タッチフォーヘルス

 1970年アメリカのカイロプラクティック医師であるジョン・シー博士が、彼の師であるG.グッドハート博士が体系化したアプライド・キネシオロジーを家庭で使用できるように、と体系化されたのが、タッチフォーヘルスです。

 筋肉反射テスト、カイロプラクティック、オステオパシー、中医学、心理学、栄養学を融合させた安全な健康法で、この素晴らしい健康法はあっという間に、世界中に広がりました。日本にもかなり多くのインストラクターがいます。

 タッチフォーヘルスというものは、かなりの広範囲に及んだテクニックをわかりやすく体系化してあり、1回ではなかなか理解しきれないし、使い切れないほどの、素晴らしいテクニックが盛り込まれています。何度か再受講することで理解が深まることでしょう。

 何度も練習してほしいというのが、故ジョン•シー博士の御意志ですが、私は海外に住むため、日本へ練習に戻ることもままならず、思い切って、スイスやドイツのコースに参加しました。また、田仲真治さんのオンラインコースは、メタファを中心にした深い理解が盛り込まれていて、大変勉強になりました。

 タッチフォーヘルスは、リンパポイントや経絡等のマッサージ等の調整法が主なので、オンラインセッションでも一部を除き、ほとんどの動きやマッサージするポイントをお見せすることができます。

全部タッチフォーヘルス1のテキストです。左から日本、ドイツ、スイス。