Stramonium(ストロモニウム/シロバナチョウセンアサガオ)

Stram.を考えるとき、暴力的なイメージが頭に浮かぶ。

Stramoniumを必要とする患者、あるいはシロバナチョウセンアサガオの毒に犯された患者を見て、心身に起こっている途方もない混乱、大変動を疑わずにはいられない。

興奮、激怒、すべてが騒々しく、暴力的である;顔は荒々しく、不安を感じ、怖がっている;目はある一点に集中;顔は紅潮し、頭は熱く、四肢は冷たく、激しい熱が出て、激しい幻影を見る。不安になるとしばしば光から遠ざかり、明かりを消したがり、特に光が明るいと悪化する。

せん妄を伴う高熱;熱が非常に強いので、Belladonaと間違えられることがあるが、通常は継続的な熱であり、時々上がったり下がったりすることがあるが、一方 Bell.の激しい熱は常に上がったり下がったりする。

Stram.は、その暴力性においては、まるで地震のようである。心が騒ぐ;呪い、服を破り、暴力的な言葉を使い、逆上し、色情狂、露出。これらの症状は、継続的な熱、精神異常、脳うっ血において見られる。激しい腸チフスにも有効である。

以前から存在する躁状態に有効;躁病の発作は発作的に起こり、多かれ少なかれ突発的に現れるため、1回の発作ではBellのように見えるが、病歴によって区別される。Bell.は、最初の発作では緩和剤以上の効果はほとんどなく、2回目の発作では何の効果もないだろう。

せん妄が起きていないときは、患者は非常に苦しんでいるように見え、額にはしわが寄り、顔は蒼白で、病的で、やつれているように見える。頭痛では、この不安げな表情は、髄膜病変による強い苦痛を示している。

「せん妄まじりで、ぶつぶつ言う;暴力的、愚鈍、愉快、饒舌、支離滅裂なおしゃべりを、目を開けてする;鮮明;陽気で、痙攣しながら笑う;激怒、絶叫、暴れる;刺そうとしたり、噛もうとしたりする;最高の発想を伴う;性的興奮を伴う;犬に襲われているかのように恐る」。

自分の体の形成について奇妙な考えを持つ。例えば、形が悪い、伸びている、変形しているなど;自分の体の状態に関する奇妙な感情。あらゆる種類の錯覚や幻覚。これらの状態を区別する必要がある。錯覚とは、患者が真実ではないと分かっている視覚や心の中に現れるものである。

幻覚とは、真実であるかのように見える状態である。妄想とは、より進んだ状態で、患者がそれを真実だと思い込み、そこから推論できない状態のことだ。水の流れる音を聞くと恐怖と大きな不安に襲われる。

彼は動物、幽霊、天使、亡霊、悪魔などが見え、それらが現実ではないことを知っているが、後にそれを確信する。このような幻覚は、特に暗闇の中で見る。時に明るい光を嫌うことがあり、光を見ると痛いが、また、座り直し、直火を見入るが、そうすると、咳などの症状を引き起こすかもしれない。

「卑猥な歌を歌い、卑猥な言葉を口にする。
苦痛で気が狂いそうになり、ベッドから飛び出し、ベッドが自分の下から引きずり出されるかのように動く。
嗄れるか声が出なくなるまで叫ぶ。
熱が出て躁状態になり、昼夜問わず叫ぶ。
焦り、別の場所に行きたければ、全力で急ぐ」。

無愛想な表情で激しく笑う。

「子供は恐怖で目覚め、誰もわからず、怯えて叫び、近くの人にしがみつく」。

Hyosc.は、荒々しい狂人のような錯乱状態になるが、熱はほとんどない。Stram.ではかなりの熱がある。Bell.では午後と夕方、午後9時から午前3時までの間に発熱し、その後は上がったり、下がったりする。

全身の筋肉を巻き込んだ激しい痙攣、後弓反張、激しい歪み、四肢の収縮、舌を噛む、道管からの出血。痙攣時には冷や汗で覆われる;氷のように冷たい時もある;躁病における冷や汗;子の特徴は、Camphorにのみ匹敵する。

脊髄疾患を伴う長期にわたるヒステリックな痙攣で、恐怖により悪化する。神経質で興奮しやすい人が、恐怖によって痙攣を起こす。

産前産後の痙攣と狂気。敗血症の性質がある。鬱で元気がない状態がしばらく続く。自分が罪を犯して恵みの日を失ったと思っているが、まっすぐな人生を送ってきた。奇妙なことを想像したり、奇妙なことをしたりして、最後には激しい錯乱状態に陥る。大声で叫ぶ;人々に悔い改めるよう促す;顔は赤く、目がギラギラ光っている;支離滅裂な言葉で励ましたり祈ったりする;そんな状態がしばらく続くケース。このような場合、Stram.はVeratr.と比較されるべきだ。

脳充血では、せん妄は無意識のうちに治まり、患者は深い酩酊状態のように見え、瞳孔は拡張または収縮する(Bell.では拡張する)。

茫然自失、苦しい呼吸、下あごが下がっているのが特徴。腸チフスや低体温の熱病では、口やその他の道管から、血がにじみ出るような泡立ちが見られる。

喉と口は乾燥し、舌は乾燥して、口いっぱいに腫れ、尖っていて肉片のように赤く、口から出血し、歯に汚れが付着し、唇は乾燥してひび割れている。

下痢は多量で不随意である;腹部は太鼓腹で、不随意の排尿がある。

抑制された耳垂れからの脳底髄膜炎。旧学派では、このような場合の治療法はない。額にしわを寄せ、目はガラスのようにギラギラしていて、瞳孔が開き、熱はほとんどなく、頭蓋底にひどい痛みがあり、耳の周りが壊死したことがある。

太陽に当たって歩いたことにより、或いは太陽の熱から、激しい頭痛が起きる。終日悪化し、夜、横になると痛みが増すため、患者は立ち上がらなければならない。目は一点に集中し、ガラスのようになり、顔は紅潮しているが、後には青白くなり、目は部屋の隅をじっと見て、動かない;後頭部の痛み。

高度な炎症が最後まで続く。膿ができ、耐え難い痛みを伴う膿瘍(Hepar、Merc.、Sil.、Sulph.)。激しいカタル性の炎症、悪質な敗血症の状態。慢性的な膿瘍、癰(よう)、腫れ物、関節の膿瘍、左股関節は特別な場所である。股関節疾患の症例をしばしば中止することができ、膿がある場合や瘻孔が形成されている場合でも、非常に有用である。軟骨に膨らみ、化膿し、痛みがある。

Stram.は、精神的な症状を改善する作用の強いレメディーの中でも、特に優れている。Stram.は、昼間の講義についていくために、夜中まで勉強しなければならない学生の、勉強のしすぎによる目の問題や脳の炎症を治す。患者はほとんど盲目のようで、薄暗い場所では目に大きな痛みが起き、強い光の中では緩和される。精神症状、咳、頭痛などは光を浴びると悪化する。

「喉と粘膜の乾燥、どんな種類の飲み物でも効果がない。
喉に刺すような痛みがあり、飲み込みが困難で、顎下腺に痛みがあり、痙攣が起こり、特に喉の締め付けにより、液体が出る」。

水を飲み込もうとすると窒息する。恐水症にも効果がある。(Hyosc., Bell., Canth., Hydroph.)

光を見ると咳がひどくなるような、老齢者の肺の化膿した症例では、Stram.はしばしば大きな緩和剤となり、悪化させることはない。

尿が滞留し、力むと出なくなる。膀胱の力が弱くなった老人は、尿がゆっくり流れ、急ぐことができない。

心臓病で、胸が大きく締め付けられ、精神的にイライラし、自分の正体について妄想し、暗い所では眠れず、トンネルを通る電車の中では大きな不安に襲われ、脈は不規則で、心臓は弱々しい。

夢と波乱に満ちた眠り。

PAGE TOP