Wie man Angst und Furcht loslassen kann

Haben Sie große Angst vor Krankheit und Verletzung?

Fürchten Sie sich sehr vor
Dunkelheit, hohen oder engen Orten?

Machen Sie sich große Sorgen um die Zukunft

Wenn Sie sich in einer dieser Situationen befinden, gibt es einen einfachen Weg, ihre Ängste und Befürchtungen zu beseitigen.

Legen Sie Ihre Hand auf die Stirn.
So ist es gut.

Kontrollieren Sie einfach nicht Ihren Verstand oder Ihre Emotionen und denken Sie weiter über die Ängste und Befürchtungen nach.

Später werden Sie vielleicht das Gefühl haben, dass es Ihnen schwer fällt, weiter zu denken, dass es nicht mehr wichtig ist, oder dass Ihr Geist positiver wird.

Die Reaktion ist je nach Person unterschiedlich, aber bitte fahren Sie fort, bis Sie eines der oben genannten Gefühle haben. Achten Sie darauf, nicht in der Mitte anzuhalten.

Diese Methode wird Ihr Gehirn neutralisieren und Sie von negativer Energie befreien.

Wir sind der Schöpfer.

Wissen Sie was, wir sind der Schöpfer unseres Lebens. Was denken Sie, wie fühlen Sie sich, wenn Sie hören, dass Glück, Harmonie, Traurigkeit, Zufriedenheit, Frieden, Ärger, alles die Schöpfung Ihres Geistes, Ihrer Emotionen, Ihres Denkens und Handelns ist?

Auf keinen Fall! Wegen ihr habe ich ein Problem. Wegen meiner Eltern bin ich so. Wegen meiner Arbeit bin ich müde. Wegen, wegen, wegen. Ja, ich kenne meine Schuld, aber er hat dies getan, sie hat das gemacht, er, sie, diese Politik, reiche Leute, der schwarze Vorhang dieser Welt hat, tut, wird tun … etc.etc.

Wir neigen dazu, die Welt so zu sehen, als stünden wir in ihrer Mitte, und denken, ich sei klein, ich sei nicht genug, ich sei hilflos, ich sei ein Opfer, ich könne die Welt nicht kontrollieren, oder ich habe Recht, aber andere haben Unrecht, ich tue es, aber andere nicht.

Haben Sie es gesehen? Das “Ich” ist das Zentrum.

Es hängt nur davon ab, wie Ihr Verstand reagiert, wie Ihr Verstand reflektiert oder wie Ihr Verstand Gedanken und Emotionen erzeugt. Wenn wir dasselbe sehen, sagen manche vielleicht schön, andere sagen vielleicht nein.

Herr X war in einer Familie mit einem schrecklichen Zustand aufgewachsen. Eine Schwester beging Selbstmord, ein Bruder wurde wahnsinnig, ein Bruder wurde schwer krank, aber Herr X war nie betroffen und ist mit einem gesunden Körper und Geist aufgewachsen.

Also in demselben Zustand, aber jeder reagiert auf seine Weise, was vom Verstand abhängt, wie man empfängt und reagiert.

Wir haben unser Leben selbst gewählt. Wir sind der Schöpfer, und wir haben die Verantwortung für unser Leben.

Alles ist das Spiegelbild unseres Geistes. “Alles” bedeutet alles, woran Sie beteiligt sind, d.h. Ihre Familie, Ihre Arbeit und Ihre Mitarbeiter, Ihre Freunde und Ihre Umwelt. Sie tragen die volle Verantwortung für Ihr Leben, was zunächst Ihre direkte Beziehung und Ihr Umfeld betrifft.

Wenn Sie glücklich sind, ist Ihre Familie glücklich. Wenn Ihre Familie glücklich ist, ist auch Ihre Stadt glücklich. Wenn Ihre Stadt glücklich ist, dann ist es auch Ihr Land. Wenn Ihr Land glücklich ist, wird die Welt glücklich sein, das kollektive Bewusstsein schafft Ihre gemeinsame Gesellschaft, Ihr Land und die Welt.

Wenn Sie die Farbe Ihrer Brille ändern, werden Sie Ihre Welt auf andere Weise sehen. Es hängt von Ihnen ab, ob Sie ein glückliches oder ein unglückliches Leben führen. Sie sind es, die die Qualität Ihres Lebens schaffen.

Wie? – Ändern Sie einfach die Pfeilrichtung Ihrer Gedanken. Ich bin dankbar für alles, was heute passiert. Sehen Sie Gutes, denken Sie Gutes, tun Sie Gutes, die Ihr Leben zum Glück führen. Was jetzt in Ihrem Leben geschieht, ist das Ergebnis Ihrer Vergangenheit. Es ist die Manifestation Ihres Handelns, Ihrer Gedanken und Gefühle in der Vergangenheit.

Und seine Manifestation ist immer gut, es gibt weder gut noch schlecht, auch wenn es schrecklich erscheint und Sie es nicht akzeptieren wollen.

Sie sind nicht allein. Sie werden von der universellen Liebe unterstützt. Sie müssen nicht denken, dass Sie alles allein lösen müssen. Sie müssen es nicht unterdrücken. Auch der Große Geist gibt dir oft eine Chance, wieder daran zu arbeiten, deshalb geschehen ähnliche Ereignisse oder Schwierigkeiten immer wieder, um dich darauf aufmerksam zu machen. Sie können mit Ihrer Familie, Ihrem Partner, Ihren guten Freunden sprechen oder bei einer Gelegenheit einen Therapeuten oder Berater fragen.

Wenn Sie üben, werden Sie anfangen, sich selbst zu mögen. Ihr Charakter wird sich langsam verändern und öffnen, und Ihr Schicksal wird sich auf bessere Weise verändern.

Natürlich wird es lange dauern, deshalb müssen wir geduldig sein, um weiterzumachen, und dürfen nichts überstürzen. Sie können mit einer kleinen Sache anfangen.

Wenn Sie bestimmte Arten von Therapien oder Workshops absolvieren, werden Sie sich dessen bewusst,
“ Ja! Es wurde von meinem Verstand erschaffen.”,
oder
“ Oh, ich wiederhole dasselbe Muster”.

Solange Sie das Thema Ihres inneren Kindes nicht gelöst haben, geschehen immer wieder ähnliche Ereignisse, die Sie erkennen lassen.

Kinesiologie ist eine wunderbar sanfte Methode, um uns das innere Kind und diese Muster erkennen zu lassen. Wir erkennen, dass unser Verstand ein solches Drama geschaffen hat, wenn wir in einem vom Verstand geschaffenen Traumzustand leben.

Warum können wir dann nicht einen glücklichen Traum sehen? Es ist wirklich wahr, dass wir ein glückliches Leben schaffen können, wenn wir uns mit Herz, Liebe, Frieden, Wahrheit und rechtem Handeln verbinden.


There is nothing either good or bad, but …

Recently people often talk
that there is nothing either good or bad,
that just as you are.

In Kinesiology session we use the view point that there is nothing either good or bad.

Once you face your feeling, emotion, or thoughts when you are/ were in certain stress, and once you hold them as they are, the release of stress happens naturally.

Without escaping from it, without covering on it, without criticizing others, just to be yourself, by observing yourself, the energy become neutral, as if it goes back to space, then the real-visible -world is adjusted in the best condition for you and for the universe.

Then it seems everything around you settle down towards goodness which you feels happy for you and for those around you.

Why? Because the Universe is love, God is love.

Well, now, guess what will happen, if you act with the idea of the “there is nothing either good or bad” ?

Because “there is nothing either good or bad”, I (you) can steal something, I (you) can hurt someone or something, and so on. What will happen?

The event what happen after you action is the result of your speech, thought, or action..

You can accept the result as “there is nothing either good or bad” .

It does not matter it looks good or bad.

Because it might teach us something, it is love.

It might be “ Inscrutable are the ways of Heaven”, and something good is connecting to next event.

So, how the happy result, peaceful result can be born?

It seems that it comes from good view, good action, or good thoughts, which are all common teaching in any religion.

Everything acts according to the law of Karma. Everything is reflection of our emotion, mind and action.

It means everything is self-.responsibility.

Why is it better to chose “good”? Because we human being , universe, and everything is love.

Because the conscience which is love feels joy.

Then do not attach the result. It will be good to think every happening as result is good,t”here is nothing either good or bad”,

Sometimes your old habit or inner child comes out, then things can not go easy, so that you can not think, speak, act positively.

Like this condition, you do not have to criticize yourself, just reflect a bit on yourself, accept your mistake, then decide yourself “ I will watch out next time.”, then challenge again.

The Universe, the God always support you with big love, even you do not notice about it.

J.T.ケントのレパートリーについて

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_9764.jpg
J.T.ケントの「レパートリー」

 ケントは100年前に活躍し、ホメオパシー大きな影響を与えた治療家です。彼のマテリア•メディカとこのレパートリーを駆使して、クラシック•ホメオパスは適切なレメディーを探します。

 ホメオパシーのレパートリーとは、様々な人々によるプルービングによって、心身に症状が現れたものをキーワードにしたものです。健康な体に、特定の物質、植物、動物の希釈されたものを取ることで、様々な症状が起きてくるのを発見したのが200年前にホメオパシーの手法を発見し発展させたハーネマンです。それ以来、時代を経て、様々な国で、ホメオパス、医者、それに協力する人々によって、多くのプルービングがされて来ました。その症状は体の不調だけにとどまらず、考え、感情、夢、体の特定の部位、それが起きる時間など、ホリスティックに、細かく注意深く観察が、書き留められて来ました。それを度合いによって、つまりかなり多くの人々が同じ症状を訴える場合は太字、まあまあ多くは斜体、数人しかその症状がなかった場合は小文字、というふうに示してあります。ホメオパスは、それを1〜3に数値化し、突出した症状、変わった症状、一般的な症状を精神面と/あるいは身体面のいくつか症状をあげ、合計数値が大きいレメディーを候補に絞り、マテリア•メディカで確認し、レメディーを見つけます。

 近年ではコンピューターの発展により、この作業はプログラム化され、手作業による膨大な時間が省かれるようになりました。

 また、この100年の間に、新らたにプルービングもされ、過去に発表されているレパートリーやマテリア•メディカの間違いや追加も見つかり、さらに新しいレメディーも見つかっているため、ベルギーのFrederick Schroyensが中心になり、ケントのレパートリーをアップデートしたSynthesisが現在第9版が発行されています。

 これらはほとんどケントのクラシック•ホメオパシーを元にしてあるため、膨大な数の症状名をいきなり前準備なく探す前に、まずケントの分類名を覚えておくと作業が比較的簡単になります。そのためクラシック•ホメオパシーでは、まずケントを学ぶわけです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_9766.jpg
これはSynthesisの第7版です。

How to release fear and anxiety

Are you very afraid of illness and injury?

Are you very afraid of darkness,
high places, or narrow places?

Are you very worried about the future?

If you are in one of these conditions, there is an easy way to eliminate their fears and anxieties.

Put your hand on your forehead. That’s it.

Just do not control your mind or emotion and keep thinking about the fears and anxieties.

Later you might feel that it is hard to think anymore, that it is difficult to think of it, that it does not matter anymore, or that your mind become more positive.

The reaction is different depends on person, but please continue until you feel one of the above. Be careful not to stop in the middle.

This method will neutralize your brain and free you from negative energy.

恐れや不安を解放するシンプルな方法

病気や怪我が怖くてたまらない。

暗闇や、高い所、狭い場所が怖い。

将来が不安で。

こんな方に、簡単にその恐怖や不安を解消できる方法があります。

おでこに手を添える。それだけなんです。

ただ、考えをコントロールせず、その恐怖や不安のことだけ考え続けます。もうこれ以上考えられないとか、考えにくいとか、なんだかどっちでもよくなったとか、あれポジティブになってきたぞ、など、人によって反応は違いますが、そこまで続けてください。注意はちょっとだけして途中でやめないこと。前記のいずれかになるまでは、続けてください。

こうすることで、脳がニュートラルになり、ネガテイブなエネルギーから解放されますよ。


良いも悪いもない、でも…。

最近、いろいろな所で、「良いも悪いもない」とよく耳にしますね。あるがままでいいんだよ、と。

キネシオロジーのセッションでは、まさに「良いも悪いもない」という観点から、開放を始めます。

そのストレス時の気持ち、感情、考えを、クライアントさんにご自分でそれに対面し、そのまま受け止めてもらうことで、自然と解放が起きていくのです。

逃げずに、蓋をせずに、人のせいにせずに、そのまま自分に軸を置いて、自分を見つめることで、まるで空(くう)に戻っていくかのように、エネルギーがニュートラルになり、現実に見えている世界が、宇宙にとって最高最善の状態に調和されていきます。

そして、それは自分にとっても、周りの人にとっても、幸せだと感じる「良い」ことに落ち着く方向に行くようです。

それはなぜかというと、宇宙は愛で、神さまは愛だからです。

では、その「良いも悪いもない」と言う考えで、生きていくとどうなるでしょうか。

想像してください。
「良いも悪いもない」から、人の物を取ってもいいよ。傷つけてもいいよ。
さて、どんな結果になるでしょう。

将来起きることは、今の自分の言動、思いの結果です。
その結果は「良いも悪いもない」と取ることができます。
つまり悪いものでもいいのです。
自分に何かを教えてくれているから、それは愛なのです。
もしかすると、塞翁が馬で、何かいいことにつながっているかもしれません。

では、幸せな結果、幸運な結果は、どうやったら生まれるのか、と言うと、どの宗教の教えに共通しているように、良いものを見、良いことを考え、良いことをすることから、生まれるようです。
全ては「カルマの法則(因果応報の法則)」に則して動きます。
つまり自己責任、なんですね。

どうして「良い」を選択するかと言うと、人も宇宙も全て愛の存在だからです。
愛という良心が、喜ぶからです。

そして結果にはこだわらない。結果として「起きるものは全てよし」と思うとよいでしょう。

今まで続けてきた習慣や、インナーチャイルドが出てきて、上手くいかず、良い想いや言行ができなかった時は、自分を責めず、でも少し反省し、次からは気をつけよう、と決心して、またチャレンジすればいいんですね。

宇宙は、神は、大きな愛で、そんなあなたを応援してくれますよ。

アセンション

セラピスト、ヒーラー、スピリチュアルな方達が、ここ数年頻繁に、アセンションという言葉を使われていますね。

アセンションというのは、魂の成長に伴い、次の次元にシフトすると言う意味で、最近使われている言葉です。

バシャールも、よく使っていて、地球が次の次元に移ると言うことを、何度も述べています。と同時に、日常も実は、瞬間瞬間シフトしているのだそうです。

いわゆるヒラーたちが言うところのアセンションは。その時期が来たらきっとそういう事が起きるのだろう、とは思っていました。

敏感な方や、霊能者には、それを感じられ、私のようなそうでない人には、気がつく事なく、いつの間にかそうなっている世界に入るのだろうな、と。

友人のセラピストも、「気をつけていないと、アセンションはわからないらいしいよ。」と教えれくれたのですが、私は神を信じているので、神がアセンションしてくださるから、無理に注意を払わなくてもいいや、と思っていたのです。

ところが。

2019年3月に主人が病気になり、その原因をキネシオロジーで見ていくと、私が原因の一つであることがわかりました。それを紐解いていくうちに、病状が一部解放され、症状が外へと向かいました。ホメオパシーで治癒の方向と言われるものがあるのですが、まさにそれでした。ホメオパシーにおいて、治癒に向かうと、症状が中心から外へ、上から下へ、心から体へ、重要な臓器から重要でない臓器へ移行すると、発見されています。

その年の10月、突然、在スイス日本大使館から私に電話が入り、あちらからメールを送ろうとしても、送れない、メールアドレスの確認をしたい、とのことでした。

アドレスを登録して、もう14年になるのに。

その係りの方がおっしゃったアドレスは、聞いたこともないようなドメインで、名前の部分も変な、アルファベットの羅列。

私は大使館には、大手ドメインと自分の名前を使っているので、どちらかが間違えたとしても、間違えようのないわけです。

しかも数年前までは、大使館からメールが来ていましたし。

その時「アセンションした」と思ったのです。違う面に移動したと。

そして、2020年の2月に、また不思議な事が。。。

アパートの鍵を忘れてしまい、今までは、家族の誰かが帰って来たりで、大丈夫だったのですが、今回、初めて管理人さんに「うちの鍵を貸して欲しい」と頼みに行ったのです。

ところが、その鍵が、鍵穴に入らない。

そうこうする間に、息子が帰って来て、彼の鍵で開けられ、入る事ができました。

管理人さんも不思議がり、「ドアの鍵を付け替えたの」と聞かれたのですが、全くそういうことはありません。

これもアセンションしたサインに違いない、と思いました。

そういえば、その昔インドの霊性修行道場から、3ヶ月後に、当時住んでいた台北に帰って帰ってくると、同じ台北なのに、人間関係がガラーっと変わってしまって、これは何?と思ったことを思い出しました。しかも全く会ったことがない人々ばかり。

同じに見える世界だけど、何かが違う。

それは自分自身が、少し変わり、集合意識で作られているこの世は、そのまま同じように見えるけど、以前の私が共にしていた世界と少し違うのです。

どちらにしても、私の魂に必要な環境にいることは、確かです。