つのレメディーは、どちらも熱が続いている状態で、過度の疲労を抱えているにも関わらず、完全に異なる特徴を持っていることがわかる。このような腸チフスは、萎黄病になってしまう恐れのある、思春期前後の若い女性に時々見られる。彼らは人生に嫌悪感を抱いているが、それはヒステリックな人生への嫌悪感です。

激しい疲労感に襲われ、突然の脱力感と失神が起こる。これとは別の特徴を持つものが一般的で、同時に起きないが、しかし、それと交互に、あるいは時々しか存在せず、つまり、興奮しすぎて、激しく、神経質で、ヒステリックで、恍惚とした若い女の子たちや女性が、ステンドグラスから差し込む光や、夜の月の光のようなまろやかな光に、心を奪われる。

それは、「月明かりに照らされたセンチメンタルな気分」とテキストに書かれている事が、意味している事だ。

それはヒステリックな状態であり、感情の無秩序な爆発であり、病気の人や、一般的な神経系のバランスが取れていない人にのみ、喚起されるような感情である。

このような患者は、Ant.crud.の精神状態や体質を表しており、そのような精神状態とともに、身体的な状態は、いわば胃に打撃を与えるようだ。

このレメディーを貫く、覚えておくべき一般的な状態は、天候の変化によって症状が変化する痛風やリウマチの状態である; 寒くて湿った気候で悪化し、水浴で悪化し、熱い入浴で改善し、酸っぱいワインを飲むと悪化し、あらゆる種類の刺激物で悪化する。

「ワインで悪化する」という表現を使う場合、「ワインで悪化する」ということだけでなく、ワインで悪化する病訴の特徴も重要になる。

この患者は酔いやすいが、精神面の症状よりも身体的な症状の方が乱れている。痛風の症状は酸味のあるワインで悪化し、体のあらゆる痛みは、酸味のあるワインで悪化する。

この患者は、夜間に悪化し、湿った天候で悪化し、湿った寒さで悪化し、静かに横になると改善し、熱を加えると改善するが、熱しすぎたり、放射性の熱、暖かい部屋で更に悪化する。

症状の多くは、太陽光や火格子の熱で起きる。直火はAnt.crud.の患者に、全面的に対抗する。

百日咳の子供は、火の中を見るとより一層咳き込む。このようなことは奇妙な事であり、あまりにも奇妙なので、それを説明するための哲学的な仮説も、説明に向けての理論もないのだが、私たちが受け入れなければならない事実なのだ。

痛風の性質が突然変わってしまうので、外見上の症状はどこへ行ってしまったのかと思ってしまうが、一晩あるいは一日のうちに、突然患者が嘔吐し始め、痛風の症状が四肢に戻ってくるまで、何日も何週間も続く持続的な嘔吐が起こる。

この昔ながらの転移、場所を変えることがすぐにできるのは素晴らしいことだ。

この古風な転移が、いかに早く、あちこち場所を変えて現れるのは、素晴らしいことだ。四肢の痛風が急に収まり、胃の症状が出てくるので、胃の痛風と言ってもいいかもしれない。

このレメディにはカタルの症状がある;鼻、胃、直腸などのカタルで、酸っぱいワインを飲んだり、風邪をひいたりすると、これらの部位からの粘液がどんどん流れ出す。

カタルの苦しい特徴は、夜に鼻が詰まることだ。暖房の効き過ぎた部屋に入ると、すぐに鼻が詰まってしまう。

鼻風邪は、血行が悪く、体質が悪いため、慢性化する傾向がある。

慢性化すると、夜間に悪化し、頭痛を伴う。カタルが緩んで乾燥してくると、頭痛がひどくなる; 頭の神経痛、圧迫感のある痛み、嘔吐を伴う胃のひどい病気がある。

その人は、しばしば病気の頭痛の発作を起こし、家族からは胃の病気の頭痛と呼ばれるが、先に述べた状態は、風邪をひいた時に起こり、濃い分泌物が鼻の乾燥部分をふさぎ、空気を吸い込むと、鼻が火のように燃える。

これらの問題は、激しい嘔吐の後に治まることもあれば、そうでないこともあるが、頭痛が、何日も残って、嘔吐で解消されないこともあれば、長時間の嘔吐の後にのみ、解消されることもある。

頭痛が、嘔吐するとすぐによくなるレメディもあるが、このレメディでは、嘔吐が長く続き、緩んで疲れている。

頭痛は、動き回ると悪化、夜は横になると悪化、静かにしていると悪化、外気に触れると悪化、暖かい部屋にいると悪化、過熱すると悪化、放射性の熱や光で悪化する。 カタル、頭痛、胃の症状がすべて一緒になっているのがわかる。

患者が病気であるからこそ、症状を個別に捉えられず、その人全体に対して処方しなければならない。

粘膜に属するもう一つの特徴、そして重要な特徴がある;これらの膜は、乳白色の滲出物や堆積物を出す傾向があり、特に舌に顕著に見られる。

舌全体が乳白色の苔で覆われている。これは、このレメディが適応されるすべての病気で見られる。

子供の胃の病気、胃の熱、熱と多くの嘔吐を伴う病訴、神経系全体が酷く過敏で、腸チフスの胃の刺激では、舌が白く見える。わずかな刺激ででも、吐いてしまう。

あらゆる事が気に障るようだ。食べ物を嫌う。食べ物の事を考えたり、匂いで嫌な気分にな。これは Arsenicumのようだ。

夜寝る時に水風呂に入り、朝起きると一言もしゃべれず、無声状態。

これは、明らかに痛みを伴わない方法で起こる;朝、声を出そうとするまで、その存在に気づかない。喉頭の痙攣、喉のつかえを伴うこともある。風邪が、喉や気管に入って、気管支炎や肺炎になることもある。

乾いた、息苦しい、痙攣性の咳で、発作的に減少していく。

説明しよう;最初の発作は非常に激しいもので、体全体を痛めつけ、長期間或いは短期間続き、あまり酷くないものや、別のあまり酷くないものが後続する;おそらく十数回の発作の後、酷さは減少するが、最終的に、発作的ではない、乾いた、短い空咳になる。

この最初の咳が、気管支炎であれ、百日咳であれ、全身を揺さぶり、舌が白く、多かれ少なかれ、胃腸障害がある場合、Ant.crud.がレメディとなる。

症例の全体像が一気に変わるだろう。咳の激しさから、胸が痛んだり、だるくなったり、傷ついたりする状態が続く。

胃の症状は特に注意が必要だ。

常に吐き気がし、胃にしこりがあり、常に胃に負担がかかっているような、食べ過ぎたような感覚があり、それが起きるのは、全く食べていない時だ。

腹部は平らなのに、胃が膨張している感じがする。膨張した感じがして、胃の内容物を吐く;胃の内容物を空にした後、粘液を吐く;長時間の嘔吐、吐き気、胃に気持ち悪い負荷がかかり、それが延々と続くように感じられる。

嘔吐は解消されず、疲労感が増す。

肝臓またはその一部に、炎症や硬さがある。

胆嚢のあたりが痛い。肝臓部が酷く痛く、裂け流ような、引き裂かれるような痛みがあり、このような症状に伴い、黄疸が起きる。

腹部には、激しい腹痛、灼熱感、大きな膨張感などの症状が起きる。まるでネジで締め付けられているかのように、徐々に何かを押し付けて、緊張感を高めながら膨張しているように思える。

腸チフスの鼓膜の状態や、鼓腸の場合、夏の下痢の場合に、この状態が見られる。

胃の症状や白い舌を伴い、特に酸っぱい酒を飲んだり、水風呂に入ったりして、そのような障害が生じた場合、痛風の体質を持つ人では、指の関節の結節が痛みを伴わないが、胃腸が膨張して痛みを伴うようになる。

このレメディでは、何の変哲もない下痢だけでなく、塊状の下痢や液体状の下痢も起きる。

酸っぱいワインで下痢になる。腸を空にするのに時間がかかるようだ。慌てて便をすると、少しの塊と液体が出て、また急いで便をすると、更に塊と液体が出て、これが夏の下痢では続き、最後には腸が空っぽになり、酷いしぶり腹になる。

赤痢になる下痢;直腸と結腸に炎症が起き、苦しく、もっとしぶり腹になり、長時間きばり、大きな疲労感を伴う。

痛風体質の老齢者の厄介な痔。寒い日や雨の日、水風呂に入ると、いつもヒリヒリして炎症を起こし、愚かにも、酸っぱいワインを飲んだり、酸っぱい食べ物を食べると、いつも悪化する。

胃や腸、直腸、痔の不調は、酸っぱい酒や酸っぱい果物、水浴びや、雨天による消化不良の物などで、胃の調子が悪くなると悪化する。

特に女性の場合、骨盤内臓が大きく弛み、そのため、骨盤が引きずり落ちるような状態になる。

骨盤内の内容物が出てしまうか、落ちてくるかのよう。子宮脱があり、オリモノに似た分泌物が出る。

月経時の様々な不調。

過敏で痛みを伴う卵巣は、ヒステリックな女性や、片思いに悩む人、夢想家などに見られる。

この薬は、長引く病気に見られるような、大汗や、疲労時の汗、寝汗を作り出す。

わずかな労作からでも汗をかく。少しでも熱がこもると、汗でかなり蒸し暑くなり、そして風邪をひく。

皮膚は潰瘍化し、イボやタコができやすく、爪や髪の毛も悪くなる。

爪の下に、硬い角質のある突起ができ、非常に痛みを伴う。指先からは、小さな角のような突起物が現れる。

少しでも圧力がかかると、タコや痛みが生じる。また、労働者では、足の裏の皮膚が厚くなる異常な傾向が見られる。

これらの角質は敏感で、小さな角質の中心が多数あるため、歩くと非常に痛む。蓄積して硬くなる傾向はレメディに属す。

手にイボができる。髪の毛が不健康になる。皮膚に膿疱ができ、乳輪が赤くなる。

膿疱性発疹は、炎症を起こした基部が赤く、敏感になっている。

さあ、プルービングを勉強して、レメディの詳細を把握し、この枠組みに当てはめてみると、Ant.crudの事が、何となくわかって来たね。

Stramonium(ストロモニウム/シロバナチョウセンアサガオ)

Stram.を考えるとき、暴力的なイメージが頭に浮かぶ。

Stramoniumを必要とする患者、あるいはシロバナチョウセンアサガオの毒に犯された患者を見て、心身に起こっている途方もない混乱、大変動を疑わずにはいられない。

興奮、激怒、すべてが騒々しく、暴力的である;顔は荒々しく、不安を感じ、怖がっている;目はある一点に集中;顔は紅潮し、頭は熱く、四肢は冷たく、激しい熱が出て、激しい幻影を見る。不安になるとしばしば光から遠ざかり、明かりを消したがり、特に光が明るいと悪化する。

せん妄を伴う高熱;熱が非常に強いので、Belladonaと間違えられることがあるが、通常は継続的な熱であり、時々上がったり下がったりすることがあるが、一方 Bell.の激しい熱は常に上がったり下がったりする。

Stram.は、その暴力性においては、まるで地震のようである。心が騒ぐ;呪い、服を破り、暴力的な言葉を使い、逆上し、色情狂、露出。これらの症状は、継続的な熱、精神異常、脳うっ血において見られる。激しい腸チフスにも有効である。

以前から存在する躁状態に有効;躁病の発作は発作的に起こり、多かれ少なかれ突発的に現れるため、1回の発作ではBellのように見えるが、病歴によって区別される。Bell.は、最初の発作では緩和剤以上の効果はほとんどなく、2回目の発作では何の効果もないだろう。

せん妄が起きていないときは、患者は非常に苦しんでいるように見え、額にはしわが寄り、顔は蒼白で、病的で、やつれているように見える。頭痛では、この不安げな表情は、髄膜病変による強い苦痛を示している。

「せん妄まじりで、ぶつぶつ言う;暴力的、愚鈍、愉快、饒舌、支離滅裂なおしゃべりを、目を開けてする;鮮明;陽気で、痙攣しながら笑う;激怒、絶叫、暴れる;刺そうとしたり、噛もうとしたりする;最高の発想を伴う;性的興奮を伴う;犬に襲われているかのように恐る」。

自分の体の形成について奇妙な考えを持つ。例えば、形が悪い、伸びている、変形しているなど;自分の体の状態に関する奇妙な感情。あらゆる種類の錯覚や幻覚。これらの状態を区別する必要がある。錯覚とは、患者が真実ではないと分かっている視覚や心の中に現れるものである。

幻覚とは、真実であるかのように見える状態である。妄想とは、より進んだ状態で、患者がそれを真実だと思い込み、そこから推論できない状態のことだ。水の流れる音を聞くと恐怖と大きな不安に襲われる。

彼は動物、幽霊、天使、亡霊、悪魔などが見え、それらが現実ではないことを知っているが、後にそれを確信する。このような幻覚は、特に暗闇の中で見る。時に明るい光を嫌うことがあり、光を見ると痛いが、また、座り直し、直火を見入るが、そうすると、咳などの症状を引き起こすかもしれない。

「卑猥な歌を歌い、卑猥な言葉を口にする。
苦痛で気が狂いそうになり、ベッドから飛び出し、ベッドが自分の下から引きずり出されるかのように動く。
嗄れるか声が出なくなるまで叫ぶ。
熱が出て躁状態になり、昼夜問わず叫ぶ。
焦り、別の場所に行きたければ、全力で急ぐ」。

無愛想な表情で激しく笑う。

「子供は恐怖で目覚め、誰もわからず、怯えて叫び、近くの人にしがみつく」。

Hyosc.は、荒々しい狂人のような錯乱状態になるが、熱はほとんどない。Stram.ではかなりの熱がある。Bell.では午後と夕方、午後9時から午前3時までの間に発熱し、その後は上がったり、下がったりする。

全身の筋肉を巻き込んだ激しい痙攣、後弓反張、激しい歪み、四肢の収縮、舌を噛む、道管からの出血。痙攣時には冷や汗で覆われる;氷のように冷たい時もある;躁病における冷や汗;子の特徴は、Camphorにのみ匹敵する。

脊髄疾患を伴う長期にわたるヒステリックな痙攣で、恐怖により悪化する。神経質で興奮しやすい人が、恐怖によって痙攣を起こす。

産前産後の痙攣と狂気。敗血症の性質がある。鬱で元気がない状態がしばらく続く。自分が罪を犯して恵みの日を失ったと思っているが、まっすぐな人生を送ってきた。奇妙なことを想像したり、奇妙なことをしたりして、最後には激しい錯乱状態に陥る。大声で叫ぶ;人々に悔い改めるよう促す;顔は赤く、目がギラギラ光っている;支離滅裂な言葉で励ましたり祈ったりする;そんな状態がしばらく続くケース。このような場合、Stram.はVeratr.と比較されるべきだ。

脳充血では、せん妄は無意識のうちに治まり、患者は深い酩酊状態のように見え、瞳孔は拡張または収縮する(Bell.では拡張する)。

茫然自失、苦しい呼吸、下あごが下がっているのが特徴。腸チフスや低体温の熱病では、口やその他の道管から、血がにじみ出るような泡立ちが見られる。

喉と口は乾燥し、舌は乾燥して、口いっぱいに腫れ、尖っていて肉片のように赤く、口から出血し、歯に汚れが付着し、唇は乾燥してひび割れている。

下痢は多量で不随意である;腹部は太鼓腹で、不随意の排尿がある。

抑制された耳垂れからの脳底髄膜炎。旧学派では、このような場合の治療法はない。額にしわを寄せ、目はガラスのようにギラギラしていて、瞳孔が開き、熱はほとんどなく、頭蓋底にひどい痛みがあり、耳の周りが壊死したことがある。

太陽に当たって歩いたことにより、或いは太陽の熱から、激しい頭痛が起きる。終日悪化し、夜、横になると痛みが増すため、患者は立ち上がらなければならない。目は一点に集中し、ガラスのようになり、顔は紅潮しているが、後には青白くなり、目は部屋の隅をじっと見て、動かない;後頭部の痛み。

高度な炎症が最後まで続く。膿ができ、耐え難い痛みを伴う膿瘍(Hepar、Merc.、Sil.、Sulph.)。激しいカタル性の炎症、悪質な敗血症の状態。慢性的な膿瘍、癰(よう)、腫れ物、関節の膿瘍、左股関節は特別な場所である。股関節疾患の症例をしばしば中止することができ、膿がある場合や瘻孔が形成されている場合でも、非常に有用である。軟骨に膨らみ、化膿し、痛みがある。

Stram.は、精神的な症状を改善する作用の強いレメディーの中でも、特に優れている。Stram.は、昼間の講義についていくために、夜中まで勉強しなければならない学生の、勉強のしすぎによる目の問題や脳の炎症を治す。患者はほとんど盲目のようで、薄暗い場所では目に大きな痛みが起き、強い光の中では緩和される。精神症状、咳、頭痛などは光を浴びると悪化する。

「喉と粘膜の乾燥、どんな種類の飲み物でも効果がない。
喉に刺すような痛みがあり、飲み込みが困難で、顎下腺に痛みがあり、痙攣が起こり、特に喉の締め付けにより、液体が出る」。

水を飲み込もうとすると窒息する。恐水症にも効果がある。(Hyosc., Bell., Canth., Hydroph.)

光を見ると咳がひどくなるような、老齢者の肺の化膿した症例では、Stram.はしばしば大きな緩和剤となり、悪化させることはない。

尿が滞留し、力むと出なくなる。膀胱の力が弱くなった老人は、尿がゆっくり流れ、急ぐことができない。

心臓病で、胸が大きく締め付けられ、精神的にイライラし、自分の正体について妄想し、暗い所では眠れず、トンネルを通る電車の中では大きな不安に襲われ、脈は不規則で、心臓は弱々しい。

夢と波乱に満ちた眠り。

Nux Vomica(ナックスボミカ / マチン)

このレメディの随所に、この患者の顕著な過敏性が見られる。

敏感;騒音、光、わずかな空気の流れ、周囲の環境に過敏;食べ物に過剰に敏感;多くの種類の食べ物でかき乱され、強い食べ物でかき乱される;肉類で悪化し、刺激物、刺激的なもの、苦いもの、ジューシーなもの、自分を元気にしてくれるものを欲しがる。

薬に過敏に反応する。Nuxの患者が多い理由の1つは、昔の学派で摂取しすぎたためだ。患者が古い学派へ行って処方されていた場合、気を引き締めるために刺激物やトニック、ワインやあらゆる種類の刺激物を飲んでいた場合、解毒剤としてNuxを投与するまでは、信頼できる症状を得ることができず、患者を落ち着かせることができないことがある。

お茶、コーヒー、ワインを、過剰に取りすぎた場合に、よく効く。コーヒーを常飲している人は、騒音に敏感になったり、過敏になったりして、症状が見えなくなる;自分の症状をうまく出せない。このような患者は、Nuxで数日間よくなるだろう;症状のいくつかは消えてなくなり、落ち着く。

精神状態は様々だが、いずれも過敏で、イライラしたり、ドキドキしたり、敏感な状態を示す。

決して満足することがない。周囲の環境によって取り乱し、苛つきから、物を壊したり、叱ったりしたりする。衝動が強く現れることもある。女性は、夫を殺したいとか、子供を火にくべたいという衝動が起きる;その衝動は激しい気性と結びつき、矛盾や反論に我慢できない;椅子が邪魔になると、それを蹴り倒す;服を脱いでいる時に、服の一部がボタンに引っかかると、頭にきてそれを引き抜いてしまう。(Nit. ac.のよう)

抑えきれないほどイライラした状態;それは弱さであり、身体的な衰弱を伴う;バランスの欠如。例えば、ある社員は、疲れ果てるまで机に向かっており、多くの手紙を受け取り、非常に多くの問題を抱えている;山のように、些細な事に悩まされている;思考は、常に一つの事から別の事へと、急かされている。重い事柄よりも、どちらかというと小さな事柄の方が多い。細かいところまで記憶を呼び覚まさなければならない。家に帰っても、そのことを考える。夜、目が覚めてしまう。頭の中は、仕事の渦で混乱し、一日の仕事が押し寄せてきて、ついには精神疲労が起きる。

小さい事が気になると、怒って逃げ出したくなり、物を壊したり、叱ったり、家に帰ってから、家族や子供に八つ当たりしたりする。疲れて眠る;午前3時に目が覚め、仕事のことで頭がいっぱいになり、朝方まで眠れず、疲れて目が覚めてしまう。朝は遅くまで寝ていたい。

憂鬱、悲しい、でも粉々に飛び散ってしまいそうな感じが常にする、物をかき回したり、壊したりする;自分のやり方で物事を進めたがる。衝動に駆られて、狂気に近い行為、つまり他人を破壊する行為を行う。Natr.sul.は、自分自身を破壊したいという強い衝動がある。Arg.nitr.もそうで、特に高所から飛び降りることであるが、そのような場所に行くことは避けている。

外気や空気の流れに過敏;いつも寒気がし、風邪をひきやすく、その風邪は鼻に定着し、胸にまで及ぶ。

肌は接触や、通気に過敏。痛みやうずきが多い。わずかな刺激ですぐに汗をかく。精神疲労、疲労困憊、神経痛;精神異常の寸前で、これが痙攣にまで発展する。単一の筋肉や全身の筋肉の痙攣;筋肉の単攣縮;衰弱、震え、麻痺。この麻痺性の衰弱と、筋肉や神経の活動の乱れが顕著である。

Nuxに共通するもう一つの状態は、動きが逆向しいていることだ。胃の調子が悪い時、通常はそれほど苦労せずに、中の物を空にするが、Nuxでは、作用が逆方向に向かっているかのようで、腹部を無理やり開けるような、嘔吐と緊張が起きる;逆の動き;吐き気、嘔吐、緊張が続き、長時間の努力の後に、ようやく胃が空になる。

膀胱にも同じ状態が見られる。尿を絞りださねばならない。渋り腹、尿に駆り立てられる。膀胱が一杯になり、尿がもれるが、押し出すと、漏れはなくなる。

腸に関しては、かなり力んでいるにもかかわらず、わずかな量の便しか出ない。

下痢においては、便座に座って、完全に受動的な姿勢をとっている時は、少しだけ便が出て、その後、渋り腹となるため、力を入れずにはいられなくなり、力を入れると、戻されるような感覚が起きる;便が戻るよう;ある種の逆ぜん動。

便秘では、力めば力むほど、便が出にくくなる。下痢や赤痢では、力んでも楽にならないが、少しでも便が出るとすぐに楽になる。赤痢では、Merc.は絶え間ない衝動がある;Merc.cor.は、かなり大きな尿意を伴う、渋り腹がある。

様々な機能が逆に作用することは、このレメディの痙攣の性質を示している。痛みは直腸から放たれる;燃えるような痛み。

目、顔、頭の神経痛;神経痛性頭痛は、刺すような、引き裂くような痛み;それは泣いて、失神するくらいだ;焼けるような、刺すような痛み。頭や顔、四肢が痛く、それは刺すような、裂けるような痛みで、特に引くような痛み。筋肉が緊張しているような感覚。背中に引くような痛みがあり、それは、筋肉が緊張するよう、あるいは引っ張られるよう。

痛みは引っ張られるようで、筋肉の痙攣が起きる;背中に引くような痛み;首の後ろに引くような痛みがあり、頭を後ろに下げざるを得ない;引っ張られるような痛みが、背骨を降りる;腰痛。背中の痛みは、妊婦では、横になるとすぐに悪化し、まるで折れそうな感じがし(Bry.、Phos – 折れたようなはKali c.)起き上がって歩かなければならない。

皮膚の大きな痛みを伴う神経炎。腎臓と肝臓部の痛み。痛みのために寝返りが打てず、両手で体を持ち上げてから、寝返りを打つしかない。仙骨と腰の引きつるような痛み;赤痢に関し、仙骨に引くような痛みがある。腸の引き裂くような痛みと、あらゆる痛みで便意を起きる。あらゆる腹痛の特徴は、このようである。

四肢の引っ張られるような痛みで、ふくらはぎ、足、足指の痙攣が起きる。腹部の痙攣で便意が起きる;痙攣のような痛みの後に、便意を催す;月経痛で、便意を催す;食後の胃の痛みで、便意を催す。かなり力んでも便が出ないが、何度かすると、小さな便が出て楽になる。便は少量で、ぜん動運動が逆になっている。

刺激物に過敏。酔いを覚まそうとする男性の、定番レメディ;(アルコール中毒による)振戦せん妄にも用いられる。老齢の放蕩者は、過剰な性的興奮や、仕事の心配や悩みで、健康を損なう。30分働くとすぐ酒を飲みに出かけ、それを続け、最終的には、あきらめて家に帰って横にならなければならない。精神的におかしくなりかけており、苛つき、疲れきって、よく汗をかき、外気から悪化し、騒音や光に敏感;健康を損なっている。このような人は、Nuxを服用し、休息をとり、刺激物をとってはならない。

お茶やコーヒー、刺激物を飲みすぎる人は、昼夜を問わず起きている;神経が全て緊張している;飛ばなければならないような、もはや一緒にいられないような感じがする;筋肉や手が震える;寝床につく時や、睡眠中に、手足がピクピクと動く。

不安、絶望でいっぱい、心気症;印象に対して過敏;「感覚全てがこの状態;読書や会話に耐えられず、イライラして、一人になりたいと思う。」

誰もが、この人を不愉快にしたり、困らせるようなことをする。彼をなだめようとしても、怒らせるだけだ。彼はその日の仕事を恐れる。最終的には、こんな状態になってしまう「喧嘩する、非難する、叱る、嫉妬から侮辱する、みだらな表現を混ぜる;すぐに怒鳴ったり、大声で泣いたりする」。

異常な性欲のため、性的に衰弱し、健康を損なうまで堪能する;性的に疲労困憊し、インポテンツになる。頭では異常に興奮しているが、挿入すると緩む。自殺に駆られる。

Nuxは消化不良の老齢者で、痩せていて、空腹で、シワシワである;前かがみ;早老;いつも食べ物を選ぶが、ほとんど消化しない;肉が嫌いで、肉を食べると気持ちが悪くなる;刺激的な物、苦い物、トニックを欲しがる。胃が弱い;食後に胃が痛くなり、吐き気、嘔吐が起きる;胃が沈没する;シワがより、痩せる。

風邪を引きやすい;鼻風邪をひきやすい。

風邪は鼻、喉、胸、耳に溜まる。ほんの少しの刺激でも風邪をひく;汗をかきやすく、少しの空気の流れでも、鼻風邪を伴い、頭痛が起きる。暖房の効いた部屋にいて、平衡感覚が乱れると、鼻風邪をひく。

Cepaも、鼻風邪は、暖かい部屋で悪化する。夜、家の中で鼻づまりがひどくなる;特に外出時には鼻が完全に詰まった感じがするが、家の中では鼻が出る;薄い、水っぽい、分泌物が、日中に出る。

少しの通風にも敏感;鼻がかゆくなって、くしゃみが出る。この痒みは喉や気管にも及ぶ。咳;気道が燃えるよう;すべての粘膜が炎症状態;鼻声;声が出ない;喉の痛み;くすぐったい咳。乾いた、悩まされる咳が出て、胸が非常に痛く(Bry.のよう)、頭が2つに割れるような感じがする。

鼻風邪は胸にくる。熱と骨の痛みを伴う流行性感冒;衣服を重ね着しなければならない。唯一の救いは、異常に暖かくすること;だが、熱が出る前に暖かい部屋にいると、鼻風邪は悪化する。シーツの下の空気の動きから悪化;布団を持ち上げると、痛みや咳などが悪化する。

急激な発熱と発汗、またはOpiumのような熱い汗(しかしOpiumは熱い汗をかくと布団をはぎたくなるが、Nuxは布団を上げられない)。

寒気と熱;熱と汗が混ざり合う。寒気においては、手の指や手が冷たく、紫色;頭から足まで寒い;寒気は四肢や背中から始まり、全身に広がり、患者は全身を覆わなければならない。すぐに反応が起き、熱と汗が出るが、その全段階を通して、覆われている必要がある。喉の渇きは顕著な特徴ではないが、熱の中で見られることがある。

すべての発熱の段階において、黄疸が出る傾向がある。硬化物が黄色くなる。皮膚が非常に黄色くなる。老齢者の黄色の皮膚を伴う間欠熱。黄疸を伴う腹部の不調では、Bryに似ている。

Nuxは胃腸の不調に悩まされる。門脈系の停滞が起きる;門脈のうっ血;痔を伴う痔静脈のうっ血;便秘;赤痢;直腸の麻痺。

Puls.のような胃の症状;朝に悪化;朝の口臭もPuls.のようである。胃の調子が悪くなると、頭の中で石が頭頂を打つような破裂感が起こる。

麻痺の状態が多い。腸は興奮状態にあるが、それが過ぎ去ると、便が警告なしに直腸に留まる時が来る。これは膀胱にも及んで、排泄できない尿でいっぱいになる;大きな前立腺を持つ老齢者や淋病では、尿が漏れる。

四肢の麻痺;顔面の麻痺;片腕の麻痺;片手の麻痺;単一の筋肉の麻痺;顔面麻痺がNuxで治ることは珍しくない。麻痺の際の、突き刺さるような痛みは重要である。

顔のほてりを伴う多血症も起きることがある;顔が赤くなるくらいの興奮;苛立ちなどの精神状態を伴う、かなりの衰弱や疲労感。何も考えていないで、頑張らない時には、患者は元気なように見えるが、何かしようと思った途端、疲れてしまう。

発汗から起きる頭痛;ワインを飲む人の頭痛;夜遊びする人の頭痛、夜勤の頭痛。完全な静けさの中では、頭痛が最も緩和される。頭頂に石を押し付けられたような頭痛。

ほとんどの症状は、熱で良くなるが、頭は熱で悪化する。チーズを食べると、ニキビができる。強直性発作を伴う、非常に激しい痙攣;体の全筋肉が痙攣し、顔色は紫で、動くと息が切れる;痙攣中は、意識があるか、あるいは半意識で、恐ろしいほどの苦痛と体のひきつりを自覚している;わずかな隙間風でも悪化;足がくすぐったい;喉にほんの少し触れるだけで、咽頭炎を起こす。

これは、食欲不振に対するお決まりのレメディーとして投与される。食欲を増進させるが、患者にとっては、危険な働きをする。

「肉、いつもの飲食物、習慣的なタバコやコーヒー、水、エール、食べたばかりの食べ物への嫌悪感」

特に腹部の痛み;切るような痛みで、患者は二つに折り曲がり、過食から起きる吐き気を伴う;圧倒されるような痛み;腹部の痙攣性の痛みは、しばしば四肢まで広がるが、それよりも直腸に向かっていることがよくある;疝痛のような痛みで、便意や排尿を催す;特に直腸に痛みが走り、便意を催す場合に、腎疝痛が起きる。

腎疝痛は、尿管内の結石が、その刺激により、尿管の円形繊維を、痙攣させて掴むことで起こる;適切な薬でこの繊維を弛緩させ、後ろからの圧力で結石を一気に押し出す。

胆石の疝痛の場合も、正に同様である。緩和するレメディーや、同種のレメディーのいくつかは、結石を形成する傾向を克服する。健康な胆汁は嚢内の胆石を溶かし、健康な尿は腎臓の骨盤内の結石に同様のことをする。

著しく黄色い皮膚を伴う腹部の不調では、NuxはBry.に近い。Bry.は動くと悪化し、熱で改善しない。Nuxはその両方を持ち、門脈の鬱血や神経痛などにより適している;わずかな圧迫で悪化する(Coloc.はわずかな圧迫で改善し、Mag.ph.は圧迫と熱で改善する)。

Bry.は腹膜炎において、多くの適応を示し、足を引き上げて寝る。痔、門脈のうっ血、直腸の切れるような痛みで便意を催す。

Cupr.は、まるで前から後ろまで刺し貫かれたような、切れる痛みがある。

Nuxでは腹部が陥没するが、一方、Calc.とSepiaでは腹部が膨らむ。InulaはNuxに似ており、便意と尿意を伴う疝痛が起きる。

「牛乳が、胃を嫌う」
「食べると、頭が熱くなる」

コーヒーやアルコール、放蕩による悪影響。喉に痰が絡んだような感覚がある;食べると悪化する。Aloeは、ビールをやめると下痢になる。Nuxは、アルコール飲料を止めると下痢になる。

胃の中に、しこりがあるような感覚(Bry.)。慢性の症例では、Sepiabの方がより適し、Nuxを後続に使うが、Bry.と競い合う;これに、頭頂の圧迫感が加わると、典型的なNuxの状態になります。

結石の感覚は、食後1時間後に現れ、消化の試みは見られるが、Abies nig.ではすぐ現れる。Kreos.の痛みは、食後3時間経たないと始まらず、その後、食べ物を吐いてしまう。

Sulphurと密接な関係があり、Sulphurの過剰作用をしばしば解毒する。それは、Sulphurの体質的な作用を、底辺から解毒することはないが、Sulphurの誇張された作用や表面的な作用を取り除く。

月経が早く来すぎる;長すぎる;月経量が多い;より顕著に長引く;リネンを汚す程度の出血と滴下があり、時折、血塊を伴って開始する。一回の月経が次の月経まで長引く。これには精神状態を伴う;興奮しやすい;薬に対して過敏。

「月経が早すぎ、多すぎる;早く来すぎ、長すぎる;出血の色が暗い」

時折、激しい痛みが伴い、子宮が痙攣し、全身に広がり、熱や圧迫で改善され、わずかな空気の流れや寒さで悪化する;湯たんぽや衣類、熱で、痛みや痙攣が改善される。

Arnicaのような痛み、切迫感などを伴う陣痛。中のものが突き出るかように圧倒され、尿意に悩まされ、便意をもよおす。尿量は少なく、不規則なこともある。外陰部のかゆみが顕著。

ヒステリーの症状が多い。ヨーロッパ人は、ヒステリーの症状の時に、Nuxを必要とすることが多く、アメリカ人は、Ignatiaを必要とすることが多い。

厄介な喘息が起きる。胃腸の調子が悪いたびに、喘息になるという人に有効。Nuxを投与してから、1年間は問題ない。何か合わないものを食べると、喘息で一晩中寝られなくなる。彼らにはNuxが必要である。喘息は、咳を伴う;胸がガラガラと鳴る;胸が粘液でいっぱいになる;咳をしては吐き、吐き戻し、まるで新しい風邪をひいたかのように見える。

お腹を壊す度に、鼻風邪になる。ソーセージを食べる度に、鼻風邪になる患者がいる;彼女は、健康よりも、コーヒーやワイン、社交を優先するので、この人を治す術はない。彼女はステーキは食べられる;どんな肉も食べられない人もいる。胃が不調になった後に、胸まで響く鼻風邪になり、その後、喘息が現れる。

心臓や循環器系の、動悸や興奮。かなりの動悸。精神面でも身体面でも、朝に悪化。鼻風邪といくつかの頭の症状は、Merc.のように、床の暖かさで悪化するが、布団をはいでも悪化する;食事や動きで悪化する;頭は熱で悪化する。

左鼠蹊部に圧迫感と脱力感があり、赤ちゃんのヘルニアを治す(Lyc.は右側)。Arn.は、痛みなどを和らげる。Coniumも、鼠径部の行ってしまう感覚では、 Nux と競い合う。

寒気は、いくら布団をかけてもよくならない;Ign.の寒気は、布団をかけない方が良い。間欠熱では、寒さと熱が混在し、熱は短く乾燥していており、その後暑くなり、発汗と激しい熱が朝に悪化するが、寒気はいつでも起きる。

Sanguinaria(サンギナリア/赤根草)

 赤根は昔の家庭薬である。東方の農民の素晴らしい奥さんたちの多くは、冬を迎える前に、必ず家に赤根を準備する。寒い冬の日々に、鼻風邪が来たり、頭や喉や胸に「風邪」が起きたら、奥さんたちは赤根を準備し、それでお茶を作る。それは「風邪」の定番薬だ。奥さんたちはあらゆる不調と戦おうとして、それを与え、この残酷な姿でさえ、「風邪」を追い散らす事に疑いはない。というのは、そのプルービングは、胸部の問題や胸部に進む「風邪」との関連を示しているからだ。

 定期的に起きる頭痛、頭痛が7日に1回起きる;頭痛は起きがけの朝に始まるか、または頭痛で患者が目を覚ます。後頭部に始まり、上昇し、右目上と右こめかみに落ち着く。日中に悪化し、光で悪化するので、暗い部屋に追い込まれ、横にならねばならない。吐き気が起き、吐く物は胆汁、粘液、苦い物質と食べ物、その後、痛みが楽になる。頭痛は、ガスを上下に発すると、楽になる。寝ていると、掌と足の裏が熱くなり、患者が苦しんでいる場合、床から手足を出してしまい、この事は付け加えねばならない、顕著な特徴である。

 慢性の頭痛を、かなりの期間、何らかの方法で免れてきた人は、それ以来、寒さに対する敏感さが増し、「風邪」が鼻や喉や気管に落ち着き、赤むけた燃えるような痛みを伴い、その局部は、まるで火の上にあるように感じられる;痰はべとつき、粘り強い粘液;腹部の不調、多くのげっぷを伴い、げっぷは激しい咳が出た後、特に見られる。

 これは、あまり長く作用する薬ではない。定期的に来る、吐き気を伴う頭痛が、Sanguinariaによって中断した場合、抗乾癬のより深く作用する薬を与えなければ、頭痛は再発するか、或いは、更に悪い何かが起きるだろう。というのは、Sanguinariaは、症例の特質の中に深く入り込まないからだ。 Sanguinariaで頭痛がなくなり、上皮腫ができ、Phosphorusで治った患者の症例を覚えている。疾患の末期で、Phosphorusが与えられていれば、癌はできなかっただろうと確信している。というのはPhosphorusは患者の体質のレメディだったからだ。慢性の吐き気を伴う頭痛がなくなれば、患者は癆 (ろう)になる傾向がある。胸部の問題が起き、どんどん悪化する。癆を和らげる事ができるその力は、非常によく知ら れている。

 患者は気管のカタルを伴い、非常に衰弱する;寒さ、気候の変化すべて、湿った天気への変化、そよ風が吹く度に、衣服の変化に敏感に成る;常に新しい「風邪」をひく。胸の胸骨後部に、燃えるような痛みがある;ベとついた、粘りのある、糸をひく 痰;痙攣性の咳が出て、そして咳をする度に、げっぷをする;ガスの噴出;空噴出。胸内に焼けるような痛み、話すと咽頭内と気管が、ひどく痛む、そして咳がげっぷになる事に、掌と足の裏の熱を加われば、Sanguinariaは、患者を静め、問題を和らげる。このような症例の多くでは、Sulphurを与えるが、その破壊性に対してである。SulphurやSiliceaやGraphitesよりよく、 このようなろうを患った患者に合うレメディがある;Pulsatilla, Sanguinaria, Senecio gracilis、そしてCoccus cacti のようなレメディは、患者の苦しみを一時的に和らげ、静め、健康を増進させさえするため、深く作用するレメディの、中間のポテンシーが取れる。しかし、生命力が低い場合、もし体があまりにも崩壊し、修復できないならば、 深く作用するレメディは避けるべきだ。ハーネマンは、活力が不十分な症例におけるPhosphorusの使用に対して、警告している。Sanguinariaは、表面的なレメディで、すばらしく一時的に緩和させる。

 鼻と喉のカタル状態、特に風邪や、毒草からそうなったもの;またバラ風邪に。Sanguinariaの患者は、6月に「バラ風 邪」をひく。花と悪臭に敏感;花粉症を伴う問題。鼻の中や、喉の中が、焼けるような痛みを伴う花粉症の患者;まるで粘膜にひびが入って開くよう。声枯れを伴う咽頭内の乾燥と、燃えるような痛み;喘息を伴う胸部全域の乾燥と、燃えるような痛み;燃えるような掌と、足の裏と関連。検査で掌は乾燥し、しわがあり、触ると熱い事がわかる;足の裏も同様で、 皮膚が厚くなり硬くなっている。魚の目が燃えるように痛い;足の指が燃えるようで、患者は楽になるため、布団から足を突き出す。

 頭痛がある時は、一般的な、うっ血性の頭痛に見える;朝に始まるが、後方を上り、右目まで広がり、頭全体が熱く、痛い。

 Sulphurと Silicea、Sanguinariaは、毎週定期的に起きる頭痛がある。Arsenicumは、2週間毎に来る頭痛がある。2週間毎に来る大半の頭痛は、Arsenicumで治るか、或いは、健康を損なった体質では、非常に軽減する。慢性の頭痛の、治癒の試みは、老齢で 衰える前にしなければならない。

 「苦い嘔吐を伴う、頭内の脈拍;動きで悪化」。頭痛は、一般に動きにより悪化するが、Bryoniaほど顕著ではない。.Sanguinariaの頭痛は、午後に向かうか、、または、夜ひどくなる、非常にひどくなり、ベッドに行かねばならない;そして、頭が痛くなり、足音やきしりできわめて痛くなる。ひどい頭痛は、光や音や動きなどに妨害されやすい。

 「まるで、額が破裂するような頭痛で、寒気を伴い、胃が燃えるように痛い」「右目を頭痛が覆う」。これが特徴である。 「定期的に来る頭痛;朝に始まり、日中ひどくなり、晩まで続く;頭は、まるで破裂するかのようで、目が飛び出すように思える;頭中に、拍動性の刺すような痛みがあり、右が悪化、特に額と頭頂に;寒気や吐き気、食べ物や胆汁の嘔吐が続く;横になるか、じっと静かにしておかねばならない」。どの症例にも、この中のいくつかは見つからないが、これらはすべて、 Sanguinariaの頭痛への決定となる。

 あらゆる種類の神経痛;切れるような痛み、裂けるような痛み、引き裂くような痛み;まるで、筋肉が引き裂かれるよう、またはひっぱられるよう。裂けるような痛みがそこら中に起きる、神経痛、或いはリューマチ。頭蓋の周りの痛み、しか し肩と首のあたが、もっと特に痛い;首が凝る; 寝ていると回せない「腕が上がらない、しかし前後には揺らせる。痛みが首まで、さっと上がる;三角筋が痛む。右側を好むが、左も治す。右肩にリューマチ性の痛みがあり、腕が上がらない、首や首の後ろの筋肉がすべて含まれる;首の凝り。日中に痛みが起きたら、夜まで痛みが増す。 Sanguinariaについては、 不調は、夜に悪化する。

 風邪をひいて患者が来る;その患者は、腕が上がらない;体の横に垂れている;痛みは、夜ベッドに入って、悪化する、寝返りを打つと、悪化する(ひっくり返るのに、肩の筋肉を使うためだ)。おそらく痛みは、三角筋にあるが、含まれる組織を 推測する必要はない。

 これは、Ferrumと競い合う。赤い顔、非常に紅潮し、腕が上がらない、日中、悪化する痛みがある、それは夜ではない、 ゆっくりした動きで改善する人々は、皆Ferrumが必要だ。Sanguinariaは、動きでよくならない;腕を使うような動きで、悪 化する。Ferrumは、ゆっくりした動きで改善し、速い動きで悪化し、日中痛みが来る。Ferrumは、赤多く、血症の顔をしている一方、 Sanguinariaは、青白い顔をしている。 胸部の不調において、消耗熱の患者に見られるような、周囲を囲む赤い点が頬骨上にある。

 胃の障害や過食、しつこい食べ物、ワインを飲んでからの頭痛。年取った飲んだくれに、ほとんどNuxと同様に、使える。 ビールを飲んで、胃がおかしくなったり、消化が弱る人;さじ1杯の水さえ吐く。 食べ物も飲み物も、胃に留まらない。このような問題 に関連する頭痛。不調を伴う嘔吐と下痢。

 カタルの疾患は、際立っている。喉の慢性のカタル;喉の粘膜の、明らかなべとつき。鼻と咽頭は、粘液で充満。咳払いして、外に出す;乾燥し、燃えるような感覚があるが、新鮮な空気を吸う度に、その燃えるような感覚が、非常に目立つ。

 分泌物の刺激性は、もう一つの特色である。刺激性の粘液が、鼻の中にでき、喉をひりひりさせる。刺激性で熱い液体が、胃から、げっぷとして出て、喉と口の皮が剥がれる。下痢は、刺激性の水状の便を伴う;特に、嬰児に;臀部が、皮がむけ赤 い。この燃えるような痛みは、胃全体を回って広がる;老人の胃の問題で、胃腸に燃えるような痛み;燃えるような痛みを伴い、さじ1杯の水さえ吐く;老人の胃痛;消化不良;胃の障害全種。

まるで、何か熱い物に触ったように、舌は、赤く燃えるよう。咽頭と食道に、燃えるような痛み、口蓋の燃えるような痛み。 燃えるような痛みを伴う、扁桃腺。「喉に熱があり、冷たい空気の刺激で改善、喉が非常に乾燥し、まるでヒビ割れるよう」。 この、燃えるような皮を剥がれた感じは、粘液すべてに影響する。

 患者は、突然の寒気で、ベッドに潜り込む;肺炎の胸部の症状における、燃えるような痛み;さびのような痰;激しい咳;気管の分岐点が、激動しているように感じられる;まるで、ナイフが、その部分に当たっているかのよう;まるで、バラバラに引き裂かれたかのよう;そして、咳がたくさん出た後で、大きな音の空げっぷが出る。他のどのレメディも、このような事はない。

 「胃の燃えるような痛みを伴う、吐き気、唾をよく吐く事を伴う」。吐き気は嘔吐で楽にならない。吐き続け、ずっとむ かつく。火がついたように、燃えるような痛み。ひどく燃えるように痛いため、よく間違えてArsenicが与えられる。

 「苦い水、酸味のある、刺すような体液を吐く;栄養物を吐く;寄生虫を吐く;心配に先導され;頭痛と胃に燃えるような痛みを伴う;後で、頭痛が楽になる;衰弱と共に」。このような症状は、頭痛や、胃の不調、胸焼けに起きる。胸焼けは。酸性のげっぷや。酸性の嘔吐によって現れる。患者はよく「胸焼け」のことを話すが、それは酸性のげっぷの事なのか、 酸性の嘔吐の事かを、見出さねばならない。患者は、酸っぱい食べ物を「吐き出す」と言う。

 頭痛と多くの不調を伴い、 Sanguinariaは気絶する症状がある;空腹のようなのだが、食べ物に対してではない。倒れる、気絶、「使い切った」、空虚な感じ。「空腹の頭痛」を伴い、Phosphorusのようだ。Psorinumは「空腹の頭痛」にお いては、その他すべてに勝るが、Psorinumは食べたいのだが、十分食べられない。 Sanguinariaは空腹だが、食べ物に対してではない;食べ物の事を考えたり、食べ物の匂いを嫌う。Psorinumは貪欲に食べ、Phosphorusもそうである。 Sanguinariaにおいては、頭痛を伴う、偽の空腹である。「胃に燃えるような痛み;頭痛と寒気を伴う」。

 喘息;枯れ草喘息において、刺激のある体液をげっぷで出す。胃の不調に関連する喘息を、Sanguinariaは一時的に和らげる。 Nuxは、胃の問題からの喘息である事を忘れてはいけない。

 肝臓の問題;痛み、充満感。一般的に表現されるような、胆汁の問題。まるで、肝臓が多量の胆汁を作り出すようだが、胃十二指腸カタルがあり、そのために、胆汁が下降する代わりに、胃内に逆流し、苦い黄緑色の液体が出る;腐敗した胆汁として、噴出される。これは特別である。慢性のSanguinaria患者を見ると、1週間の間、胃が不調なのに気づくだろう; 非常に空虚な胆汁を吐き出す;酸っぱく熱いげっぷ;そして、一度に全部無くなり、ひどく氾濫する下痢が、突然来る。胆汁液、噴出する便。 Natrum sulphとSanguinaria、Pulsatilla、Lycopodiumは、この交互に来る下痢と便秘を治す。

 「子宮口が潰瘍化している;不快臭で腐食性の帯下」。「夕方に腸が膨張、ずっと開いている子宮口から、膣を通じて、ガスが発生する分泌物;同時に痛みが、うなじから頭へ放射線状に通過する」。

 「喉の慢性的な乾き、咽頭内が腫れたような感じ、乾燥し、皮がむけたような、燃えるような痛み、うずきを伴う、べ とついた粘液」。「百日咳;収縮した、痙攣が顎の下の喉を横切る;下痢を伴い、夜に咳が悪化」。下痢を伴い、咳が夜 悪化する事は、このレメディが表す特徴である。「患者が風邪をひいた時、百日咳後に起きる、深刻な咳で、百日咳の痙攣性の特徴がある」。大人が風邪をひき、百日咳のような痙攣性の咳をする。吐き気を伴うため、胃からの咳だと患者は言う。すべてにおいて、燃えるような痛みと、下痢がある。

「痛ましく乾燥した、痙攣性で、消耗性の咳、特に子供において;夜に向かって悪化、横になると悪化、寒い寝室に入ると悪化、気管に、皮が剥けた、燃えるような痛みがある」。気管が。非常に痛く思える、そして、実際に痛い;食べ物の塊が、食道を降りるのが、はっきりと感じられる;患者は、食べ物が通る部分を述べる事ができる。

Sabadilla(サバディラ)

 Sabadillaの患者は、ブルブル震え、冷たい空気や、寒い部屋、冷たい食べ物に敏感である。しっかり包まれていたい;おなかを暖めるため、熱い飲み物を飲みたい。カタルの状態になりやすく、この時、患者はは熱気を欲する。喉のカタルの状態は、熱い飲み物や食べ物を要求する。冷たい物を呑み込みにくい;痛みを増し、呑み込みにくくなる。

 対象によって、レメディを調べる事はよくある。このレメディは、左から右へ移動し、すぐにLachesis.に関連するよい処方である。SabadillaとLachesisの、喉の痛みや炎症状態は、左に始まり右に広がる。しかし、Lachesisの痛みは、暖かい物で悪化する:それは、発作的な状態を引き起こし、息が詰まるような感覚を伴い、そのため、冷たい飲み物を欲し、それで楽になり、簡単に呑み込み、喉の痛みが改善する。一方、Sabadillaは、外部も内部も熱で改善する。 

 鼻のカタル性の状態では、くしゃみが続く;鼻は、ひどく赤むけた感覚がある;燃えるように痛い;鼻が詰まる。分泌液は、サラサラした粘液が始めにあり、後で、べとついた粘液になる。鼻風邪の様相がすべてある。鼻風邪は、熱い空気を吸い込むと、改善する。患者は、開いた暖炉や、風量調節装置の前に座り、頭を近づけ、熱い空気を吸い込む。鼻のカタルの状態が長引く時に、特に有効である;普通のレメディに従わない、長引く鼻風邪;延々と続く鼻風邪で、花の匂いで、分泌液が増える。花の匂いの事を考える事からでさえ、くしゃみが出て、鼻水も増える。色々な事を考える事で、病状が悪化する。

 花粉症の患者の多くは、花の匂いや、干し草の野原の匂い、枯れた野菜のような物の匂いに、敏感;ある人は、果物の匂いに、非常に過敏なため、りんごを家から持ち出さねばならない。ラベンダーのように芳しい匂いを吸い込む事は、何人かの花粉症患者には、耐えられない事である;季節によって、このような病気がもたらされる。さてSabadillaは、環境や匂いに、そのように敏感である;喉と、鼻の後部のカタルが増える。くしゃみをし、鼻から粘液が流れ出る;潰瘍にさえなる。定期的な発病;6月の枯草熱;8月20日頃の、秋に来る花粉症。花粉症は、短期的に働くレメディで、緩和される簡単な物である事がよくある;2〜3日で発病を終えるだろう。しかし、治癒は何年もかかり、患者はその合間に、その症状によって、治療せねばならない。花粉症の症状がある時、他の症状がない;ある時は、あるグループが現われ、別の時には、別のグループが現われる。しかし、患者は病気で、すべての症状をまとめて集め、症例は、それに応じて扱われなければならない。

 この人の苛立たしさの多くは、架空のように思える。心は、変わった物で満ちている。人や自分自身に関した想像は、変わっている。体がしおれ、手足が曲がり、あごが長く、片方が他方より長いと想像する。そう感じ、目に見えるにも関わらず、そう信じてしまう。それは、自分が信じる感覚であり、妄想で、精神の錯乱である。「自分の体の状態についての、間違った印象」」「自分は病気だと想像する;部分的に歪んでいる、と想像する;腸内ガスで膨らんだだけなのに、妊娠していると想像する;ひどい喉の痛みのため、死に至るのではと想像する」。その想像は、事実に基づかない;何もそう見えていないのに、何かが見えたら、もっとひどく苦しむ。このような患者は、共感がない事がよくある;彼らは、本当にレメディをとるべきだ。Thujaは、自分の体の状態に、間違った印象を持っている;ガラスでできていると思う;透明という考えではなく、むしろ、自分が、粉々に壊れてしまうのではないかという、もろい恐怖のためである。固定観念のレメディが、2〜3ある;これらの考えは、宗教、政治、衣服、家族や人生の事に関連している事だろう。かつて、私の所に、ある精神異常の患者がいたんだが、その人は、ある特定の色を身につけている人が、乗っている車から、逃げ去ってしまうのだ、というのは、それは、悪魔が、自分に入り込む色だ、という固定観念が、あったからだ。男性におけるPulsatillaの精神状態は、女性は、自分の魂に損失を与える、というものだ;それは妄想であり、固定観念である。Iodineは、固定観念であふれている。Anacardiumは、悪魔が、片方の肩に座って、ささやき、一方、反対側の肩には、天使が座って、ささやき、自分は、その間で、何も言わないでいる。

 「間欠熱の間の妄想」「知的疲労は、頭痛を悪化させ、眠りを作り出す」。考えたり、瞑想したり、本を読むと眠気が来る。椅子に座って瞑想していると眠りに落ちるのは、Nux moschata と Phosphoric acid.である。

 目眩。夜、目眩で、目が覚める。外気で、目眩;あらゆる状況で。多くの頭痛。片側の頭痛。患者の眠気を誘う瞑想は、頭痛をもたらす。学童女子の頭痛。頭痛のため、学校から連れ戻さなければならない、虚弱な子供が、学校や自分自身について、おかしな想像をして、家に帰って来る。頭痛は、ぼおっとし、前面の副鼻腔、目の上方にある鼻風邪と関連している。充満感、破裂感、ぼおっとする、不快感、くしゃみ、歩いて悪化する。鼻風邪を伴う麻痺性の頭痛。朝、そのために、しょっちゅう起き上がり、午前中、それが増す。頭は、冷や汗で覆われる。症状の多く、特に、病状を伴って、額に冷や汗をかく事においては、Veratrumにそっくりである。

 花粉症が、痙攣性のくしゃみと、鼻水が流れる鼻風邪の場合;鼻が詰まる;鼻からの呼吸が苦しい;いびき;鼻の中が痒い;鼻から多量の出血;鮮やかな赤い血が鼻の奥から出て、皮を剥ぐ;ニンニクの匂いに、非常に敏感;前頭骨の深刻な痛みと、目蓋の赤みを伴う、鼻風邪;鼻から、多量の水っぽい分泌液が出る。

 ある花粉症で起きる、特殊な種類の痒みは、口蓋や軟口蓋の痒みで、楽になるため、患者は軟口蓋上で、舌を前後に引っ張らねばならず、鼻風邪やくしゃみなどを伴う。Wyethiaが、発病を短時間で終えるだろう。

 寒さに非常に苛つき、敏感であり、痒みが、喉頭と気管まで広がる場合は、Nux vomicaである。

 くしゃみと、多量の水っぽい鼻水を伴い、その分泌液が、上唇の上と、小鼻のまわりに、赤い筋を焼き付ける場合は、Arsenicumである。

 刺激性の多量の涙と、くしゃみを伴う鼻からの、多量の非刺激性の鼻水がある場合は、Euphrasiaである。

 目から、非刺激性の水っぽい分泌液が多量出て、鼻から、刺激性の水っぽい分泌液が多量に出る場合は、Allium cepaである。

 しかし、これらは、体質レメディではない;治癒せずに、ただ重症の発作の間に、緩和するだけである。この症状は、乾癬体質の結果であり、この体質は、抗乾癬によって、治療されなければならない。花粉症が、非常に深刻である事があるため、患者の中にある、乾癬の顕現にすぎないように見えるが、間違った治療で、抑えたり、止めたりしたら、1年中健康にならない。もし、そのままにしておいたら、年の残りは、健康である。しばしば、花粉症は冬を通して進み、体質強化によってのみ、それは軽減する事ができる。体質治療にしたがって、毎年の発病は軽くなり、治療の終わりには、患者は、気候に影響される事なく、生活する事ができるようになる。緩和しようと、山に登らなくていいのだ。どこかに行くのなら、影響が悪化する所に行くべきだ、そうすれば、その顕現がすべて明らかになるだろう。患者が治癒可能であれば、花粉症は治るだろが、もしそうでなく、患者の体質が非常に崩れていれば、治療不能で、花粉症は治らないだろう。

 発病の最も顕著な所は、鼻や喉、気管、喉頭の粘膜である。これらの部分の粘膜に急性の激しい炎症がある。

 熱い飲み物を、ひどく飲みたがる。食欲は目覚ましい;それは通常、妊婦によく見られる。彼女は、全然、おなかがすいていないと言う;食欲がなく、好き嫌いがある;だが、ある理由から、結局、食べる事になり、一口食べると、おいしく感じ、それで、食欲をそそられ、おいしい料理を作る。別の時には、食欲がなくなるだけでなく、食べ物に嫌気がさして、食べ物を嫌う。「食べ物すべてに、肉に、酸っぱい物に、コーヒーに、ニンニクに対する嫌悪感」「 病的な飢え、或は食べ物を嫌悪する」。

 蟯虫、寄生虫、あらゆるお腹の蠕虫や条虫における、定番の薬。注意深い医師はは、虫のために処方しているとは、決して思わない。その医師は、患者の症状全てを受け取り、それらが、レメディへと導いてくれる。ある時、あるご夫人の家で、まるで肛門を掻いているかのように、犬が後部をカーペットの上で引きずっているのを見た。その人が「先生、うちの犬にレメディをいただけませんか」と言った。私はその口に、Sabadillaを1回投薬した。後に、しばらくたってから、その女性に聞かれた「先生、犬にあげた薬は何ですか」と。私は、彼女に、どうしてそう尋ねるのか聞いた。「2〜3日してから、恐ろしく多くの寄生虫を排出したのは、どうしてですか」と彼女は言った。Sabadillaと Sinapis nigraは、蟯虫がいるケースによく適応する。しばしば、レメディは、患者を一般的に整えるために、元の状態に戻し、そして特別な部分も整えられる。

 女性の生殖器官。「回虫から好色になる」「子宮に、まるでナイフで切られたような、痛みがある」「生理がおくれすぎ、痛みのため、生理の2〜3日前に、圧迫される;減少;発作と驚きによって血が流れ、時には強く、時には弱く出る;血液は鮮やかな赤」。

 ヒステリーな患者;異様に、不均衡な心を伴った患者で、様々な神経質な症状が、同時に生じる。「ピクピク単収縮し、痙攣性の身震い、寄生虫からのカタレプシー」。完全に健康な胃腸や直腸には、寄生虫は適していないという事は本当だ。不健康な所にだけ、繁殖する。抗乾癬の薬を投与した後に、その存在を期待していなかった時でさえ、サナダムシを、瓶に入れて持って来る患者が、何度もいた。有機組織を健康状態に戻し、寄生虫を出す。細菌についても同様だ。それらは、病気の結果としてのみ存在する。病気が、初めに存在する事なくして、それらが、存在する事はわからない。寄生虫を無視して、症状の全体性から、レメディを選んべば、患者は健康を取り戻し、寄生虫に関する限り、症状なく進む。寄生虫は、小さくなってしぼみ、遂には外に出る。レメディを投与後6週間で、中で寄生虫が消えたケースは滅多にない。一方、もし暴力的な方法で、寄生虫を排出したならば、その患者は、何年も、厄介な症状を伴って行くかもしれず、どうして、その人の治療に失敗したのか、あなたはわからない。

 まず、患者のために処方しなさい。適切な体質の治療が、正常な状態に戻すまで、病気の結果は、どれも取り除いてはいけない。

Ruta Graveolens (ルータ/ヘンルータ)

Rutaは、よく見落とされる、もう一つのレメデイである。Rutaは、あまりよく知られていないので、見落とされ、Rhusか Argentum nitricumが与えられたり、症例に十分関連していない、他のレメデイが与えられたりする事がある。その症状の多くはレパートリーに分類されにくい。その特性の知識が得られるべきだ。Rhusに似ている病訴の分類に入り、寒さに敏感で、寒く湿気た天候から悪化し、寒さから悪化し、病訴は、局部の張り;局部を過度に張ったり、使いすぎてから起きる事が多く、主に、腱の特質の、腱膜線維部分である、白色線維、屈筋腱に起き、特に、力で過度に緊張させた屈筋腱に、限定される。Rhusにはこのような物があるが、Rutaに見られるような物は他のどれももってない。色々な外科の状態や、怪我からの骨膜の問題に、Rutaはよく適する。骨を覆ったり、脛骨を覆う薄い肉である骨膜の問題。傷の痛みはゆっくり消え、硬くなった部分を残し、骨膜が厚くなる節だらけの結節のある状態で、痛みが残り、ゆっくり回復する。骨膜内の塊が何ヶ月も何年もあり、棒や金槌で打ったり、向こうずねの骨をぶつけた結果、過敏で痛い結節ができる。農夫や木こり、機械工が、金槌や鉄の道具を持って、鉄の道具を、手の前方へ出すのに、握りしめたり、金てこを使ったりし て、掌に小さい節ができる;嚢包のように、硬くなった腱の組織の塊。骨膜や骨、腱や関節の辺りに、沈着物を形成す る傾向がある。特別な位置は手首であり、この部分に嚢包や小結節ができる。腱の過度の緊張と小結節ができやすい所は、腱に塊や房や小さい腫瘍ができる。屈折の収縮が徐々に増え、そのため手が永遠に屈折する;足が屈折し、そのため足の裏がますますくぼみ、過度の緊張と屈筋の激しさから、足の指が下に引っ張られる。

 目の筋肉が過度に緊張する。この筋肉は主に腱から成っている。使い過ぎになるまで、使い続ける。目の疲れに、頭痛が後続し、眼球や目の膜も影響を受け、そのため、使い過ぎの目は赤くなる。見ようとすると、目の中や上などあちこちが痛くな り、それは目を使う事から悪化する。細かい印刷物や、細かい縫い物を見て、悪化する。このような目の過労で、目が赤 くなり、痛くなり、一点に目を集中させる事ができなくなる。頭痛がこれに続く。ここでは、Argentum nitricumはRutaに 似ている。Arg. nit.とNatrum murは、最も頻繁に使われているレメデイだが、Onosmodiumは、疲れ目からの頭痛に頻繁に示されるレメディである。だが、これらは区別しやすい。Rutaは冷たい物から悪化し、暖かい物をすべて欲する。Arg.nit. は熱で悪化し、涼しい所にいたがる。患者をじっと考察するとよい。

 Rutaには、一般的な疲労がある。椅子から立ち上がる時、脚が動かず、患者はよろめき、椅子から立ち上がろうと何度も試みる。型にはまった人は、このためにPhosphorusとConiumを与える。RutaとPhosphorusはどちらも、氷のように冷たい水を、激しく抑えきれず欲求する。臀部と股のあちこちが弱いので、Phos.とCon.を比べるとよい。

 このレメデイは、精神面の症状を十分に起こしていない。それらは、ただ一般的で、他の多くのレメデイにも属している。 「否定し、喧嘩する傾向がある」「自分自身と他人に不満足」「精神面の落胆を伴う、不安と意気消沈」。これらの症状は、ただ一般的なだけで、1~2種類のグループに分けられるだけである。患者は苛ついているか、また反対に、よい性格でもありうる。このレメデイは、苛つきの中に分類される。「落胆」は、喜びの反対で、2グループのもう一方である。 「憂鬱は、夕方に向かう傾向がある」。ここにある唯一の事は、夕方に向かって悪化する事だ。事が起き、1~2のグループ に属す場合、それは穏やかな度合いにおいてのみ重要である。

 多くの病状は、横になると悪化し、特に神経に鋭い、刺すような、裂けるような痛みがある。Rutaは、痛みの薬であるが、 症状はゆっくり起こすため、慢性の特徴がある。老齢者の神経痛で、刺すような、裂けるような、燃えるような痛み で、特に、下肢や、目の周りの痛み、顔面神経痛が起きる。あらゆる痛みがあり、痛みを表すあらゆる形容詞で表される が、横になって悪化し、寒さから悪化する。座骨神経痛では、切り裂けるような、引き裂けるような痛みがある。座骨神経痛で、最も激しい形;痛みは背中に始まり、臀部と股を降りる;裂けるような痛み;日中は快適だが、夜横になると、すぐに悪化する。Gnaphaliumは、座骨神経痛のすばらしいレメデイで、また、横になる事から、この悪化がある。

 「目が、火の玉のように、熱く感じられる」。目が熱く感じられる場合の、ただの炎症のために、Rutaを使うのは、間違いである。EuphrasiaやBelladonnaやAconiteが、風邪から起きる単なる炎症や、症例が慢性の場合の抗乾癬に使われる。しかし、細かい仕事や、長い間の縫い物から、目を痛め、眼球が火のように感じられたら、この人は、Rutaが必要である。冷たい風にさらされた後に、涙が出て炎症を起こし、目が生の牛肉のように見えたら、Aconiteである。

 「目が燃え、うずき、疲れて感じられ、視野がぼやけ、夕方、目を使うと悪化する」。夕方の一般的な悪化の部分に入る。書き写す時、ここに、原稿がおかれており、コピーはそこにある場合、ここからそこへ絶えず視野を変える必要があ り、特に、もし暗い光の下で、書き写したら、頭痛が起きたら、それをRutaは治すだろう。このように、目を使い過ぎた後、もし、患者が冷たい風の中で、乗物に乗ったら、結果的に麻痺した衰弱が起これば、この事はRutaを更に深く示す。風にさらされたり、寒い中、乗物に乗って涙が出る。目の特定の筋肉の麻痺や、斜視さえ起き、目の調節のあらゆる障害がある。「内 側直筋上の力の喪失」「眼精疲労で、過労や細かい仕事から、目のあらゆる細胞が過敏になる;目の中や目の上に、熱が起き、うずく;夜、目が火の玉のように感じられる;視野がぼやける;文字がいっしょに動いて見える、涙が出るなど」。 電灯の下で書いたり、織工の細かい縫い物などから起きる、目の過労や、屈折異常による弱視では、1本の糸と他の糸を区別しにくくなり、全く読めなくなり、視野に霧がかかったようになり、離れた所では、完全に曖昧になる事を伴う。

 便秘は顕著な特徴で、排便時の直腸脱を伴う。「頻繁に排便に駆られるが、出ず、肛門脱を伴う」「産後の直腸突 起」。座っている時、直腸が痛い。潰瘍から直腸にひどい痛み。直腸の痔と狭窄に役立つレメディである。

 背中の症状。明確なリューマチのレメデイである。寒さに感受性があり、冷たく湿気た嵐のような天気で悪化するレメデイはすべて、リューマチのレメデイとして表されている。背中のリューマチの症状。「まるで、腰椎が傷つくような痛み」「転んだり、打ったりしてから、背中や尾てい骨が痛い、或いはまるで傷ついたよう」「ハムストリング筋が短く、弱く感じられ、階段の上り下りで、膝が笑う」「捻挫や脱臼の後に、足首が痛く、歩行不能」「特に、手首と足首の、捻挫の後の、不自由 さ」。捻挫したらすぐ、炎症状態にはArnicaが必要であろう、そしておそらくRhusが後続するだろう。しかし 捻挫の結果として、腱に小結節ができたら、Rutaが呼ばれる。Rutaは、単なる捻挫に、すばらしいレメデイであり、腱の痛みと衰弱がすべてある。ArnicaとRhus、Calcareaは、単なる捻挫以外、何も症状がない時、決まりきった方法で必要となる事がよくある。

 背中の捻挫の後の、下肢の麻痺性衰弱。

 晩に悪化する時には、憂鬱な気質になり、目の燃焼、光の周りの緑色のハロー、視野のぼやけ、目の痛み、右肩甲骨下の痛みが起きる。 Rhus.のように、極めて落ち着きがない。非常に落ち着きがないので、じっとしている事ができない、神経質な落ち着きのなさ。

 「転んだり、打ったりした時から、至る所が、傷ついた感じがし、手足の関節が悪化する」「捻挫、骨膜炎、丹毒といった、骨と骨膜の傷や、他の力学的な怪我」。

 Rutaは、Mercuryに関連し、また解毒する。

 皮疹は、痒みを伴い、Mezereumのように、掻いては、場所を変える。冷水を飲みたがり、下肢が弱るPhos.と比べるとよい。 リューマチでは、Phytolaccaと区別するとよい。RhusとSepiaとSiliceaとSulphurを比べるとよい。Rutaは、抗乾癬だが、SiliceaやSulphurほど深くない。

Psorinum(ソライナム、乾癬)

 PsorinumはSulphurと関連しており、非常に似ている。患者は洗浄が嫌いである。よく洗ってあるのに、全身の皮膚、特に顔の肌が不潔に見える。まるで汚れがついているかのように、くすんで、汚く、不潔に見える。皮膚は荒れており、デコボコで、すぐヒビが割れ、亀裂から出血している。荒れて、うろこ状になる。きれいに洗えない。手の皮膚は荒れ、すぐあかぎれになる。分厚く、うろこ状になり、すぐヒビ割れする。小さなうろこ状の発疹が破れる。洗っていないように見える。患者はいつも手が汚く見える。皮膚の多くの病訴は、入浴や寝床の暖かさから悪化する。暖かくなると皮膚が痒くなる。ウールを身につけると痒くなる。寝床が暖かくなると痒くなり、表皮が剥げるまで、その部分を掻いて、かさぶたになる。治り始めると痒くなり、掻きたくてたまらなくなる。脚と腕を、表皮がなくなるまで掻いて、かさぶたになる。発疹がないのに、寝床の暖かさから、激しく痒くなる。皮膚は不健康で、汚く見え、薄汚れ、毛細血管と肥大した静脈で、覆われている。これは、発疹が現れる前の状態である。掻いてかさぶたができ、それから発疹が起きる。丘疹やニキビ、かさぶた、おでき、小水疱、発疹は、水っぽい湿気が滲み出る。しばらくして、発疹がなくなったら、かさぶたになり、小水疱が混じる。皮膚が分厚くなり、固くなり、新しい群れが、古いかさぶたの下にでき、表皮が剥げたようにヒリヒリし、痒く、チクチクし、這うようで、血が出る。

 頭皮や顔の発疹。かさぶたが頭皮を覆い、髪の毛が抜け、滲出液がかさぶたを持ち上げ、新しい小水疱を露出する。それは皮を剥いだ牛肉のようで、ヒリヒリする。そのため、子どもはそこから指を離せず、夜に悪化し、暖かい部屋で悪化し、暖かい物や空気を通さない物は何でも、当たると悪化し、涼しい空気で改善し、覆うと悪化する。この事はPsorinumの外気で悪化するという、一般的な状態に反する。外気を嫌う。

 発疹が出続け、広がり、元の皮膚が盛り上がり、分厚くなって、固くなり、どんどん弱まり、赤くなる。滲出液は、死肉や腐敗した肉のような不快臭があり、滲み出る液体からの悪臭で、吐き気がする。

 前述のような、特徴的な不快臭は、Psorinumを貫く。強烈な臭いの悪臭、悪臭のある息、分泌液と皮膚から出る滲出液は、死肉のような臭いがし、便も非常に臭いので、家中に、下痢の悪臭が広がる。夏の疾患である小児コレラは、汗が臭く、帯下は、異常な不快臭を漂わせる。おくびは、まるで固ゆでの卵を食べたかのような臭いで、それが腐っていて、他の人にもそのように臭う。便はガスが出、おくびは、腐った卵のような味がし、見るからに不快で、臭いは薬が必要な人の物である。

皮膚は、どんどん分厚くなり、出血し、発疹が他の部分にも広がる。唇の発疹や性器上の発疹は、非常に不快な臭いで、痛く、肛門の辺りは、表皮が剥ける。外陰部に潰瘍ができ、非常に不快な臭いである。脚の潰瘍、脛骨上の潰瘍、手の甲の潰瘍、足の甲の潰瘍、耳の後ろや上の潰瘍、頭皮上の潰瘍、頬骨上の潰瘍、小鼻や鼻の上、目蓋の潰瘍。油っぽい皮膚。発疹は、鼻や口や目蓋や目の、粘膜の赤味を伴う。目蓋は、分厚くなり、めくれ、眼瞼外反のよう。粘液の肉芽組織や、硬化が起き、そのため、軟骨のようになる。角膜の潰瘍;涙目;目蓋がめくれ、目蓋は、まつ毛がなくなる。赤い目で、恐ろしく見え、顔に発疹ができ、赤い皮膚から、黄色いべとついた分泌液が、滲み出る。浸出液は、初期には白っぽく薄いか 白っぽくべとついている。古い発疹においては、かさぶたの下に潰瘍が起き、べとついた、黄色い膿状の分泌液がでる。黄緑色の分泌液が、目や鼻から出る。鼻から、ひどい不快臭のある分泌液が出る。鼻から、ベトついた分泌液が出る。Merc.やSil., Calc. p., Hep.のように、不快な臭い。目の中に、悪臭を放つ膿が溜まる。

 べとついた、黄色い分泌液を伴う、鼻風邪。いつも、風邪をひいている。鼻風邪では、鼻が乾燥し、切れる時もあれば、鼻水が出る時もあり、ティシュペーパーを、ずっと使い、ずっと鼻をかまねばならない。鼻風邪の初期では、ずっと鼻をかみ続けるが、分泌液がなく、楽にならない。この状態は、非常に顕著なので、秋に発生する継続性の花粉症だ、と思う人もいる。これは、花粉症に親密に関連し、秋に鼻が詰まり、目と鼻にカタルの状態が起きる。花粉症は、レメディーを合わせるのに大変困難な状態の一つである。それは、花粉症が消える前に、作り上げられるべき、軽度の体質に属する。それは1年に1度起きる乾癬の表現であり、乾癬マヤズムが変わらねばならない。数年内に、大部分の対象は変化するが、一つの季節では起きないので、がっかりしないように。カタルの状態における花粉法は、微熱が不適切に扱われた時に、戻ってくる事がよくある。

 乾癬患者自身は、衰弱している。少し歩いただけで、家へ帰りたがる。外気で悪化する。外気中で息ができない。立っている間、息ができない。家へ帰りたがり、そして、横になれば呼吸できる。患者が家へ帰って、横になったら、呼吸できても、喘息や心性呼吸困難が起きる。通常、この状態は、きちんと座わる事や、外気で改善する。Psorinumでは、あまりないのだが、暖かい所にいたがり、横になって一人でいたがる。

 Psorinumは、その機能すべてにおいて、スローダウン、不全麻痺の衰弱の状態になる。発熱後、回復せず、消化が遅く、便は普通だが、押し出すのに力がいる。膀胱は、尿が一杯にたまっているが、排出が遅く、幾分残っているように感じ、便や尿をなくす事が、全くできず、4〜5回トイレに戻らねばならない。便は柔らかく、完全に正常であるが、1回便座に座るだけでは、出す事ができない。

 乾癬患者は腸チフスにかかり、チフスは止まっているか、または、その経緯をたどって、回復期にある。熱は和らいでいるが、患者は食欲がなく、健康は回復しておらず,横になりたがり,動きたくない。まっすぐ座ると悪化し、仰向けに寝て、厄介な呼吸をし、腕を脇から外転させて横になり、寝床を横切って寝ると、呼吸が楽になり、胸が適切に機能する。非常に疲れ,非常に弱っている。Psorinumの一服で反応が起き、発汗がおさまり、食欲が増し、呼吸がよくなる。

 Psorinumの入り組んだ症状は、レメディーで向上できるが、それは短期間であり、その後、症状は変わり、別のレメディーを選ばねばならない。それは弱い反応の状態である。

 精神面の症状は、ある強い特徴を示す。悲しみ、失望、頭上の雲から、刺す光りが見えない。自分の周りは、すべて暗闇である。自分は仕事に失敗して、貧しい家に移るとか、恩恵の日から離れて、罪を背負うと思う。日中に、固定観念が起き、夜はその夢を見る。圧倒する悲しみ、失意のまま、家族の中で、喜びが見出せない。これらの事は、激しく感じられる。仕事は成功しているのに、まるで貧しい家へ移るかのように感じる。喜びもなく、利益にも気づかない。極めて苛立ち,一人になりたがる。洗いたくない。不安だらけで,自殺さえ考える。自分の病気の回復を、諦めている。

 発疹がないのに夜、継続性の痒みで 絶望に陥る。 布団をはぎ、その後に凍える。布団をかけたら、痒くなる。寒さに敏感であるが,皮膚は、熱で悪化する。まるで、皮膚の中に、虫がいるかのように、まるで、蟻が這って表面を走るかのように、ヒリヒリし,痒く,蟻走感があり、特に、外気中に出ると、すぐに目眩がする、衰弱した人に合う。目が回り、家に帰りたがり、息が切れるのでは、と恐れる。

 老齢者の、慢性周期性の、空腹を伴う頭痛、そして、その空腹感は、頭痛の間中、続く事がよくあり、夜、何か食べたくて、起き上がらなければならない。食べる事によって、頭痛が増す事もある。食べなかったら,頭痛が起きる。激しい血流が頭に流れ込み,顔が熱くなり、汗で髪の毛が濡れ、お腹が空く。1,2、3週間毎に、再発生の頭痛が起きる。頭上を空気が流れる度に,カタルが緩み,頭痛が起きる。風邪をひくと、鼻風邪か、または頭痛が起きる。頭痛は激しく、ズキズキし、まるで、小さい金槌で突かれるかのようで、顔は赤く、熱く、時折の発汗で、頭が鬱血する。冬に、乾燥した咳をする空腹の頭痛。乾燥し、しつこく、激しい咳が出るが,痰はない。咳が消えると,周期性の頭痛が起きる。このように、症状は交互に起きる。頭痛がなくなったら、咳が出るか、あるいは、冬は、痰が頭痛と交互に出る。

 頭皮は冷たく,夏でも、毛皮の帽子をかぶり、頭を覆わないと、悪化する(Sil.)、髪を切って、前部が悪化 (Bell., Glon., Sep.)。Heparもまた、寒さから悪化する。

 冬に、湿疹や乾癬になる。乾燥した寒い気候や、冷たく湿気た気候、冷水で洗って、皿洗いから、湿疹が悪化する。

 「髪が乾燥し、光沢がなく、もつれやすく、互いにひっつき,常に櫛でとかねばならない」。

 慢性の悪臭のある耳漏、べとつき、化膿した,悪臭のある、黄色い分泌液が、耳から出る。臭い肉のような臭いがし、分泌液が出続け、耳の周りや、後ろに、発疹がある。猩紅熱からの分泌液。中耳の膿瘍、中耳炎、鼓膜の破裂、このような膿瘍から、長引く分泌液、悪臭のある分泌液。「頭痛を伴う耳漏がある。薄く、膿があり、腐敗した肉のような、恐ろしい不快臭がし、非常に臭く、化膿しており、茶色で、左耳から不快臭があり、ほぼ4年続いている」。耳漏は、水っぽく、不快臭のある下痢を伴う。耳の中に、ふけがあり、耳の後ろに、湿気たふけがある。

 歯。慢性歯周炎。歯が緩み、歯茎が沈み、海綿状で,血が出やすく、湿気ており、青く,歯が抜ける。舌の周りの潰瘍。嬰児に見られる潰瘍、アフタ、鵝口瘡、潰瘍のある口の痛み、喉の痛み、喉の,慢性化した潰瘍。慢性で分厚くなったり、伸びた口蓋垂。扁桃腺や耳下腺、顎下腺の肥大。それらは硬くなり、触ると感じやすく、風邪をひいてからの腫れ。首の腺が痛む。

  慢性腹部疾患で、便障害を伴う。患者は、柔らかい便を押し出す(Nux moshata., Alumina)。慢性の下痢は恐ろしく臭く、昼夜、頻繁に、便が出る(Sulphur,のよう、最も似ているレメディー)。正常な便を出すまでに、数回トイレに行かねばならない)。

 慢性嘔吐:胃潰瘍、胃の膨張は、関連している事がよくある。いつも、酸っぱいおくびが出る、酸性の胃。喀血や血便。この事は、変な事ではない、というのは、Psorinumは、出血の傾向があるからだ。特に子宮からの出血がある。 あらゆる種類の、月経不調,特に、月経が長引く。流産を経験し、胎盤が出たが、数日毎に、鮮血と血餅が出たり、何日も何週間も、鮮血が少し滲み出たりする。回復する度に、新たに流血が始まる。永遠に、回復する傾向がない。この状態に合うレメディーは2つあり、SulphurとPsorinumである。.弛緩と、準退縮の、顕著な状態。子宮が、普通の大きさに戻らず、このような、出血の傾向がある。無力症の状態。

 「柔らかい便で、排出しにくい」この事を忘れてはいけない。頑固な便秘。直腸からの出血。小児コレラの初期に、便がひどく臭く、消化不良である事がよくあり、嘔吐や長引く衰弱があり、子供自体が、臭い臭いがする。子供が汚く、鼻が沈没し (Ant. t.)、くぼんだ顔つきをしている。Psorinumは、反応を起こさせ,治すか、或いは、たった一つのレメディーが、完全に治癒する状態まで持って来る。それはHeparの酸っぱさではない。洗っても子供は酸っぱいミルクのように、とても酸っぱい臭いがし、おむつも、尿も,便も,汗も酸っぱい。これがHeparの、一般的な強い特徴である。便が、腐った卵のような臭いがし、痰やガスも、同様である。便の臭さはひどいが、Baptほど広がらず、Baptの便ははべとついた粘土状だが、Psorinumの便は、水っぽく,茶色で,ほとばしり、血が混じっているかもしれない。早朝,急を要する慢性の下痢。熱いガスが肛門から出て,腐った卵のような臭いがするのはArn.とStaphである。不随意に、便が夜に出る。(Chinaは黒く水っぽい便が多量に夜と食後に出る)。Psorinumにおいては、Sulphurの急を要するものと、OleanとAloeの腸内ガス、そしてAluminaやChinaやNux moschのように、柔らかい便を排出しにくいものが、見つかる。

 Psorinumの症例の中には、衰弱が起きる事がある。生殖器の虚弱。女性においては、性交を嫌らう事は異常な事ではないが、男性は、性交を嫌がる不調にはあまりならないものだ。だが、男女とも実際嫌悪があったり、楽しめない状態がある。その行いを演じる事ができるが、勃起に至るのも難しくないので、インポテンツではないが、楽しめない。インポテンツは、その後起きる。「勃起しない。その部分はたるみ、活気がない」「セックスを嫌がる。インポテンツ。性交中に射精が欠乏」「前立腺の体液が排尿前に出る」。

 老齢者の慢性尿道炎の膿が、「最後の一滴」に出て、性器はたるんで、冷たく、よく選ばれたレメディーを投与後、白か黄色の膿が出る(Sepia, Sulphur, Alumina, Psorinum.)。生殖器に通常、不快な臭いがある状態であったら、他の何よりもPsorinumが示される。悪臭は、吐き気がするほど臭く、甘い特徴があれば、Thuyaであり、いぼが、包皮を巻き戻す事によって露出し、洗っても、甘い臭いがする。

 Psorinumは、多くの心臓疾患を治癒する。ちょっとした労作で、動悸が起き、横になると改善する。縫われるような痛みは、横になる事で改善する。どちらか一方に、心雑音がする。僧帽弁に雑音がある。リューマチから起きる心膜炎。一般的な弱さ、くすんだ顔、ぼーっとした様相を伴う、心臓の症状。弱く,不規則で速い脈。

 しかし、モダリティを記録しなさい。外気で悪化、きちんと座って悪化、机に向かって座って悪化し、横になって、胸と呼吸器を休めたがる。喘息性呼吸困難は、横になって改善し、腕を体に近づけると悪化する。このような症状は、わずかなレメディーにしか見られず、Psorinumほど顕著でない。

 弱った状態。間欠性の、腸チフスの、風邪からの発熱。患者はとても熱いので、布団の中の手は、蒸し風呂に入っているかのように感じられ、熱気の感覚のため、患者は、後ろにそる。それはBelladonnaの乾燥した熱さでなく、激しい。それは蒸気である。発熱中、ゆだるような汗で、覆われる。頭と体は熱く、布団の中は、熱気か蒸気がある。(Opiumもそうだが、頭への激しい鬱血、卒中の状態における)間欠的に、呼吸が困難になる。家に帰りたがる。弱って疲労困憊し、手と膝を使って、階段を這い上がる。寒気は、それほど目立たないが、熱気は激しく,大汗をかく。 患者は、ほぼ意識朦朧とし、困惑し、うろたえ、質問に答えられない。顔は赤く膨れ斑点がある。「ちょっとした労作から、汗は多量に出て,冷たく、べとつく」。これは、弱って、動けない状態から起きる、別の形である。チフスの後、寝床で寝返りを打ったら、汗をかき、ちょっとした労作の後に、汗をかき、汗は冷たい。寝汗がひどい。布団の中が、ものすごい熱気の場合で、肺結核で寝汗をかき、熱い汗を多量にかき、精神面の状態はまるで放心状態のよう。

 消耗症で、皮膚がしなび、皮膚が汚く、洗ってもきれいにならない。腸から不快臭のある分泌液が出て、ひどく衰弱し、顔の産毛が増え(Nat-mur., Psor., Sulph Calc.)、洗っているのに、ひどく臭く、大食いだが、細い。 強烈な臭いを発する悪臭だったら、Psorinumを考えるといい。

Staphysagria(スタフィサグリア、ヒエンソウ)

 精神面の症状は非常に重要で、心に生じた印象と、心から体に生じた印象は、レメディとしてStaphysagriaに導く。興奮し、怒りに駆り立てられやすいが、滅多に癇癪を起こさず、かき乱され興奮しやすいが、滅多にそれを表す事はない。その病状は、積もりに積もった激怒や、抑圧された怒り、抑圧された感情から発生する症例に合う。抑圧された憤りや、憤慨を伴う怒りから、無口になる。これらの原因から生じた疾患としては、頻尿を伴う刺激を受けやすい膀胱で、抑圧された激怒からや、侮辱を受けてから何日もたっている。「他人にされた事や、自分がした事についてかなり憤慨し、結果について深く悲しむ」。

 ある男性は、自分の部下と知り合いになり、口論になり、口論は侮辱的になり、その男性はその人に背を向けてしまう。彼は帰宅してから苦しむ;その事を口に出さないでコントロールし、その事について苦しむ。眠れない夜が続き、何日も疲れ、神経が衰弱し、何日も何週間も、足し算も引き算もできず、書き間違えたり、言い間違えたりし、膀胱が過敏になり、疝痛などが起きる。目の間の重い感じを伴い、記憶が無くなる;それは頭の中の感じなのか、心の鈍さを表そうとする努力なのか、言い難い。まるで額に木の球があるかのように感じるか、或いは、まるで脳全体が木で作られたかのように感じ、無感覚に感じられる。心の状態なのか、頭の状態なのか述べるのは難しい。この額の中のしこりの感覚に伴い、まるで後頭部全体がへこんでいるように感じる;患者はそれを無感覚な感じとか、感覚を失っていると表現するかもしれない。

 「自慰の後の無関心さや、元気のなさや、心の鈍さ」。このような状態が、性的興奮や自慰、過剰な性交といった、心がセックスに溺れすぎている場合、Staph.がそれを治す。性関係の事を考える。この患者は苛立ち、疲れやすく、非常に興奮し、感情をコントロールせねばならないと、激しく苦しむ。健康状態にある人は、正しい事をしたことを知っており、容易に論争を避けるが、Staph.の患者が、自制せねばならない場合、頭から足まですべての部分が震え、声を失い、労働能力を失い、眠れず、頭痛が後続する。

 唇が青く、手が震え、心臓の辺りや至る所が痛いという男性が、私の事務所に何度も来たのだが、その人は自分はもう死ぬんじゃないか思っている。その男性は口論の事を話し、激怒を押さえつけており、Staph.がその震えを止め、彼を静めた。それがなければその男性は眠れない夜が続き、精神疲労で衰弱し、頭痛が起きていた事だろう。この状態は特に、過剰なセックスに溺れてきた人に属する。

 さて、次の状態だ。感覚はこれと同じく苛ついた状態にあるため、手の指先が過敏になり、耳は音に敏感、舌は味覚に敏感、鼻は悪臭に敏感になり、非常に過敏なため、すべてが痛みを伴って知覚される。小さな炎症部分のどれも、中心の敏感な点や、小さな神経の場所にあり、潰瘍は触られると、患者は自制心を失い、痙攣を起こす恐れがある。

 痔疾部の腫瘍は非常に敏感で、触れない。小さな神経腫瘍が皮膚に形成され、小さいポリープが麦の大きさに成長し、表皮が剥離し、湿気でおおわれ、赤く、炎症し、青く、ほんの少し触っただけで、患者は痙攣を起こし、昼夜苦しむ。イボが特に性器と肛門の辺りにでき、小さい丘が尿道と膣の辺りにでき、非常に敏感なため、もし指ではさんだら、特に女性の患者は痙攣してしまうだろう。

 Staph.は3つのマヤズムすべてに合う。

 このような神経質な状態は、病状すべてに共通している。心全体と神経系が苛立っているStaph.の症例を探すといい。

 Staph.の頭痛は、特にこのように神経質な体質では、後頭部と額に麻痺した鈍い痛みがある。「額に丸い球があるような感覚があり、頭を振ってもしっかりそこに居座っているようだ」。悔しさや憤りから起きる頭痛。

 頭皮に、硬く扁平の発疹がある。「頭皮が痛く敏感で、皮が剥がれ落ち、痒みと、ヒリヒリした痛みを伴い、晩、或いは暖かくなって悪化する」。かさぶたは、水っぽい滲出液で持ち上がり、剥離した表面は、接触に対し、極めて敏感である。

 目蓋や眼球の辺りの腫瘍は、触ると極めて痛い。マイポーム腺性の腫瘍(Con., Thuja)、苛ついた子供の場合(Kreos)。

 Staphの他の特徴は、腺への作用であり、瘰癧になった腺で、首の腺が肥大や、卵巣や前立腺の肥大と硬化、縫われるような痛みや裂けるような痛みは腺のあちこちにある。固さと慢性硬化。

 神経に沿って、また心臓に、縫われるような痛み、裂けるような痛みがあり、そのように神経質な患者において、心は心臓にあるようで、肋間の縫われるような痛みは、心臓にあるように思える。縫われるような痛みは、胸を通して背中まで直接行く。

 水銀の乱用後の扁桃腺の腫れ。慢性扁桃腺炎で、扁桃腺は大きくないが、以前、急性扁桃腺炎になった事から固くなっている;甲状腺腫の体質;不機嫌でイライラする。「痛みは食後に起きる」。

 Staph.の患者は、腸にかなり問題がある。慢性の下痢や便秘になりやすい。腹部に疝痛、単攣縮、裂けるような痛みがある。冷水や食事、憤り、怒りから下痢になり、腐った卵のように、ひどい不快臭のガスを伴う。「弱い病気がちの子供が、怒った後や、罰せられた後、感情の後に、慢性の下痢か赤痢になる」 (Coloc. and Cham.)

 Staph.とColoc.は互いに似ている。飲んでも食べても、ひどい腹痛と便を起こし、まるで、石が詰め込まれているかのような疝痛が起きる; 小腸や頭や前立腺におけるStaph.;小腸と卵巣の疝痛;どちらも怒りで悪化する。Caust、CoIoc.、Staph.は、Sulph、Calc.、Lycのようにお互いに後続する。

 神経質な女性が、結婚後すぐ痛みを伴う頻尿になり、極めて厄介な事になり、何日もそれが続く事がよくある。Staphが、新妻を非常に楽にする。終夜続く血尿は、ひどく苛立ち、裂けるように痛い;不随意に尿が出て、刺激性で腐食性、燃焼を伴い、動きで悪化する。薄い尿が多量に出て、燃えるようにヒリヒリし、駆り立てられる。排尿中、排尿後に、燃焼しヒリヒリする。

 Staph.は特に老齢の男性における頻尿で、漏れてイライラし続ける事を伴う、肥大化した前立腺を治している。「頻尿で、尿が少ししか出ないか、雫が出るだけで、まるで膀胱が、完全に空になっていないかのような感覚が、後続するかもしれない」。

 男性生殖器の最も痛ましい症状は、興奮しやすさであるが、インポテンスや、生殖器官のひどい衰弱も起きる;性欲は大いに増すが、性交不能である。自慰を長期間してきた結果に有用。。「射精後に、無念さや屈辱感、疲労、呼吸困難が続く。自慰または過剰なセックスの結果、記憶の喪失、心気症、寡黙、顔がやせこけ、困惑した顔つき、夢精、腰痛、しまりのない臓器、体温の欠乏、風邪をひきやすく、深くくぼんだ赤く光のない目、抜け毛;前立腺液の喪失と性欲の欠乏;睾丸に鈍く傷ついた痛みがあり、陰嚢が官能的に痒く、睾丸が萎縮」。極めて神経質な患者を思い浮かべるといい。

 性器の辺りに、乾燥した過敏なイボがあり、それは、淋病、或いは水銀の乱用から発生し、それでイボができやすい傾向になる。非常に赤く、不快なイボは、Thujaに属する。

 睾丸は、炎症を起こし、腫れると同様に、だんだん小さくなり、生殖器が衰える。

 まるで、虫が這ってるかのような感覚。女性外部生殖器に、何かが這うなどの感覚は、Coff., Plat., Petrol., Apis, Tarent. hisp,にある。外部は、まるで虫が咬んでいたり、這っていたりするように感じる一方、熱や冷たさで改善する。

 女性では、激しい性的興奮があり、過剰な心身の印象を伴う色情狂;心がセックスの事ばかり考えすぎる。「非常に鋭い激痛が、卵巣に起き、触ると絶妙に痛く、痛みは脚部と股に沿って広がる。

 生理は不順、遅延、多量、欠乏している時もある;始めは、薄い血が出て、後で暗い色になり、血餅がある。壊血病の体質で、膣のイボ、外陰がチクチクし、痒い」。

 心臓部に、縫われるような痛みがあり、神経の興奮を伴う、体の震えは、Staphのすばらしい兆候である。

 血液の喪失からの結果、外科手術からの結果、鋭い物でケガをして、切り込んだ傷。外科的な傷や切り傷における、刺すような痛みなど、内視鏡的結石摘出術の後、頻便、良心のとがめ、飲酒で悪化する。

 手の上に湿疹ができ、痒く、晩掻いた後に、燃えるように痛い;指先のしびれ;指に関節炎節ができる。痛風の結節ができていた患者を覚えている;その人は、特別な禁欲生活を送っており、売春に浸り、体を壊していた。Staph.はズボンのように見える、膝の高さの脚全体に発疹を生じさせた。それが減少するまで、外殻に1年間ずっと覆われた。しかし、この人の体は、どんどんよくなり、大きくなった関節も、徐々によくなった。発疹は黄色く、外皮が固くなり、しぶとく、レザーのようで、湿気た下部に持ち上げられた時、包帯のように切り取らねばなrなかった; この人は事実上、身体障害者であった;欠け落ちた部分に、新しい群れが出現した。外殻で切れるため、歩きにくかった。

 骨の疾患、外骨腫、骨膜炎。断食か衰弱した人の、急性関節性リューマチ炎で、痛みが移動する。水銀骨疾患。潰瘍、カリエス、鋭い道具で切って起きたケガ。夜骨が痛む (Asa f., Merc., Sil.)。

Silicea (シリカ、二酸化ケイ素)

 Silicaの作用は遅い。プルービングでは、症状が発展するのに時間がかかる。それゆえ、ゆっくり現れる病気に適してい る。毎年、ある特定の時、ある特定の環境下で、特別な症状が現れる。その症状は、プルーバーの生命のバランスを保ち、 プルーバーと共存しているかもしれない。このように、長く作用し、深く働くレメディである;それは生命状態の中に完全に入れるので、遺伝障害が探り出される。Silicaの患者は、寒がりだ;症状が、寒く湿った天候で現われるが、寒く乾燥した天候で、よくなる事が多い;症状が入浴後に現れる。  

 精神状態は特別である。患者はスタミナに欠ける。畑の穀物の茎にあるケイ素は、人間の心にもある。穀物の茎の外を覆っている、つやつやした硬い部分をとって調べると、その硬さで穀物の頭部が熟すまで、そこを守っているのがわかる;そこにスタミナを与えるケイ素の、段階を経た蓄積がある。心についても同様だ;心がSilicaを必要とする場合、 それは弱さ、恥ずかしさ、恐れ、従順さの状態にある。立派な牧師や弁護士、または、大衆の面前で、自信たっぷりに映る事に慣れ、考えも話しもきちんとして、しっかりしている人に、 心の状態を描いてもらうと、人前に出ると怖くなり、自我を感じ、話題に入れず、怖くなり、失敗する のではと怖くなり、頭が働かず、長期にわたる頭脳労働を一生懸命するとへとへとになる、と述べるだろう。 だが、自分を強いて戦いに入いると、容易に進む事ができ、いつもの自制心が戻って来て、うまく行く、と言うだろう;機敏で充実で正確に、自分の仕事をする。特別なSilicaの状態は、失敗への恐れに見られる。患者は、いつもと違った頭脳労働をする場合、失敗するんじゃないかと恐れるのだがうまくできる。これは初期段階である;もちろん、正確にその仕事を行なう事ができない時もあるが、それでも、その患者にはSilicaが必要だろう。

 別のケースでは、何年も勉強して来て、今現在、ほぼそのコースを終えようとしている若者を描く。最終試験を恐れるが、ちゃんと合格し、その後疲労が患者を襲い、何年も働く事ができない。何をする時もこの恐怖が来る。

喚起されると、イライラし、短気になる;一人だと、臆病で内気で、何でも回避する;穏やかで優しく涙もろ い女性。 Silicaの子供は、不機嫌で、話しかけられると泣く。それはPulsに非常に似ているため、当然Pulsの補足で慢性状態となる;より深く、より深遠なレメディである。宗教的な憂鬱さ、悲しみ、苛つき、落胆。Lyc.は、愚かで無能で、一般的な知識のため、何かを行なう事を怖がる。Silicaでは、それは空想的だ。

 Silicaは、仕事の精神衰弱から来る、苛ついた神経疲労には適さないが、専門家や学生、弁護士、牧師に起きる精神衰弱に適する。弁護士が「ジョン・ドウ事件以来、自分らしくないんだ」と言う。長引く努力と 眠れない夜を過ごして来 た。Silica は脳を復活させる。

 このレメディは、いかなる線維の病巣の周りにも炎症を作り出し、膿を出させる。不活発な体質に働き、昔、はまったミサイ ルの周りの、線維付着物に炎症を起こさせる。栄養を取り込むのが遅い;ある人は軽いケガ をすると、化膿し瘢痕が硬くなり、固い塊になる。栄養不足で吸収が遅いため、ナイフの切り傷後にそって 線維の塊ができる。古い潰瘍が硬化を伴って癒える。瘢痕組織ができた所は、硬くテカテカし滑らかだ。そのようなケースにSilica を与えたら、その瘢痕組織内に膿瘍ができ、それを外に出す。古い潰瘍を開き、普通の瘢痕として癒す。

 普通は、もしトゲが組織に刺さったら、膿がそれを抜き落とすが、このような虚弱体質では、プラスチックの付着物がその周りに起き、居座る。これは最高の状態ではない。弾丸の周りに膿が起き、それを押し出す、 それが求められえる最善の状態である。

 それゆえ、Silicaは腫れとおできの形成を早める。それは古い皮脂膿疱や、硬化した腫瘍を化膿して押し出す。再発性子宮筋腫と古く硬化した腫瘍を治している。

 肺に、結核の付着物があった場合、Silicaはあらゆる炎症を起こし、それを押し出すし、もし肺全体が結核で あったならば、結果的に、一般的な化膿性肺炎になるだろう;それゆえ、このようなレメディを与える危険性や 進んだ段階の瘻孔で、それをリピートする危険性がある。Silicaだけでなく他の多くのレメディも、栄養不足の結果、化膿させて付着物を押し出す力がある。

 皮膚にイボや湿った発疹、ニキビ、吹き出物、腫れ物ができる。化膿した腔。硬化した縁がある古い瘻孔を治癒する。 カタル性の化膿;目や鼻、耳、胸、膣などから、多量の粘液膿が分泌される。

 分泌物を抑圧した事や、汗を抑圧した事からの疾患。このような抑圧は、有機組織に、ほとんど秩序が残っていない恐れがある状態を作り出す。不快臭のある足の汗が、足が濡れた後に消えてから、寒気と激ししい不調が起きる。 症状が合い、足の発汗の抑圧以来続いていた疾患であれば、Silica は長く続く足の発汗を治す。べとつく黄色いカタル の分泌。「もう何年もこの分泌がある」と患者は言い、調べてみると、 足の発汗を抑圧した何かショックや寒さがあ り、それ以来汗が出ていない事がわかる。Silicaは消えていた 汗とカタル性の分泌液を戻し、やがて足の発汗を治す。鼻や他所からのカタル性分泌液、硬化、腫瘍、 慢性胃炎、精神衰弱はすべて、足の発汗や耳漏、或いは瘻孔の治癒から起きる。

 吐き気や、嘔吐さえ伴う、むかつく慢性の頭痛。朝に後頭部で始まるか、或いは正午前に額に向かい、夜になるに従って悪化し、音で悪 化する頭痛;熱から改善;眼窩の上の神経痛;圧迫と熱から改善し、頭に多量の汗をかく。額に冷たくベトベトする不快臭の ある汗をかく。Silicaの患者が、無理に顔に汗をかかせても、下半身は乾燥しているか、大部分乾燥している。一般的な発汗に大きな努力がいる。顕著な特徴は、上半身と頭に発汗する 事である。 1週間に1度の頭痛 (Gets., Lyc., Sang., Sulph.)。頭痛はうなじを通って上がって来て、特に頭の右側に来る。Sang. と似ている。まるで後ろに引かれるように 後頭部に重みがあり、頭に血液が押し寄せる感じを伴い、Carbo veg.やSepiaのようである。頭痛は冷たい空気から悪 化する。Psor.は夏でも毛皮の帽子をかぶる。Magn. mur. は頭を覆う事で改善するが、それでも空気にさらされたが る。Rhus は体に汗をかくが、頭は乾燥している。Puls.は頭の片側に汗をかく。

 目眩、気絶;吐き気を伴う;背骨を這い上がって、頭まで来る目眩。

 Silica患者にとって特に必要な事は、冷気を避ける事で、頭をよく覆わねばならず、特に痛い部分はそうで、その部分は多量に汗をかく。

 「頭痛は、頭の使いすぎからや、勉強しすぎ、音、動き、足音さえ、光、かがむ事、便を押し出す事、話し、冷気、 接触から悪化する」

 頭皮上の、湿気たうろこ状の発疹、頭の湿疹。

 Silicaは、梅毒における浸食性潰瘍、頭皮が浸食して広がる潰瘍に適する。頭皮と頭蓋の間に、炎症が起き、腫瘍が形成され、半凝固した液体で満たされる;特に嬰児におけるもの。血腫を取り除く。新生児頭血腫、外軟骨症。Silicaは特に軟骨疾患や、手足の指の関節の成長疾患の治療に役立つ。

 Silicaの病状は、硬化した腺と関連するが、特に首、首、唾液腺、特に耳下腺、大きく硬い耳下腺に関連する。風邪をひく度に、耳下腺が大きくなり、硬くなる(Bar. carb., Calc., Sulph,)。

 Puls.は、耳下腺の急性炎症には合うが、Silicaは、乾癬の「腺病」に起因する、更に慢性の形に示される。

 目の多くの炎症や状態。角膜の潰瘍;目蓋の吹き出物、まつ毛が抜ける、目蓋が燃えるような痛み、刺すような痛み、赤味を伴い、目蓋の縁が化膿する。目の病状全体に、激しい光恐怖症がある。目の痛みを伴う瘰癧のケースは、最も長く患った慢性のケースで、化膿し、薄く水っぽい多量の分泌液、或いは血の混じった、べとついた、黄色い膿のような分泌で、潰瘍を伴う。梅毒性虹彩炎。「角膜上の穴が開いているか、或いは脱皮した潰瘍。角膜上の傷と瘢痕。ヘマトデス真菌。衝撃的な原因から、炎症を起こした目;異質な物が目に入った;目や目蓋の周りにできた、腫れやできもの、足根腫瘍、ものもらい。疾患が、目の角に現れる;瘻孔涙;涙管の狭窄」。 これらは Silica における、目の疾患の一般的な概観である。

 症状が合えば、結核の傾向を根絶するのに、Silicaほど深いレメディはない;ほとんどの結核の症例は、寒く湿った気候から悪化し、寒く乾燥した気候から改善する。

 耳のカタルの最も根深いケース;古く、不快臭のある、べとついた、黄色い耳漏;猩紅熱の後;聴覚にあらゆる種類の異常があり、聴覚喪失さえある。多くの疾患と難聴に伴い、耳の中で轟きや、シューッという音、 蒸気のように轟く音がする; それは車が連なっているかのようで、多くの場合は構造的原因で、その他には神経が原因の事もある。それは中耳のカタルの始まりである事が多い;このレメディは、中耳とエウスタキオ管のカタルにおいて特に有用で、聞こえない状態がしば らく続き、どこか体液の蓄積が漏れ出すためピシッと聴覚が戻り、患者はピシッとか爆発音と表現する。耳の中で突然 機関砲のような爆発音がし、遠くの音と共に聴覚が戻る。「耳漏は不快臭で水っぽく、凝乳状で、鼻の中の痛みと、上唇 のかさぶたを伴う、水銀の乱用後、カリエスを伴う」。体のどの部分でも骨にカリエスがあるが、特に耳、鼻、乳様突 起の小さい骨にカリエスがある。「耳の後ろのかさぶた」。耳の鼓膜の破裂、内耳とエウスタキオ管がカタルの状態で 「耳の中が突然止まる 感じがし、口を大きく開けるか呑み込むとよくなる」。

 特に耳の問題においては、硬化した耳下腺と関連があるだろう。

 鼻に固い鼻糞がたまり、臭覚がなくなり、鼻血や粘液の塊の匂いがする;鼻から出る骨の分泌を伴う、ひどく不快なカタル。 ひどい悪臭がする臭鼻症、鼻の骨が壊れた所の梅毒のケース、そして鼻がたるんだ袋状にな り、沈没するか、腐ってな くなり、開いたままになる。Silicaはそれを治し、その後、人工の鼻をつける。

 その部分が浸食性である、梅毒性鼻カタルにおいては、HeparはSilicaと競い合う;HeparやMerc. cor. やArs. は鼻に浸食性潰瘍がある場合における、主要な抗梅毒剤である。赤ん坊が鼻血に苦しむ。これはCalc. sulである事が 多い。

 Silicaの顔の様子は、絹のように光沢があり、貧血状態で、蝋のように見え、疲れている。顔中に、膿疱や小さい水疱の発疹が広がり、小鼻はひび割れており、唇にヒビが入りやすい;粘膜と皮膚の間の縁から、堅い外皮; 発疹 と堅い外皮、外皮下に硬化が起き、患者はそれを剥がすので治らない。この硬化は紅斑性狼瘡や石灰化上皮腫の下に見られる、組織形成初期や、湿潤を好む、初期状態の湿疹内部組織と同種である。小さな血管は軟骨質になるまでどんどん分厚くなる。軟組織を固くし、硬組織を固くする傾向がある。

 小児期に骨が柔らかくなり、壊疽になってしまったり、或いは骨膜炎になったり、結果的に壊疽になったりする。長骨の骨幹や骨端、 軟骨部のカリエス;軟骨の腫瘍、内軟骨腫。骨が壊れ、開いた瘻孔を形成する。顎や関節、股関節、脛骨の壊疽、背骨の壊疽、脊椎の壊疽、そのため背骨が曲がり、特に横へ曲がる。ホメオパスは付属装置やサポートの助けを借りて、このような骨の疾患を取り扱うだろう。

 Silicaの患者は唇はざらざらし、ひび割れて、皮が剥け、亀裂が入っている。唇の縁がうろこ状に見え、唇の端に、固くなった割れ目がある。表皮が堅くなった縁のあたりに、割れ目が連なってある事がよくある。小鼻の上に、上皮腫のような小さな堅い表皮があり、もぎ取ると、皮が剥けた表面を残し、治る傾向はない。耳に堅くなった表皮を形成す る。

 歯が壊れ、表面のエナメルがなくなる;象牙質が、石灰のケイ酸塩を大きく作り上げ、歯の表面がざらざらになり、その輝きをなくし、カリエスができる。この事は歯茎の縁によく起きる;潰瘍が犬歯の先にできる。 寒く湿気がある時、歯は苦しむ;湿気た気候で歯が痛み、歯は黄色く、すぐ虫歯になり、歯茎は歯から離れる。神経痛や歯痛はすべて、暖かい部屋や、熱い飲み物でよくなる。歯茎や顔のあたりの膿瘍は、暖かさで改善 する。顎に深刻な痛みがあり、夜、引き裂くように、或いは裂けるように痛く、熱から改善する;この痛みは、歯の周りの膿瘍の末期に終わる事がよくある。その部分が、炎症から過剰に痛くなければ、圧迫により楽になる事がある。

 舌には、痛風の特徴がある炎症をとる;口全体が、膿瘍の恐れを伴う炎症を起こす;引き裂くように、或いは裂けるように痛く、夜悪化し、熱から改善する。

 喉と首に、炎症と、内外すべての腺の腫れが起き、すべて同時に起きるか、或いは単独に起きる。扁桃腺の片方、もしくは両方に、ひどい痛みを伴う扁桃周囲膿瘍;化膿の恐れがある。 耳下腺、舌下腺に炎症が起きるが、顎下腺と頸腺においては、ずっと少ない;急性の炎症でさえ、痛く腫れて固くなり、首と肩と頭の痛みを伴う。しかしまた、反対の疾患の状態がある。苦しみを伴う、衰弱した老齢者の、慢性の症例において、症状は入浴後に悪化し、患者は暖かさを欲し、寒さを恐 れ、いつも震えている。しかし首に急性の炎症が起きる場合、まさに反対の事が存在する;突然の熱で苦しみ、不規則で突然の熱が起き、手足は冷たいが、上半身は熱く、頭と首のあたりに汗をかき、熱の感覚があり、暖かい部屋で窒息感がある。もし急性だったら、この事は扁桃周囲膿瘍と、首の腺の膿瘍に示される。ここでのSilicaはPulsとの関係を示 す。その慢性の兆候において後者は、熱で暑過ぎるが、急性疾患では凍えている。それらは急性と慢性で逆になる。 Pulsは始めは寒気がして汗をかく。

 Silica は喉の症状で溢れているが、滅多に急性の形で示されない、というのは進度が低すぎるからだ;一 連の風邪の後で それが来るが、そのような風邪は、Bell.か、他の急性のレメディを何回か投与したら、改善するが、まだ扁桃腺や首の腺に居続ける。Silicaはその傾向を断ち切る。風邪をひく度に立ち上がって、流れを増やす喉のカタル状態が起き、声枯れを伴い、再び慢性状態に戻ってしまう;咽頭の慢性カタル。根深い喉の痛みにおいてNatrum murと競い合う。

 Silicaは胃をかき乱し、しゃっくりを起こし、吐き気と嘔吐は肝臓を乱す。これらすべての症状はつながっており、分離しにくい。確固として暖かい食べ物を嫌い、冷たい物を欲っし、お茶は適度に冷たいものを飲み、冷たい食べ物を食べたがり、暖かい食べ物を嫌う。確固と肉を嫌う事もあるが、もしそれを食べるならば、冷たく、スライスした肉を好む。 アイスクリーム、氷水が好きで、お腹に入れた時気持ちよく感じる;患者は熱い液体を飲めない事があり、熱い飲み物を飲むと、顔や頭に汗をかき、突然暑くなる(Bar. c.)

 Silicaは、すぐ、極端な熱や寒さで乱され、たった2~3度の変化ですぐ影響を受ける;熱くなり過ぎから病気になる;熱くな りやすい、気温のちょっとした変化で、すぐ汗をかいて風邪をひく。

 症例;産婦人科の症例を診ていたある治療家が、最後の段階で少し困難があり、加熱した状態になった; 冷やすためにコートを着てベランダに出て、喘息で倒れ、激しい咳と吐き気と嘔吐を伴う多量の痰が出て、 それが何ヶ月も続いた。その人がとった急性の薬では、緩和しただけだったが、Silicaの一回の投薬で、飲むとすぐに治った;暖かい部屋に我慢できない;Silicaの急性病状は、暖かい部屋や熱から悪化する事が多い。

 Silicaは、ミルクからの悪化がある。赤ん坊がどんな種類のミルクも飲めないことが多く、そのため医者が正しいレメディがわからなかったら、市場にある、あらゆる食べ物を処方するよう追い込まれる。Natrum carb.とSilicaは、どちらも母乳が下痢や嘔吐 を引き起こす場合に役立つ。型にはまった人は、Silicaを全く忘れ、Aethusaのような薬を好んで与える。後者は Natrum carb同様、酸っぱい嘔吐と便に酸性の凝乳がある。「母乳を嫌って吐く」「ミルクから下痢を起こす」この両者を合わせる。

 患者は暖かい料理を嫌い、冷たい物を食べたがるけれども、冷水やアイスクリーム、一般的な冷たい物で、胸部に不調が起 き、吐くような咳が増し、吐き気がひどくなり、激しく吐くような咳が出る。痰を吐こうとしてから起きる吐き気は、普通 Carbo veg.で制御されるが、Silicaも同様である。

 「胸焼け、茶色い舌を伴う;吐き気、飲んだ物を吐く、朝に悪化;水がおいしくない;飲んだ後に吐く」。

 Silicaの胃は弱く、何もしない状態;長期間、嘔吐している老齢者の消化不良 、特に熱い料理を嫌う人、ミルクを飲めない人、肉が嫌いな人、精神面の症状と身体面の症状が合う場合。

 Silicaは、南北戦争の兵士の、慢性下痢に対するすばらしいレメディの一つだった。湿った土の上で寝る事からや、胃腸が力を失うまで、ありとあらゆる物を食べる事から、長い徒歩から、寒い北から南に移動する事から、熱い事から病気になった、かなりの割合の人々を治した。このような症状は、Sulphurのようでもある。

 Silicaは、胃腸に痛みがあるが、どちらかというと圧迫するとうずく痛みが起きる;疝痛や鼓腸、圧痛;胃に慢性のうずきがあり、かなり長く続き、結核状態になる。異常な痛みが、熱によって楽になる;ガスとゴロゴロ鳴る音を伴う、腸の膨張。子供と大人の肥大化した腹(Bar. c.);締め付けた感じが腹を横切る。服の締め付けが耐えられず、食後悪化する; 確固とした特徴は、熱で改善する事だ。

 直腸が便を押し出す事ができない事から、便秘になる。Aluminaのように、せき立てられる事はなく、直腸に便が横たわる事は滅多にない;非常にせき立てられるが、排出できない。便は小さなボールか、大きく柔らかいか、大きく固いが、更に多くのいきみと、頭の周りの発汗と、いきみの間にひどい苦しみがある;直腸は詰まり、 患者は弱り疲労困憊になるまでいきみ、便が後戻りする;そして失望してあきらめる。ほっとする唯一の方法は、器材の手段による事である。排便時のひどいいきみは、多くのレメディに属するが、特に Alumina, Alumen, China, Natr. mur., Nux vom., Nux mosch., Silicaに属する。

 症状が合えば、Silicaはサナダムシを除去する(Calc., Sulf.)。

 また瘻孔の開きも治している。肺結核の傾向がある患者は、直腸部のあたりに膿瘍を作る傾向があり、内外を破壊し、完全または不完全な開口部を形成する。 さもなければやって来る物に取って代わるようであり、手術や他の外的手段によって治った場合、その傾向は、胸部疾患か、固定したカタルか、結核浸潤の形に終わる傾向がある。Silicaは便秘を常態に戻すレメディの一つであり、 1~5年内に、開口部を必要状態に消し、治す。手術で一度に治り、患者はしばらくの間快適であるが、数年後に調子が 悪くなる。

 Caust.やBerb., Calc. c., Calc. phos., Graph., Sulph.などはそのようなケースに適している。ここでのSilicaはThujaにうまく後続する。

 尿道内の化膿の状態、粘膜のカタル;尿に膿や血液を伴う老齢者の膀胱の癖になったカタル;尿の中に多量の糸状の沈殿物。前立腺炎、化膿、尿道から、べとついた悪臭の悪臭を放つ膿。淋病、尿道から膿、または 膿のような分泌物、わず かな細かく刻まれた分泌、血が混じった、化膿した分泌。それはべとつく事もあれ ば凝乳状の時もある; いかなる粘膜からでも。

 ペニスに沿って、会陰や前立腺や睾丸に膿瘍。

 非常に痛みを伴う睾丸の、慢性の炎症または硬化; 睾丸は、まるでつぶされるかのように感じられ、 敏感で痛い。少年や大人の水瘤。

 男性に関しては、インポテンツ、性交後の性器の衰弱、疲れやすい、力がない;一般的な頻度で性交を行なった場合、疲れる;休息に1週間~10日かかる(Agar.)。疲労を伴い性器に大汗をかき、背骨がくたびれ、 背中が弱る。

 夜に失禁;小さい男の子や女の子の夜尿症。 女性に関しては、生殖機能の疲れ切った状態。膣にひどい嚢腫、外陰のあたりに瘻孔や膿瘍、それは固い結節を伴って治るか、全く治らない;小さいにじみ出る瘻孔は不快臭があり、チーズのような分泌がある。小さい結節は治り、同じ病 巣にまた発生する。女性はこのような膿瘍にかかりやすい。

 月経と月経の間に、血液の分泌がある。Silicaでは、子宮から非常にたやすく出血しやすい;興奮から、月経前に出血、特に授乳期間;子供を胸に置くと、出血が始まる。Calc.とSilicaの違いに気づきなさい。Calc.は授乳期間中に出血する傾向がある が、子供を胸に置いた時ではない。  

Silicaは、多量の水っぽい分泌液を伴う、卵管留水腫や卵管留膿腫を治す。子宮の片側か反対側に、しこりがある事があり、 それは徐々に大きくなり、水っぽく血の混じった膿の液体が、すべて一度にドッと流れ出し、しこりが消えるが、すぐにまた一杯になり、あふれる流れで、同様に空になる。それは、卵管留水腫や卵管留膿腫の兆候である。

 何ヶ月も全く月経がない;無月経。

 豆やミカンと同じくらいの大きさの、深刻な膿疱が膣にあり、膣から突き出るか、上に向かって突き出 て、それと共に、均整の取れた配置で平らになっている。多くの小さな膿疱が、ペカンナッツのように群れになっている。他の症状が少しあっても、Rhod.とSilicaはこれを治している。

 「 帯下は、多量で刺激性、腐食性、乳状、ヘソの周りを切った事から起きる、咬まれるような痛みを引き起こす、特に酸性の食べ物の後で;放尿中;噴出中;子宮ガンを伴う。乳腺に固いしこり」。

 胸の膿瘍の恐れがある。タイミングよくレメディが投与されれば、問題をすべて未然に止めるだろう。レメディが遅すぎ、 化膿が避けられなければ、Silicaがその役割のためにやって来る。脈打ち、圧痛、重みがあるかもしれないが、 レメディが痛みを制御し、結果を早め、開口部は自然に現われ、分泌が少し出て、すぐに閉まる。鎮痛剤をとってすぐ、温湿布をあてると、薬は機能しないだろう。その部分に、あまりにも多くの血液があり、鎮痛剤をとる事で問題が 大きくなる;それは、その部分に血液測定を増加させ、化膿が起これば、更に多くの組織破壊を起こさせる。少量の膿の代わりに、山盛りになる日々がやって来て、腺の半分が破壊される。

 非常に弱く流産しやすい女性、或いは受胎が起きない女性。臓器が疲れ切っていて、その機能を発揮できないように見えるだろう。

 嬰児には、多くの問題がある。成長過程で病気がち;母乳や、他のいかなる代替品にも耐えられないで、嘔吐と下痢を起こす。健康な子供は不健康なミルクさえ消化する。

 Silicaの咳は危険だ;肺が広範囲に含まれていな場合、このレメディは肺結核の初期に合う;症状が合えば、カタル性特質の咳に合う。治りそうもない小さな膿瘍が肺にある場合、Silicaはそれを修正し、壁の収縮を起こす。 喘息性のゼーゼーというあえぎと、過度の運動に伴う、胸のカタルの根深いケース。頑張りすぎたり、暑くなった後に、風に当たったり、入浴から風邪をひき、寒気がする。

 湿気た喘息で、粗く、ガラガラという音がし、胸は粘液で満ちているようで、窒息するかのように思え る。特に老齢者の淋病の喘息、或いは淋病の両親の子供の喘息。そのようなケースはNat. sul.で完治する。患者は青白く、蝋のようで、貧血症で、ひどい疲労と喉の渇きを伴う。

 ほとんどは、淋病のような、圧迫された淋病からきるた喘息の発作で、過労や加熱から病状が進みやすい事を伴う。

 声枯れを伴う、乾燥した、裂けるような痛みのある咳で、喉頭結核の恐れがあり、特に喉頭粘膜の厚みから、結核を巻き込んだかすれ声;粟粒結核の恐れがある、胸のうずきで、冷たいものから悪化し、暖かい飲み物で改善する。 石切り工の肺病。細かい埃が、慢性の刺激状態を引き起こす。Silicaは膿を作り出し、このような石の粒子を 放出する。

 痰が多く、腐ったよう、緑色で、化膿している;日中のみ粘着性、乳状、強烈な粘液、青白いものもあ り、泡のような血液。

 風邪が胸に居座り、喘息の症状になる慢性的な傾向がある。慢性気管支炎;化膿を伴う肺の炎症。Silicaは特に、肺炎の末期や、老齢者の肺炎に後続する慢性疾患に適する。

 肺炎の後、ゆっくりと回復する(Lyc., Sulph., Phos., Sil., Calc.)。ほてりと胸にガラガラという音がする。日中に顔がほ てり (Sulph., Sep., Lach.)、Ant. tart.のようにガラガラ音がし、Sulph.や Lyc.のようにほてる。

  瘻孔;べとつき、黄色、緑色、悪臭のある唾液、Calcよりもっと寒さを訴える、頭の汗、肺の痛み、肺のうずき、縫われるような痛み。

 手足に骨膜炎。魚の目(Ant. cr., Graph.)。 巻き爪。足の裏のリューマチ。歩けない(Ant. cr., Med., Ruta, Sil.)。

 眠りにつくとすぐに、汗をかき始める(Puls., Con.)。 てんかん;太陽神経叢のオーラが、胸と胃に入り込む。 Calc., Puls., and Thujaを補完する。