Valeriana(ヴァレリアナ/吉草)

このレメディは、興奮しやすい女性や子供の多くの神経症やヒステリーの現象、心気症患者の病訴を治す。

ひどい神経の興奮、高揚、ヒステリー性拘縮、震え、動悸、浮遊感、発作性呼吸、縫われるような痛み、四肢の緊張、痙攣、単攣縮、ヒステリー球。

胃から暖かいものが上がってくるような感覚があり、発作的な息苦しさを感じる。神経が全て苛立つ。全感覚が全て過敏;ひどく神経質で落ち着きがない。

これらの一般的な症状はすべて安静時に現れ、動いたり、移動することによって緩和される。失神しやすい。軽い労作で症状が現れる。病訴はコロコロ変わり、痛みはあちこちをさまよう。

脊椎の炎症で、運動によって改善し、多くの労作によって悪化する場合に生じる、多くの何でもない神経症状に対する優れたレメディーである。このような場合、労作により頭痛が起こる。休息中に全身に刺すように痛みがある。

精神状態はしばしば恍惚状態またはヒステリー状態である。精神状態や観念が急速に変化する。精神症状は夜間に現れ、イメージや、動物、人が見える。精神状態は、ある種の極端な活動、緊張、興奮状態であり、一つの主題から別の主題へと移る。

考え違い;自分が誰か他の人であると思い、ベッドの端に移動して場所を確保する;動物が自分の近くに横たわっていると想像し、怪我をするかもと思う。夕方、暗がりで恐怖を感じる。暗がりで症状が悪化する。大きな悲しみと苛立ち。不機嫌で、苛立ちやすい。精神症状は休息中、座ったり横になったりしている時に現れ、歩き回るとそれは消える。

前かがみになると眩暈がする。空中に浮いているような軽い感じ。

夕方、休息中に激しい神経性の頭痛が起こり、動くと改善する。頭部に麻痺したような痛み。刺すような、引き裂かれるような痛み。頭が非常に冷たくなる感覚。太陽の熱や光にさらされると頭痛がする。野外や風通しのよい場所で悪化する。額および眼球の痛み。頭皮の緊張と収縮。頭頂部に氷のような冷たさがある。

野性的な目つき。暗闇の中で目の前に閃光が走る。朝、目が圧迫される。目の痛み。視力が非常にいい。

聴覚がさえる。耳鳴りがする。シュッという音や耳鳴り。

顔が赤く、野外で熱くなる。顔面や歯に縫われるような痛みがある。顔面に突然痙攣性の痛みが起きる。筋肉がひきつり、顔面に引かれるような痛みがある。顔面神経痛、これは休息中に悪化する。

厚い苔がある舌;腐敗した味。起床時に口の中が平らである。

唾液分泌と嘔吐を伴い、喉に糸が垂れているような感覚。吐き気を伴い、貪るような飢餓感。症状は胃が空っぽの時に悪化し、朝食後に改善される。

断食から起きる病訴。腐った卵のような排泄物、朝。腐った液体のゲップ。吐き気、失神、体が氷のように冷たい。母親が怒った後、子供に授乳すると、子供はすぐに吐く、子供は塊の凝固したミルクの塊を吐く。

腹部の膨張。腹部の切れるような痛み。疝痛。晩に床で、或いは夕食後に起きるヒステリーの女性のけいれん。

乳児の凝固した乳を伴う水様性下痢。小児で腹部の痙攣とテネスムスを伴う、緑がかった乳頭状の便と血液。便の中に寄生虫がいる。尿を出そうとするとき肛門が突出する。

神経質な女性の多量の頻尿。尿の沈殿物が赤や白っぽくなる。

月経は遅く、少量である。

眠りに入る時に喉が詰まる;窒息するように目が覚める。呼吸は、止まるまで、より浅く、より速くなる:その後、発作中に、すすり泣こうとすることで、呼吸を整える。(Ignatia,Ox.ac.と比較)。

ヒステリックで非常に神経質な女性の発作的な呼吸。ヒステリー球。

胸に刺すような痛み。胸が圧迫され,咽喉にしこりができる。右胸と肝臓に刺すような痛み。心臓に刺すような痛みがあり、脈が速く、小さく、弱い。

安静時に背中の小さい部分に痛みがあり、歩くと改善される。肩甲骨のリウマチ性疼痛。

四肢のリウマチ性疼痛が、労作後の安静時に悪化し、歩行により改善される。安静時に手足が引きつったり、ピクピクしたり、筋肉が痙攣する。手足が重く、引きつり、手足を動かさなければならないが動かせないように感じる。

腕や肩の痛み。腕の縫合痛とともに筋肉が引きつる。手や腕のヒステリックな拘縮。上腕骨に電気ショックのような、けいれん性の破裂するような痛みが繰り返し起こり、強烈に痛む。書くときに上腕二頭筋が痙攣する。

立っていると坐骨に沿って痛み、歩くと改善される。大腿から臀部にかけて引き裂かれるような痛みがある。

手足を交差させたときにふくらはぎが裂けるように痛い。

安静時に大腿部の筋肉が裂けるように痛い。

安静時に下肢の激しい引きつり、ピクピクする痛み。

座っていると大腿、脚および腱鞘が引きつり、歩くと改善される。労作後、階段の上り下りの際や、歩行時に足首に痛みが生じる。座ると足根骨に痛みが走る。

休息中に踵が痛む。

下肢および臀部の激しい引きつり、ぐいっと引っ張られるような痛みがあり、立っていると悪化する。

下肢、ふくらはぎ、足にヒステリー性の痙攣が起こる。

夜中前に眠れない。手足の痙攣で眠れない。鮮明な夢を見る。歩くと症状が悪化する。

Calcarea Fluorica(カルクフロア/フッ化カルシウム)

石灰とフッ酸の化学的結合は、新しい性質と特性を持つレメディを生み出す。これらの元素のどちらか、あるいは両方に精通していても、結合したこのレメディが持つ治癒力を予測することはできないだろう。

腺や細胞組織や骨の形成物の硬化した浸潤を治す力がある。

腱や骨膜外反の結節、石のようなヒゲ腺、骨膜の骨浸潤、軟骨の米粒などが、症状が少ない時に、このレメディーによって治癒したことは、驚くべきことであった。

もちろん症状が一致すれば治るが、個別化が頻繁にできるように、プルービングすることが必要である。

膝の穴に再発した筋腫を、一度切開で取り除いたが、再発し、拳の大きさにまで大きくなった。脚を45度まで引き上げると、膝が動かなくなった。

この素晴らしいレメディーが、症例の症状と腫瘍の硬さを考慮して処方された。腫瘍は次第に小さくなり、四肢は正常になり、相変わらず良好である。この患者はその後、健康な子供を産み、現在も完全に病気とは無縁である。現在、治癒して10年になる。

寒さ、微風、天候の変化、湿った気候に敏感である。症状は温熱と温熱塗布によって改善される。症状は安静時に悪化する。

多量の青白い尿と下痢を伴う痛風に有効な治療法である.

患者は悲しく惨めである。セファラエマトーマと呼ばれる幼児の頭蓋上の変動性腫瘍を治癒している。

視覚を働かせた後、目の前がぼやける。白内障、角膜の縁が硬い場合の潰瘍、硬くて小さい斑点や結膜炎も治す。アデノイドや鼻から出る濃い黄緑色の分泌物も治している。

喉の痛み,潰瘍,肉芽,寒さで悪化し,暖かい飲み物でよくなる.痛みは夜間に悪化する。扁桃腺の炎症が大きい場合、Baryta carb.が効かない場合に治す。

夜間、肝臓が痛み、痛む側に寝ると悪化し、動くとよくなる。肝臓の切れるように痛く、歩くと良くなる。

痛風患者における下痢。肛門および痔のかゆみ、痛み、硬い出血。肛門の裂け目。便秘。

多量の水様尿。強い臭いの尿。排尿時に痛みを伴う。

精巣の硬結。結節性精巣。

外陰部静脈瘤。子宮筋腫。乳房の硬い結節。

喉頭の乾燥やくすぐり。声帯をきれいにしたがる。音読の後の嗄声。食後および寒冷時に、喉頭のくすぐったさから声が枯れた咳をする。痙攣性咳嗽。

第8肋骨角の外骨腫を治している。

腰痛は安静時に悪化し,熱を加えると良くなるが,Rhusが効かなかった後に治している。背中の痛み,仙骨に及ぶ.頸部腺の硬化。

鮮やかな夢、すっきりしない眠り。夢を見ている最中に、ベッドから飛び降りる。

化膿においては、Silicaに似ている。

Calcarea silicata (カルカレア・シリカタ / ケイ酸カルシウム)

石灰のケイ酸塩は、非常に深く作用するレメディーである。症状は、朝、昼、午後、夕方、夜、夜中など、昼夜の区別なく現れる。

皮膚、粘膜、骨、腺に深く作用する。膿瘍、カタル性分泌物、潰瘍は、厚く、緑がかった黄色の膿が顕著。厚い、緑黄色の痰が出る。外気に対する嫌悪。風に過敏である。

ワインやアルコール性刺激物に非常に敏感である。貧血のような顕著な青白さ、Calcareaのような衰弱と階段の上り下りの息切れ。入浴を嫌がり、入浴で悪化する;特に水浴が好きだったプルーバーが水浴で悪化している。

朝食後に悪化。上皮腫と狼瘡を治している。

CalcareとSilica共に知られているように、症状が一致する場合、虫歯のレメディーとなるだろう。

天候の変化、温暖から寒冷まで、すべての症状が悪化する。多くの症状は、性交後に悪化する。

一般に寒さ、冷たい空気、寒くなること、寒くなった後に悪化する;寒くて湿った天候で悪化する。寒い天候で寒さを感じる;常に寒さを感じているようだ;多くの内部鬱血。

開口部の収縮、痙攣性傾向。てんかん患者の体質を大きく緩和し、発作を軽くし、てんかんを起こりにくくする。

静脈は大きく膨張し,多くの部位で膨満感を覚える。症状は食事中と食後に悪化する。

衰弱が著しく、特に肺結核の遺伝がある子供には顕著である。衰弱、寝汗、射精。わずかな労作でも衰弱し、多くの症状がひどくなる。

失神が忍び寄る。

筋肉が弛緩する。少食や絶食すると快適に感じる;冷たい食物、冷たい牛乳および冷たい飲料は多くの病訴を悪化させる。

粘膜から出血しやすい。咽頭、鼻、喉頭および胸部から出血する。

常に冷え性;生命熱が著しく欠如している。ある冷え性のプルーバーは、プルービングと治療後、暖かくなった。熱くなりすぎるとと非常に悪化する。

体が重く感じられ、臓器が引きずり落ちるよう。

外部および内部の炎症;骨および腺。どの内部部位も、きしみに非常に敏感である。

昼夜問わず倦怠感があるが、夕方から夜にかけて悪化する;常に横になっていなければならない。

筋肉、腱、関節が弱く、緊張しやすい。この弱さは、ArsenicumやChinaによく似ており、体液の喪失によるもののようである。

ベッドに仰向けに寝ている時が最も快適で、横になると、ほとんどの症状は改善される。月経前、月経中、月経後に多くの症状が現れる。

すべての症状は動くと悪化する。粘液分泌物が増加し、緑黄色を呈する。

単一部位や、横たわった部位、疼痛部位の麻痺。自慰の後の病訴に、衰弱はそれを示す。血液が体から頭へと流れ、熱を帯びているように見える。

痛みは、くり抜くような、燃えるような、切るような、引っ張られるような、押されるような、打撲のような、縫われるような、引き裂かれるような感覚。内部が燃えるよう。

臓器や腺の機能が大きく損なわれ、遅くなる。消化が遅く、腸や肝臓の働きが鈍い。

多くの症状において周期性が目立つ。

汗をかくと、微風や冷気によって汗が抑えられ、足が不自由になり、症状全般が悪化する。

体内、体外とも、全体に脈動がある。

どこもかしこも敏感、痛みに敏感;内部が痛む。骨に触ると痛い。その症状は、過度の性交から起きるものと似ている。

脱力感や他の多くの症状は、立っていると悪化する。風邪をひいた時や、労作後、発汗後に、身体や背中、手足がこわばる。

水腫や炎症による腫脹;患部や腺が硬く腫れる。触ると多くの部分が悪化し、触られるのを恐れる。

全身および手足に震えがあり、筋肉の痙攣が激しい。

乳腺の悪性潰瘍の抑制に最も有用である。

布団をはぐと症状が悪化する。早歩きや、冷たい外気の中の歩行で悪化する。特に朝の起床時や、ちょっとした労作、頭を使いすぎたり、戸外を歩くと、非常に弱る。

非常に神経質な衰弱。いつも疲れている。湿気た天候で苦しむ。冬はほとんど乗り切れず、症状がひどくなり、反対に夏に改善される。

ぼんやりしていて興奮しやすく、怒りやすいので、怒った後に症状が悪化する。症状は一人の時に悪化する。夕方から夜にかけて、また夜中に寝床で、健康についての不安を感じ、月経中や朝の目覚めにも悪化する。

多くのものを欲しがるが、すぐに飽きる;手に入らないものを欲しがる;気に入ったものがなく、非常に批判的である。読んでいるもの、聴いているものに、集中することができない。

自分自身に対するすべての自信を失っている。

朝起きた時、夕方、食後、精神的興奮の後、座っている時などに、頭が混乱する。慰められると苛立つ;反抗的で内気、臆病でさえある。

一カ所に長く座って宙を見、話しかけられても答えない。

受動的な錯乱;正気でない人のように話し、行動する;死んで久しい想像の人々に話しかける。無意味で愚かなことを話す;首尾一貫して話すが、不可能なことを話す。

質問に正しく答えて、呟きに入る。

窓から飛び出したがる。

死んだ夫が隣の部屋にいると思うが、彼のところに行かせてもらえないので悲しむ; 生きている息子を、とっくに死んだ人の名で呼ぶ。馬鹿げた事をつぶやき、死んだ人が見える。

彼女は一晩中自分の部屋で眠らずに彷徨っている。死んだ友人、死んだ息子、死んだ夫が見え、会話しているように見える。死んだ夫のために夕食を持ってこようとする。夫が見つからなければ、夫が餓死してしまうと想像する。

死人に関する多くの妄想;死人や死体を見る;犬や何かのイメージを夜見る。恐ろしい幻影;半分目が覚めている時に嫌な人物を見る。空想の幻影;声を聞き、死者の声に答える。

不満と絶望;自分の病気に落胆し、不治の病を証明していると思う。

頭が鈍い;精神的にヘトヘトになった後、想像上の恐怖と苛立たしさがある。感情的で笑ったり泣いたりしやすく、空想が高揚する。

頭を使いすぎると、精神面のすべて、多くの身体的症状が悪化する。

夜、大きな恐怖に襲われる; 朝の頭痛で脳が損傷したのではないという恐怖;家族の事やや金銭的問題に対する恐怖;仕事やあらゆる労作に対する恐怖。恐怖から来る不満。

物忘れがひどく、今話した文章を思い出すことができない。

怖がりやすく、いつも急いでいる。ヒステリックな症状が多く、夜は考えがどんどん湧き出るが、昼間は考えが減る。

多くの精神面の症状や外見も、愚かになって来ている。

何事にも、誰にでも、非常にせっかちである。

「全く野心がない」

肉体労働も、頭脳労働もしたがらず、運動を嫌がる。無気力。朝晩、性交後、慰められてから、頭痛の間、些細なことで苛つく。嘆き、泣き叫ぶ。好色。

生きることへの嫌悪。

記憶力が非常に弱い。話すときに間違える;言葉を置き違える。気分が変わりやすく、不機嫌で、一般に忙しくしていると改善;プルービングの間は温和で従順であった。

極度の頭脳の衰弱;夜間の落ち着きのなさや不安;朝や日中に悲しむ;暑いと悲しむ。

理由のなく鬱になる。感覚が鈍い;騒音や友人の軽い叱責には過敏。精神症状は過度の性交から悪化する。

睡眠中に悲鳴をあげる。びっくりしやすい。睡眠中にびっくりする。

茫然自失や自殺傾向がある;話したり話しかけられたりするのを嫌がり、黙って座りがちである。

臆病で恥ずかしがり屋。意識がなく、自動的に動く;人生に疲れ果てている。

夜間、睡眠中に泣く;想像上の恐怖や心配から、突然すすり泣く;1時間ごとに座って泣く;意志はほとんど失われている;頭脳労働を非常に嫌う。

めまい,朝の起床時,起床後,夕方,頭痛時に、後方に倒れる傾向がある。めまいは、上方を見たり、横になる時、頭脳労働から起き、吐き気を伴う。前かがみから立ち上がる時、座っている時、前かがみの時、野外を歩いている時に、めまいが起きる。

頭、特に後頭部や頭頂部が冷たい;夜間や咳をする時に、頭部がうっ血する;額の圧迫感;頭皮の発疹;外皮、湿疹、膿疱;頭部が前方に傾く;頭部の著しい膨満感。髪が硬く,髪の毛が抜ける。

頭全体が熱くなり、夕方、額が悪化する。朝、頭が重くなる;額が重い。

水頭症。頭皮のかゆみ;後頭部のかゆみ。脳が動いているかのような感覚。

頭痛はひどく、頭全体にある。

朝に悪化するが、午後と夕方にも感じられ、一晩中続く;冷たい空気や通気によって悪化する;階段を上ると悪化;女性の場合、髪を束ねると悪化;性交後に悪化;寒くなって、風邪をひいて悪化;寒くて湿った天候から悪化;鼻風邪を伴う;食後に悪化;過熱することによっても悪化し、暑さの間はハンマーで叩いたような痛みを伴う;きしみから悪化;光から悪化;横にならなければならない;月経前や月経中の悪化;精神的疲労から;部屋の中を動くことによって、頭を動かすことによって悪化;騒音から悪化。

痛みは発作的にやってくる。毎日あるいは週1回起こる周期的な頭痛、脈打つ頭痛を治している。痛みは、睡眠後,刺激物をとってから,前かがみや激しく足踏みをしてから,風邪から悪化する。

眼精疲労による頭痛。触ったり、歩いたり、ワインを飲んだり、字を書いたりすると、頭が痛くなる。痛みは後頭部やうなじに及ぶ。脳の奥が痛み,動くと脈打つ。

朝、額に硬い痛み;安定した鈍い重い痛み、食事や何かに従事した後で改善する;頭を使いすぎたり、運動、歩行や筆記によって悪化する;完全に安静すると良くなる。

朝の起床時の頭痛;横になっていると悪化し、ベッドから起き上がると悪化する、何かすると改善し、立ったり歩いたりすると良くなる。

額の激しい頭痛;目の上の痛み、脈動がある;歩くと悪化し、動きで悪化、横になり暖かさや圧力で改善する。後頭部と側頭部にひどい頭痛があり、右側が悪化する。

こめかみと頭頂に激しい痛み;頭の中に燃えるような痛み;頭の破裂するような痛みは、主に頭頂にある;頭の中に切れるような痛み;額と後頭部の引っ張られるような痛み;朝,頭全体に鈍い痛み。ぐいっと引っ張られるような痛みを伴う痙攣。

額や後頭部,後頭部側面こめかみ、頭頂に、押されるような痛みがある。額に押し出されるような痛み。頭全体に、撃たれたような痛み。後頭部に撃たれたような痛み。

頭皮は触ると痛み、脳全体は打撲したように動きや衝撃に敏感である。額,後頭部,側頭部,こめかみに縫われるような痛みがある。

痛みは非常に激しいため,気を失いそうになる;前額部,前頭隆起部,後頭部,こめかみに、引き裂かれるような痛みがある。頭皮全体の発汗; 前頭部の発汗。額および頭部全体の脈動。脳が震えるか、うごめく感覚。頭部の筋肉がひきつる。

瞼に膿が膠着している。白内障を治している。目から濃い緑黄色粘液と膿が出る。瞼が重い。ベトついた分泌液を伴う、結膜の炎症や、瞼の炎症。

注入された、暗い色の静脈。目のかゆみ。外気で涙目、鼻風邪を伴う右目の涙。角膜の混濁を治している。目の非常に激しい痛み、嵐の前や間に、充血を伴い、光によって悪化。

痛みは、燃えるよう、切れるよう、圧迫、目に砂が入ったような感じ;痛み、打撲、縫われるような、引き裂かれるような痛み。視神経の麻痺;光恐怖症;目の脈動と瞳孔の収縮;目、特に内眼角が赤く、瞼の静脈が著しい;角膜上の斑点;瞼の腫れ;瞼の痙攣など。角膜の潰瘍を治している。目が弱く見える。

目の前に色、斑点、浮き出る斑点、暗い色が見える。まぶしい。通常の眼鏡では読めないほど見えない。失明したかと思った。遠視。目を使うと、頭痛や多くの神経の症状が出る;目の前に、ちらつきや霧のようなビジョンが見える; 視界が暗くなる; 目の前に火花が散る。

耳から不快な、化膿した、ベトついた、黄色や緑黄色の分泌物が出る;水っぽい不快臭のある分泌物;血や水のような分泌物。

耳の中でパタパタ音がする。

耳が熱い。耳の奥が痒い。耳に雑音が聞こえ、噛むと耳の中にカチカチと音がする。

耳の中にパタパタと音がする。耳の中で、ブンブン、リンリン、唸り、ビュービューという音がする;耳に激しく引っぱられるような、ぐいっと引く,縫破れるような,引き裂かれるような痛みがある。

痛みの有無にかかわらず脈動がある; 内側の腫脹と停止感;耳垢の増加;耳の中がぐいっと引くよう。聴力ははじめは鋭く,後で低下する。

結核体質において、鼻や鼻の後頭部の悪性のカタルがあり、副鼻腔に及び、咳を伴う慢性の鼻風邪がある;この鼻風邪は。外気中で鼻水が出るが、患者自身は改善しているように感じる。多くの花粉症の症例が治癒している。

朝、起き上がると、多量の分泌物が出る;昼間はアルブミン質で光沢がある。鼻から鼻糞吹き出る。硬い塊で、表皮を剥ぎ、緑色、不快臭、膿性、ベトついた、黄色または黄色がかった緑色;多量、血の混じった、サラッとした水性の分泌物。

鼻の内部は極度の乾燥。鼻血、かむと真っ赤な血が出る; 鼻の中がかゆい;夜や朝起きがけに鼻が詰まる。

臭鼻症に最も有用なレメディ。鼻の奥や鼻根の痛み;鼻の中の痛み;鼻の中が縫われるように痛い;鼻の中のポリープはこのレメディーで治っている。嗅覚は初めのうちは鋭く,後に減退し,最後には失われる。くしゃみ,鼻の潰瘍,鼻の腫れ。

顔は非常に青白く、土色;唇は青くひび割れている;頭痛の間、顔が赤くなる;頬の周りが赤い;唇が乾燥する。

顔や、頬、顎、額、唇、鼻の上、口の周りの発疹。痤瘡、おでき、面皰、湿疹、ヘルペス、ニキビ;顔面のフケのような発疹;顔面が熱く,赤い。

耳下腺の炎症および化膿。

寒さで顔が痛くなり、暖まるとよくなる。顔の痛みは、穴が開くよう、引っぱられるような、縫われるような、引き裂けるような痛みである。顔や頭皮の発汗。腺の腫れ;耳下腺や下顎腺の腫れ。

口の中の粘膜はアフタだらけで,歯茎が出血する;舌が白い苔で覆われている;口は非常に乾燥するが,多量の粘液が出ることがある;口からは不快臭があり,腐敗臭さえする。舌が非常に痛く,唾液が大量に出て、話しづらい。

歯茎と舌の腫れ;ひどい味がし、アルカリ性、朝は苦い、金属臭、腐敗臭、酸味がある。味覚がなくなることがある。

左側の下唇の粘膜の潰瘍;刺すような、ヒリヒリした痛み、破片のような痛みは、広がり、圧迫すると痛く、ラード状、縁が炎症を起こす;右側には小さな潰瘍が現れる。

歯が緩み、長すぎるように感じる;虫歯。夜中に歯が痛む。咀嚼すると歯が非常に痛む;冷たい空気や冷たいものを口に含むと、痛みが悪化する;食事中、睡眠後、外部の暖かさや、口内に暖かいものを入れると良くなる。

痛みは、穴が開くよう、掘っているような、引っぱられるような、ぐいっと引っぱられるような、突き刺す、押されるような、縫われるような、引き裂かれるような痛みがある。

乾燥および赤みを伴う喉、咽頭および扁桃の炎症;常に喉をきれいにしようとし、朝方に悪化する。咽喉に粘着性の粘液がある;咽喉に塊がある。

風邪をひいた時、咳をした時、飲み込んだ時、喉がひどく痛む。うずく痛みや燃えるような痛み;飲み込むと破片のような痛みがある。嚥下時に刺すような痛み;嚥下が困難。扁桃腺および口蓋垂が腫脹する;咽喉に潰瘍ができる。

頸腺の痛みと腫れ。首の腺の硬化。甲状腺腫を治している。

胃に不安感がある。初めのうちは食欲が増し、次に貪欲になり、最後に食欲は無くなり、食物、特に肉やミルクを嫌う。プルーバーの中には、酸っぱいものや牛乳を欲しがる者もいる。

胃の中が冷たい感じがする;食べても解消しない空虚感;みぞおちが沈んでいる感覚;朝、食後にゲップが出る;苦い、空腹感、食べたような味がする;酸味、酸性の胃液、胸焼け。しゃっくり。

食後の胃の満腹感;食物を嫌悪する。朝、昼、夕方、夜の吐き気;食事中、食後、空咳の後、頭痛の間、歩くと改善する。

胃痛は、夕方や夜;冷たい飲み物の後、咳をした時、食後、外を歩いている時。痛みは、燃えるような、痙攣性の、切られるような、圧迫した、打たれるような、縫われるような痛み;夕食後、重りのような圧迫痛がある。

胃の脈動;胃に石があるような感覚;著しい緊張感。

午後と夜間の喉の渇き;燃えるような渇き;激しい渇き。

朝晩の嘔吐;咳の際、飲酒後、食後、頭痛の間、牛乳を飲んだ後;胆汁や、苦い物、黒い血液、食物、粘液、水っぽい物を吐く。

食後の腹部の膨満感;下腹部の水腫、肝臓肥大。ゴロゴロ音がする、いっぱいに膨れた鼓腸。下腹部が非常に硬い、肝臓が硬い。腹膜に炎症がある。腸内ガスから腹の中が動いている感覚がある。

朝晩の痛み;月経前に痛い;右の季肋が痛い;肝臓や鼠径部が痛い。痛みは、下腹部の横や肝臓にあり、燃えるような、痙攣した、切れるような、圧迫した、縫われるような、引き裂かれるような、ねじれるような痛みがある。

下腹部の著しい緊張;太鼓のような腹。

直腸の不活性化を伴う、極度の便秘;便を押し出しにくい;直腸の麻痺感;肛門の収縮;便秘、乾燥便、硬い、節目のある、大きく柔らかい、淡色の、かなり気張る。

下痢は、痛みを伴わず、多量の便、不消化の下痢、不快臭、腐敗した、酸性、糊状、薄く、水っぽい。赤痢;血便、乏しい便。

多量で不快臭のある腸内ガス。

肛門の瘻孔を治癒している。肛門のかゆみと這うような痛み。排便中に痔瘻が突出し、触ると痛く、歩くと悪化する。排便と同時に、直腸や肛門から出血し、排便後にかゆみがある。

肛門の湿潤、排便中。排便後の疼痛、排便中。排便後の焼けるような痛み。痛みは、圧迫する、縫破れるような、引き裂かれるような痛み;肛門の著しい痛み。直腸の麻痺感。鉛筆より大きい便を通さない直腸の狭窄が治っている。

テネスムス。便意を激しく催したり、排便中に催す;便意があっても排出しない。

膀胱のテネスムスおよび尿閉,膀胱の圧迫痛,尿内に粘液を伴う膀胱の炎症,夜間の尿意,動くと悪化し,横になると改善する。

突然の尿意、便意があっても排出しない。夜間の頻尿;夜間の睡眠中の不随意の遺尿;不満足な排尿。尿が少量。

前立腺が肥大し、柔らかい;便を出そうと力を入れると前立腺液が出る。

尿道からの分泌物は膿性,緑色,黄色;排尿は切れるような痛みや燃えるような痛みを伴う。尿道狭窄を治している。尿は多量,後に少量になる、赤色,白濁色,燃えるよう,粘液を含み,沈殿物は紫色,砂状である.糖尿病を治している。

夜間,考えや夢も見ていないのに勃起する;男性の性器や包皮の発疹。精巣の水腫や硬化を治している。陰茎亀頭の著しい赤味;陰茎亀頭や陰嚢の痒み;陰茎の刺すような痛み.。男性性器に汚い汗をかく。陰嚢に汗をかく。射精。性欲が増大し、勃起せずに性欲が強くなる。精巣の腫れ。

女性に関しては、性欲が増大する;外陰部に発疹が生じ、非常に痒い。子宮が重く、子宮脱しやすい。

帯下は、月経の前後に発生し、皮膚を剥ぐような刺激性、血が混じり、多量で、乳白色、白色または膿性、黄色または黄緑色。

月経は、刺激性、鮮やかな赤色で、多量、早すぎる、長引く、あるいは乏しい;月経がない、あるいは抑制され、痛く、不規則である。月経と月経の間に出血;子宮の痛み、痛い、燃えるよう、出産のよう、裂けるような痛み;生殖器の痛み;陰唇や膣、子宮口の潰瘍。

気道,喉頭、気管の慢性的炎症;多量の黄緑色の粘液を伴う、喉頭や気管のカタル;喉頭や気管の表皮剥離した痛み;喉頭の結核。喉頭をいつも擦る。喉頭や気管がチクチクする。

呼吸は速く、喘息のようで、深い;咳をしている間や横になっている時は、大変で、ガラガラ音をたて、短く、ため息をつき、呼吸が困難。

喘息患者への最も優れた咳止めの一つである。

咳は夜に出るが,朝起き上がった後や,晩寝床に入っている時にも出る。冷たい空気や、冷たく湿った空気で咳が出て、喘息のようで、冷たい飲み物からも出る。

夜間は乾いた咳をし、朝には多くの痰が出る;発熱時の咳;空咳やかすれた咳;喉頭や気管の炎症による咳;特に朝に、嗄れた咳が出る;晩に、発作的で痙攣性の咳が出て、全身揺れる。咳は横になったり、話すと悪化する;朝、起床後に激しい咳が出る。

朝に痰が出る。それは血が混じり、黄緑色、多量、不快臭があり、膿が混じった、ベトついた、粘着性;白色の時がある。

肺や腋窩の膿瘍を治している。乳房の癌性潰瘍を抑制している。気管支のカタル,胸の圧迫感,胸の発疹,乳頭の発疹など、絶望的な症例を治している。

肺の出血。気管支と肺の慢性炎症。胸部圧迫。母乳が抑圧されている、あるいは無い。

両側の肺の痛み。咳をしている間や、呼気、深呼吸の間の胸の痛み。胸脇の痛み。

胸部の痛みは、燃えるよう、圧迫された、うずく、縫われるよう、胸の内部の表皮がないよう。吸気時に、胸脇や乳腺に刺すような痛みがある。

夜間、食後、運動後、わずかな動作でも心臓の動悸がする。胸部全体の発汗。物理的条件。 胸部の極端な脱力感。

背中が冷たく感じられ、首の後ろや仙骨に冷たい感じがある。頸部に発疹、膿疱。背中がかゆい。特に夜間、背中が非常に痛い。背中の痛みは、月経中、動いた時、座席から立ち上がる時、座っている間。

頸部、肩甲骨、肩甲骨の間の脊椎の痛み;座席から立ち上がる時の腰部の痛み;尾骨の痛み。座席から立ち上がる時に、背部、腰部、仙骨に硬い痛みがある。腰部の引きつるような痛み、腰部の押すような痛み。背骨のあちこちは触ると痛い。頚部、肩甲骨、腰部、仙骨に刺すような痛み。頸部に引き裂かれるような痛み。

背中に汗をかき、首の後ろが悪化する。背部、特に頸部のこわばり; 首こり。頸部の緊張。背部の弱さ 腰部の脱力感。

指の痛風結節、四肢のぎこちなさ、骨のカリエス,手のひび割れのためのレメディ;筋肉の慢性的なピクつき;四肢,手,掌,下肢,脚,足,夕方から夜にかけての冷え性。手と手指の腱の収縮。

多くの豆、痛み、刺すような痛み。手と手指のひび割れ。

手、下肢、踵、足、足の裏、つま先のけいれん。

上肢の発疹、膿疱、腫脹、上肢および手指の膿疱;下肢の発疹,そう痒,吹出物。大腿部のおでき;指のひょう疽。

手や、手のひら、足が熱い。四肢の重い、特に脚と足の重い。

股関節の病気に大きな効果がある;あらゆる関節の炎症。四肢、大腿、脚の激しいかゆみ。

2年前から爪が伸びなくなった;爪が硬くてもろい。

四肢のしびれ;上肢は寝るとしびれる;手と手指のしびれ;下肢、足、座ると足がしびれる。

手足、関節、骨のリューマチ性および痛風性疼痛、夕方から夜にかけて。夜、上肢の痛み、寒さ、動き、物を持つと悪化する;肩、上腕、肘、前腕、指、指関節の痛み;下肢の痛み;坐骨神経の痛み;股関節の激しい痛み;股関節に膿瘍ができたような痛み;大腿、膝、脹脛、足および足指の痛み。四肢の痛み,寒冷湿潤時の硬直;肩の痛み,運動により悪化する。

足と足の裏が焼けるように痛い。上腕、前腕、手首および手に引くような痛み;膝および脚に引くような痛み。上肢および大腿の痛み、打撲の痛み。手首および足首に捻挫したような感覚を覚える。

関節の刺すような痛み。肩,上腕,肘,手首および指の刺すような痛み。腰、膝、ふくらはぎ、足首、足底、かかと、足指、特に親指の縫われるような痛み。

肩、上腕、肘、前腕、手首、手、指関節の裂けるような痛み;大腿、膝、脚、ふくらはぎ、足、足底、足指、特に足の親指の裂けるような痛み。

上肢と手に麻痺感;下肢の麻痺。

四肢全体に冷汗;手のひらの冷汗;足の冷汗;足の不快臭のある冷汗。

四肢、関節、手、および指のこわばり;下肢、膝のこわばり。

手、膝、脚、足首、足の腫れ。指のしびれ;上肢、手、下肢の震え;上肢、大腿および脚のひきつり。下肢の潰瘍,脚の潰瘍.下肢静脈瘤。

手のイボ;手の親指の甲に;拇指球に;大きくて芯が硬いイボ。四肢の弱さ、特に関節の弱さ。大腿部、膝、脚、ふくらはぎ、足の衰弱。

夢に関しては、怒り、不安、仕事、混乱、情欲、死者、病気、幻想的、火事、怖い、恐ろしい、殺人、悪夢、鮮やか、焦ったい、幻視的;病人や病人の世話をする夢;恐ろしい老女の顔が夢の中に現れる。

睡眠は落ち着かない;朝、前日、夕方、夕食後、食後の眠気;真夜中前の不眠;眠気を伴う不眠;多くの思考から不眠;一旦目覚めると再び眠れない;爽快でない睡眠。早く目が覚め、頻繁に目が覚める。あくびをする。

寒気は、朝、午前、晩、屋外、寒い空気の中、寝床でさえも、食後、外部も内部も、寒くてブルブル震える;震えを伴う寒気、布団をはいで、暖かい部屋でも緩和しない、暖かくしたいが緩和しない;排便時に寒気を感じる。

発熱は午前と午後。しかし、顕著な熱は、夕方から夜にかけて;寒気を伴って熱が出る;夜、寝床で乾燥した熱が出る;寒気を伴った外側の熱;熱で火照る。

消耗性の熱に有効である。軽度の発熱は、夕方から夜にかけて出る。熱感があり,皮膚が湿っている。朝と夜遅くに発汗する;大きな不安を伴う発汗。主に四肢に冷汗をかく;咳、食中、食後、労作、頭脳労働による発汗;運動、歩行による発汗。

大量の熱い汗。単一部位の汗;睡眠中および睡眠後の汗;不快臭で酸っぱい汗;発汗中に布団をはぐと、多くの症状が現れる。布団をはいだり、微風で、発汗が抑えられると、その人は大変苦しむ。

皮膚は、掻くと燃えるように痛くなる; 触ると冷たい;手や指の皮膚がひび割れる; 皮膚が変色する; 青っぽい、肝斑、青白い、紅斑、白斑、黄色。

皮膚の乾燥、灼熱感、汗がかけない。

発疹は、咬まれたような、燃えるような痛み、痒い、痛い、浸食性、刺すように痛い。おでき、あかぎれ、落屑。発疹やヘルペス。乾燥した、痒い、外皮が硬くなる、刺すように痛いヘルペス、発疹は、白い膿のような分泌物がある。

吹出物や膿疱、赤色の発疹がある;発疹は掻いた後に、かさぶたや鱗状になる。膿疱性発疹、掻いた後の結節性じんま疹。多くの場所に小水疱ができる。丹毒は腫れ、掻くと悪化する。皮膚にできる小斑点;蟻走感や鳥肌になる。

硬化。間擦疹。かゆみは、発疹を伴ったり、伴わなかったり、かゆみ、噛まれたように痛い、燃えるように痛い、這う、刺されるよう、掻いた後に悪化する。

痒みは、熱が放射することで改善される。狼瘡を治したことがある。

掻くことで、皮膚が湿る。皮膚は非常に敏感で、うずく感じ、皮膚上に表皮が剥離した所がある;掻いた後、突くような、刺すような痛みがある。

皮膚の潰瘍と潰瘍の青味、燃えるよう、癌性、表皮が硬くなり、深く、腐食性、黄色い膿を伴う不快臭、瘻孔、不快臭、無痛、硬化、刺すような、不健康な。

イボは痛く、硬く、炎症を起こし、刺すように痛み、化膿し、シワになる。イボやその他の嚢胞性増殖物を治している。

言霊の変換

Aさんは、30年以上、片頭痛と原因不明の身体症状で苦しんでいました
そして癌が発生してから、とうとう「自死ほう助団体」に登録しました
 
私は、Aさんのセラピーを数年してきました
そして、徐々に過去のトラウマが解消されてきました
私にかかる前にも、30年に渡り、多くのセラピストにかかってきました
メンタル、精神面は、どんどん良くなって行きましたが
それでも、
Aさんの原因不明の身体面の症状の苦しみはそれほど変化がなく、
ほんの少し、軽減している程度でした

医者に診てもらっても何も悪いところは見つかりません
自然療法も数多くしてきています
食生活も変えました
排毒や、断食も、よくして来ました
運動もしており、
自然にもよく触れ合い
メンタル面も多くのことが解放されていました

Aさんの癌が発生して、
偶然にも世界的に著名なアユルヴェーダの先生にも
診てもらえることになりました。
これで、Aさんはかなり良くなるかもしれない、
という大きな希望も生まれ、良いスタートでした
が、4ヶ月後、
突然その先生が亡くなってしまったのです

それから、
Aさんの症状はどんどん悪化して行きました
 
近代医学には希望を持っておらず
こんな状態で延命されるのは、惨めだ、と
病院に行くことを強く拒んでいました

私も全身全霊、努力を続けましたが、
一向に症状は良くならず、悪化するだけです
 
その頃から、Aさんはどのように体を離れるか
どこで
どうやって
と考えており、
最終的に「自死ほう助団体」に登録したのです

Aさんはやせ細り
死臭も漂ってきました
無理にでも、病院に連れて行った方がよいのでは
しかし、病院へ行ったら
「自死ほう助団体」に連絡しAさんは死を選ぶ
もう、この人の寿命なのか

しかし、キネシで天の意志を聞くと
セラピーを続けろ
となるのです
 
バシャールが言いました
ワークして状況が変わらない場合は
必ずネガティブなビリーフ(思い込み)があると
ブループリントを歩んでいないと
ネガティブな事が起きると

どこにこの人のネガティブなビリーフがあるのか
どうしてこの人は、
こんなに困難な道を進んでいるのか
世界的に著名な先生まで、突然この人の世界から消えてしまった
どこがネガティブなビリーフなのか
そう自問し続けた時

「Lack of fundamental love」
という、ケントのレパートリー
(ホメオパシーの字引みたいなもの)
の言葉が頭に流れてきたのです。
 
この意味は
「基本的愛の欠如」
つまり、命に対する愛が欠けている
という意味です。

そうだ!
Aさんは、幼少の時からいつも同じような言葉を繰り返してきている
数年のセッションを通じて、それが見えてきたのです
 
「私は、この世に生まれてきた存在ではない」
「この世界は、私に合わない」
「自分が死ぬとしたら、ヨギのように森を歩いて死ぬ」
「どうやって、死にたい?」
「どこで、死にたい?」
「生まれ変わったら、これをしたい」
など、など

宇宙から来た存在であろうが
ヨギであろうが
辛くてたまらないと落ち込んでいようが
この地球に生を受けたからには
この地球で生きる意味がある
そして、いつかはこの生が終わり
次の生につながるのではないでしょうか
 
「基本的愛の欠如」
ということで
Aさんがこれまで積み上げてきた言霊のエネルギーを
入れ替えるため
毎朝「私は今日1日喜んで生きている」
と、
はっきり口に出してもらうことを続けました。

1週間も経たないうちに
Aさんは変わって来ました
自分が変わると、周りで起きる現実が変わります
 
まず、癌専門の病院で自然療法を取り入れている所を
紹介してくれる人が現れ
そこに行き始めました。
その病院の医師は、緊急事態にも関わらず
ゆっくり時間をとり、
Aさんは、この医師を信用し始めました
3週間後に、医師は化学療法と放射線療法を勧め
Aさんは、それを受け入れたのです

そして放射線療法の病院で、
80代のご老人が
生きたくて、生きたくて
この大変タフな放射線療法を受けているのを目にし
Aさんは、心を打たれ
「生きたい」と心から思いました
 
もう死にたいと思わない
ただ、ただ、生きたい
と、Aさんは言い始めました
 
昔の思考パターンがよぎることについては
キネシオロジーの手技が
助けてくれました
 
この時以来、
Aさんはどんどん元気になり
癌は見つからないだけでなく
30年来続いていた
原因不明の身体症状もなくなり
偏頭痛はほとんど来なくなりました
 
化学療法と放射線療法からの副作用は
自然療法を取り入れて
火傷の3度の炎症状態は、数ヶ月できれいに治りました
 
まだまだ、体内の副作用の影響は
ありますが、
Aさんは、生まれ変わったように
幸せな気持ちで、前向きに生きています

Plumbum Metallicum(プラムボン/鉛)

この薬は、ハーネマンの理論、すなわち「衰弱の理論」を示す。鉛の不溶性を考え、それを部屋の壁に塗り、新しく塗った部屋で寝ると病気になる人が多いことを考えると、病気になるのに一体どれだけの鉛が必要だったのだろうかと思うだろう。多くの患者は、ペンキを塗ったばかりの部屋では眠れない。鉛の疝痛や鉛の急性症状で倒れるのだ。多くの人が鉛に敏感である。ペンキ屋は何年も平気で鉛を使い続けているが、ある時突然、鉛に敏感になる。

空気中に放出される鉛の量は、いったいどれくらいなのだろう。顕微鏡で見ると非常に微量であるが、病気になるには十分な量である。しかし、その量を知るための手段がない。このような感受性や、鉛労働者の鉛麻痺、画家の鉛疝痛などを利用して、適切なプルービングを行い、Plumbumの均整のとれたイメージが得られる

Plumbumの症状全体を調べると、このレメディの一般的な麻痺状態に驚かされる。

身体の活動、器官の機能は、ペースが遅くなる。神経は、通常の活動でそのメッセージを伝えられない。筋肉は動きが遅く、緩慢である。部分的に麻痺し、最後に全体が麻痺する。

精神は障害が起き、遅くなる。知覚が鈍い。記憶困難。理解困難。自分を表現するための言葉が思いつかない。頭の働きが鈍い。このような患者との会話の間、患者は何を答えようかと考えながら、何を考えているのだろうと思ってしまう。

皮膚が不活発。刺して一秒後に「あっ」と言うのは、感覚の遅さを示している。これは感覚の鈍さを表している。このように、全く感じないと判断し始めると、手足がピクピクと動くようになる。

皮膚の麻酔。急性疾患では知覚過敏の状態があるが、慢性疾患では感覚を失うことが特徴である。手足の指、足の裏、掌にしびれがあり、これは皮膚から背骨の方まで及ぶ。

栄養機能は老廃物に追いつかず、衰弱し、ほぼ骸骨状態になる。皮膚はしわがより、くぼみ、しなび、骨の上に描かれている。痩せ方は局所的であることもある。

局所的な場合、一般に痛む部位に関連し、痛む部位が萎縮する。坐骨神経の痛み;焼けるような、射られるような;骨が引き抜かれるような;削られるような、四肢がやせ細るような痛み。腕から肩にかけて痛み;腕神経叢に激痛が走り、腕が萎縮する。

顔面の片側が神経痛になり、その側が萎縮する。一筋の筋肉が麻痺し、その筋が萎縮する。伸筋と屈筋の両方が麻痺するが、特に伸筋が麻痺する。麻痺は伸筋で始まるので、手首が下がる。彼は手を上げることも、或いは何かを持ち上げることもできない。広げるのが困難。

ピアノを弾く人に見られるが、指を速く上げることができないので、ペースが保てない。Curareもピアノ弾きのこの状態に対応するレメディである。過度の努力による麻痺。決まった練習曲や音階などを何時間も演奏して筋肉が疲労した時や、同じことを何度も繰り返さなければならない時、Rhusが登場するが、急性治療薬なので短時間しかもたない。

特定の筋肉が酷使されて、患者が風邪をひいて弱った時は、特にRhusの状態である。また、冷たい風呂や水浴びをした後、筋肉が麻痺した場合や、疲れている時に濡れてしまった場合、 Rhusの状態になる。このような慢性的な状態には、Plumbumが後続したり、Curareが示されることもある。

腸の麻痺:便秘; 便に力が入らない。腹筋は使えるが,直腸は麻痺し,便を排出することができない。

膀胱も麻痺:尿を排出できず、排尿のために筋肉が協調せず、滞留が起きる。Plumbumには尿の滞留と抑制の両方がある。

麻痺は慢性状態に見られる。急性では、発熱、疝痛、突然の便秘、腸の引き裂けるような痛み、嘔吐を伴う消化不良がある。食べたものはすべて酸っぱくなる。

食べた物すべてを激しく嘔吐する。慢性胃炎で、アルブミン質の粘液と、甘い物質の嘔吐が起きる。澱粉質、黒っぽい血液および緑色の液体の嘔吐。酸っぱい嘔吐。

このレメディはスピードが遅く、潜行性である;継続的に作用する;有機組織から離れることなく、それ自身のマヤズムを定着させる。従って、回復傾向のない、緩慢で陰湿な慢性症例に適する。進行性の筋萎縮や、進行性の麻痺。慢性の便秘;慢性の尿閉;慢性的に気が変になる。

一般的な心の緩慢さは別として、このレメディは鬱や、悲しみ、何か恐ろしいことが起こるかのような感覚に満ちている;恩を仇で返してしまった;許されない罪を犯してしまった、という感覚。心身ともに弱っている。

「臆病で落ち着きのない深い鬱」

精神状態では、考えるのが遅いが、このゆっくりした思考の中で、非常に多くのことを考える;考えようと努力している。その考えが、一晩中彼を悩ませ、眠りを妨げる。不眠症;考えようとする努力が続くため眠れない。

精神は作動せず、患者は想像と感情でいっぱいである。理解することも、記憶することもできない。これは不眠期間から昏睡期間へと進み、この昏睡は尿の抑制を伴う。尿毒症性昏睡。尿毒症。

この病気について臨床的な話をすれば、みなさんの頭に定着するのではないだろうか。何年か前、ある医師が妻のことについて私のところに来た。彼女は2日前から意識がなく、何日も尿が出ず、カテーテルで調べると、膀胱に尿がないことがわかった。奥さんにはいろいろな症状があったが、よくある症状だった。数日前から体のだるさがあり、臍が糸で脊柱に引っ張られるような感覚が続くと訴えていたが、そのうちに昏睡状態になった。夜中に、この医者が困り切って、私のところに来た。妻は死人のように青白く、呼吸が遅いという。Plumbumを一粒与えると、数時間で尿意を催し、起き上がって、二度とこのような発作は起こらなかった。

激しい心臓の痙攣性動悸があり、左側に寝ると悪化し、心臓部に著しい不安を伴う。心臓の肥大と拡張。心臓に刺すような痛みがある。

ヒステリー性疾患;ヒステリー性拘縮;指のけいれん;ヒステリー性の動き;部位や手、足、全身の痙攣;明らかな錯乱;心臓の痛み;部分的なしびれー全てがヒステリー性の現象である。

Plumbumは、欺いたり、騙したりする傾向がある。鉛の酢酸塩を、自殺のため少量とった女性に、ヒステリー状態があることが確認されている。その人は、誰かが見ていると、何時間もヒステリックな状態になる。誰も近くにいないと思うと、立ち上がって歩き回り、ガラスを覗いて、自分がどれほど綺麗か確かめるが、階段の足音を聞くと、ベッドに横たわって、意識がないように見せた。彼女は多くの刺し傷に耐え、呼吸をしているのか、医者にはほとんどわからない。Plumbumは、有機組織にヒステリックな状態を確立し、病気を装い、自分の病気を誇張する傾向があり、症状が一致している場合には、この悪の根源に迫ることができる。

変わりやすい;あるものから別のものへ、ある想像のグループから別のグループへ、ある感情のグループから別のグループへ、絶えず変化し続ける。このレメディーは、全体的に非常に感情的である。知性は鈍化しているが、症状のほとんどは感情的である。

Plumbumは、尿中のアルブミンと糖分を伴う腎臓疾患を治す。尿は暗色で、量が少なく、比重が大きい。膀胱が満杯であるという感覚の欠如による尿の滞留。

脳卒中。卒中血栓を常に取り囲む、大脳の鬱血を除去するのに、Opiumが、十分似ている場合の呆然とした状態には、Plumbumが後続することがある。PlumbumとPhosphorusとAluminaの3つは、いざと言う時の頼みの綱である。

最初の状態がOpiumのようなものであった場合、その症状に適合することがしばしばある。筋肉の麻痺、体の片側または体の一部分の麻痺性脱力は、このような場合との関係を示している。

上半身、頭脳、精神にはもう一つ特徴があり、これはテキストでは明らかにされていないが、注意を払うに値するものである。精神面の症状、感情面の症状、頭部の症状は、どんな労作ででも、特に野外での労作によって、大きく誇張される。

屋外を歩いていると、患者は頭が熱くなり、顔が青白くなり、四肢が冷たくなり、手足は氷のように冷たくなり、まるで死んだようになる。運動しても、四肢が冷たくて続けられない。

脳が過敏で、脳の基底部、首の後ろ、神経中枢に痛みがある。がんばると四肢が冷たくなる;しかし、かなりの頭脳作業をしても、冷たくならない。外気中を歩くような肉体的な運動によって起こる。夕方から夜にかけて、四肢に発作的な痛みが起こる;圧迫するとよくなり、動くと悪化する。雷に打たれたような痛み。四肢が全て痙攣したり震えたりする。

Plumbumの患者は寒がりで、やせ細り、暖かい天候でも多くの衣類を必要とし、頭には必要ないが、体を覆いたい。四肢は冷たく、青く、麻痺し、やせ細る。四肢に汗をかき、足には悪臭を放つ。足やつま先は、洗濯屋の手のようにカサカサしている。足の指は水ぶくれ、足の指の間に水ぶくれができ、痛む。潰瘍ができる。手指、足指の皮膚の分子死や、壊疽。足裏のタコ、角質、外反母趾。

頭部の慢性疾患では、背部および頸部の筋肉の収縮がある; 髄膜の問題を示す引っ張られるような痛みや単攣縮;痙攣し、グイッと引っ張られる。

「顎下腺と舌下腺の腫れ」

破傷風のような痙攣がしばしば起こり、初期破傷風を伴う。

「歯茎の縁に沿った明瞭な青い線」「歯茎は青白く腫れ上がり、鉛色の線が見える」「 青か紫か茶色で、硬い結節があり、痛みを伴う」「舌は乾燥し、茶色く、ひび割れている;黄色または緑色;慢性胃炎では乾燥し、赤く、艶がある」口臭、口内乾燥、潰瘍、アフタ。

「喉に栓があるような感覚;ヒステリー球」「喉の麻痺と呑み込めない”」食道の麻痺。

胃は食物を消化する力がない。同化作用も破壊される。腹部の痛み、引き裂かれるような痛み、疝痛のような痛み、患者は二つに折り曲がる。臍を糸で引っ張られるような感覚が常にあり、腹部が引き込まれるような感じである。時に腹部は凹み、腹部と背部が密着しすぎているようである。

便秘はよく知られた特徴がある。便秘、疝痛、腹部症状などがよく関連している。

「便秘の便は、羊の糞のように硬く塊状で、肛門の収縮や痙攣による催促やひどい痛みを伴い、玉状の結びついた便が出る」

どんなに力を入れても便を排出することができない。

「腸の収縮;へそと肛門が激しく引き込まれる」「腹部の過度の痛みから全身に放散する」「激しい疝痛;腹部の収縮;後方に曲がる、運動神経が最も影響する」

ゴロゴロとお腹が鳴り、鼓腸。便の停滞。痙攣を伴う膣炎。

「寝床で奇妙な姿勢や体勢をとる傾向がある」「貧血、萎黄病、衰弱、筋萎縮、動き回る痛み、水腫のような膨張、黄色い皮膚、黄疸」

燃えるような潰瘍は、どこにできても、レメディと一致する。

Capsicum( カプシクム / 赤唐辛子)

食卓で料理の調味料として使われている物質のほとんどは、一世代か二世代のうちに非常に有用な薬になる。なぜなら、茶、コーヒー、胡椒(唐辛子)のような物質で自分に毒を与え、親のこれらの毒が子供に病気の素因となり、これらの物質が作り出す病気と似たような病気を引き起こすからである。

実は、ビールを飲みすぎたり、胡椒(唐辛子)を取りすぎる人の子供は、太って、贅肉の多く、赤ら顔であったり、反応が悪く、緩んだ贅肉体質で、赤ら顔で、静脈瘤がある。刺激物を取りすぎた人の子供は、刺激が多過ぎ、Capsicumの領域が非常によく見い出される。

体質として顔がバラ色に見えるが、冷たいか、暖かみがないかであり、よく見ると顔には細かい毛細血管がびっしりと並んでいるのがわかる。ふっくらと丸く、持久力のない、Calc. のような偽の多血症。鼻の先が赤く、頬が赤く、頬の上に赤みがあり、目が赤く、力がなくなりやすい人。このような体質は、病気の後の反応が遅く、レメディーに反応しない、だるい状態、疲れやすい、怠けやすい体質である。勉強も仕事もできない、ホームシックになって家に帰りたがる女子学生。痛風体質において、関節がポキポキ鳴り、痛風が関節に沈着し、関節が硬く、不器用で、弱く、すぐに疲れてしまう。有機組織全体にだらしなさがある。冷え症で、空気に敏感で、暖かい部屋にいたがる。普通の天気でも外気で寒気がする。寒さや沐浴が苦手。

精神状態において、このホームシックという症状ほど印象的なものはない。ホームシックのような病気が、このレメディーを貫いており、頬が赤くなり、不眠、咽頭の熱感、恐怖心をともなう。印象に過敏で、常に不快な物やとるの足らない物を探す。いつも疑い深く、無礼な事を探している。極度に頑固で、悪魔のよう。たとえ、何かを望んでいても、人から提案されると反対する。感情が出た後に頬が赤くなるが、体温が上がっても冷たいまま;あるいは片方の頬が青白く、もう片方が赤いとか、または頬が交互に赤くなったり青白くなったりする。子どもは不器用でぎこちない。

Capsicumの考えは、しつこい自殺願望に押しつぶされそうになっている。本人は自殺したいわけではなく、その思いに抵抗しているのに、その考えが続き、それに苦しめられる。多くのレメディーに持続的な思考があるため、衝動と欲望を区別することが必要である。自殺するためにロープやナイフを持ちたいと願ったとしても、それは自殺の衝動とは全く異なる。衝動は時として圧倒的であり、心のバランスを崩し、自殺に至る。患者が生を憎んで死にたがっているのか、それとも捨て去りたい衝動があるのかを、いつも患者から聞き出さなければならない。ある人は夜中に目を覚まして死を切望するが、これには理由がない。これは意志の状態であり、意志の狂気である。別の患者は、思考が心に飛び込んできて、それを脇に置くことができず、思考が苦しみを与える。治療法の特徴は、この2つを区別することによって、しばしば見出される。欲望は意志のものであり、衝動は思考の中に入ってくる。

頭を動かしたとき、歩いたとき、咳をしたときに頭蓋骨が割れるような頭痛がする。頭が飛び散るような感じがする;手で頭を押さえる。頭が大きいように感じ,咳をしたり歩いたりすると悪化し,頭を高くして横たわると改善する。破裂するような痛みとズキズキする痛み。額とこめかみに脈動を伴う頭痛がある。脳が額から押し出されるような頭痛。前かがみになると、脳が押し出されるような感じがし、前かがみになると赤くなった目が押し出されるような感じがする。

感覚は乱れ、過敏になる。騒音、におい、味、触覚、印象、侮辱に対して過敏になる。患者は興奮状態にある。

耳の痛み; かゆい痛み; 咳とともに、まるで膿が破裂するような痛みや、押される痛みがある。内耳と乳様突起の骨に特異な作用がある。耳の周囲と下に膿瘍とカリエスがある:側頭骨の石灰部分が壊死する.乳様突起膿瘍によく使われる。

老齢者のカタル。鼻や喉の風邪をひき、その後に粘液がたまる。頭が弱い患者の場合、症状を得るのが難しいことが非常に多く、目に見えるもの、分泌物の性質、その他いくつかのものに頼らざるを得ないが、この症例の中には、治ってから他の症状がすべてなくなっていることがあるのに気づくだろう。しかし、このような老齢者カタルには、非常に注意深く選んだレメディーを使っても、反応がないように見えるものがある。患者の顔が赤く、寒くて、鼻の先が赤くて冷たく、患者は太っていて、たるんでいて、しかもあまり持久力がなく、学習も劣り、力を出すと汗が出て、冷たい空気で凍えてしまうことを、医者は観察する。彼は患者の鍵を持っていて、その鍵で、つまり薬で患者を診察するのだが、これは悪い習慣で、最後の手段であり、愚かな患者以外には決して頼ってはならないものである。しかし、その後にSiliceaやKali bich.など、おそらく以前に投与されて作用しなかったレメディが、効いてきて治る。

テキストでは、「鼻が赤く熱くなる 」と書かれている。全身の皮膚は赤く熱く、毛細血管の鬱血である。頬は赤くて熱く、これが青白さと交互に現れる。顔には赤い点がある。外から触られると骨の痛みのように顔に痛みを感じる。痛みは触ると悪化する。頬骨が痛い,あるいは頬骨が敏感である。乳様突起の上に圧力をかけると過敏になる。乳様突起付近の腫脹。

腐敗した水のような不潔な味がする。咳をすると、肺からの空気が口の中に刺激的な悪臭を放つ。咳をすると、熱い刺激性の空気が喉から上がってきて、不快な味がする。

舌や唇に、平らで、敏感な、ラード状の基部を持つ、広がる潰瘍ができる。唇や体の各部分の粘膜は、指でつまむと盛り上がったままとなり、血行が悪くなっていることがわかる。これは、Capsicumのたるみである。圧迫すると皺が寄る。弱々しい循環である。触った部分が緩んでたるみ、赤く、太く、冷たくなっている。その子が麻疹にかかったら、Capsicumをもらうまで、うまく反応しない。皮膚は湿っていて冷たく、毛細血管の鬱滞による細かい麻疹のような状態がある。子供が十分な年齢であれば、寒さを感じると訴えるだろう。発疹性疾患の後,腺性疾患の後,腸の不定愁訴の後,反応が遅い。太ってブヨブヨした子であったが,今では太らなくなった。

喉や鼻の風邪をひき、喉は出血しそうなほど赤く、細かい発疹のようなものができる。ふくらんで、変色し、紫色、斑点があり、たるみ、スポンジのような感じ;暗い赤。喉は出血しそうなほど赤く、細かい発疹のような外観で、膨らんで変色し、紫色で斑点があり、たるんでスポンジのようである;咽喉に潰瘍を伴う焼け付くような痛みがある。口蓋垂が伸長する。咽喉に縫合する。扁桃腺の肥大、炎症、大きく、スポンジ状。風邪または咽頭痛の後、長い間咽頭痛が残る。咽喉に焼けるような、押すような痛み、咽喉が暗赤色;弛緩した咽喉痛;嚥下時の痛み、嚥下困難。喉が数週間だるく、何もしない状態、あまりひどくならないが、良くならない、反応のない状態。

寒気が始まると喉が渇く。赤痢のような便が出るたびに、喉が渇き、急に氷水が欲しくなルガ、それで寒気がする。寒気の前に水が欲しくなり,飲むと寒気が早まる;胃が冷たく感じる。暖かいもの、刺激的なものを求め、刺激的なものを渇望する。これはウィスキーを飲む人に見られる。彼らは胡椒(唐辛子)を渇望し、胡椒(唐辛子)は逆にウィスキーを渇望させる。このような拡散性刺激物は、何か刺激的なものを渇望し、サポートを渇望する。アルコール依存症。

Arsenicaでヒントをあげよう。アルコール依存症では、一日に何杯も飲む罪人が、夜中に一杯飲みに起きないと、朝起きられない状態になることがある。朝、最初の3〜4杯は吐いてしまうが、次の一杯はそのままで、1本が残るまで、何本も飲まなければならない。そうやって、飲み続けなければならない状態になる。長く寝ていると、最初の数杯が上がってくるので、夜中に起きないと、朝になっても、何杯も飲むまでウイスキーが残っていない。これは、刺激物を多用する弁護士に見られることである。NuxやArs.、Caps.は、患者が協力してくれるなら、彼らのために働いてくれるだろう。シャンパンを飲み続けていたある酔っ払いの老人に、シャンパンを止めるようにと言ったことを覚えている。彼は「そんなことをしても意味がない 」と弱音を吐いた。シャンパンが飲めなければ、生きている価値がないと思っているのだろう。少しでも良くなりたいと思っているのならば、彼らは協力せねばならない。

赤痢。便の後、テネスムスと喉の渇きが起き、飲酒により震えが起こる。肛門と直腸の痛みと灼熱感。直腸と膀胱に同時に激しいテネスムス。痔核が突き出て、痛み、灼熱感;胡椒(唐辛子)のように刺激的な痛み;胡椒(唐辛子)を振りかけたかのように刺すような、燃えるような痛み。膀胱のテネスムス;斜頸。排尿後、焼け付くような、噛み締めるような痛み。淋病の古い症例で、反応がない場合。分泌液はクリーム状。顔の写真を撮ると、多血症であることに気づくが、同時に持久力がなく、ふくよかで、はかない、寒さに敏感、赤ら顔であることにも気づく。寒くなっても反応しない。排尿時に灼熱感を伴い、最後の一滴かクリーム状の分泌物がある。Capsicumはそれを突然止める時がある。陰嚢の冷え。陰茎が腫れ、浮腫んでいる。淋病の後、前立腺の痛み。

患部の冷え。斑点状の冷え。全身の冷え。

困惑するほど厄介な慢性嗄声に有効。風邪をひいて、急性の症状に対するレメディである、Acon.、Bry.、Hep.、Phos.の、おそらく2〜3のレメデイが与えられたが、一度に、嗄声という慢性体質の事実に気づく。患者は丸々と太り、凍え、赤ら顔の嗄声は、Capsicumで消えた。咳も同じである。何度か失敗した後、目を覚ますと、それはCapsicumの症例であり、まだ問題の根源に到達していないことに気づく。このように、まず一般的なことを知ることが重要だ。急性期の苦しみが大きい場合は、もちろん急性期のレメディーを与えなければならないが、患者の回復が遅れ、回復が遅い場合は、次のレメディーは、その患者のためのレメディーでなければならない。時にはSulph.、Phos.、Lyc.、また時にはCaps.が用いられる。患者の体質がよければ、急性レメディで風邪は治るが、老齢者の痛風、リューマチ、贅肉の多い患者は体質別レメディが必要である。

突然の発作的な咳、全身のけいれん。頭痛からの咳から泣く。咳をすると患部が刺されるように痛む。咳をするたびに患部の関節が痛む。咳をするたびに患部の関節が痛む。体質がまず来て、そして、各項目が一致すること、すなわち全体性に従って処方するのだ。

What is Brain Update_

Brain Update has been created by Japanese kinesiologist Shinji Tanaka.
He is one of Japan’s leading therapists
who teaches how to live itself, and his passionate spirit is palpable.

As a human being who has been born,
he uses Kinesiology to focus on how to live on one’s own axis,
not on the axis of others,
how to find answers within oneself,
not on the fault of others,
and how to live with aspirations toward one’s destiny.

Brain Update (BU) Lift-Up Therapy is not a cosmetic facelift.
It is a therapy for releasing stress from the mind while pulling up the face.
Then your inner beauty will appear on your face.

Since the muscles of the face are close to the brain,
they influence the brain and are also influenced by the brain.

The frequency of BU tuning forks can tune
the five elements (wood, fire, earth, metal, and water)
in your mind and body,
from the noise to peace.

Negativity creates positivity.
The mind largely determines its direction.
With the help of the frequencies of the BU tuning fork,
It can neutralize the mind and help you to shift to natural aspect of your life.

What is HSK Kinesiology?

HSK Kinesiology is a kinesiology developed by Dr. Honma, who runs an osteopathic clinic in Los Angeles.

HSK Kinesiology has been developed by Dr. Honma,
a doctor who runs an osteopathic clinic in Los Angeles,
based on his many years of experience as a doctor.

HSK stands for Health Support Kinesiology.
Knowledge is important, but it is also important to experience kinesiology itself.

From this point of view,
he has created a method of kinesiology called Cafe Kinesiology,
which can be done easily in a cafe, and allows you to experience the “first step”.

Created in collaboration with Ms.Yukari Hoshi,
an acupuncturist living in Nagano (Japan),
you can smell the aromas that match the meridians on your hands,
check your finger muscles for reactions,
and your notice changes yourself.

In addition,
natural aromas of 14 meridians and chakras.
will help you to release your inner self.

Sulphur (ソーファー/硫黄) ②  

Sulphurの患者は、目眩を伴う問題が、かなりある。外気中に出たり、長い間立っていると、目眩が起きる。朝起きがけに、頭が鈍く、立ち上がると目眩がする。

鈍い感じがして疲れ、寝ても休まらず「目が回る」。バランスをとるのにしばらく時間がかかる。睡眠後、集中するのに時間がかかる。ここに、眠りからの悪化rや、立つ事からの悪化が見られる。

頭は、多くの症状を備えている。

Sulphurの患者は、周期的にむかつくような頭痛が起きやすい;鬱血性の頭痛、吐き気や嘔吐を伴い、昏睡状態を伴う大きな鬱血の感覚。週に1回または2週間に1回、ひどい頭痛が起こり、特徴的な7日間の悪化が見られる。

働き盛りの男性の日曜日に来る頭痛のほとんどは、Sulphurで治る。これは解る。日曜日は唯一仕事をしない日で、朝は遅くまで寝ていて、頭全体を含む頭痛と共に起き、ダルさと鬱血を伴う。多忙さと活動のため、平日は頭痛が起こらない。

また、7~10日ごとに周期的な頭痛があり、吐き気や胆汁の嘔吐を伴う人もいる。また、2~3日続く頭痛がある;うっ血性の頭痛。嘔吐を伴わない吐き気を伴う頭痛や、胆汁の嘔吐を伴う頭痛がある。頭痛は前かがみになると悪化するが、一般的には暖かい部屋で改善する;光で悪化するため、目を閉じて暗い部屋に入りたがる;振動や、食後に悪化する。

頭全体が敏感で、目が赤くなり、しばしば涙が出て、吐き気や嘔吐を伴う。頭頂内部のひどい熱に常に悩まされている人で、時々起きる頭痛がある。頭の頂が熱くて、燃えるようなので、冷湿布を頭頂に当てたがる。このような熱が伴う頭痛は、冷やすと改善することが多いが、それ以外では、暖かい部屋で頭は楽になる。

頭がバカになったような感じがして、時々考えられなくなる。動く度に悪化し、飲食後に悪化し、冷たい飲み物を胃に入れると悪化し、温かい飲み物を飲むと良くなる。頭痛がある時は、顔が腫れあがる;真っ赤な顔になる。赤ら顔で、汚れた顔、或いは浅黒い顔、顔の静脈うっ滞のある人における頭痛;目が充血し、皮膚が充血している;顔が膨れて静脈が見える。Sulphurは、朝、頭痛やめまい、赤ら顔で起きる人に役立つ;朝、顔がとても膨らんでいる感じがして、赤ら顔で、目が赤いので、その日中のいつか頭痛が起こるとわかっている、と言う人に有効だ。

頭痛が起こる前に、目の前がチカチカしたり、色がチラチラしたりする。きらめき、星、ノコギリの歯、ジグザグなどが見えるのは、頭痛の前兆である。私が知っているSulphurの頭痛の中には、目の前に奇妙な外観を呈するものがあった;斜めに配置された菱形の図形で、上側に鋸歯があり、体は斑点で埋め尽くされている。この図形は、見るものの片側に見えることもあれば、反対側に見えることもあるが、両目で同時に同じようにはっきりと見えるのである。

このノコギリの歯は光の点滅で、図形の基盤は、虹色全色になるまで、どんどん暗くなっていく。胃が不調だと、必ずこのような特異なビジョンが見える。朝食後に来ることもあれば、昼食後に来ることもある。また、夕方空腹時にも現れ、食べるのが遅くなる。これらのジグザグ形は、胃の中の空腹感と一緒に来ることが非常に多い。

Natrum muriaticumとPsorinumのどちらも、同様に、頭痛前に、ジグザグや点滅の形が現れる、という状態がある。それらは頭痛を予告するものである。これらのジグザグ、点滅、火花、星、不規則な形が周期的に目の前に現れ、1時間ほど続くこともある。頭の中では多くのズキズキした痛みが起きる。朝の頭痛、正午の頭痛。また、前述のように夕食後に始まる頭痛が夜まで続き、睡眠の妨げになる。

頭皮。外側の頭には何とも言えない痒みがある;継続する痒みがあり、ベッドで温まると痒くなる。寝床の暖かさで悪化するが、寒さでも悪化する。 かゆみを伴う発疹;痒みを伴う発疹、鱗状の湿った発疹、乾燥した発疹;小水疱、吹き出物、膿疱、腫れ物;一般的に頭皮に発疹が見られる。髪の毛に多くのフケがあり、髪の毛が抜ける。 泉門の閉鎖が遅い。

「頭頂部に湿気を帯びた不快な発疹ができ、膿で一杯で、蜂蜜のようなかさぶたになって乾く。頭部白癬。」
「湿気を帯びた不快な発疹は、厚い膿と黄色いカサブタを伴い、出血と火傷を伴う。」
髪の毛が乾燥して抜け落ちる、など。

昔は瘰癧と呼ばれていたが、現在では乾癬と認識されているような症状が多い。あらゆる 「風邪」が目に定着する傾向がある。目からの粘液や膿が出る。まぶたの潰瘍や肥厚、まぶたの外側や内側への巻き込み、まつ毛の抜け;赤く動揺した状態。

「Sulphurの患者の目の不調」と言えば、あらゆる種類の目の病訴を網羅していることになる。

Sulphurは広範囲の目の症状があります。目の症状、顔や頭皮の発疹を伴い、皮膚のかゆみを伴い、特に寝床で温まるとそれが起きる。洗うことで悪化するカタル性の眼症状。

入浴によって目の症状が悪化するだけでなく、患者自身が入浴によって悪化し、入浴自体を嫌がり、寝床の暖かさで悪化する痒みがあり、慢性的な病的な頭痛があり、頭頂に熱を持っている場合、このような症状が併発していると、目の症状はどうあっても、Sulphurで治すことができる。

Sulphur.は、白内障や虹彩炎、炎症性疾患や不透明感、そして下記のあらゆる症状を治している。

「視覚の幻覚」(頭痛と共に起きる)
「目の前がチカチカする」(上記説明)
「小さな黒い斑点;暗い点や斑点;黒いハエが目から遠くないところに浮かんでいるように見える;ガスの火やランプの光が、光輪に包まれているように見える。」など。

目の前には、このような独特のイメージがたくさんあるが、すべてSulphur の体質を持っている。

「目が燃えるように熱くなり、痛みを伴う痛みがある。」

すべての「風邪」は目に定着する。つまり、目の症状がある場合はそれが増強され、目の症状がない場合は、すべての「風邪」からこれらの症状がもたらされる。

耳はカタルに悩まされる。カタル状態がSulphurの非常に強い特徴であることは、一般的な症状で学んだ。体のどの粘膜も逃れることができず、すべてカタル性の分泌物があり、大量の、時には膿性の、時には血性の分泌物がある。目や耳も例外ではない。

カタル状態は、耳が聞こえなくなるまで続く。粘膜と鼓膜の肥厚。聴覚が失われるまで、耳の中であらゆる種類の奇妙な音がする。構造的な変化で耳が聞こえなくなった後で、たとえ耳が聞こえなくなった時の治療法がなくても、患者を治すことができる。

耳が聞こえないのが治るかどうかを知りたい、という患者には、絶対に言えないことがある。病訴の多くは中耳にあり、それを検査することができないので、どの程度の構造的変化が起きているのかわからない。患者が十分に治癒した場合には、それを確かめることができると言える。構造的変化がそれほど大きくなければ、患者が治った後には消えてしまう。

内部の器官が破壊され、中耳が乾燥して、萎縮したカタルになった場合、その中耳を回復させることはほとんど期待できない。中耳は破壊され、感覚に必要な部分は萎縮してしまっているため、もはや感覚は認識できない。患者には、治る見込みがあるかどうかを話すしかない。

臓器を治すという考えを、頭の中に入れてはいけない。その考えをできるだけ頭に入れないようにし、臓器の病気を突き止めろと言われても、患者自身が病気なのだから、何も言わないのがよい。

なるべく病気の患者のことを考えて、病名や臓器の病理の状態のことは考えないように。だから、患者に「先生、私の耳を治してくれませんか」言われたら、

“まず、あなたを治すこと。最初に最も重要なことは、あなたを治すことです。」と答えなさい。

患者を治すことで、その後、耳や聴力に何ができるかが見えてくる。このようにして、あなたの心を適切な形に保ち、あなたと患者との関係を正しく保つことができるのだ。もしあなたがずっと耳の話をしていたら、患者は自分の耳のことで、自分の人生のことを心配するだろう。

「いつになったら耳に何かしてくれるのですか。いつになったら耳が聞こえるようになるのですか。」

まず、患者全体を治療するという理解から始めよう。まず、患者のことを思い、それを理解しよう。ホメオパシーの専門家がいないので、耳の疾患のために患者が専門医に行くという考えはやめたほうがいい。

治療すべきは全体の病である。患者自身の体質から切り離して考えられる、耳のトラブルというものはない。Sulphurは「特に食事や鼻をかむ時、頻繁に耳が詰まる」「耳の中で音がする。」

様々な種類の炎症。Sulphurの患者の耳からの分泌物。

私はSulphurが耳のレメディであるとは言っていない。局所的な症状ではレメディーにたどり着けなかったのに、患者に合わせてレメディーを選択すれば、こうした「局部の疾患」の患者を治せることが多い。

Sulphurを耳だけとか、子宮脱だけで考えもしないが、患者はSulphurを必要としている。Sulphurを与えると、患者の体質が整い、臓器が秩序あるものになるのを見て、驚くことだろう。

体のあちこちにある痛みに合わせて、医師が処方すると、失敗することがある。医者は、患者の痛みに似たある種の痛みを見つけるために、徹底的に治療薬を探す。些細な痛みを気にすることなく、患者自身を治療すべきである。

したければ、残してもいいが、その患者のためのレメディーを手に入れるのだ。その痛みがレメディーに含まれていればよいが、そうでない場合も気にしてはならない。小さな症状を気にしてはいけない。患者を治療する上で、最も重要なキーポイントさえ、省いてしまうかもしれない。

時には、その痛みだけが患者さんの治したい症状であることもあるが、それが古い症状であれば、最後に治るのはその痛みだ。このような状況では、患者はその痛みがいつ治るのかを知りたくて、あなたの人生を悩ませることになるが、もし、あなたにその問題についての知識があれば、最初にその痛みが和らがることは期待しないだろう。

患者さんを抱きしめるために、こう言わなければならないことがある。

「その症状が先に治らず、とるに足らない、このような小さな症状が先に治る。」と。

その患者を生涯に渡って保持することができるのは、あなたが真実を語ったからであり、あなたが知っていることを、その人に示したからに他ならない。そのような仕事は、正直に獲得した仕事である。

鼻のカタル性疾患は、Sulphurでは非常に厄介だ。

「古いカタルのような鼻の前の臭い」と、Sulphurの鼻は非常に厄介であり、このカタルの状態は非常に厄介で、臭いで気持ち悪くなる。自分がカタルの臭いがすると思い、他の人もその臭いがわかると思う。この古いカタルの臭いや、不潔なものの臭いで、彼は吐き気をもよおす。常にくしゃみをして、鼻が詰まっている。鼻風邪の項には「鼻から水が滴るような流血」とある。

鼻汁はすべて刺激的で燃えるよう。

これはSulphurでの状態だ。「風邪」をひくたびに、鼻水が出てくる。風呂にも入れず、熱中症にもならず、寒い場所にも入れず、無理をしてもこの「鼻風邪」になる。

天候の変化が新たな発作を引き起こす。春に腫れ物や春の洗浄剤としてSulphurを大量に摂取する習慣のある老人の多くが、一年中、鼻風邪やSulphurの様々な病訴に悩まされていることを観察している。

もし、このような老齢のSulphurを服用している者を探し出すことができれば、ホメオパシー医にとって興味深い、Sulphurの非常に良い像を手に入れることができるだろう。また、鼻血が出たり、鼻の中に乾燥した潰瘍やかさぶたができたりする。

Sulphurの顔の一般的な側面については十分に説明したが、特に覚えておかなければならないのは、静脈のうっ血、汚れた外観、赤い斑点、病的な外観、偽の多量性の外観である。それは、青白い顔から赤い顔へと変化する顔であり、青白い顔は乱れやすく、興奮すると顔が赤くなり、暖かい部屋にいると顔が赤くなり、少しの刺激でも顔が赤くなり、特に朝になると顔が赤くなる。顔の上に噴出物ができる。

特に顔の右側に、周期的に激しい神経痛が起こる。長く続いて飽き飽きする右側の神経痛。マラリアが発生する気候地域に住んでいる人の持続的な神経痛で、BelladonnaやNux vomicaなどの短時間作用型の治療薬を与えた場合、短期間だけ苦痛を軽減する。症例全体を検討した結果、Sulphurの患者であることが判明した場合、Sulphurは神経痛を永続的に治す。

Sulphurは顔の丹毒性炎症を治す。 Sulphurでは、丹毒は顔の右側と右耳のあたりから始まり、右の耳はかなり腫れ、ゆっくりと広がり、動きが鈍く、異常に紫色になる。 患者の全体像が、不快で不潔な患者で、洗っても洗っても、皮膚はしわくちゃでしなびていて、干した牛肉のようだ。

Sulphurは、小水疱や巨大な出血を伴って急激に発症する症例にはあまり適していないが、最初は顔に斑点状のくすんだ赤い斑点が現れ、少し離れたところに別の斑点、さらに別の斑点があり、これらがすべて一緒になっているような症例には適しており、1週間ほどでドロドロした丹毒状態になり、静脈が膨張しているように見え、意識不明の状態になる。

このような場合、Sulphurがどのように作用するかを見れば、驚くことだろう。Sulphurは、それを発展させるための活力がないかのようにゆっくりと、丹毒性の炎症を起す。一方、それがArsenicum、Apis、Rhus toxであれば、急速に広がっていく。ArsenicumとApisは火のように燃え、Rhusは水疱が紅斑の上にできる。

Sulphurでは、顔全体が湿った鱗状のかゆみを伴う湿疹で覆われることがある。乳痂は頭皮と耳を含み、湿気があり、厚い黄色の痂皮が積み重なり、かゆみを多く伴い、ベッドで暖まると悪化する。子供は布団をかけないで寝たがる。覆われている部分に痒みがある場合、その部分が温まると痒みが増す。これらの発疹は、眼病、眼や鼻のカタル性疾患と関連している。

Sulphurの患者は、唇に厚い付着物があり、かさぶたのような唇、ひび割れた唇、唇と口角にひび割れがある。唾液が口からにじみ出て、赤い筋ができる。顔の下部に痒みと灼熱を伴う発疹ができる。口の周りにヘルペス性の発疹ができる。これらはすべて燃えるようで、唾液から表皮剥離が起きる。顎の下あたりに腺の腫れがある。顎下腺の腫れと化膿 耳下腺の腫れ。頸部の腺は肥大している。

Sulphur体質では、歯が緩み、歯茎が歯から離れ、出血が起きたり、燃えるようだったりする。

虫歯になる。口の中や舌の状態が全般的に不健康である。変な味がし、舌が汚い。口の中に潰瘍ができ、潰瘍の中で燃焼する。アフタでは、燃えるような痛みや刺すような痛みがある。口の中に白い斑点がある。

Sulphurは、授乳中の乳児の口内炎や、授乳中の母親に発生する口内炎に非常に有効なレメディである。また、頬の内側の表面を食い尽くすような、根深い段階的な潰瘍にも効果がある。舌の上や、不健康な歯が押し付ける口の中の側面に、独特の小さな結節ができる。

この結節が舌の端に沿ってできると、痛みのために会話もできず、呑み込むこともできない。舌を動かさずに取り込める食べ物で過ごさねばならない。時には舌全体に及ぶこともあり、良性であっても癌と呼ばれることがある。

Sulphurは、症状が一致する場合、慢性的な喉の痛みに素晴らしい薬である。

老齢のSulphurの患者は、これまで述べてきたように、一般的なカタル状態に苦しんでおり、喉の症状もそのようなものである。潰瘍化にまで至るカタルの状態がある。扁桃腺は肥大し、数週間から数ヶ月にわたって紫色の様相を呈し、喉は全体的に痛んで、痛みに敏感な状態である:だが、急性の喉の痛みもある。炎症には特に有効。

紫がかったくすんだ色は、特に老齢のSulphurの患者は、これまで述べてきたように、一般的なカタル状態に苦しんでおり、喉の症状もそのようなものである。潰瘍化にまで至るカタルの状態がある。扁桃腺は肥大し、数週間から数ヶ月にわたって紫色の様相を呈し、喉は全体的に痛んで、痛みに敏感な状態である:だが、急性の喉の痛みもある。炎症には特に有効。

紫がかったくすんだ色は、特にSulphurの色だ。喉の焼けるような痛み、刺すような痛み、今表皮が剥離した、ヒリヒリする、炎症、嚥下困難などがしばしば見られる。ジフテリアを治している。

食欲、欲求、嫌悪感については、一般的な項目で十分に説明した。Sulphurの患者は一般的に消化不良の患者であり、ほとんど何も消化できない患者だ;普通の食事のようなものは何も消化できない。

食前に空腹感が消え、胃が敏感。

Sulphur の患者は長い間食事をしないでいられず、気が遠くなり、弱くなる。少ししか食べていないのに、肉を食べた後や、健康な胃腸だったら消化できる食べ物を食べた後に、胃にかなりの重苦しさがある。

そして、彼は痛みで苦しむ。彼は胃の痛みを焼けるような痛みとか、大きな痛みと表現する。胃の中に病的な感覚があり、胃の中がヒリヒリして、表皮剥離したように感じる。彼はこの感覚を次のように表現する。

「食後の胃の痛み」
「食後に胃に重さを感じる」などだ。

Sulphurの胃は弱く、消化に時間がかかる。胃が不調のため、酸や胆汁性の嘔吐がある。胃からの酸の湧出により、口の中に酸っぱい味がする。

肝臓は、非常に厄介な臓器だ。

肥大と硬結があり、多くの痛み、圧迫感、苦悩がある。肝臓のうっ血に伴い、胃にも通常の症状が現れたり、すでに症状がある場合は悪化する。黄疸が出て、肝臓が腫れたり膨らんだりする感覚があり、肝臓に鈍い痛みがある。

胆石ができやすく、周期的に胆管部に引き裂くような痛みがあり、それに伴って顔色が悪くなる。

Sulphurの肝臓の患者は、慢性的に黄ばんだ肌になりやすく、増えたり減ったりする。この患者が風邪をひくと、それは肝臓に定着する。風邪をひくたびに、入浴するたびに、天気が変わるたびに、肝臓の症状が悪化し、それが悪化すると他の問題が減る。胆汁性嘔吐の発作や、その人が言うところの「胆汁性頭痛」の発作の際に、その症状が現れる。

時にはヤニのように黒い便、ある時は緑色で太い便、そして白い便が出ることもある。これらの便は、肝臓の肥大化に伴って交互に変化し、胆石ができやすくなる。

Sulphurの患者は、腹部の大きな膨らみ、腹部の回転、腹部の痛みに悩まされる。

腹部の内臓が下に垂れ下がり、落ちているように思えるため、立っていられない。慢性的な下痢に伴い、生々しさ、痛々しさ、膨らみ、焼け付くような感じがあり、これが腹部の結節に向かって、より深刻な問題になっていく。腸間膜腺は結節でろ過される。腹部の発疹に伴って毎晩痒みがあり、痒みはベッドで温まると悪化する。帯状疱疹は側面から出てきて、体を取り囲むような形になる。

また、この人は鼓腸症の患者でもある。多くの腹鳴、多くの膨満感、多くのゴロゴロとした腹鳴がある。疝痛の発作があるが、鼓腸はしない、ガスは弱い。疝痛のひどい発作、切り裂くような痛み、引き裂くような痛みは、どのような姿勢でも緩和され、腹部全体が焼けつくように痛み、腸が痛む。

腸管全体のカタル。吐いたものは酸っぱくて口の中を汚し、肛門から通るものは酸っぱくて部位が生々しくなる。液体の便は通過中に火傷し、湿った鼓動を通過する際にも多くの火傷をする。よく便意を催すが、便座に座っている間は、液体や水分が少ししか出てこず、その液体は火のように燃え、肛門は生々しくなる。

便は、薄い便、黄色、水っぽい便、粘液状の便、緑色の便、血の混じった便、排泄物の多い便などがある。便は不快臭があり、しばしば気分が悪くなり、部屋中に浸透する臭いがして、「便の臭いが、まるで自分が汚したかのように、その人の周りについてくる」。

下痢は特に午前中に起こり、通常は午前中に限られる。朝、ベッドから飛び起き、起き上がってベッドから移動するとすぐに便意を感じ、大急ぎで行かないと便が出なくなり、便器にたどり着くまで我慢するのが大変である。

午前中が典型的な時間帯であるが、午前0時以降、午前0時から正午までの間に起こる下痢が、Sulphurの下痢である可能性がある。午後に発症する習慣のある下痢をSulphurで治すことは、ほとんど期待できない。Sulphurは夕方の下痢を悪化させることがあるが、それは例外で、Sulphurに期待できるのは朝の下痢である。

Sulphurは、コレラや、コレラの時期に起こる下痢で、朝に下痢が始まるような場合には、素晴らしいレメディーである。また、赤痢で、血の混じった粘液状の便が出て、常に力んでいるような場合にも大きな効果を発揮する。Mercuriusに見られるように、便を出し終えることができないような感覚のために、便の前に長く座っていなければならない。このような典型的なMercuriusの状態は、ぬるぬるした便で、最後まで終わらないような感覚がある。

Sulphurは、Mercuriusが上手くいかなかった後にこの状態を治すことが多い。Mercuriusを間違って投与した場合、SulphurはMercuriusの自然に後続する。赤痢では、このテネスムスが最も激しい性質のもので、血便で、尿意を強く伴う。

Mercurius corrosivusが最も早く効く。テネスムスがそれほど激しくなく、尿意を催すことがあまりないか、または全くない場合は、Mercurius solubilis がより自然なレメディーである。これらの薬は、赤痢においてはSulphurに非常に近いが、Sulphurよりも一般的に適応される。Sulphurの患者には、もちろんSulphurが赤痢のレメディーとして適している。

この人は外痔核と内痔核に悩まされる。痛くて生々しく、焼け付くような痛みがあり、出血と水便とともに出てヒリヒリする。

泌尿器系の症状と膀胱や男性性器の症状が組み合わさって、Sulphurでは非常に重要なグループとなる。

膀胱のカタル状態があり、常に尿意を催し、排尿時は燃えるようでヒリヒリする。排尿時に尿が尿道を傷つけ、その痛みは排尿後も長く続く。前立腺肥大症を患っている衰弱したの人、年老いた発明家、座りっぱなしの生活をしている年老いた哲学者などに適する。排尿時や排尿後に尿道が熱くなり、淋病に似た尿道の分泌物が出るが、実際には慢性的なカタル状態である。

尿に粘液が混じり、時には膿が出る。淋病の古い症例や老齢の患者で、通常の淋病治療薬や、特にその排出物に適した治療薬では緩和されない場合、また、患者自身がSulphurの患者である場合。

このような患者は淋病を患っており、新しい外観や分泌物自体に適合したレメディーで治療されてきたが、尿道のカタル状態が続き、尿道が燃えるようで、尿管の腫れ、赤み、腫れ、プツプツとした状態を呈し、リネンを汚すのに十分な程度の一滴しか集まらず、これが毎週、時には何年も続いている;ポテンシー化したSulphurを十分長く作用させれば、この分泌物は治るだろう。

Sulphur は、糖尿病の初期段階で、尿中に糖分を含む患者を治癒しました。Sulphur は睡眠中の不随意の排尿を治す。風邪をひいたときに起こるトラブルを治すことができる。ある患者のすべての “風邪 “が膀胱に定着する。これはDulcamaraのようなもので、Dulcamaraが効かなくなったり、初期の段階で適していた場合は、Sulphurがそれによく続く。尿の連続的なヒリヒリする痛みと頻繁な尿意;排尿後長い間、尿道が焼けるような、チクチクするような、痛みがある。

性器に多くの発疹がある。

性器のかゆみ、ベッドで温まると悪化する;性器に大量の汗をかく;性器が冷える。男性の場合、インポテンツ:性欲はかなり強いが、適切な勃起が得られない;或いは挿入前に精液が出てしまうか、挿入後すぐに精液が出てしまうる。亀頭と包皮の周囲に炎症状態がある。包皮の下にヘルペスのような発疹ができ、かゆみと熱感がある。この患者は、性器のかゆみを伴う発疹に悩まされている。

包皮が狭くなり,引き上げることができない。 炎症性包茎;包皮の肥厚または制約。炎症性包茎は,包茎が何らかのトラブルに依存しており,それ自体が治癒可能である場合には,レメディーによって治癒することができる。先天性の包茎はレメディーでは治らない。性器は患者にとっても診察する医師にとっても、非常に不快臭のあるものである。患者は非常に不潔である可能性が高く、入浴しないため、性器には自然な不潔さが蓄積される。排便時に前立腺液が排出される。

女性生殖器では不妊症がある。月経不順があり、わずかな乱れで月経が抑制されます。月経に関連した出血、子宮出血、長引く子宮出血がある。

中絶において、Belladonnaを選ぶかもしれない。それは、女性が中絶している間には適しており、現在の状態を克服するかもしれない。あるいは、初期の状態に適したApisやSabinaを選択し、出血を一時的に遅らせるか、止めるか、あるいは胎児の排出を早めることができる;しかし、出血は再び始まり、その再発で苦しみが長引く。このような症例の多くにおいては、患者にSulphurを投与するまで何もできない。

症状が覆われている場合は、Sulphurが非常に有効である。Belladonnaが投与された時は、Sulphurで後続しなければならないことがよくある。Sabinaは、流産の際に最も激しい出血を起こすが、これにはSulphurが必要であると言われている。このような出血性疾患では、長期にわたる反復的な出血、慢性的な状態、最初の、あるいは最も刺激的な時期ではなく、最も早く噴出した時期でもない場合、非常に頻繁に指示される2つのレメディーは、Sulphur と Psorinumである。

普通のレメディーにもかかわらず、また、骨盤に関連する症状のグループに合わせて選択されたレメディーにもかかわらず、出血が再発してしまう。多くの場合、出血時には骨盤の症状が目立ち、他の症状はすべて覆われている;しかし、次にその女性に会ったときには、他の症状が出るほど静かになっていて、数日後にはさらに多くの症状が出てくる。

これは麻疹とは違う。麻疹や猩紅熱、水疱瘡が終わるまでは、慢性の状態を調べる必要はない:これはマヤズムである。しかし、出血は彼女の体質の一部であり、マヤズムではない;したがって、出血が激しく、レメディーを必要とする場合は、おそらくBelladonna やAconiteのような短時間に作用するレメディーが最も適しているだろう;しかし、体質に目を向けると、AconiteやBelladonnaの後に何らかのレメディーが必要になる可能性が高く、一般的にはSulphurがそれにあたる;急性期のレメディーは、その激しい作用に適したものであり、その後に補完する薬が続く。

Sulphurを必要とする女性は、気候変動期にありがちなほてりに悩まされており、LachesisやSepiaと競い合う。SulphurとSepiaは、少女や高齢者でさえ、非常に激しい月経困難症に適している。

Sulphurを必要とする女性で、月経が始まってから長く続いている最も激しいケース。痛みの種類、子宮の敏感さ、出血の様子、つまり骨盤の症状だけでレメディーを選択すると、失敗してしまう。骨盤の症状が一般論に当てはまらなくても、患者自身を治療しなければならない。一般面が一致していれば、Sulphurは骨盤の症状に合わせることができなくても、月経困難症を治すことができるのである。どのような場合でも、一般面が常に先行し、支配する。

Sulphurは膣内に激しい灼熱感がある。外陰部の面倒なかゆみ。性器からひどい不快臭。性器の周り、太ももの内側、腹部から大量の泡のような汗が出る。

この人は臭いが吐き気を催すほど攻撃的であり、この一般的な状態は真実であり、それは気のせいではない。臭気に対する過敏性を覚えておくといい。大量の、不快な、灼熱の、粘り気のある月経。白っぽい場合もあれば、黄色の場合もある;不快で、刺激的で、その部位や表皮剥離部にかゆみを引き起こす。

妊娠中、または妊娠初期にのみ、多くの吐き気がある。Sulphurを必要とする女性においては、それが吐き気を止め、長引く痛みはほとんどなく、容易に陣痛を迎えることができるだろう。このような場合、唯一の痛みは、胎児の頭の圧迫によるものである。陣痛は苦しいものであるが、適切なレメディーを用いれば、比較的楽になる。Sulphurは、分娩中かなり大変な苦しみを味わっている女性、つまり陣痛が長引く女性に適する。厄介な後陣痛。乳腺の腫れにも適している。

次に、膿性の悪露や悪露の抑制を伴う敗血症の状態がある。3日目に寒気がして、悪露が抑制され、その女性は高熱を出し、頭から足まで汗で覆われているようなケースがある。布団の中に手を入れると、体から蒸気が上がってくるのを感じ、手を離したくなるほどの熱さである。意識が朦朧としており、腹部全体が敏感になっている。

みなさんは今、悪露の抑制の意味を知っている;産褥熱を手にしている。Aconite, Bryonia, Belladonna, Opium,などを探し回る代わりに、Sulphurをよく調べなさい。それらで、ほとんどの場合失敗するが、Sulphurはまさにそのような状態に合い、多くの産褥熱を治している。

これらを使うとほとんどの場合は失敗しますが、硫黄はまさにそのような状態にピッタリで、

乳熱や乳腺の不調だけで、寒さも急性のものであれば、短時間に作用するレメディーがよく効くし、 Aconiteも役に立つが、敗血症の場合には、Sulphurが根元まで行く。ゲップをしたり、胃に空腹感があったり、夜になると沈んだり疲れたりして悪化し、全身に湯気が立ち上るような感覚やほてりが次々と起こる時には、Sulphurを与えなければならない。

一方、このようなケースで、熱い汗やその他の一般的な特徴を伴って、次から次へと連続して硬直が起こり、それらが終わらない場合、Sulphurと同様にケースに深く入り込む Lycopodiumなしでは、そのケースから抜け出すことはできない。全身に小さな寒気と小さな震えが連続して起こり、脈拍が体温との適切な関係を失っている場合は、 Pyrogenを投与しなければならない。体が紫色に見え、全身に冷や汗をかき、反復または間欠的な悪寒があり、悪寒の間だけ喉が渇き、悪寒の間に顔が赤くなる場合は、Ferrumを投与しなければならない、他のレメディではこのような症状は出ないからである。

体の片側が熱く、反対側が冷たい状態で、その女性が涙ぐんでいたり、恐怖で震えていたり、神経の興奮や落ち着きがないと感じていたら、同じく敗血症の状態を持つPulsatillaを与えると、敗血症の状態を克服するのに十分である。

Sulphurは、外科的な発熱が、このような熱の点滅と蒸し汗の形をとる場合に適している。このような根深い敗血症の状態では、最初から最後までどこかでSulphurが必要になるだろう。敗血症の初期段階では、Bryonia の症状がいくつか見られるかもしれないが、Bryonia はそのようなケースには対応できない。敗血症の状態では、最初の24時間で先手を打ちたいものであることを忘れてはならない。

すぐにSulphurに行きなさい。さて、もうひとつ、Sulphurを与えるのを間違えて、その症例に効かないとわかったとしても、Sulphurは常にその症例を単純化し、良い結果をもたらし、決して台無しにしない。始めるための良い基盤を与えてくれる。精神や神経の症状が残っていても、すぐに対応しなければならない激しい敗血症の状態を克服したことになり、多くの場合、残っている症状は単純だ。Sulphurは、症状が完全には明らかでない場合に、まず始めるべき一般的な治療薬です。

このレメディーは、呼吸が苦しく、少しの運動でも息切れし、大量の汗をかき、疲れ果て、喘息のような呼吸をし、胸の中で多くのガラガラ音がする。

風邪をひくたびに、胸や鼻に症状が出る。いずれの場合も、カタル状態が長く続き、終わらないようで、常にカタル状態のままだ。

「風邪をひくと必ず喘息になる」という場合はDulcamaraが必要だが、その発作の後遺症が残っていることが多く、医師は深く作用するレメディーを与えなければならない。Dulcamaraができるだけのことをした後、Sulphurが補完的なレメディーとして登場する。Calcarea carb.はDulcamaraと似たような関係にある。

鼻や胸内や肺は、多くの問題を引き起こす場所である。患者は肺炎を患っており、浸潤期に及んでいる。Bryoniaが脅威的な特徴を克服した後、この進行した段階で症例を取ったが、今、患者は回復すべき時に回復しない;全身に汗をかき、疲れており、「何かおかしい、負荷がかかっている」という奇妙で特異な意識があり、「呼吸が苦しく、熱のほてりと交互に起きるが、熱はあまりない。と言っているのをよく耳にする。

さらに検査してみると、肝炎になっていることがわかり、Phosphorus、Lycopodium、Sulphurなどのレメディーが必要になるが、Sulphurはその中でも特に優れている。

Bryoniaが初期の症状に十分であったか、或いはAconiteがそれを解消した時や、これらのレメディーでは解消しきれないほどの症状が出た時、肝炎になる。もしこれが これが狭い範囲に留まっていると、かなり慢性的な経過をたどるが、Sulphurがそれを解消する。しかし、二重肺炎であったり、肝炎が肺のかなりの部分に及んでいたりして、与えられたレメディーが十分でなく、ケースが致命的な問題に向かって進んでいる場合、午前1時か2時、或いは3時に突然、弱まり始め、鼻がつまって、唇が引きつり、ヒポクラテスのような顔つきになり、冷や汗をかき、体のあちこちが弱りすぎて動けな胃;頭だけが落ち着きなく少し動く。

すぐに呼ばれて、Arsenicumを投与しなければ、この人は死んでしまうだろう。あなたはArsenicumを投与し、よくやったと思うが、Arsenicumには炎症の結果を取り除く力はない。だが、肝炎になった肺を治すことはできないが、生命力を刺激する作用はある。それは患者を温め、良くなりそうな気になるが、注意してほしいのは、Arsenicumに続く適切なレメディーを与えなければ、24時間後には死んでしまうだろう。

このようなケースでは、レメディーをあまり長く待ってはいけない。患者が元気になり、反応が最高潮に達したらすぐに、解毒剤であり、Arsenicumに自然に後続するSulphurを与えなさい。そうすれば、患者は24時間以内に「よくなっている」と言うだろう。

あなたが今存在しているように、それはまさにその通りにするだろう。また、Arsenicumに続く薬はPhosphorusであることがはっきりとわかる場合もある。このような患者がArsenicumの下で元気になり、熱が出て、焼け付くような喉の渇きを伴い、氷のような冷たい水が十分に得られない場合は、Phosphorusで後続しなければなりません、その場合、Sulphurが他の場合にすることをPhosphorusがする。

あなたは、自分のケースをそのような状態にさせないので、自分の実践でこのようなケースを見ることはないだろう;このような症例は、そのような状態で適切に処方されたときに生きていくだけの力を持っていれば、最初から症例の性質全体を破壊してしまうほどの力を持っている。

しかし、外周部の肝炎だけで、起き上がって歩き回れるほど元気だった、あの患者に戻ってみよう。咳も長引いていて、発作から半年か1年経った今、彼はこう言う。
「先生、私は胸部疾患の発作を起こしてから、一度もまともになったことがありません。
医者は肺炎と言っていました。」と。

その患者は、錆びた痰や、肺炎に属するその他の小さなことについても話すことができる;
それが、あなたが知るべきことだ。あの発作以来、慢性的な咳が続いており、今は寒気がしている。

線維性の浸潤があり、結核の状態ではないが、自然が治せなかった肝炎が残っているのだ。これを放置すると、カタルシス、喘息、慢性気管支炎、様々な種類の疾患に陥り、最終的にはこれらが原因で死に至る。Sulphurは、そのすべての症状に適合することが非常に多く、特に病気の時、適切に洗浄されなかった肺を、洗浄する能力があります。

Sulphurはr気管支炎を治す。症状が一致すれば、喘息性の気管支炎も治す。Sulphurは、全身をかきむしるような非常に激しい咳をし、頭が飛びそうになる;咳をすると頭が痛む。その後、血痰が出て、肺から出血する。このような症例では、結核がまだあまり腰を下ろしていない場合や、結核の堆積が始まったばかりの場合には、すべての症例において、肺炎の恐れがある。

弱く打ちのめされたような体質の人、肺結核遺伝の衰弱した人は、胃に何もない空腹感があり、頭のてっぺんが熱く、寝床の暖かさから不安になる。

このような症例は、体にたくさんの発疹が出ていれば良い;だが、実際には皮膚には発疹がない;安心できない;すべては体内で進行しており、徐々に衰退していく。

このような場合、Sulphurはその患者を発火状態から目覚めさせ、健康に戻るだろうし、それができないほどひどい場合は、何年もの苦しみから解放されるだろう。肺結核の進行した状態でそれを探してごらん。このような状態での投与については、十分に説明されている。化膿を促進し、結節があるところには必ず小さな肺炎をもたす;これらを化膿させる傾向がある。その機能を遂行できないすべての細胞は、Sulphurによって剥がれ落ちる。

Sulphurの背中に関する顕著な点は、座った状態から立ち上がる時、背中に痛みがあり、曲げて歩かざるを得ず、動いた後に、ゆっくりとしかまっすぐになれないことだ。痛みは主に腰仙部にあります。

四肢は発疹で覆われている。手足の甲と指の間に発疹ができ、手の平にできることもある;
小水疱および鱗屑状の発疹はかゆい。膿疱、腫れ物、小さな膿瘍、不規則な紅斑が四肢のあちこちにでき、皮膚が汚れて見える。

寝床の暖かさによる皮膚のかゆみ。

関節の肥大。リューマチ疾患;関節のひどい硬直;膝のくぼみの締め付け;腱の締め付け、リューマチ性および痛風性の特徴。脚と足の裏の痙攣。ベッドの中で足の裏が熱くなり、足の裏を冷やすために布団から出すと、足の裏が痙攣して熱くなり、かゆくなる。

時には足の裏が冷たくなり、また燃えるようになり、これらの状態が交互に繰り返されるのがわかるだろう。手足の冷たさを伴う身体の不調があるが、寝床に入ると、燃えるように暑くなるので、布団をはががさねばならない。その被害者となり、ほとんど常に悩まされる角質は、ベ寝床の暖かさの中では、燃えるようで、チクチクする。

Sulphurの患者の皮膚は潰瘍や化膿しやすく、皮膚下に破片があると潰瘍になり、傷の治りが遅く、化膿する。Hepar.のように、ちょっとしたピンの刺し傷でも化膿する。

Sulphurの発疹は数え切れないほどある。様々な種類があるが、全てにいくつかの特徴がある。例えば、燃えるような、刺すような痛み、かゆみ、ベッドの暖かさによる悪化などだ。

肌は荒れていて不健康だ。顔には先が黒いニキビ、痤瘡、吹き出物、膿疱が、たくさんある。Sulphurは、体のあらゆる部分に腫れ物や膿瘍、扁平上皮の発疹、小水疱の発疹などでいっぱいだ。

これらはすべてSulphurに含まれており、燃えるようで、刺すような痛みがある。

HSKキネシオロジーについて

HSKキネシオロジーは、ロスアンジェルスで整体クリニックを開業されている
Dr.本間先生が、医師として長年の経験から開発されたキネシオロジーです。

HSKは、Health Support Kinesiology(ヘルス・サポート・キネシオロジー)の略で、
知識も大切ですが、キネシオロジー自体を経験することを大切さにしています。

そういう点から、
カフェで簡単にできるカフェキネシという
キネシオロジー「初めの一歩」を体験できるメソッドを作られました。

長野在住の鍼灸師の星ユカリさんとのコラボにより作られた
手にある経絡にあったアロマをかぎながら、
指の筋肉で、反応をチェックし
自分の中の変化に気づくことができます。

その他にも、14経絡にあったアロマ、チャクラにあったアロマなどで、
自然の香りとともに
内面を解放していくお手伝いをします。