What is Brain Update_

Brain Update has been created by Japanese kinesiologist Shinji Tanaka.
He is one of Japan’s leading therapists
who teaches how to live itself, and his passionate spirit is palpable.

As a human being who has been born,
he uses Kinesiology to focus on how to live on one’s own axis,
not on the axis of others,
how to find answers within oneself,
not on the fault of others,
and how to live with aspirations toward one’s destiny.

Brain Update (BU) Lift-Up Therapy is not a cosmetic facelift.
It is a therapy for releasing stress from the mind while pulling up the face.
Then your inner beauty will appear on your face.

Since the muscles of the face are close to the brain,
they influence the brain and are also influenced by the brain.

The frequency of BU tuning forks can tune
the five elements (wood, fire, earth, metal, and water)
in your mind and body,
from the noise to peace.

Negativity creates positivity.
The mind largely determines its direction.
With the help of the frequencies of the BU tuning fork,
It can neutralize the mind and help you to shift to natural aspect of your life.

What is HSK Kinesiology?

HSK Kinesiology is a kinesiology developed by Dr. Honma, who runs an osteopathic clinic in Los Angeles.

HSK Kinesiology has been developed by Dr. Honma,
a doctor who runs an osteopathic clinic in Los Angeles,
based on his many years of experience as a doctor.

HSK stands for Health Support Kinesiology.
Knowledge is important, but it is also important to experience kinesiology itself.

From this point of view,
he has created a method of kinesiology called Cafe Kinesiology,
which can be done easily in a cafe, and allows you to experience the “first step”.

Created in collaboration with Ms.Yukari Hoshi,
an acupuncturist living in Nagano (Japan),
you can smell the aromas that match the meridians on your hands,
check your finger muscles for reactions,
and your notice changes yourself.

In addition,
natural aromas of 14 meridians and chakras.
will help you to release your inner self.

Sulphur (ソーファー/硫黄) ②  

Sulphurの患者は、目眩を伴う問題が、かなりある。外気中に出たり、長い間立っていると、目眩が起きる。朝起きがけに、頭が鈍く、立ち上がると目眩がする。

鈍い感じがして疲れ、寝ても休まらず「目が回る」。バランスをとるのにしばらく時間がかかる。睡眠後、集中するのに時間がかかる。ここに、眠りからの悪化rや、立つ事からの悪化が見られる。

頭は、多くの症状を備えている。

Sulphurの患者は、周期的にむかつくような頭痛が起きやすい;鬱血性の頭痛、吐き気や嘔吐を伴い、昏睡状態を伴う大きな鬱血の感覚。週に1回または2週間に1回、ひどい頭痛が起こり、特徴的な7日間の悪化が見られる。

働き盛りの男性の日曜日に来る頭痛のほとんどは、Sulphurで治る。これは解る。日曜日は唯一仕事をしない日で、朝は遅くまで寝ていて、頭全体を含む頭痛と共に起き、ダルさと鬱血を伴う。多忙さと活動のため、平日は頭痛が起こらない。

また、7~10日ごとに周期的な頭痛があり、吐き気や胆汁の嘔吐を伴う人もいる。また、2~3日続く頭痛がある;うっ血性の頭痛。嘔吐を伴わない吐き気を伴う頭痛や、胆汁の嘔吐を伴う頭痛がある。頭痛は前かがみになると悪化するが、一般的には暖かい部屋で改善する;光で悪化するため、目を閉じて暗い部屋に入りたがる;振動や、食後に悪化する。

頭全体が敏感で、目が赤くなり、しばしば涙が出て、吐き気や嘔吐を伴う。頭頂内部のひどい熱に常に悩まされている人で、時々起きる頭痛がある。頭の頂が熱くて、燃えるようなので、冷湿布を頭頂に当てたがる。このような熱が伴う頭痛は、冷やすと改善することが多いが、それ以外では、暖かい部屋で頭は楽になる。

頭がバカになったような感じがして、時々考えられなくなる。動く度に悪化し、飲食後に悪化し、冷たい飲み物を胃に入れると悪化し、温かい飲み物を飲むと良くなる。頭痛がある時は、顔が腫れあがる;真っ赤な顔になる。赤ら顔で、汚れた顔、或いは浅黒い顔、顔の静脈うっ滞のある人における頭痛;目が充血し、皮膚が充血している;顔が膨れて静脈が見える。Sulphurは、朝、頭痛やめまい、赤ら顔で起きる人に役立つ;朝、顔がとても膨らんでいる感じがして、赤ら顔で、目が赤いので、その日中のいつか頭痛が起こるとわかっている、と言う人に有効だ。

頭痛が起こる前に、目の前がチカチカしたり、色がチラチラしたりする。きらめき、星、ノコギリの歯、ジグザグなどが見えるのは、頭痛の前兆である。私が知っているSulphurの頭痛の中には、目の前に奇妙な外観を呈するものがあった;斜めに配置された菱形の図形で、上側に鋸歯があり、体は斑点で埋め尽くされている。この図形は、見るものの片側に見えることもあれば、反対側に見えることもあるが、両目で同時に同じようにはっきりと見えるのである。

このノコギリの歯は光の点滅で、図形の基盤は、虹色全色になるまで、どんどん暗くなっていく。胃が不調だと、必ずこのような特異なビジョンが見える。朝食後に来ることもあれば、昼食後に来ることもある。また、夕方空腹時にも現れ、食べるのが遅くなる。これらのジグザグ形は、胃の中の空腹感と一緒に来ることが非常に多い。

Natrum muriaticumとPsorinumのどちらも、同様に、頭痛前に、ジグザグや点滅の形が現れる、という状態がある。それらは頭痛を予告するものである。これらのジグザグ、点滅、火花、星、不規則な形が周期的に目の前に現れ、1時間ほど続くこともある。頭の中では多くのズキズキした痛みが起きる。朝の頭痛、正午の頭痛。また、前述のように夕食後に始まる頭痛が夜まで続き、睡眠の妨げになる。

頭皮。外側の頭には何とも言えない痒みがある;継続する痒みがあり、ベッドで温まると痒くなる。寝床の暖かさで悪化するが、寒さでも悪化する。 かゆみを伴う発疹;痒みを伴う発疹、鱗状の湿った発疹、乾燥した発疹;小水疱、吹き出物、膿疱、腫れ物;一般的に頭皮に発疹が見られる。髪の毛に多くのフケがあり、髪の毛が抜ける。 泉門の閉鎖が遅い。

「頭頂部に湿気を帯びた不快な発疹ができ、膿で一杯で、蜂蜜のようなかさぶたになって乾く。頭部白癬。」
「湿気を帯びた不快な発疹は、厚い膿と黄色いカサブタを伴い、出血と火傷を伴う。」
髪の毛が乾燥して抜け落ちる、など。

昔は瘰癧と呼ばれていたが、現在では乾癬と認識されているような症状が多い。あらゆる 「風邪」が目に定着する傾向がある。目からの粘液や膿が出る。まぶたの潰瘍や肥厚、まぶたの外側や内側への巻き込み、まつ毛の抜け;赤く動揺した状態。

「Sulphurの患者の目の不調」と言えば、あらゆる種類の目の病訴を網羅していることになる。

Sulphurは広範囲の目の症状があります。目の症状、顔や頭皮の発疹を伴い、皮膚のかゆみを伴い、特に寝床で温まるとそれが起きる。洗うことで悪化するカタル性の眼症状。

入浴によって目の症状が悪化するだけでなく、患者自身が入浴によって悪化し、入浴自体を嫌がり、寝床の暖かさで悪化する痒みがあり、慢性的な病的な頭痛があり、頭頂に熱を持っている場合、このような症状が併発していると、目の症状はどうあっても、Sulphurで治すことができる。

Sulphur.は、白内障や虹彩炎、炎症性疾患や不透明感、そして下記のあらゆる症状を治している。

「視覚の幻覚」(頭痛と共に起きる)
「目の前がチカチカする」(上記説明)
「小さな黒い斑点;暗い点や斑点;黒いハエが目から遠くないところに浮かんでいるように見える;ガスの火やランプの光が、光輪に包まれているように見える。」など。

目の前には、このような独特のイメージがたくさんあるが、すべてSulphur の体質を持っている。

「目が燃えるように熱くなり、痛みを伴う痛みがある。」

すべての「風邪」は目に定着する。つまり、目の症状がある場合はそれが増強され、目の症状がない場合は、すべての「風邪」からこれらの症状がもたらされる。

耳はカタルに悩まされる。カタル状態がSulphurの非常に強い特徴であることは、一般的な症状で学んだ。体のどの粘膜も逃れることができず、すべてカタル性の分泌物があり、大量の、時には膿性の、時には血性の分泌物がある。目や耳も例外ではない。

カタル状態は、耳が聞こえなくなるまで続く。粘膜と鼓膜の肥厚。聴覚が失われるまで、耳の中であらゆる種類の奇妙な音がする。構造的な変化で耳が聞こえなくなった後で、たとえ耳が聞こえなくなった時の治療法がなくても、患者を治すことができる。

耳が聞こえないのが治るかどうかを知りたい、という患者には、絶対に言えないことがある。病訴の多くは中耳にあり、それを検査することができないので、どの程度の構造的変化が起きているのかわからない。患者が十分に治癒した場合には、それを確かめることができると言える。構造的変化がそれほど大きくなければ、患者が治った後には消えてしまう。

内部の器官が破壊され、中耳が乾燥して、萎縮したカタルになった場合、その中耳を回復させることはほとんど期待できない。中耳は破壊され、感覚に必要な部分は萎縮してしまっているため、もはや感覚は認識できない。患者には、治る見込みがあるかどうかを話すしかない。

臓器を治すという考えを、頭の中に入れてはいけない。その考えをできるだけ頭に入れないようにし、臓器の病気を突き止めろと言われても、患者自身が病気なのだから、何も言わないのがよい。

なるべく病気の患者のことを考えて、病名や臓器の病理の状態のことは考えないように。だから、患者に「先生、私の耳を治してくれませんか」言われたら、

“まず、あなたを治すこと。最初に最も重要なことは、あなたを治すことです。」と答えなさい。

患者を治すことで、その後、耳や聴力に何ができるかが見えてくる。このようにして、あなたの心を適切な形に保ち、あなたと患者との関係を正しく保つことができるのだ。もしあなたがずっと耳の話をしていたら、患者は自分の耳のことで、自分の人生のことを心配するだろう。

「いつになったら耳に何かしてくれるのですか。いつになったら耳が聞こえるようになるのですか。」

まず、患者全体を治療するという理解から始めよう。まず、患者のことを思い、それを理解しよう。ホメオパシーの専門家がいないので、耳の疾患のために患者が専門医に行くという考えはやめたほうがいい。

治療すべきは全体の病である。患者自身の体質から切り離して考えられる、耳のトラブルというものはない。Sulphurは「特に食事や鼻をかむ時、頻繁に耳が詰まる」「耳の中で音がする。」

様々な種類の炎症。Sulphurの患者の耳からの分泌物。

私はSulphurが耳のレメディであるとは言っていない。局所的な症状ではレメディーにたどり着けなかったのに、患者に合わせてレメディーを選択すれば、こうした「局部の疾患」の患者を治せることが多い。

Sulphurを耳だけとか、子宮脱だけで考えもしないが、患者はSulphurを必要としている。Sulphurを与えると、患者の体質が整い、臓器が秩序あるものになるのを見て、驚くことだろう。

体のあちこちにある痛みに合わせて、医師が処方すると、失敗することがある。医者は、患者の痛みに似たある種の痛みを見つけるために、徹底的に治療薬を探す。些細な痛みを気にすることなく、患者自身を治療すべきである。

したければ、残してもいいが、その患者のためのレメディーを手に入れるのだ。その痛みがレメディーに含まれていればよいが、そうでない場合も気にしてはならない。小さな症状を気にしてはいけない。患者を治療する上で、最も重要なキーポイントさえ、省いてしまうかもしれない。

時には、その痛みだけが患者さんの治したい症状であることもあるが、それが古い症状であれば、最後に治るのはその痛みだ。このような状況では、患者はその痛みがいつ治るのかを知りたくて、あなたの人生を悩ませることになるが、もし、あなたにその問題についての知識があれば、最初にその痛みが和らがることは期待しないだろう。

患者さんを抱きしめるために、こう言わなければならないことがある。

「その症状が先に治らず、とるに足らない、このような小さな症状が先に治る。」と。

その患者を生涯に渡って保持することができるのは、あなたが真実を語ったからであり、あなたが知っていることを、その人に示したからに他ならない。そのような仕事は、正直に獲得した仕事である。

鼻のカタル性疾患は、Sulphurでは非常に厄介だ。

「古いカタルのような鼻の前の臭い」と、Sulphurの鼻は非常に厄介であり、このカタルの状態は非常に厄介で、臭いで気持ち悪くなる。自分がカタルの臭いがすると思い、他の人もその臭いがわかると思う。この古いカタルの臭いや、不潔なものの臭いで、彼は吐き気をもよおす。常にくしゃみをして、鼻が詰まっている。鼻風邪の項には「鼻から水が滴るような流血」とある。

鼻汁はすべて刺激的で燃えるよう。

これはSulphurでの状態だ。「風邪」をひくたびに、鼻水が出てくる。風呂にも入れず、熱中症にもならず、寒い場所にも入れず、無理をしてもこの「鼻風邪」になる。

天候の変化が新たな発作を引き起こす。春に腫れ物や春の洗浄剤としてSulphurを大量に摂取する習慣のある老人の多くが、一年中、鼻風邪やSulphurの様々な病訴に悩まされていることを観察している。

もし、このような老齢のSulphurを服用している者を探し出すことができれば、ホメオパシー医にとって興味深い、Sulphurの非常に良い像を手に入れることができるだろう。また、鼻血が出たり、鼻の中に乾燥した潰瘍やかさぶたができたりする。

Sulphurの顔の一般的な側面については十分に説明したが、特に覚えておかなければならないのは、静脈のうっ血、汚れた外観、赤い斑点、病的な外観、偽の多量性の外観である。それは、青白い顔から赤い顔へと変化する顔であり、青白い顔は乱れやすく、興奮すると顔が赤くなり、暖かい部屋にいると顔が赤くなり、少しの刺激でも顔が赤くなり、特に朝になると顔が赤くなる。顔の上に噴出物ができる。

特に顔の右側に、周期的に激しい神経痛が起こる。長く続いて飽き飽きする右側の神経痛。マラリアが発生する気候地域に住んでいる人の持続的な神経痛で、BelladonnaやNux vomicaなどの短時間作用型の治療薬を与えた場合、短期間だけ苦痛を軽減する。症例全体を検討した結果、Sulphurの患者であることが判明した場合、Sulphurは神経痛を永続的に治す。

Sulphurは顔の丹毒性炎症を治す。 Sulphurでは、丹毒は顔の右側と右耳のあたりから始まり、右の耳はかなり腫れ、ゆっくりと広がり、動きが鈍く、異常に紫色になる。 患者の全体像が、不快で不潔な患者で、洗っても洗っても、皮膚はしわくちゃでしなびていて、干した牛肉のようだ。

Sulphurは、小水疱や巨大な出血を伴って急激に発症する症例にはあまり適していないが、最初は顔に斑点状のくすんだ赤い斑点が現れ、少し離れたところに別の斑点、さらに別の斑点があり、これらがすべて一緒になっているような症例には適しており、1週間ほどでドロドロした丹毒状態になり、静脈が膨張しているように見え、意識不明の状態になる。

このような場合、Sulphurがどのように作用するかを見れば、驚くことだろう。Sulphurは、それを発展させるための活力がないかのようにゆっくりと、丹毒性の炎症を起す。一方、それがArsenicum、Apis、Rhus toxであれば、急速に広がっていく。ArsenicumとApisは火のように燃え、Rhusは水疱が紅斑の上にできる。

Sulphurでは、顔全体が湿った鱗状のかゆみを伴う湿疹で覆われることがある。乳痂は頭皮と耳を含み、湿気があり、厚い黄色の痂皮が積み重なり、かゆみを多く伴い、ベッドで暖まると悪化する。子供は布団をかけないで寝たがる。覆われている部分に痒みがある場合、その部分が温まると痒みが増す。これらの発疹は、眼病、眼や鼻のカタル性疾患と関連している。

Sulphurの患者は、唇に厚い付着物があり、かさぶたのような唇、ひび割れた唇、唇と口角にひび割れがある。唾液が口からにじみ出て、赤い筋ができる。顔の下部に痒みと灼熱を伴う発疹ができる。口の周りにヘルペス性の発疹ができる。これらはすべて燃えるようで、唾液から表皮剥離が起きる。顎の下あたりに腺の腫れがある。顎下腺の腫れと化膿 耳下腺の腫れ。頸部の腺は肥大している。

Sulphur体質では、歯が緩み、歯茎が歯から離れ、出血が起きたり、燃えるようだったりする。

虫歯になる。口の中や舌の状態が全般的に不健康である。変な味がし、舌が汚い。口の中に潰瘍ができ、潰瘍の中で燃焼する。アフタでは、燃えるような痛みや刺すような痛みがある。口の中に白い斑点がある。

Sulphurは、授乳中の乳児の口内炎や、授乳中の母親に発生する口内炎に非常に有効なレメディである。また、頬の内側の表面を食い尽くすような、根深い段階的な潰瘍にも効果がある。舌の上や、不健康な歯が押し付ける口の中の側面に、独特の小さな結節ができる。

この結節が舌の端に沿ってできると、痛みのために会話もできず、呑み込むこともできない。舌を動かさずに取り込める食べ物で過ごさねばならない。時には舌全体に及ぶこともあり、良性であっても癌と呼ばれることがある。

Sulphurは、症状が一致する場合、慢性的な喉の痛みに素晴らしい薬である。

老齢のSulphurの患者は、これまで述べてきたように、一般的なカタル状態に苦しんでおり、喉の症状もそのようなものである。潰瘍化にまで至るカタルの状態がある。扁桃腺は肥大し、数週間から数ヶ月にわたって紫色の様相を呈し、喉は全体的に痛んで、痛みに敏感な状態である:だが、急性の喉の痛みもある。炎症には特に有効。

紫がかったくすんだ色は、特に老齢のSulphurの患者は、これまで述べてきたように、一般的なカタル状態に苦しんでおり、喉の症状もそのようなものである。潰瘍化にまで至るカタルの状態がある。扁桃腺は肥大し、数週間から数ヶ月にわたって紫色の様相を呈し、喉は全体的に痛んで、痛みに敏感な状態である:だが、急性の喉の痛みもある。炎症には特に有効。

紫がかったくすんだ色は、特にSulphurの色だ。喉の焼けるような痛み、刺すような痛み、今表皮が剥離した、ヒリヒリする、炎症、嚥下困難などがしばしば見られる。ジフテリアを治している。

食欲、欲求、嫌悪感については、一般的な項目で十分に説明した。Sulphurの患者は一般的に消化不良の患者であり、ほとんど何も消化できない患者だ;普通の食事のようなものは何も消化できない。

食前に空腹感が消え、胃が敏感。

Sulphur の患者は長い間食事をしないでいられず、気が遠くなり、弱くなる。少ししか食べていないのに、肉を食べた後や、健康な胃腸だったら消化できる食べ物を食べた後に、胃にかなりの重苦しさがある。

そして、彼は痛みで苦しむ。彼は胃の痛みを焼けるような痛みとか、大きな痛みと表現する。胃の中に病的な感覚があり、胃の中がヒリヒリして、表皮剥離したように感じる。彼はこの感覚を次のように表現する。

「食後の胃の痛み」
「食後に胃に重さを感じる」などだ。

Sulphurの胃は弱く、消化に時間がかかる。胃が不調のため、酸や胆汁性の嘔吐がある。胃からの酸の湧出により、口の中に酸っぱい味がする。

肝臓は、非常に厄介な臓器だ。

肥大と硬結があり、多くの痛み、圧迫感、苦悩がある。肝臓のうっ血に伴い、胃にも通常の症状が現れたり、すでに症状がある場合は悪化する。黄疸が出て、肝臓が腫れたり膨らんだりする感覚があり、肝臓に鈍い痛みがある。

胆石ができやすく、周期的に胆管部に引き裂くような痛みがあり、それに伴って顔色が悪くなる。

Sulphurの肝臓の患者は、慢性的に黄ばんだ肌になりやすく、増えたり減ったりする。この患者が風邪をひくと、それは肝臓に定着する。風邪をひくたびに、入浴するたびに、天気が変わるたびに、肝臓の症状が悪化し、それが悪化すると他の問題が減る。胆汁性嘔吐の発作や、その人が言うところの「胆汁性頭痛」の発作の際に、その症状が現れる。

時にはヤニのように黒い便、ある時は緑色で太い便、そして白い便が出ることもある。これらの便は、肝臓の肥大化に伴って交互に変化し、胆石ができやすくなる。

Sulphurの患者は、腹部の大きな膨らみ、腹部の回転、腹部の痛みに悩まされる。

腹部の内臓が下に垂れ下がり、落ちているように思えるため、立っていられない。慢性的な下痢に伴い、生々しさ、痛々しさ、膨らみ、焼け付くような感じがあり、これが腹部の結節に向かって、より深刻な問題になっていく。腸間膜腺は結節でろ過される。腹部の発疹に伴って毎晩痒みがあり、痒みはベッドで温まると悪化する。帯状疱疹は側面から出てきて、体を取り囲むような形になる。

また、この人は鼓腸症の患者でもある。多くの腹鳴、多くの膨満感、多くのゴロゴロとした腹鳴がある。疝痛の発作があるが、鼓腸はしない、ガスは弱い。疝痛のひどい発作、切り裂くような痛み、引き裂くような痛みは、どのような姿勢でも緩和され、腹部全体が焼けつくように痛み、腸が痛む。

腸管全体のカタル。吐いたものは酸っぱくて口の中を汚し、肛門から通るものは酸っぱくて部位が生々しくなる。液体の便は通過中に火傷し、湿った鼓動を通過する際にも多くの火傷をする。よく便意を催すが、便座に座っている間は、液体や水分が少ししか出てこず、その液体は火のように燃え、肛門は生々しくなる。

便は、薄い便、黄色、水っぽい便、粘液状の便、緑色の便、血の混じった便、排泄物の多い便などがある。便は不快臭があり、しばしば気分が悪くなり、部屋中に浸透する臭いがして、「便の臭いが、まるで自分が汚したかのように、その人の周りについてくる」。

下痢は特に午前中に起こり、通常は午前中に限られる。朝、ベッドから飛び起き、起き上がってベッドから移動するとすぐに便意を感じ、大急ぎで行かないと便が出なくなり、便器にたどり着くまで我慢するのが大変である。

午前中が典型的な時間帯であるが、午前0時以降、午前0時から正午までの間に起こる下痢が、Sulphurの下痢である可能性がある。午後に発症する習慣のある下痢をSulphurで治すことは、ほとんど期待できない。Sulphurは夕方の下痢を悪化させることがあるが、それは例外で、Sulphurに期待できるのは朝の下痢である。

Sulphurは、コレラや、コレラの時期に起こる下痢で、朝に下痢が始まるような場合には、素晴らしいレメディーである。また、赤痢で、血の混じった粘液状の便が出て、常に力んでいるような場合にも大きな効果を発揮する。Mercuriusに見られるように、便を出し終えることができないような感覚のために、便の前に長く座っていなければならない。このような典型的なMercuriusの状態は、ぬるぬるした便で、最後まで終わらないような感覚がある。

Sulphurは、Mercuriusが上手くいかなかった後にこの状態を治すことが多い。Mercuriusを間違って投与した場合、SulphurはMercuriusの自然に後続する。赤痢では、このテネスムスが最も激しい性質のもので、血便で、尿意を強く伴う。

Mercurius corrosivusが最も早く効く。テネスムスがそれほど激しくなく、尿意を催すことがあまりないか、または全くない場合は、Mercurius solubilis がより自然なレメディーである。これらの薬は、赤痢においてはSulphurに非常に近いが、Sulphurよりも一般的に適応される。Sulphurの患者には、もちろんSulphurが赤痢のレメディーとして適している。

この人は外痔核と内痔核に悩まされる。痛くて生々しく、焼け付くような痛みがあり、出血と水便とともに出てヒリヒリする。

泌尿器系の症状と膀胱や男性性器の症状が組み合わさって、Sulphurでは非常に重要なグループとなる。

膀胱のカタル状態があり、常に尿意を催し、排尿時は燃えるようでヒリヒリする。排尿時に尿が尿道を傷つけ、その痛みは排尿後も長く続く。前立腺肥大症を患っている衰弱したの人、年老いた発明家、座りっぱなしの生活をしている年老いた哲学者などに適する。排尿時や排尿後に尿道が熱くなり、淋病に似た尿道の分泌物が出るが、実際には慢性的なカタル状態である。

尿に粘液が混じり、時には膿が出る。淋病の古い症例や老齢の患者で、通常の淋病治療薬や、特にその排出物に適した治療薬では緩和されない場合、また、患者自身がSulphurの患者である場合。

このような患者は淋病を患っており、新しい外観や分泌物自体に適合したレメディーで治療されてきたが、尿道のカタル状態が続き、尿道が燃えるようで、尿管の腫れ、赤み、腫れ、プツプツとした状態を呈し、リネンを汚すのに十分な程度の一滴しか集まらず、これが毎週、時には何年も続いている;ポテンシー化したSulphurを十分長く作用させれば、この分泌物は治るだろう。

Sulphur は、糖尿病の初期段階で、尿中に糖分を含む患者を治癒しました。Sulphur は睡眠中の不随意の排尿を治す。風邪をひいたときに起こるトラブルを治すことができる。ある患者のすべての “風邪 “が膀胱に定着する。これはDulcamaraのようなもので、Dulcamaraが効かなくなったり、初期の段階で適していた場合は、Sulphurがそれによく続く。尿の連続的なヒリヒリする痛みと頻繁な尿意;排尿後長い間、尿道が焼けるような、チクチクするような、痛みがある。

性器に多くの発疹がある。

性器のかゆみ、ベッドで温まると悪化する;性器に大量の汗をかく;性器が冷える。男性の場合、インポテンツ:性欲はかなり強いが、適切な勃起が得られない;或いは挿入前に精液が出てしまうか、挿入後すぐに精液が出てしまうる。亀頭と包皮の周囲に炎症状態がある。包皮の下にヘルペスのような発疹ができ、かゆみと熱感がある。この患者は、性器のかゆみを伴う発疹に悩まされている。

包皮が狭くなり,引き上げることができない。 炎症性包茎;包皮の肥厚または制約。炎症性包茎は,包茎が何らかのトラブルに依存しており,それ自体が治癒可能である場合には,レメディーによって治癒することができる。先天性の包茎はレメディーでは治らない。性器は患者にとっても診察する医師にとっても、非常に不快臭のあるものである。患者は非常に不潔である可能性が高く、入浴しないため、性器には自然な不潔さが蓄積される。排便時に前立腺液が排出される。

女性生殖器では不妊症がある。月経不順があり、わずかな乱れで月経が抑制されます。月経に関連した出血、子宮出血、長引く子宮出血がある。

中絶において、Belladonnaを選ぶかもしれない。それは、女性が中絶している間には適しており、現在の状態を克服するかもしれない。あるいは、初期の状態に適したApisやSabinaを選択し、出血を一時的に遅らせるか、止めるか、あるいは胎児の排出を早めることができる;しかし、出血は再び始まり、その再発で苦しみが長引く。このような症例の多くにおいては、患者にSulphurを投与するまで何もできない。

症状が覆われている場合は、Sulphurが非常に有効である。Belladonnaが投与された時は、Sulphurで後続しなければならないことがよくある。Sabinaは、流産の際に最も激しい出血を起こすが、これにはSulphurが必要であると言われている。このような出血性疾患では、長期にわたる反復的な出血、慢性的な状態、最初の、あるいは最も刺激的な時期ではなく、最も早く噴出した時期でもない場合、非常に頻繁に指示される2つのレメディーは、Sulphur と Psorinumである。

普通のレメディーにもかかわらず、また、骨盤に関連する症状のグループに合わせて選択されたレメディーにもかかわらず、出血が再発してしまう。多くの場合、出血時には骨盤の症状が目立ち、他の症状はすべて覆われている;しかし、次にその女性に会ったときには、他の症状が出るほど静かになっていて、数日後にはさらに多くの症状が出てくる。

これは麻疹とは違う。麻疹や猩紅熱、水疱瘡が終わるまでは、慢性の状態を調べる必要はない:これはマヤズムである。しかし、出血は彼女の体質の一部であり、マヤズムではない;したがって、出血が激しく、レメディーを必要とする場合は、おそらくBelladonna やAconiteのような短時間に作用するレメディーが最も適しているだろう;しかし、体質に目を向けると、AconiteやBelladonnaの後に何らかのレメディーが必要になる可能性が高く、一般的にはSulphurがそれにあたる;急性期のレメディーは、その激しい作用に適したものであり、その後に補完する薬が続く。

Sulphurを必要とする女性は、気候変動期にありがちなほてりに悩まされており、LachesisやSepiaと競い合う。SulphurとSepiaは、少女や高齢者でさえ、非常に激しい月経困難症に適している。

Sulphurを必要とする女性で、月経が始まってから長く続いている最も激しいケース。痛みの種類、子宮の敏感さ、出血の様子、つまり骨盤の症状だけでレメディーを選択すると、失敗してしまう。骨盤の症状が一般論に当てはまらなくても、患者自身を治療しなければならない。一般面が一致していれば、Sulphurは骨盤の症状に合わせることができなくても、月経困難症を治すことができるのである。どのような場合でも、一般面が常に先行し、支配する。

Sulphurは膣内に激しい灼熱感がある。外陰部の面倒なかゆみ。性器からひどい不快臭。性器の周り、太ももの内側、腹部から大量の泡のような汗が出る。

この人は臭いが吐き気を催すほど攻撃的であり、この一般的な状態は真実であり、それは気のせいではない。臭気に対する過敏性を覚えておくといい。大量の、不快な、灼熱の、粘り気のある月経。白っぽい場合もあれば、黄色の場合もある;不快で、刺激的で、その部位や表皮剥離部にかゆみを引き起こす。

妊娠中、または妊娠初期にのみ、多くの吐き気がある。Sulphurを必要とする女性においては、それが吐き気を止め、長引く痛みはほとんどなく、容易に陣痛を迎えることができるだろう。このような場合、唯一の痛みは、胎児の頭の圧迫によるものである。陣痛は苦しいものであるが、適切なレメディーを用いれば、比較的楽になる。Sulphurは、分娩中かなり大変な苦しみを味わっている女性、つまり陣痛が長引く女性に適する。厄介な後陣痛。乳腺の腫れにも適している。

次に、膿性の悪露や悪露の抑制を伴う敗血症の状態がある。3日目に寒気がして、悪露が抑制され、その女性は高熱を出し、頭から足まで汗で覆われているようなケースがある。布団の中に手を入れると、体から蒸気が上がってくるのを感じ、手を離したくなるほどの熱さである。意識が朦朧としており、腹部全体が敏感になっている。

みなさんは今、悪露の抑制の意味を知っている;産褥熱を手にしている。Aconite, Bryonia, Belladonna, Opium,などを探し回る代わりに、Sulphurをよく調べなさい。それらで、ほとんどの場合失敗するが、Sulphurはまさにそのような状態に合い、多くの産褥熱を治している。

これらを使うとほとんどの場合は失敗しますが、硫黄はまさにそのような状態にピッタリで、

乳熱や乳腺の不調だけで、寒さも急性のものであれば、短時間に作用するレメディーがよく効くし、 Aconiteも役に立つが、敗血症の場合には、Sulphurが根元まで行く。ゲップをしたり、胃に空腹感があったり、夜になると沈んだり疲れたりして悪化し、全身に湯気が立ち上るような感覚やほてりが次々と起こる時には、Sulphurを与えなければならない。

一方、このようなケースで、熱い汗やその他の一般的な特徴を伴って、次から次へと連続して硬直が起こり、それらが終わらない場合、Sulphurと同様にケースに深く入り込む Lycopodiumなしでは、そのケースから抜け出すことはできない。全身に小さな寒気と小さな震えが連続して起こり、脈拍が体温との適切な関係を失っている場合は、 Pyrogenを投与しなければならない。体が紫色に見え、全身に冷や汗をかき、反復または間欠的な悪寒があり、悪寒の間だけ喉が渇き、悪寒の間に顔が赤くなる場合は、Ferrumを投与しなければならない、他のレメディではこのような症状は出ないからである。

体の片側が熱く、反対側が冷たい状態で、その女性が涙ぐんでいたり、恐怖で震えていたり、神経の興奮や落ち着きがないと感じていたら、同じく敗血症の状態を持つPulsatillaを与えると、敗血症の状態を克服するのに十分である。

Sulphurは、外科的な発熱が、このような熱の点滅と蒸し汗の形をとる場合に適している。このような根深い敗血症の状態では、最初から最後までどこかでSulphurが必要になるだろう。敗血症の初期段階では、Bryonia の症状がいくつか見られるかもしれないが、Bryonia はそのようなケースには対応できない。敗血症の状態では、最初の24時間で先手を打ちたいものであることを忘れてはならない。

すぐにSulphurに行きなさい。さて、もうひとつ、Sulphurを与えるのを間違えて、その症例に効かないとわかったとしても、Sulphurは常にその症例を単純化し、良い結果をもたらし、決して台無しにしない。始めるための良い基盤を与えてくれる。精神や神経の症状が残っていても、すぐに対応しなければならない激しい敗血症の状態を克服したことになり、多くの場合、残っている症状は単純だ。Sulphurは、症状が完全には明らかでない場合に、まず始めるべき一般的な治療薬です。

このレメディーは、呼吸が苦しく、少しの運動でも息切れし、大量の汗をかき、疲れ果て、喘息のような呼吸をし、胸の中で多くのガラガラ音がする。

風邪をひくたびに、胸や鼻に症状が出る。いずれの場合も、カタル状態が長く続き、終わらないようで、常にカタル状態のままだ。

「風邪をひくと必ず喘息になる」という場合はDulcamaraが必要だが、その発作の後遺症が残っていることが多く、医師は深く作用するレメディーを与えなければならない。Dulcamaraができるだけのことをした後、Sulphurが補完的なレメディーとして登場する。Calcarea carb.はDulcamaraと似たような関係にある。

鼻や胸内や肺は、多くの問題を引き起こす場所である。患者は肺炎を患っており、浸潤期に及んでいる。Bryoniaが脅威的な特徴を克服した後、この進行した段階で症例を取ったが、今、患者は回復すべき時に回復しない;全身に汗をかき、疲れており、「何かおかしい、負荷がかかっている」という奇妙で特異な意識があり、「呼吸が苦しく、熱のほてりと交互に起きるが、熱はあまりない。と言っているのをよく耳にする。

さらに検査してみると、肝炎になっていることがわかり、Phosphorus、Lycopodium、Sulphurなどのレメディーが必要になるが、Sulphurはその中でも特に優れている。

Bryoniaが初期の症状に十分であったか、或いはAconiteがそれを解消した時や、これらのレメディーでは解消しきれないほどの症状が出た時、肝炎になる。もしこれが これが狭い範囲に留まっていると、かなり慢性的な経過をたどるが、Sulphurがそれを解消する。しかし、二重肺炎であったり、肝炎が肺のかなりの部分に及んでいたりして、与えられたレメディーが十分でなく、ケースが致命的な問題に向かって進んでいる場合、午前1時か2時、或いは3時に突然、弱まり始め、鼻がつまって、唇が引きつり、ヒポクラテスのような顔つきになり、冷や汗をかき、体のあちこちが弱りすぎて動けな胃;頭だけが落ち着きなく少し動く。

すぐに呼ばれて、Arsenicumを投与しなければ、この人は死んでしまうだろう。あなたはArsenicumを投与し、よくやったと思うが、Arsenicumには炎症の結果を取り除く力はない。だが、肝炎になった肺を治すことはできないが、生命力を刺激する作用はある。それは患者を温め、良くなりそうな気になるが、注意してほしいのは、Arsenicumに続く適切なレメディーを与えなければ、24時間後には死んでしまうだろう。

このようなケースでは、レメディーをあまり長く待ってはいけない。患者が元気になり、反応が最高潮に達したらすぐに、解毒剤であり、Arsenicumに自然に後続するSulphurを与えなさい。そうすれば、患者は24時間以内に「よくなっている」と言うだろう。

あなたが今存在しているように、それはまさにその通りにするだろう。また、Arsenicumに続く薬はPhosphorusであることがはっきりとわかる場合もある。このような患者がArsenicumの下で元気になり、熱が出て、焼け付くような喉の渇きを伴い、氷のような冷たい水が十分に得られない場合は、Phosphorusで後続しなければなりません、その場合、Sulphurが他の場合にすることをPhosphorusがする。

あなたは、自分のケースをそのような状態にさせないので、自分の実践でこのようなケースを見ることはないだろう;このような症例は、そのような状態で適切に処方されたときに生きていくだけの力を持っていれば、最初から症例の性質全体を破壊してしまうほどの力を持っている。

しかし、外周部の肝炎だけで、起き上がって歩き回れるほど元気だった、あの患者に戻ってみよう。咳も長引いていて、発作から半年か1年経った今、彼はこう言う。
「先生、私は胸部疾患の発作を起こしてから、一度もまともになったことがありません。
医者は肺炎と言っていました。」と。

その患者は、錆びた痰や、肺炎に属するその他の小さなことについても話すことができる;
それが、あなたが知るべきことだ。あの発作以来、慢性的な咳が続いており、今は寒気がしている。

線維性の浸潤があり、結核の状態ではないが、自然が治せなかった肝炎が残っているのだ。これを放置すると、カタルシス、喘息、慢性気管支炎、様々な種類の疾患に陥り、最終的にはこれらが原因で死に至る。Sulphurは、そのすべての症状に適合することが非常に多く、特に病気の時、適切に洗浄されなかった肺を、洗浄する能力があります。

Sulphurはr気管支炎を治す。症状が一致すれば、喘息性の気管支炎も治す。Sulphurは、全身をかきむしるような非常に激しい咳をし、頭が飛びそうになる;咳をすると頭が痛む。その後、血痰が出て、肺から出血する。このような症例では、結核がまだあまり腰を下ろしていない場合や、結核の堆積が始まったばかりの場合には、すべての症例において、肺炎の恐れがある。

弱く打ちのめされたような体質の人、肺結核遺伝の衰弱した人は、胃に何もない空腹感があり、頭のてっぺんが熱く、寝床の暖かさから不安になる。

このような症例は、体にたくさんの発疹が出ていれば良い;だが、実際には皮膚には発疹がない;安心できない;すべては体内で進行しており、徐々に衰退していく。

このような場合、Sulphurはその患者を発火状態から目覚めさせ、健康に戻るだろうし、それができないほどひどい場合は、何年もの苦しみから解放されるだろう。肺結核の進行した状態でそれを探してごらん。このような状態での投与については、十分に説明されている。化膿を促進し、結節があるところには必ず小さな肺炎をもたす;これらを化膿させる傾向がある。その機能を遂行できないすべての細胞は、Sulphurによって剥がれ落ちる。

Sulphurの背中に関する顕著な点は、座った状態から立ち上がる時、背中に痛みがあり、曲げて歩かざるを得ず、動いた後に、ゆっくりとしかまっすぐになれないことだ。痛みは主に腰仙部にあります。

四肢は発疹で覆われている。手足の甲と指の間に発疹ができ、手の平にできることもある;
小水疱および鱗屑状の発疹はかゆい。膿疱、腫れ物、小さな膿瘍、不規則な紅斑が四肢のあちこちにでき、皮膚が汚れて見える。

寝床の暖かさによる皮膚のかゆみ。

関節の肥大。リューマチ疾患;関節のひどい硬直;膝のくぼみの締め付け;腱の締め付け、リューマチ性および痛風性の特徴。脚と足の裏の痙攣。ベッドの中で足の裏が熱くなり、足の裏を冷やすために布団から出すと、足の裏が痙攣して熱くなり、かゆくなる。

時には足の裏が冷たくなり、また燃えるようになり、これらの状態が交互に繰り返されるのがわかるだろう。手足の冷たさを伴う身体の不調があるが、寝床に入ると、燃えるように暑くなるので、布団をはががさねばならない。その被害者となり、ほとんど常に悩まされる角質は、ベ寝床の暖かさの中では、燃えるようで、チクチクする。

Sulphurの患者の皮膚は潰瘍や化膿しやすく、皮膚下に破片があると潰瘍になり、傷の治りが遅く、化膿する。Hepar.のように、ちょっとしたピンの刺し傷でも化膿する。

Sulphurの発疹は数え切れないほどある。様々な種類があるが、全てにいくつかの特徴がある。例えば、燃えるような、刺すような痛み、かゆみ、ベッドの暖かさによる悪化などだ。

肌は荒れていて不健康だ。顔には先が黒いニキビ、痤瘡、吹き出物、膿疱が、たくさんある。Sulphurは、体のあらゆる部分に腫れ物や膿瘍、扁平上皮の発疹、小水疱の発疹などでいっぱいだ。

これらはすべてSulphurに含まれており、燃えるようで、刺すような痛みがある。

HSKキネシオロジーについて

HSKキネシオロジーは、ロスアンジェルスで整体クリニックを開業されている
Dr.本間先生が、医師として長年の経験から開発されたキネシオロジーです。

HSKは、Health Support Kinesiology(ヘルス・サポート・キネシオロジー)の略で、
知識も大切ですが、キネシオロジー自体を経験することを大切さにしています。

そういう点から、
カフェで簡単にできるカフェキネシという
キネシオロジー「初めの一歩」を体験できるメソッドを作られました。

長野在住の鍼灸師の星ユカリさんとのコラボにより作られた
手にある経絡にあったアロマをかぎながら、
指の筋肉で、反応をチェックし
自分の中の変化に気づくことができます。

その他にも、14経絡にあったアロマ、チャクラにあったアロマなどで、
自然の香りとともに
内面を解放していくお手伝いをします。

BUリフトアップセラピー

これは、美容のリフトアップではありません。

心のストレスを解放しながら、リフトアップを行い
内面から美しくなる、というセラピーです。

「自分の顔を生きる」の著者でもある
国際ブレインアップデート協会の田仲真治(旧名;田中信二)先生が
開発されました。

顔の筋肉は、脳に近い筋肉ですから、
脳に影響を与え、また脳の影響も受けてもいます。

ちょっと、ご自分で頬に手を当ててみてください。
頬を下げると、不思議なことに、考えがネガテイブになってしまいます。
頬を上げると、考えがポジティブになっていきます。

BUリフトアップセラピーのセッションでは、
頬を上げ下げしながら(オンラインではご自分で)
ストレスを解放することにより、
頭の中がスッキリし、表情が幸せになるお手伝いをしていきます。

Sulphur (ソーファー/硫黄) ①

Sulphurは、どこから手をつけていいかわからないほど、充実したレメディーだ。

人のあらゆる病気の類似点が含まれているようで、初心者がSulphurのプルービングを読むと、すべての病気のイメージが含まれているようなので、他のレメディは必要ないと、自然に思うかもしれない。

しかし、それが人のすべての病気を、治すわけではないことがわかっており、他のレメディーと同じように、無差別に使用するのはよくない。マテリア・メディカについてあまり知らない医師ほど、Sulphurを頻繁に処方するようだが、優れた処方者でも、そうである;そのため、医師がSulphurを処方する頻度から、医師の無知と知識の境界線を引くことができない。

Sulphurの患者は、やせているか、太っていて、飢えており、肩がこっている、消化不良の人だが、多くの場合は、太って丸々としていて、栄養状態の良い人に与えることになる。

しかし、典型的なのは、角ばった、痩せ型の猫背の患者であり、特に、長い間の消化不良、悪い同化作用、貧弱な栄養状態から、このような状態になった場合である。Sulphurの状態は、長い間家に閉じこもっていて、食事を胃に合わせることによって起きる事もある。

部屋に閉じこもって、勉強したり、瞑想したり、哲学的な探求をしたり、運動をしないで、座りっぱなしの生活をしている人は、しばらくすると、簡素な食べ物しか食べられないことに気付き、体を養うのに十分でない食べ物だけとり、最終的には哲学マニアになってしまう。

また、顔にSulphurの症状が見られる患者もいる;汚れ、しなびて、赤い顔の人だ。皮膚は大気の影響を受けやすいようである。寒い日も湿った日も、外気に触れると顔が赤くなる。

繊細で薄い皮膚で、ちょっとしたことで顔を赤らめ、どんなに洗っても、いつも赤くて汚い顔をしている。子供の場合、母親が頻繁に顔を洗っても、いつもその場しのぎで洗ったかのような顔をしている。

ヘリングはSulphurの患者を「ぼろを着た哲学者」と呼んだ。

Sulphurの学者は、発明家であり、古ぼけた服とボロボロの帽子で、昼夜を問わず働き、長髪で汚い顔をしている。硫黄は、このような無秩序な状態、整頓されていない状態、不潔な状態、「どうなってもいい」という状態、自分勝手な状態を生み出すようだ。

彼は偽哲学者となり、この状態が続けば続くほど、世界が彼を、地球上で最も偉大な人物と考えていないことを知って、がっかりする。老齢の発明家は、いくらやっても失敗する。

このような症例で起こる病訴は、たとえ急性の病訴であっても、Sulphurになる。このような患者を受け持つと、何週間も同じシャツを着ていることに気づくだろう。もし彼に付き添う妻がいなければ、彼はシャツが落ちるまで着続けるだろう。

Sulphurの患者は、清潔にすることにあまり関心がない。彼は汚れているが、きれいな襟や袖口、きれいなシャツを着る必要性を感じていないのである。Sulphurは清潔な人にはほとんど適応しないが、不潔さを気にしない人にはよく適応する。

町の診療所に勤めている時、Sulphur投与後、自分のことを気にし始め、清潔なシャツを着ていることに気づくことが何度もあり、この人は以前、同じ古いシャツを着ていた。また、Sulphurの患者で、特に小さな子供たちは、あっという間に服を汚してしまうことには驚かされる。

子供は、非常に驚くほど不潔な傾向がある。その小さい子がSulphurの患者だと、不潔なことについての話を母親はする。子供は鼻や目などからカタル状の分泌物を出し、鼻から出た分泌物を口に入れることがよくある。さて、それは、Sulphurの患者は不快な臭いを嫌うことが、特徴である。不潔な臭いには過敏であるが、不潔な物自体は、食べたり、飲み込んだりする。自分の体や息の臭さでさえ、吐き気を催す。

便はとても不快な臭いで、一日中彼に付きまとう。彼は自分がそれが匂えると思っている。悪臭に敏感なため、彼は何よりも腸をきれいにする。これは誇張された嗅覚だ。彼はいつも不快な臭いを想像して探している。彼は一般的には、強い想像力があり、記憶の中にしかないものを嗅ぐ。

Sulphurの患者は、全体を通して不潔である。彼は不潔な臭気の犠牲者である。不潔な息で、強烈な悪臭の便が出る;性器は不潔な臭いがし、服を着ているにもかかわらず、部屋の中でもその臭いがし、自分自身がその臭いがする。 分泌物は、常に多かれ少なかれ悪臭がし、強く不快な臭さがする。常に洗っているにもかかわらず、脇の下からは刺激的な臭いがし、時には、体全体が腋窩から出るような悪臭を放つ。

身体のあらゆる部分から出るSulphurの分泌物は、不快であるだけでなく、皮を剥く。Sulphurの患者は、あらゆる粘膜のカタルに悩まされ、カタルの排出物はいたるところで皮膚を剥ぐ。鼻風邪では、分泌物で唇や鼻の皮が剥けることが多い。

時には、鼻に残った鼻水は火のように痛く、それが子供の唇に触れると、燃えるように痛く、刺激的である;Sulphuricum acidの状態とほぼ同じで、触れた部分が赤くなる。

月経は大量で、性器の皮膚が剥ける。薄い便が、肛門の周りで、燃えるように痛く、皮膚が剥けたようになる。女性の場合、尿が一滴でも性器に残っていると、燃えてひりひりする;多くの場合、拭くだけでは不十分で、洗い流さないと痛みが和らがない。

子供の場合は、肛門と臀部の間が表皮剥離を起こしているのが見つかる;便によってその裂け目全体が赤く、皮膚が剥け、炎症を起こしている。この傾向から、一つの基調が出来上がり、当たるとも遠からず、「いかなる体液も、通過する部分を燃やす」は、体液が刺激性で、ヒリヒリした痛みを引き起こすと言っているのと同様である。これはSulphurのどこにでも当てはまる。

Sulphurの患者は、あらゆる種類の発疹が起きる。

小水疱、膿疱、癤、鱗状の発疹があり、いずれも強い痒みを伴い、中には分泌物や化膿を伴うものもある。皮膚は発疹がなくても、痒みが強く、暖かい寝床からや、ウールの服を着ることから痒くなる。

Sulphurの患者は、絹や綿以外のものを着られないことが多い。痒いところを掻くことができないと、部屋の暖かさで絶望に追い込まれる。掻いた後は、痒みが緩和されるが、燃えるような痛みがある。掻いた後、または寝床の暖かさに入った後、大きな白い湿疹が体中に出てきて、さらに痒くなり、そのため、皮が剥げるまでか、燃えるように痛くなるまで掻き続けることになり、その後か痒みがおさまる。

この過程は継続し続ける:夜寝ている間、恐ろしいほどの痒みが起き、朝起きるとまた始まり、発疹は痒く、ジクジクする。オデキの群れや小さなオデキのような発疹が出てくるので、とびひにも有効。

このレメディは膿瘍に有効だ。あらゆる種類の化膿性の腔、小さな膿瘍や大きな膿瘍を形成する;皮膚下や、細胞組織、内臓の膿瘍を形成する。Sulphurにおいては、化膿の傾向が顕著である。腺が炎症を起こし、その炎症が化膿へと進む。

Sulphurの病訴が起きる所はどこにでも、燃焼性が見つかる。

あらゆる部分が燃える;うっ血しているところが燃える;皮膚が燃える、または皮膚に熱感がある;あちこち部分的に燃える;腺、胃、肺が燃える;腸、直腸が燃える;痔が燃えヒリヒリする;排尿時に燃える、または膀胱に熱感がある。あちこちに熱感がありますが、Sulphurの特に典型的なものを、患者が説明する時、「足の裏や、手のひらや、頭のてっぺんが燃える」と言う。

足の裏の燃焼感は、患者が寝床で温まった後に、気づくことが非常に多い。Sulphurの患者は、夜寝床に入ると足の裏が非常に熱くなり、燃えるようで、足を衣服から出して、足を布団の外に出して寝る。Sulphurの患者の足の裏と手のひらを調べると、皮膚は厚く、寝床で温まると燃焼する。

多くの病訴は、寝床で温まることによって起こる。Sulphurの患者は、暑さにも寒さにも耐えられないが、外気を強く欲している。均一な温度を欲っする;激しい温度の変化は、苦手である。

呼吸に関しては、苦しい時には、ドアや窓を開けたがる。しかし、しょっちゅう体はわざわざ覆うのだが、暖かい服で、皮膚のかゆくなったり、燃えるよう痛くなってしまう。

時間の悪化については、晩に起きる病訴が特徴である。

頭痛は夕食後に始まり、夜になるとひどくなる;痛みのために眠りにつくことができない。夜痛みが起き、夜喉が渇く;夜苦しくなり、寝床で温まると皮膚の症状が出てくる。

「断続的で周期的に起きる神経痛は、24時間ごとに悪化し、一般的には午前12時または午後12時に発生する」

真昼もSulphurの病訴が悪化する時間帯だ。正午に寒気がし、正午には熱が上がり、正午には精神的な症状が増し、正午には頭痛がひどくなる。週に一度の病訴、7日間の悪化は、Sulphurのもう一つの特異な状態である。

Sulphurの患者によく見られる下痢は、昔から「Sulphurの下痢」として知られているが、他の多くのレメディーにも、早朝に下痢をするという同じような症状がある。

Sulphurの下痢は、深夜から朝にかけての時間帯に属するが、起きようかと思い始める時間帯の方が、よく見られる。

下痢のため、寝床から飛び出す。

一般的には薄い水状;噴出はあまりなく、量もあまり多くなく、時にはかなり少なく、黄色い便が出ることもある。この朝の便の後、多くの場合、翌朝までそれ以上の問題は起こらない。

朝、寝起きに便意を催すという症状が、年がら年中続いている人が多いようだ。腸の痛み、つかえ感、不安感、焼け付くような痛みに悩まされる。通過する便は燃えるようで、便が触れる部分はどこでも、痛く、表皮を剥ぎ、かなり擦りむく。

Sulphurの患者はとても喉が渇いている。

いつも水を飲んでいる。大量の水を欲しがる。

また、空腹感や食べ物への欲求を口にするが、食卓につくと食べ物を嫌がり、目をそむけ、食欲がない。

ほとんど何も食べず、非常に簡単で軽いものしか口にしない。刺激物やアルコールを欲しがり、牛乳や肉を嫌う;後者は気分が悪くなるので、嫌いだ。

随分前、ある人は、これらのことから「よく飲み、ほとんど食べない」というキーノートを考案した。

これはSulphurの場合そうだが、他の多くのレメディーでも同じことが言える。キーノートの使用に関しては、すべての症状とその関連性をまとめるのがよいと、諸君に印象づけたい。1つの小さな症状、あるいは2つ、3つの小さな症状に、大きく依存することはできないだろう。症例全体の症状を考慮した上で、キーノートや特徴、その他すべてのものが、レメディーを丸みを帯びた完全なものにし、患者全体のように見える時、初めてそれが適したものとなる。

午前11時に空虚さが生じる。24時間の中で空腹を感じる時間があるとすれば、それは11時である。夕食が待てないようだ。

Sulphurの患者について、こういう事もある:いつもの食事時間になると、非常に空腹になり、食事が遅れると、弱って、吐き気をもよおす。12時頃に食事をする習慣のある人は、午前11時に、空っぽの空腹感を感じる。1時や1時半に食事をする習慣のある人は、12時頃にその感じが起きる。空っぽの感覚は、多くの人の場合、食事の定刻の約1時間前に起きる。

強いSulphurのグループを凝縮するとこうなる;午前11時に胃の中が空っぽの空腹感になり、足の裏が燃えるようになり、頭のてっぺんが暑くなる。

この3つは、Sulphurの必須条件とされてきたが、Sulphurの始まりには、ほとんど見られない。

Sulphurには、発疹の他に、皮膚の不健康な状態がある。

皮膚はよくならない。小さな傷は化膿し続ける;皮膚の下にできた膿瘍は、瘻孔のある小さな排出腔となり、これらは漏れて、長い間分泌される。

Sulphurは、炎症部分に浸潤を作り出し、そのため、そこが硬くなり、この硬さが何年も続く。炎症が肺のような重要な器官に起きた場合、この浸潤は常に耐えられるものではない;肺炎の後に、肝炎と呼ばれる浸潤を残す。

Sulphurは、全身の炎症部位に同じ傾向を作り出すため、肝変の治療によく使われる。

Sulphurは、有機組織における乾癬の状態のため、疾患が長引いた後に、患者が反応しない場合、非常に有用なレメディである。急性疾患の終わりあたりになると、患者は弱り、疲労困憊になる。炎症状態は、化膿や浸潤となる;患者は衰弱し、かなり疲労困憊し、寝汗をかく。

腸チフスなどの急性疾患の後に回復しない。回復が遅く、有機組織も疲弊しており、急性疾患の後、調子が戻らない。このような状態では、Sulphurがしばしば非常に有用になる。老齢の酒飲みは衰弱し、アルコールへの激しい渇望がある;酒をやめることができない。強くて刺激的なものを欲しがり、何も食べたくなく、冷たい水やアルコール飲料を欲しがる。非常に疲れるまで飲み続け、病訴が現れる。Sulphurは、しばらくの間、この酒への渇望を取り除き、元気にしてくれる。

組織は弱くなっているようで、わずかな圧力でも痛みを感じ、炎症や化膿を起こす事もある。Sulphurの患者は、血行が悪いため、床ずれができやすい。また、圧迫による硬化も強い特徴だ。

Sulphurは、圧迫により魚の目や、豆ができる。これらの症状は簡単に現れる。靴が皮膚のどこかを圧迫すると、大きな魚の目や外反母趾ができる。歯が舌や頬腔の他の部分と接触すると、小結節が形成され、これらの小さな小結節は時間の経過とともに潰瘍化し始める。

燃えるような、刺すような痛みを伴いながら、ゆっくりと進行する。癌になることもある。長い間延期されて、その後、悪性の状態になることもある。癌は体内のある状態の派生物であり、その状態は連続した状態から来ているかもしれない。1つの連続した状態ではなく、悪性状態が、良性状態に後続しているのかもしれない。Sulphurは、症状が一致した場合、これらの状態を取り除く。

Sulphurでは、静脈の乱れが顕著に見られる。静脈のレメディーであり、静脈の問題が多い。静脈が弛緩しているように見え、循環が停滞している。天候や衣服などのちょっとした刺激で、顔があちこち火照る。

顔が腫れる。Sulphurは静脈瘤がある;最も顕著なのは痔の静脈で、肥大して燃えるような、刺すような痛みがある。四肢の静脈瘤。静脈が潰瘍化し、破裂して出血することもある。寒いところから暖かいところに出ると、静脈が肥大し、手足が膨らみ、全身が膨らんだような感覚に陥る。

Sulphurの患者はやせ細り、特に腹部の膨張を伴う四肢のやせが特徴的である。腹部は肥大しており、ゴロゴロとした痛みや灼熱感があり、腹部の肥大に伴って他のすべての部分が痩せていく。首、背中胸郭、四肢の筋肉が衰え、腹部の筋肉も衰えますが、腹部自体の膨らみが大きい。このような状態はマラスムスに見られる。

Calcareaでも同じような状態になる;Calcareaを必要とする女性においては、腹部の大きな肥大、膨張、硬さと、体の他の部分の収縮が見られる。

Sulphurの下では、女性の更年期に見られるような、顔や頭への火照りがある。Sulphurの火照りは、一般的には胸部と言われる心臓部のどこかで始まり、まるで、体の中で熱の暖かさが、顔に向かって上がってくるような感じがする。顔は赤く、熱く、紅潮し、最終的に熱は汗で終わる。

汗と赤ら顔を伴う熱の火照り;頭は暑い。時には、熱い蒸気が体の中に入ってきて、だんだん上がってくるような感じを患者が表現し、汗をかくこともある。時には、小さな震えに続いて、閃光のような暑さと、顔に赤い斑点を感じ、激しく扇ぐ;扇ぎきれず、ドアや窓を開けたがる女性を見かけることもある。

SulphurやLachesis などがそれにあたる。火照りが胸や心臓のあたりで始まる場合は、Sulphurのようだが、背中や胃のあたりで始まる場合は、むしろPhosphorusのようである。

他の一般的な悪化の中において、Sulphurには、立つことによる悪化がある。すべての病訴は、長時間立っていると悪化する。Sulphurの患者にとって、立っていることは最も困難な姿勢であり、精神の混乱、めまい、胃や腹部の症状、女性の場合は静脈の肥大感や膨満感、骨盤の引きずりなどが、立っていることで悪化するのである。患者は座っているか、立ち上がっている場合は、動き続けなければならない。歩行はかなり可能であるが、静かに立っていると悪化する。

睡眠後の悪化は、Sulphurの多くの病訴に当てはまるが、特に精神と感覚の病訴に当てはまる。Sulphurの病訴の多くは、食後に悪化する。

Sulphurの患者は、入浴によって悪化する。風呂を恐れる。自分からは入浴しないし、その状態からして、彼は 「偉大なる不洗者 」に属する。風呂に入ると必ず風邪をひく。

子供たちの病訴。汚い顔、汚い肌の小さないたずらっ子で、毎晩せん妄の発作を起こしたり、頭の痛みに悩まされたり、脳に悪い問題を抱えていたり、水頭症の恐れがあったり、髄膜炎にかかったことがあったりする子は、Sulphurが必要である。

Sulphurは、レメディーが十分な深さに達していないため、症例全体に到達できなかった場合に、体質的な状態をクリアにします。乳児がきちんと成長しない場合や、骨が成長しない場合、泉門の閉鎖が遅れている場合には、Calcarea carbonicaがそのレメディーとなり、そのような成長の遅い場合には、Sulphurは次に来る重要なものである。

Sulphurの患者は、それほど神経質ではないと思われがちだが、興奮しやすく、音にすぐに驚き、大砲の音を聞いたか、「お化け」を見たかのように、寝ていてもすぐに目が覚めてしまう。

Sulphurの患者は、睡眠時に多くの問題を抱えている。夜前半は非常に眠く、午前3時まで眠ることもあるが、それ以降は落ち着かない状態で眠っているか、まったく眠らないかのどちらかである。昼の日光を恐れ、また寝床につきたがり、寝ると目が覚めず、朝方まで寝ていたくなる。その時が最も良い休息であり、最も熟睡できる時である。恐ろしい夢や悪夢に悩まされることも多い。

症状が一致すれば、Sulphurは丹毒の治療薬となる。名前としての丹毒には、治療薬はないが、患者が丹毒を患っていて、その症状がSulphurの症状と一致する場合は、Sulphurで治すことができる。

この違いを頭に入れておけば、ホメオパシーの意味がわかると思う。病気の名前ではなく、患者自身を治療するのだ。

Sulphurの患者は、有機組織を通じて、あちこちで血の波が押し寄せ、頭が膨らみ、前述の瞬間的な熱に悩まされる。熱性の症状が顕著であり、急性疾患に使用することができる。

これは、Aconiteの自然な補完関係の一つであり、Aconiteが急性の悪化に適しており、それを除去する場合、Sulphurが患者の体質に対応することが非常に多い。

Sulphurは、衰弱した体質や同化作用に欠陥のある、非常に厄介な「瘰癧」の病訴に適している。下肢に深く沈んだぼろぼろの潰瘍があり、不定形の潰瘍、肉芽ができない潰瘍が起きる。それらは、燃えるように痛く、滲み出てくるわずかな湿気が、周囲の部分を燃焼する。出血しやすく、燃焼の多い静脈瘤の潰瘍によく使われる。

痛風の老齢者の症例において、Sulphurは有用なレメディーである。これは深部に作用するレメディーであり、その傾向は、中心から円周に向かって外に向かうため、ほとんどの場合、これは痛風を四肢に留めるだろう。

LycopodiumやCalcareaと同様に、有機的な変化があまり見られない老齢者の痛風の状態に、適切に投与すると、関節や四肢に、リウマチ状態を維持するだろう。

SulphurはSiliceaと同様に、重要な器官、特に肺の構造的疾患がある場合に与えると、危険な薬となる。

Sulphurは、症状によって示される場合、古い瘻管を治癒し、古い膿瘍を正常な状態にして、健康な膿が続くようにすることが多い。症状が一致している場合は、非常に遅く、何もしていない膿瘍を開き、硬く膿みかけている腺の炎症を抑える。

しかし、肺結核の進行した症例に投与するには、危険な薬であり、投与する場合には、最高ポテンシーで処方すべきではない。非常に痛がる症状があり、Sulphurを投与しなければならないと思う場合は、30ポテンシーか200ポテンシーにしなさい。

症状からSulphurが示されているように見えても、進行した段階で起こる寝汗を止めようとしてはいけない;実際には、示されていないのだ。いかなる場合でも危険なレメディーは、たとえ症状が似ていても、示されていると考えてはいけない。
梅毒の老齢者の症例で、乾癬の状態が最も高い場合には、Sulphurが必要になることがある。梅毒の症状が強く出ている場合に、Sulphurが示されることはほとんどないが、水銀によって症状が抑えられていて、病気が単に保留されているだけの場合、Sulphurは水銀を解毒し、症状が進行して、元の状態が見られるようになる。

アロパシーによる大きな被害は、有機組織にあるすべてのものを隠そうとしていることに起因する;彼らは、人類におけるすべてを恥じているかのように振る舞う;一方、ホメオパシーは、人類におけるすべてを明らかにし、覆い隠している薬を解毒し、押さえつける病気を解放しようとする。

梅毒の発疹を見せたくない、軽率な行為の証拠を見せたくないという理由から、多くの患者がホメオパシーを受けようとしないのは事実であり、ホメオパシーはそれを現そうとする。適切なホメオパシーの治療を受ければ、有機組織の状態が明らかになる。Sulphurは、病訴を表面化させ、目に見えるようにする。これは一般的な解毒剤である。

風邪による、或いは薬による発疹の抑制、さらには硫黄による発疹の抑制によく用いられる薬である。これは、これまで説明してきたこれらの事柄を発展させる素晴らしい薬であり、したがって、発疹の抑制や薬物による抑制に有用なレメディーのリストには必ずSulphurが含まれている。

急性の発疹が抑制されている場合でも、Sulphurは貴重なレメディーとなる。抑制された淋病では、Sulphurはしばしば、排出を開始し、消えてしまった状態を再構築するためのレメディーだ。抑制された症状が戻らなければ、治療は不可能である。

Sulphurは、その歴史の最初から、つまりハーネマンの時代からのレメディーであり、ハーネマンの推奨により、処方すべき症状が少ない時、つまり乾癬による症状が潜在している場合に、考慮されるものであった。この状態では、非常に多くの恩恵を受けて与えられてきたので、定番で処方する医師は、その事実を学んできた。

一見(表面的には)よく示されたレメディーが患者を保持できず、よりよいレメディーを探しても症状が見つからない場合、Sulphurが有機組織を深く握り、レメディーがよりよく作用するのは事実である。

この事は経験からもよくわかる。よく示されていると思われるレメディーを与えても、それがその症例を掴んでいないことがあり、次に最もよく示されているレメディーを与え、さらに次のレメディーを与えても、同じ結果になることがある。

なぜなのかと思われるだろうが、症例が明らかにSulphurを必要としていないにもかかわらず、Sulphurを投与することで、基礎的な症状(乾癬が基礎疾患であることが多い)に密接に適合し、レメディーがよりよく作用することがわかる。

これはハーネマンの時代から、老人全てによって確認されてきた観察結果である。

このようなことが必要になるのは、症状が乏しい場合に限られる。多くの検討を経て、最善と思われる方法、つまり、観察及び、全人種の体質の基礎となる条件を知った上で、ある程度正当化できる方法に頼らなければならない。

症状の少ないこれらの症例の根底には、潜在的な状態があり、それは乾癬、梅毒、淋病のいずれかであることがわかっている。もし梅毒だとわかっていれば、梅毒に似たレメディーの中からトップのものを選ぶだろう。

淋病であることがわかっていれば、淋病のように見えるレメディーの部類のトップを選択する。Sulphurは、根底にある乾癬に似たレメディーのリストの先頭にある。従って、根底にある体質が乾癬であることが分かっていて、それが隠された症例であれば、Sulphurは潜在的な原因を開き、積極的な治癒には作用しないとしても、症状をよりよく表すことは事実である。また、Sulphurが乾癬に対するように、Mercuriusは梅毒に対して、Thujaは淋病に対する。

ペンシルバニア州の石炭地域では、鉱山で働く人や鉱山の周辺に住む人々が、Sulphurを必要とすることが多い。石炭は硫黄だけでできているわけではなく、他にも多くの成分が含まれていることは知られており、石炭を扱う人はSulphurを必要とすることが多い。カオリンや陶磁器の製造に使われる様々な製品を常に粉砕している人や、石材関係の労働者は特にCalcareaとSiliceaを必要とするが、炭鉱で働いている人はSulphurを必要とすることがよくある。その患者はSulphurの患者のように見える;彼らの外観はそのようで、たとえ症状が一部に限定され、他のレメディを要求しても、そのレメディからよい作用が得られないが、 Sulphurの一服で、どんどんよくなる。

それは、石炭に多くの硫黄が含まれているためだと信じている人もいる。我々は、このような事を、できるだけ理論化しがちだが、低いポテンシーを高いポテンシーで解毒する習慣には陥りたくない。最後の手段として、その方法を使うだけだ。

レメディを示す症状がない場合、初めてそれを試してみる時であり、正確な人は制限を設けるため、そのような人によってなされた場合のみ、正当と認められる。その人はレメディの与え方を知っている。そのような人は、症状が語りかける限り、それぞれの症例における症状によって導かれる。

精神面は、その人の真実が外に出て、本当の内面の性質を前面に表すもので、Sulphur は、愛情の価値を低下させ、顕著な自分勝手な状態へと駆り立てる。他の人の望みや要求を考慮にいれず、自分のことだけ考える。考えるのは全て、自分の利益の事だけである。この自己中心さがSulphurの患者を貫く。感謝の気持ちは全くない。

哲学狂もまた、顕著な特徴である。偏執狂で、変な抽象的な事や、オカルト的な事、知識を超える物にはまる;形のない様々な事を研究する;変わった特別な事に思いふける。

初めの原因に関し、ある事から別の事へ連続して移しているのを、Sulphurが治している。 原因は何なのかと、あれこれ考え込んでばかりおり、最終的には、物事を神学へ起し、そして「誰が神を創ったのか」と尋ねていた患者を治している。

その女性は部屋の隅に座って、ピンの数を数え、「誰が神を創ったのか」とという解決できない問題に思いを馳せる。

炎症状態においては、炎症部分が紫色に見え、静脈充血がSulphurにおいて見られる。
麻疹が紫色で現れると、Sulphurが要求されることが非常に多い。Sulphuは、素晴らしい麻疹のレメディの一つである。

お決まり通り処方する人は、この疾患にはPulsatillaやSulphurでかなりうまく行き、時にはAconiteとEuphrasiaを必要とする時もある。特に皮膚が浅黒く、麻疹が出ない場合は、Sulphurがその症例を修正するだろう。この紫色は、丹毒や喉の痛み、前腕、脚、顔など、そこら中に見られるだろう。

予防接種で酷くなった場合は、Sulphurで治る事がよくある。これに関してはThujaやMalandrinumと競い合う。

手工芸品を見ると、必ず誰が作ったかを聞かずにはいられない女性がいた。その創作者を探し出すまで、決して満足せず、そして、その人の父親は誰なのかも知りたがる;患者は座って、あの人は誰なんだろう、アイルランド人なのだろうか、など思いを巡らせる。

それがSulphurの特徴である。それを見つける希望も全くなく、答えを得る可能性も全くい
類の理論である。それは、基盤があり、追求でき、連続した理論があり、真実に関する理論がある哲学ではなく、基盤のない擦り切れた、狂信的な哲学である。

Sulphurは、整然としたやり方に従う事を嫌い、現実的な仕事を嫌い、系統だった業務を嫌う。 Sulphurの患者は、いわゆる発明の天才である。頭にアイデアが浮かんだら、それを除外できない。偶然何かになるまで、それを追いかけ、そのようにして発明することが多い。

Sulphurの患者は、このようである。この人は、大抵無知で、自分は偉大な人物だと想像する:彼は、教育を見下し、文士やその業績を軽蔑し、自分は教育を超越している事を、どうして皆わかってくれないのだろうか、と不思議に思う。

また、この患者は、宗教的に落ち込んでおり、理性をわきまえた宗教について考えず、自分自身について馬鹿げた考えについて、考え込む。患者は絶え間なく祈り続け、いつも自分の部屋に閉じこもり、希望もなく、うめく。自分は、恩恵を受けられる日を、自分の罪で逃してしまったと思っている。

Sulphurが必要な患者は、思考が鈍く混乱している状態であることが多く、思考を集めることができず、集中力が欠けている。座って一つのことをずっと考え込み、何かに気を集中させようとしている。朝起きると、思考が鈍く、頭が充満し、目眩がする。外気中で、目眩がする。外気中で、頭が一杯で鈍く、鼻風邪をひき、そのため気が混乱する。

テキストには、広範囲に渡って、使用されてきた、という表現がある。

「馬鹿げた喜びとプライド;自分は美しい物を持っている、と思っている;ボロ布さえ美しく見える」。

狂った人や、ある考えを除いては狂っていない人に、そのような状態がある。

Sulphurの患者は仕事を嫌う。座って何もせず、奥さんに洗濯させ、自分の世話をさせるため「働かせて、妻の爪を剥ぎおとす」;そして、それが妻にとっていいと思っている。

Sulphurの患者から、品がある状態がなくなってしまったように見える。Sulphurは、潔癖な物全てに対して、真反対である。 Arsenicumは典型的潔癖症であり、この2つのレメディは、極端に相反している。Arsenicumは、自分の服は素敵で清潔で、全てハンガーにきちんとかけてあり、絵は全部壁にきちんとかけてあり、全部素敵できれいにしておきたい; そのため、Arsenicumの患者は、その素敵さと潔癖さ、清潔さのため、「黄金の握りが付いた杖」と呼ばれて来た。その全て真反対なのが、Sulphurの患者である。

「仕事も、楽しみも、話す事も、動く事も、何もかもが嫌;心身共に怠惰」
「生きる事に飽き飽きし、死を切望する」
「気だる過ぎて、起き上がれず、不幸せすぎて、生きられない」
「(子供は)洗われる事を酷く恐る」

そう、シャワーを浴びるとなると、その子は大泣きするだろう。Sulphurの患者は、水を恐れ、入浴して風邪をひく。

関係についてだが、Lycopodiumの直前にSulphurを与えてはいけない。Sulphur、Calcarea、Lycopodiumという順番で回るグループに属している。

SulphurはLycopodiumの後だと、うまく行く。SulphurとArsenicumもまた関係がある。 しばらくの間、Sulphurで症例を扱い、その後しばらくの間Arsenicumが必要で、それからSulphurに戻る事が非常に頻繁にある。Sulphurは、ほとんどの急性のレメディの後にうまく続く。

*Sulphur (ソーファー/硫黄) ②に続く


Drei Tipps zur Heilung der Krankheit

Wenn Sie krank werden, sind vor allem Rauchen und weniger Trinken,
mäßige Schlafzeit, regelmäßiges Leben, mäßige Bewegung, Flüssigkeitszufuhr usw.
sind die grundlegenden Dinge.
Darüber hinaus gibt es drei Ratschläge, die einen großen Beitrag zur Heilung leisten.

Tipp 1: Auf Vegetarier oder Veganer umstellen

Wenn Sie tierisches Eiweiß reduzieren, ändert sich der Stoffwechsel Ihres Körpers dramatisch.
Es scheint, dass viele Menschen anfangs müde werden,
wenn Sie auf vegetarian/vegan Ernährung umstellen.
Denn die Entgiftung schreitet voran.
Trinken Sie mehr warmes Wasser, bewegen Sie sich, damit Ihr Körper das Gift loswird.

“Sie müssen nicht zu viel Protein essen”, sagte Dr. Campbell, Autor von “The China Study”. Idealerweise sollten Sie 0,8-1 g pflanzliches Protein pro kg
durchschnittlichem Körpergewicht zu sich nehmen
mit 1g pro kg Körpergewicht für Kinder und Jugendliche,
und 0,5 g pro kg Körpergewicht für Erwachsene, die sich nicht viel bewegen.

Hinweis:Hinduism Today April/May/June 2008, s. 60-61

Für Details

Tipp 2: Entgiftung

Heute ist Mutter Erde mit verschiedenen chemischen Substanzen belastet.
Nicht nur die Umwelt, sondern auch die Lebensmittel, die wir täglich essen.
Daher verändert eine Entgiftung des Körpers oft die Symptome der Krankheit.

Entgiftungsmethoden umfassen Fasten, Petit Fasting,
Leberreinigung, Darmreinigung,
Quecksilberentgiftung u.s.w.

Fasten kann erfolgen, indem man nichts anderes als Wasser isst,
oder indem Sie Spirulina usw. einnehmen und mehrere Tage lang fortfahren.

Meine Lieblingsmethode ist es, an den Tagen, die Ekadasi genannt werden,
3-4 Tage vor Neumond und Vollmond,
um genau zu sein, am 11. und 26. des Mondkalenders,
nur Wasser zu trinken statt zu essen.
Dieser Ekadashi-Tag ist ein wunderbarer Tag,
an dem die Energie des Universums und Gottes
die Denkweise des Nichtessens unterstützen.

Petit Fasting ist eine Methode,
eine kleine Menge Fleisch für etwa eine Woche zu essen,
Alkohol zu reduzieren, Tabak zu reduzieren usw.
oder vegetarisch oder vegan nur bei Vollmond und Neumond.

Dies erspart manchen Menschen eine Schulteroperation.

Die Methode des verstorbenen Dr. Moritz ist berühmt für die Leberreinigung.
Dies dient der Reinigung der Leber nach 6 Tagen veganem Leben
mit Apfelsaft oder Bittersalz (Magnesiumsulfat).
Es kommen viele Gallensteine heraus.
Auf diese Weise werden Gallenblase und Leber gereinigt und die Entgiftung des Körpers gefördert.

Die Darmreinigung sollte von einem Spezialisten durchgeführt werden.

Sie können Schüssler Salz auch zur Entgiftung verwenden.
Die Nummer kann in Ihrem Land unterschiedlich sein,
überprüfen Sie daher bitte den Namen des Arzneimittels.

Nr.6 Kali-Sulf. * Leberentgiftung
Nr.9 Nat-phos. * Ausscheidung von Säure aus den Nieren
Nr.10 Nat-Sulf. * Aktiviert die Leber und den gesamten Stoffwechsel
No.11 Silica Silica * Entgiftung von Bindegewebe und Niere

Es ist eine gute Idee, die Tageszeit zu ändern.

Der Grund, warum ich Quecksilberreinigung hinzugefügt habe, ist,
dass das Amalgam in Ihren Zähnen Quecksilber enthält
und als Konservierungsmittel in Impfstoffen verwendet wird.

Meeresfische enthalten viel Quecksilber,
und tatsächlich werden schwangere Frauen vom Gesundheitsministerium gewarnt.

Quecksilber verursacht Ataxie, Sprachstörungen, Sinnesstörungen, Bewegungsstörungen, Tunnelblick und Allergien.

Suchen Sie zur Quecksilberentgiftung nach einer Klinik, die Quecksilber entgiftet.


Sie können auch homöopathisches Quecksilber (Mercurius viv. oder sol) verwenden.

Und beim Fasten und Entgiften,
um Gift aus dem Körper zu entfernen,
Ich empfehle Ihnen, häufiger warmes Wasser zu trinken,
entspannende Ganzkörperbewegungen wie Yoga zu machen
und sich durch Meditation oder andere Methoden zu entspannen.

Tipp 3: Reduzieren mentalen und emotionalen Stress

Es wird gesagt, dass 80% der Krankheitsursachen aus dem Verstand kommen.
Egal, ob Sie in Schulmedizin oder Naturheilkunde sind,
ich empfehle dringend, dass Sie gleichzeitig Ihren mentalen Aspekt loslassen.

Der Stress der Vergangenheit oder negative Reaktion hat sich angehäuft,
was Ihre Energie stagniert,
und Sie, das wahre Selbst, die Existenz von Liebe und Licht,
sind einfach in die Wolken eingetreten und verschwommen.

Ich empfehle Ihnen, Ihren Therapeuten zu konsultieren.
Es gibt Dinge, die Sie selbst tun können,
aber durch die Therapie wird der Therapeut zu einer Art Spiegel
und der versteckte Stress kann reibungslos abgebaut werden.

Klicken Sie hier für eine einfache Selbstheilungsmethode.

Wie man Angst und Furcht loslassen kann

So lösen Sie das Problem Ihrer Beziehungen

Wie Sie Ihre negativen Glaubenssätze loslassen können

Insbesondere die psychiatrische Versorgung ist für die Behandlung von Krebs unabdingbar.
Erstens ist die Deklaration als Krebs mit “Tod” verbunden.
Sie, Ihre Familie, Freunde und Bekannte glauben alle, dass Krebs den “Tod” verbindet.
Dieser kollektive Glaube erzeugt viel negative Energie.

Dieser Glaube muss zunächst neutral sein.

Einige Ursachen für Krebs sind auch Schock oder großer Stress.
Die Linderung des Schocks und des Stresses wird eine große Kraft sein,
um den Vektor in Richtung „Leben“ statt in Richtung „Tod“ zu bewegen.

Ich schlage Ihnen eines vor:
jeden Morgen (auch an bewölkten Tagen),
wenn Sie aufwachen, der Sonne oder dem Universum erklären
“Ich lebe heute den ganzen Tag gut.”

Wenn möglich, erklären Sie es mit Ihrer Familie.
Dieser Klanggeist sollte große, starke, positive Energie erzeugen.

Warum Vegetarisch? Vegan?

1993 wurde ich Vegetarier.
Der Grund war, dass ich damals in Taipeh (Taiwan) lebte,
Ich habe viele Europäer getroffen, die Vegetarier sind,
egal ob ich Yogabücher oder buddhistische Bücher lese,
vegetarisches Essen scheint gut zu sein,
und Taiwan ist ein vegetarisches Paradies, hat viele vegetarische Restaurants.

Auch mein Großvater in Japan war im 19. Jahrhundert vegan.

Ich schätze, viele Leute haben vielleicht Bedenken bezüglich der Ernährung,
um Vegetarier zu sein

Ich habe viele Taiwanesen und Inder getroffen,
die in einer vegetarischen Familie geboren und aufgewachsen sind.
Sie waren zweifellos gesund.

Ich traf eine Taiwanesische Yogalehrerin, die über 70 Jahre alt war (1993),
die als Kind schwach war,
aber ihr Großvater empfahl ihr Yoga, Fasten und vegetarische Ernährung,
was sie vollkommen gesund machte.

In letzter Zeit machen Vegane Sportler auf sich aufmerksam.
Novak Djokovic ist einer von ihnen, der auf Vegan umgestiegen ist,
der in allen Aspekten der geistigen, körperlichen und Ausdauer positiv profitiert hat.

Sie nehmen Gemüse, Obst, Getreide und pflanzliches Protein zu sich.

Jetzt werde ich über den Grund sprechen, Vegetarier zu sein
und wie man die Ernährung umstellt.

Was ist der Grund, Vegetarier/Veganer zu sein?

Es gibt vier Hauptgründe:
1 ) Für die körperliche Gesundheit
2 ) Nächstenliebe für Tiere
3 ) Einfluss auf Emotionen, Gedanken und Aura-Ebenen
4 ) Umweltprobleme

1.Für körperliche Gesundheit

Der menschliche Körper scheint nicht für fleischfressende Zwecke gemacht zu sein.

Fleischfresser haben
starker Speichel scharfe Zähne,
starker Magensaft,
und Darm viermal so lang wie ihr Körper.

Auf der anderen Seite über den Menschen
Speichel und Magensaft sind schwächer als bei fleischfressenden Tieren
hat nur 4 scharfe Zähne,
der Darm ist 10 mal länger als der Körper.

Auch aus Sicht des pH-Gleichgewichts ist es besser,
eine große Menge Gemüse und Obst zu sich zu nehmen.
Tatsächlich gibt es viele Fälle, in denen sich die Krankheit
durch die Umstellung auf eine vegetarische Ernährung gebessert hat.
Sogar Fleischfresser fressen das Gras im Magen-Darm-Trakt von Pflanzenfressern.

2. Wohltätigkeit für Tiere

Im Westen gibt es mehr Vegetarier,
die an das Leben der Tiere denken als an die eigene Gesundheit.

Aus spiritueller Sicht unterscheiden sich die Seelentypen zwischen Tieren und Pflanzen.
Es wird gesagt, dass es neben Menschen auch viele Tiere Emotionen haben.
Der Unterschied besteht darin, dass Pflanzen viele Samen produzieren
und ihr Leben verlängern können.

Wenn ich an ein Tier denke, das getötet wurde und blutet,
ist es traurig und es tut mir leid.

3.Auswirkungen auf Emotionen, Gedanken und Aura-Ebenen

Das Töten hat Auswirkungen auf Emotionen, Gedanken und Aura-Ebenen.
Der grobe Teil der Nahrung wird zu Blut und Fleisch.
Und obwohl der Körper unsichtbar ist, sagt man im Yoga und im Ayurveda,
dass er Emotionen, Gedanken und Aura-Ebenen beeinflusst.
Sie können sich vorstellen, dass die Angst vor Tieren,
wenn sie getötet werden, uns betrifft.

Ayurveda sagt, dass Essen macht.
Fleisch, Fisch und Eier gehören zum Element von „Tamasic (Unverblümtheit)“
und werden als Unwohlsein, Mangel an edlen Idealen und Zielen und deprimierend eingestuft.

Andererseits gehören Gemüse, Obst, Nüsse und Hülsenfrüchte
zum Element von „Satovic (Reinheit)“,
die Reinigung, Reinheit, Positivität und Kreativität schaffen.

In der Schweiz gab es einen Bericht, dass
“das Kind sich nach der Umstellung auf Bio-Lebensmittel beruhigt hat”.
Dies bestätigt auch, wie Essen die spirituelle Seite beeinflusst.

4.Umweltprobleme

Es wird gesagt, dass die Menge an CO2, die durch Viehfutter, Schlachtung, Mist usw.
emittiert wird, ungefähr 7,8 kg pro 1 kg Fleisch in Geschäften beträgt.

Der World Wildlife Fund berichtet in Deutschland,
dass man durch einen wöchentlichen fleischfreien Tag den CO2-Ausstoß reduzieren kann,
was der Fahrleistung eines Autos von 75 Milliarden Kilometern entspricht.

Wie man auf eine vegetarische Ernährung umstellt

Die Empfehlung lautet, sich langsam an den Körper zu gewöhnen.
Es gibt viele Arten von Vegetariern.

Pescetarismus,
der Fisch und Eier isst.

Ovo-Vegetarier,
der kein Fleisch und keinen Fisch isst, sondern Eier isst.

Lacto-Vegetarier (indische Art),
der kein Fleisch, Fisch, Eier isst, sondern Milchprodukte isst

Veganer,
der keine tierischen Produkte isst.

Buddhistischer Vegetarier,
der keine tierischen Produkte isst, sowie keinen Knoblauch, Zwiebeln, Lauch und Schalotten

Makrobiotik,
die vegan ist und über das Gleichgewicht von Yin und Yang nachdenkt

Es ist gut, sich schrittweise zu ändern:
Rindfleisch wird zu Schweinefleisch, Schweinefleisch zu Hühnchen,
Hühnchen zu Fisch, Fisch zu Eiern und Eier zu Milchprodukten.

Oder es ist eine gute Idee, so weit wie möglich vorzugehen,
z. B. vegetarische Ernährung nur bei Vollmond und Neumond
oder nur jeden Montag vegetarisch usw.

Bei vegetarischer Ernährung geht es um Vitamin B12, Kalzium und Eiweiß.

Vitamin B12 kommt in Grüner Laver, Algen, getrockneten Shiitake-Pilzen
und Milchprodukten vor.

Calcium kommt in Sojaprodukten, Brokkoli, Rapsblüten,
getrocknetem weißen Rettich, getrockneten Feigen, Algen
und Milchprodukten vor.

Vitamin D, das die Aufnahme von Kalzium fördert,
ist wahrscheinlich der natürlichste Vorgang,
wenn man ins Freie geht und es im richtigen Sonnenlicht produziert.

Protein kommt in Hülsenfrüchten, Nüssen, Vollkornprodukten, Brokkoli,
Spargel, grünen Sojabohnen und Avocados vor.

Außerdem muss Protein nicht überdosiert werden,
sagt Dr. Campbell, Autor von „The China Study“.

Studien haben gezeigt, dass Chinesen, die keine Milchprodukte zu sich nehmen,
weit weniger Osteoporose haben als Westler die Milchprodukte einnehmen,
die Kalzium in ihrem Urin produzieren,
das der Körper bei einer proteinreichen Ernährung aufnehmen sollte.

Idealerweise sollten Sie 0,8-1 g pflanzliches Eiweiß pro kg
durchschnittlichem Körpergewicht zu sich nehmen,
wobei 1 g pro kg Körpergewicht für Kinder
und Jugendliche und 0,5 g pro kg Körpergewicht
für Erwachsene, die sich nicht viel bewegen, zu sich nehmen.

Hinweis:Hinduism Today April/May/June 2008, s. 60-61

Der verstorbene Dr. Naram von Ayurveda fand auch heraus,
dass Südinder eine geringere Inzidenz von Herzerkrankungen haben
als Nordinder, die mehr Milchprodukte konsumieren.

Hinweis:Hinduism Today April/May/June 2008, s. 62

Mit anderen Worten,
wir essen möglicherweise zu viel Tierfutter aufgrund der Vorurteile,
auch aus dem Wunsch heraus, Stress abzubauen
und der Lust auf leckeres Essen.

Three tips to cure the disease

When you get sick, first of all,
smoking and drinking less,
moderate sleeping time, regular life, moderate exercise, hydration, etc.
are the basic things.
In addition to this,
there are three advice that will do a great job towards healing.

Advice 1: Change to vegetarian or vegan

When you reduce animal protein, your body’s metabolism changes dramatically.
It seems that many people get tired at first, when you change to veg/vegan diet.
That is because detoxification progresses.
Drink more warm water, exercise, so that your body will get rid of the poison.

“You don’t have to eat too much protein,” said Dr. Campbell, author of “The China Study”.
Ideally, you should get 0.8-1g of vegetable protein per kg of average body weight,
with 1g per kg of body weight for children and adolescents,
and 0.5g per kg of body weight for adults who do not move much.

Reference : Hinduism Today April/May/June 2008, p.60-61

For details

Advice 2: Detox

Today mother earth is polluted with various chemical substances.
Not only the environment, but also the food we eat every day.
Therefore, detoxifying the body often changes the symptoms of the disease.

Detoxification methods include fasting, petit fasting, liver cleaning,
intestinal cleaning, and mercury detox, and so on.

Fasting can be done by not eating anything other than water,
or by taking the spirulina, etc. and continuing for several days.

My favorite method is to drink only water instead of eating
on the days called Ekadasi, 3-4 days before the new moon, and full moon,
to be exact, on the 11th and 26th of the lunar calendar.
This Ekadashi Day is a wonderful day
in which the energy of the universe and God support the mindset of not eating.

Petit fasting is a method of eating a small amount of meat for about a week,
reducing alcohol, reducing tobacco,etc.
or vegetarian or vegan only for the full moon and new moon.

This saves some people from having shoulder surgery.

The late Dr. Moritz’s method is famous for liver cleaning.
This is to clean the liver after living vegan for 6 days
by using apple juice or Epsom salt (magnesium sulfate),
A lot of gallstones come out.
This is a way to cleanse the gallbladder and liver and promote detoxification of the body.

Intestinal cleaning should be done by a specialist.

You can also use Tissue salts for detoxification.
The number may be different in your country, so please check the name of remedy.

No.6 Kali-sulph. * Liver detoxification
No.9 Nat-phos. * Excretion of acid from the kidneys
No.10 Nat-sulph. * Activates the liver and overall metabolism
No.11 Silica Silica * Detoxification of connective tissue and kidney

It’s a good idea to change the time of the day.

The reason I added mercury cleansing is that
the amalgam in the teeth contains mercury
and it is used as a preservative in vaccines.

Sea fish contain a lot of mercury,
and in fact, pregnant women are warned by the Ministry of Health
not to eat large fish.

Mercury causes
ataxia, speech disorders, sensory disorders, movement disorders,
tunnel vision, and allergies.

For mercury detoxification, look for a clinic that will detoxify mercury.


You can also use homeopathic Mercury (Mercurius viv. or sol).

And while fasting and detoxing,
to remove poison from the body,
I suggest you to drink warm water more often,
to do relax whole body movement like yoga
and to relax yourself by meditation or other methods.

Advice 3: Relieve mental and emotional stress

It is said that 80% of the causes of illness come from the mind.
Whether you are on school medicine or natural therapy
I strongly recommend that you release your mental aspect at the same time.

The stress of the past or negative reaction has been piling up,
which stagnate your energy,
and you, the true yourself, the existence of love and light,
just entered the clouds and became hazy.

I recommend you to consult with your therapist.
There are things you can do by yourself,
but by receiving therapy, the therapist becomes a kind of mirror
and the stress that was hidden smoothly can be released.

Click here for a simple self-healing method.

How to release fear and anxiety

How to solve the problem of your relationships

How to release your negative beliefs

In particular, the mental care is essential for the treatment of cancer.
First, being declared as cancer is associated with “death.”
You, your family, friends and acquaintances
all believe the cancer connects”death.”
This collective belief creates a great deal of negative energy.

At first, this belief needs to be neutral.

Also, some causes of cancer are shock or great stress.
Relieving the shock and stress will be a great force
to move the vector toward “living”
instead of toward “death”.

I suggest you one thing :
every morning (even on cloudy day) when you wake up,
declare to sun, or to the universe
“I’m living well all day today.”

If possible, declare it with your family.
This spirit of sound should produce big, strong, positive energy.

Why vegetarian ? Vegan?

I became a vegetarian in 1993.
The reason was that I lived in Taipei in Taiwan at that time
Met many European who are vegetarian,
whether I read yoga books or Buddhist books, vegetarian food seems to be good,
and Taiwan is a vegetarian paradise, has plenty of vegetarian restaurants.

Also my grandfather in Japan was vegan in 19th Century.

I guess many people might have some anxious about nutrition to be Vegetarian

I met many Taiwanese and Indians who were born and raised up in a vegetarian family.
They were no doubt healthy.

I met a Taiwanese yoga teacher, who was over 70 years old (in 1993),
who had been weak as child,
but her grandfather recommended her to do yoga, fasting and vegetarian diet,
which made her completely healthy.

Recently, vegan athletes have been attracting attention.
Novak Djokovic is one of them, who has switched to vegan,
who has benefited positively in all aspects of mental, physical and stamina.

They take vegetables, fruits, grains, and plants based protein.

Now I will talk about the reason to be Vegetarian and how to switch the diet.

What is the reason to be vegetarian / Vegan?

There are four main reasons :
1) For physical health
2) Charity for animals
3) Impact on emotions, thoughts, and aura levels
4) Environmental problems

1.For physical health

The human body does not appear to be made for carnivorous purposes.

Carnivores have
strong saliva
sharp teeth,
strong gastric juice,
and intestines four times as long as their bodies

On the other hand, about humans
the saliva and gastric juice are weaker than carnivorous animals
have only 4 sharp teeth,
the intestine is 10 times longer than the body.

Also, from the view of Ph balance,
it is better to have a large amount of vegetables and fruits.
In fact, there are many cases where the disease has improved
by switching to a vegetarian diet.
Even carnivores eat the grass in the gastrointestinal tract of herbivores.

元気な腸のイラスト

2.Charity for animals

In West there are more Vegetarian who consider about the life of animals
than the reason about own health.

From a spiritual point of view,
the types of souls are different between animals and plants.
It is said that there are a lot of animals have emotions as well as human-being.
The difference is that plants can produce many seeds and increase their lives.

When I think of an animal that has been killed and bleeding, I feel sad and sorry for it.

3.Impact on emotions, thoughts, and aura levels

There are effects from killing on emotions, thoughts, and aura levels.
The coarse part of food becomes blood and meat.
And although the body is invisible, it is said in yoga and Ayurveda
that it affects emotions, thoughts, and aura levels.
You can imagine that the fear of animals when they are killed affects us.

Ayurveda says that food makes you.
Meat, fish, and eggs belong to the element of “Tamasic (bluntness)”,
and are classified as malaise, lack of noble ideals and goals, and depressing.

On the other hand, vegetables, fruits, nuts and legumes belong to the element of
“Satovic (purity) “
which create purification, purity, positiveness and creativity.

There was a report in Switzerland that
“the child calmed down after switching to organic food”.
This also confirms how food affects the spiritual side.

4.Environmental problems

It is said that the amount of CO2 emitted from livestock feed, slaughter, manure, etc. is
about 7.8 kg per 1 kg of meat in stores.

The World Wildlife Fund reports in Germany that
if you make a weekly non-meat day, you can reduce CO2 emissions,
which is equivalent to a car’s 75 billion kilometers of mileage.

牧場のイラスト

How to change to a vegetarian diet

The recommendation is to gradually get used to the body.
There are many types of vegetarians.

Pescatarianism,
who eats fish and eggs.

Ovo vegetarian,
who doesn’t eat meat and fish, but eat eggs.

Lacto vegetarian (Indian style) ,
who doesn’t eat meat, fish, eggs, but eat dairy products

Vegan,
who doesn’t eat any animal products.

Buddhist vegetarian,
who doesn’t eat any animal products, plus no garlic, onions, leeks and scallions

Macrobiotic,
who is vegan and think about the balance of yin and yang

It will be good to change gradually
beef to pork, pork to chicken, chicken to fish, fish to eggs, and eggs to dairy products.

Or, it will be a good idea to proceed as much as you can,
such as vegetarian diet only for the full moon and new moon,
or veggie only every Monday, etc.

Thinking about vegetarian diet is
the issue of vitamin B12, calcium and protein.

Vitamin B12 is found in green laver, seaweed, dried shiitake mushrooms,
and dairy products.

Calcium is found in soy products, broccoli, rape blossoms, dried white radish, dried figs, seaweed, and dairy products.

Vitamin D, which promotes the absorption of calcium, is probably the most natural act of going outdoors and producing it in the proper sunlight.

Protein is found in legumes, nuts, whole grains, broccoli, asparagus, green soybeans, and avocados.

Also, protein does not need to be overdose, says Dr. Campbell, author of “The China Study”.

Studies have shown that Chinese people
who do not take dairy products have far fewer osteoporosis
than Westerners who take dairy products that produce calcium in their urine
that the body should absorb on a high-protein diet.

Ideally, you should get 0.8-1g of vegetable protein per kg of average body weight,
with 1g per kg of body weight for children
and adolescents, and 0.5g per kg of body weight for adults who do not move much.

Reference : Hinduism Today April/May/June 2008, p.60-61

The late Dr. Naram of Ayurveda also found that
South Indians have a lower incidence of heart disease than
North Indians who consume more dairy products.

Reference : Hinduism Today April/May/June 2008, p.62

In other words,
we may be eating too much animal food
because of the prejudice planted,
also because of the desire to relieve stress
and of the lust to eat tasty food.